ジュニオール魂!!

横浜市戸塚区を拠点とする少年サッカークラブ『横浜ジュニオールSC』の試合結果や活動報告ブログ!!


テーマ:

8人制 10分ハーフ

 

ジュニオールSC 0  - 0 JFC FUTURO

PK戦 : 5-4 (川上仁誠○、大川内理留○、小泉海翔○、宮田理央○、内田龍吾○)

 

ジュニオールSC 0 - 1 FC本郷

 

 

負(ま)けたら終(お)わりの決勝トーナメント。

みんながサッカーをしていて、初めての経験(けいけん)だったね。やった

 

たくさんの試合をするためには、勝つしかない。

勝利(しょうり)を目指してちょうせんしたね。

 

結果は、2回戦敗退【ベスト16】。

 

同じ日に2試合を戦い。

ものすごく大きな喜(よろこ)びと、

ものすごく大きな悔(くや)しさの

両方(りょうほう)を経験しました。

 

悔しい結果とはなってしまったけれど、

みんなが成長するための、大きな経験ができたはずです。

 

1試合目のように、

たくさんのピンチもなんとか守(まも)りきり、PK戦のすえ勝利をつかむことができたり、

2試合目のように、

ボールにむかえずに、ドリブルができず、相手にチャンスをあたえ失点。その1点で試合に負けてしまったり、

 

あいてがどんなチームであろうと、なにがおきるかはわかりません。!!

 

今であれば、20分の試合。

たった1点で勝負が決まってしまうことが多くあります。

 

だからこそ、

ボールを奪(うば)おうとまえにでること。

そばにあるボールを自分がとろうと足をだすこと。

体を運びつづけ、ボールにくらいつくきもちで、のぞまなくてはいけません。ビックリマークビックリマーク

 

ボールだけををみてとまってしまっては、

相手の勢(いきお)いににげてしまっては、

相手のチャンスがふえてしまいます。あせる

 

いいたいのは、

相手よりも、

『闘(たたか)うつよい心(きもち)をもちつづけ、立ち向かいつづけられるかどうか。』魂

で試合の結果はきまってしまうことがたくさんあるということ。

 

今日でいえば、1試合目にできたのだから、2試合目はもっとつよくのぞみたかったね。

もっとできることはあったはずなので。えー?

 

 

それでも予選(よせん)リーグから、たくさんの試合をたたかってくることができました。

また前を向き、まだまだたりなかった力をこれから磨(みがいて)いていきましょう。虹

 

また次にサッカーができる日を、週2回の練習を、土日にある試合を、

いつも以上の【準備、行動、練習、プレー】で、

のぞまなくてはいけないね。アップ

 

闘(たたか)いぬいた1試合目のように、

ここまでつよくなったきみたちならば、

2試合目のやりきれなかった悔しさを、

ドリブルができなかった悔しさを。

力にかえられるはず。グッド!

 

きみたちが、

【自信(じぶんを信じる)】をもってプレーしてくるように、

コーチは、

【みんなを信じて】闘います。ウシシ

 

 

初戦。

PK戦

勝利

 

2試合目

 

会場準備、大会運営して頂いた、幹事チーム様。

そして対戦させて頂いたたくさんのチーム、関係者の皆様。

ありがとうございました。

 

保護者の皆様。

本日も朝早くから、子どもたちの活動を見守り、そして温かいご声援で背中を押して頂き、ありがとうございました。

悔しさの残る結果となってしまいましたが、これからどこまでも成長していける可能性を子どもたちは持っています。

その中で、試合においては相手よりも闘うという強い心(個人個人の気持ちの勝負)をまずもつことが必要になり、それが結果的に自信をもったプレーにつながり、ボールを運ぶということ、ドリブルという武器が磨かれていくと考えています。

今回の大会でもそういった部分が見受けられたのではないでしょうか。

まだまだ、ボールを運ぶという部分には余裕がなく苦しんでしまう状況ですが、大きな喜び、大きな悔しを経験し、また成長していくはずです。

引き続き子どもたちが伸び伸びとプレーできるよう、活動へのサポートをお願い致します。

まずは市大会期間中ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 15分×1本

 

ジュニオールSC 2 - 0 ハリマオSC

得点者: 川上仁誠2 

 

ジュニオールSC 2 - 0 SFAT ISEHARA SC

得点者: 内田龍吾 大川内理留

 

ジュニオールSC 0 - 0 ハリマオSC

 

ジュニオールSC 2 - 1 SFAT ISEHARA SC

得点者: 宮田理央 大川内理留

 

ジュニオールSC 0 - 0 ハリマオSC 

 

ジュニオールSC 4 - 0 SFAT ISEHARA SC

得点者: 内田龍吾3(ハットトリッククラッカー) オウンゴール

 

ジュニオールSC 2 - 1 ハリマオSC

得点者: 後藤優基 大川内理留

 

 

広めのコートで、

いつもとは、かんかく(あいてのよってくる早さ、あいているところのひろさ)もちがったったはず。

 

そして何よりも、とても元気のある相手チームさん。

おどろかされるぶぶんもたくさんあったね。おーっ!

 

そんな中でつたえたことは、

元気のある相手に対して、いつもどおりに、いやっいつもよりもたたかいにいかないとね!! と。

 

どんなボールにもにげないということを。魂

 

ボールにむかうか、むかわないか。

ボールをよけるか、よけないか。

によってしあいのけっかはかわってしまいます。叫び

 

ひろいからこそ、あいてのパワーがあるからこそ、

いつも以上(いじょう)のパワーをふりしぼって

たたかいに行かなくてはなりません。

 

だいじなことは自分がやってやろうという【こころのつよさ】です。魂メラメラ

 

負(ま)けなしの結果(けっか)のようにスタートからできていました。◎

 

まもるじゅんびができていなくて、あいてにどくそうされてしまったとき、ガーン

ゴール前ぎりぎりでおいつきシュートをうたせなかったプレーおーっ!

 

『魂』の入ったゲームを見れたことが何よりもうれしかったな。音譜

 

これができれば・・・

ドリブルも、『とっしん勝負(しょうぶ)』ではなく、『テクニック勝負』ができるようになるね。アップアップ

 

練習でやっているように、

いちばんみがきたいぶぶんは、

相手をかわす【テクニック】だから。ビックリマーク

 

なんでもいい。思ったことをつたえられるように。

ハリマオSCさん、SFAT伊勢原SCさんご交流ありがとうございました。

素晴らしい経験をさせていただきました。

 

保護者の皆様。

遠方への練習試合となりましたが、会場へ、事務所へと送迎のご協力ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 10分ハーフ

 

ジュニオールSC 4 - 0 小雀SC

得点者: 宮田理央2 大川内理留 内田龍吾

 

ジュニオールSC 12 - 1 東汲沢SC

得点者: 川上仁誠3(ハットトリッククラッカー) 後藤優基2 金丸希陽2(初ゴールクラッカークラッカー)  内田龍吾2 新保夏海 大川内理留 宮田理央

 

 

大会がつづいている中で、

 

試合(しあい)にでた選手(せんしゅ)が全力でたたかうことはもちろんですが、

自分のでばんをまっている選手が、

荷物(にもつ)を整理(せいり)したり、

試合をみて目、でている選手を応援(おうえん)したり、

 

みんなの『闘(たたか)う心』がつよくなってきたように思います。

 

試合での自信(じしん)をもったプレーにつながっているね。グッド!

 

だからこそ...

試合の間(あいだ)の時間(じかん)もかんがえてほしいなと、

 

2試合目のまえに、なが~い話をしました。むっ

 

サッカーをしにきている自分たちが、

やるべきことと、やるべきではないこと。

について、

 

コーチから

それいいよ、これはダメだよ。

ではなく、

こうした方がいいな、これはやめといたほうがいいな。

と自分でかんがえ→チームでかんがえること。ひらめき電球

 

まだ2年生だから、ではなく、

もう2年生だし、とみんながこうしようとかんがえてみてほしいなと。

せっかくサッカー選手として試合をたたかっているのだから。ビックリマーク

 

楽(たの)しいことだけをえらびすぎてはダメ。

みんなでかんがえてでたこたえなら、試合にひつようなじゅんびが、みんなでできるはずです。ビックリマーク

 

今日はコーチがしんぱんをしている間(あいだ)に、

みんなは、好きなことを好きなようにやりだしたので、

 

バラバラにいろんなことをやっているチームが本当に強いチームになれるのかなとはてなマークはてなマーク

 

きっとつよいチームは、

自分だけ、だれかだけ、ではなく、

試合にかつため、たくさんチャレンジするために、

みんなの心(試合に向かう)も1つになっているんじゃないかなはてなマーク

 

まずは、自分がビックリマークビックリマーク

できることや、やるべきことを

【かんがえてみつける】→【やってみる】→【だれかにつたえる】

この力がみんなには必用(ひつよう)だよ。

と、そんな話をしました。

 

すべてができる選手(かんぺきにんげん)はいません。

それぞれにできること(とくいなこと)、できないこと(にがて)があるよね。

 

だから練習(れんしゅう)をくりかえして苦手(にがて)を得意(とくい)にかえていくし、

得意なことで、チームをたすける。

苦手なことは、チームにたすけてもらう。

 

1日がおわるまで、『みんなで闘(たたか)えるチームにならなくてはいけないよね』

 

つよいチームになりたいのならば。グッド!

 

全員で闘う魂を注入

 

金丸希陽くん

ジュニ初ゴール(2ゴール)でした。クラッカー

おめでとうビックリマーク

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 10分ハーフ

 

予選リーグ3日目(最終日)

 

ジュニオールSC 5 - 0 大曽根SC

得点者: 宮田理央2 後藤優基 内田龍吾 川上仁誠 

ジュニオールSC 10 - 0 公田SC

得点者: 小泉海翔2 宮田理央2 川上仁誠2 内田龍吾2 渡航大 後藤優基

 

 

最終日は無失点での2連勝。おーっ!クラッカー

 

結果は。

予選リーグ【第2位】クラッカー

決勝トーナメント進出することができました。

 

おめでとうクラッカーアップ

 

まだまだ、ガツガツスピードでつきすすんでしまうドリブルが多くなってしまいますが、

みんなの総力(あわせた力)で大量得点(たいりょうとくてん)ビックリマークビックリマークビックリマーク

すばらしいゴールばくはつしてたね。ドカーン

そして無失点(むしってん)とすばらしたたかいができました。合格

 

ガツガツドリブルがぜんぶダメというわけではありません。にやり

それであいてとぶつかってしまい、

すぐにとられてしまうことが、もったいないビックリマーク

 

大事(だいじ)なことはゴールにちかづくことで、

 

☆相手(あいて)にさわられないよこ、うしろのスペースに運び(はこび)おちつくこと。(がつがつしない)

☆あいてとあいての間(あいだ)をみつけ、体といっしゅんのスピードをつかい、ぐっとたてにすすむこと。(がつがつににちかい)

 

☆ひゅっとあいての頭(あたま)をこえていくヒールリフト(★★★★)をくりだすのも一つ。ウシシ

 

いろんな【進み方(すすみかた)】があるので、

 

なにもかんがえずにつっこむのではなく、

 

あいてがどうなっているかはてなマーク

なかまがどうなっているかはてなマーク

そのときにあわせて、変更(へんこう)ができるようにしたいね。

 

『ドリブルをする』 という自分の力をみがいていくんだよ。

 

すぎのステージにすすむことができました。アップ

すぐに、チャレンジをするばがまっているということ。

 

次の試合までに少しでも【できない】ではなく、

【できるんだ】にかえられるように。

 

時間(じかん)はまってはくれないよ。

つぎの練習から。グッド!

 

 

メンバーチェックも自分たちで番号順に並べるようになりました。合格

表彰もして頂きました。音譜

試合をするごとに、たのもしくなってたね。魂

 

 

保護者の皆様。

3日間温かいご声援と、活動へのサポートありがとうございました。

引き続き宜しくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 10分ハーフ

 

予選リーグ2日目

 

ジュニオールSC 0 - 2 富岡SC

 

ジュニオールSC 3 - 1 サザンFC

得点者: 内田龍吾 大川内理留 川上仁誠

 

 

ガチンコの大会で、

試合(しあい)に負(ま)けるくしさをけいけんしました。汗

 

とうぜん、

練習試合(れんしゅうしあい)で負(ま)けるよりも、

なんばいもくやしいはずビックリマーク

 

とくいなドリブルで相手(あいて)ゴールに近づけなかったこと。

 

あいてのプレスによゆうをなくし、

ドリブルをするにしても、

パスをだすにしても、

あいている場所(スペース)がみえなくなってしまいました。あせる

 

すきをあたえてくれない相手にたいし、

ならばこうしようと、かえてみる力もひつようなこと。

おもしろいひらめきもすくなかったかな・・・

 

自分がドリブルをはじめたボールをかならずやりきっておわること。

なかまにとどけるパスなのか?

ゴールへむかうシュートなのか?

あたってとられて、とりかえしてのくり返しでは、

なかなかゴールにちかづくことはできないからね。あせる

 

ただ、そのためにはけっきょく、

おおきなよゆうをもち、

ドリブルでボールをはこぶ力がひつようなんだよ。グッド!

 

ボールをさわれるだけでもいけなくて、

なかまが見えているかな?

あいているところがみえているかな?

たしかめるのはボールがくる前から。ひらめき電球目

 

そしてそこからは、

技術(うまさ)であいてをだましたり、さわれないところにボールをおく。

 

まだまだたりないんだぞ。というメッセージを、

相手チームから、試合結果からいただいたようにかんじます。

 

それでも、

きもちをきりかえ、たたかった2試合目は、

自信(じしん)をもち、チャレンジしていくすがた、

1人1人がいまできる力を出していたようにかんじます。合格

 

成功(できること)をくりかえして、成長(せいちょう)していくよりも、

失敗をした(できなかった)くやしさをかんじ、

つぎこうしよう! つぎああしよう!

と、子どもじしんが考えたときの方が、

かならず大きく成長するはずです。

 

つぎ、再戦(さいせん)できるときくしさをはらすために。

今こそ成長するチャンス。アップ虹

 

どのチームよりも熱い魂をもって。魂

 

悔しい敗戦にも、決して逃げなかったことには胸をはって。顔晴ること。

 

気持を切り替え、白ユニで望んだ2試合目。

 

 

保護者の皆様

本日もたくさんの温かいご声援ありがとうございました。

引き続き宜しくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 10分×1本

 

ジュニオールSC 0 - 1 さぎぬまSC (前後半10分×2)

 

ジュニオールSC 1 - 2 さぎぬまSC

得点者: 後藤優基

 

ジュニオールSC 0 - 6 さぎぬまSC

 

ジュニオールSC 3 - 1 さぎぬまSC

得点者: 宮田理央 内田龍吾 川上仁誠

 

ジュニオールSC 2 - 1 さぎぬまSC

得点者: 小泉海翔 大川内理留

 

ジュニオールSC 0 - 2 さぎぬまSC

 

ジュニオールSC 0 - 2 さぎぬまSC

 

ジュニオールSC 2 - 0 さぎぬまSC

得点者: 川上仁誠 内田龍吾

 

ジュニオールSC 0 - 2 さぎぬまSC

 

 

ボールをさわること。(こまかいタッチ+フェイント)

うごかすこと。(あいているところへのいどう)

いつもいつもいっていることだね。

 

しぜんと、

試合(しあい)の中でふえてきました。合格

みんながチャレンジしているあかしです。やった

 

その中で、またひとつレベルアップをするために、

いろんなところをかくにんすること。目

は、これからドリブル・テクニックをみがくことと、どうじに

ふやしていかなくてはいけません。アップ

 

ボールをさわろうと、

気がついたら頭(あたま)がさがり、ボールしかみえなくなってしまうこと。

だれでも最初(さいしょ)はそうです。

 

でも、ボールだけを見ていてはなかなかゴールへは進んでいけません。

 

いくらテクニックがつかえても、

いくらこまかいタッチができても、

 

いつか相手にぶつかってしまうから・・・あせるあせる

 

やっぱり、みて気がつくことはひつようだね。にやり

 

なので練習(れんしゅう)では、

ボールをさわること + くびをふりみながらかくにんすること

をやっていきます。

 

ゴールにちかづくためにね。ビックリマーク

 

めでみて、たしかめて、きがつくこと。目矢印ひらめき電球

サッカーでも、せいかつでもとっても大事(だいじ)なんだよ。グッド!

 

さぎぬまSCさん対戦ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 10分ハーフ

 

予選リーグ1日目

 

ジュニオールSC 4 - 0 かながわクラブ

得点者:  新保夏海 小泉海翔 内田龍吾 後藤優基

 

ジュニオールSC 6 - 1 柏尾SC

得点者: 川上仁誠2 内田龍吾2 大川内理留 新保夏海

 

 

2年生となり初の公式戦。

とても楽しみにしていた選手たち。ウシシ

 

ただ・・・

力が入りすぎて、メラメラ

 

いつもできていること、

練習試合でならできていることが、

本気の勝負で出せなくなってしまっては、

もったいない。あせる

 

勝利を目指しながらもやりたいことは、

自信を持ちどんどん『チャレンジをすること』。ビックリマーク

 

こうしなさい。ああしなさい。

ではなく。

 

自分のため、チームのためを忘れずに。

子どもたちが自分の意思で、気づき実行すること。

 

思い切ったチャレンジを評価し、

その結果の失敗は子供たち自信が考えて、

次に変えてみる。

 

そこに大きな成長があるはずです。アップ

 

まずは全員で戦い2連勝できたこと、

そしてたくさんのゴールが奪えたこと。

素晴らしいプレーがたくさんありました。合格

 

勝利を目指す中で、

たくさんチャレンジをし、

どきどき、わくわく、喜び、悔しさ・・・

いろんなことを大会期間中感じてほしいな。グッド!

 

1日目よりも2日目、次はさらなるチャレンジに期待してるぞ~やった

 

 

保護者の皆様へ

本日も温かいご声援ありがとうございました。

子どもたちが思い切ってプレーできるよう、

引き続き活動へのサポート宜しくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 10分×1本

 

ジュニオールSC 3 - 0 あざみ野キッカーズ

得点者: 宮田理央 内田龍吾 川上仁誠

 

ジュニオールSC 1 - 0 あざみ野キッカーズ

得点者: 宮田理央

 

ジュニオールSC 0 - 2 あざみ野キッカーズ

 

ジュニオールSC 4 - 0 あざみ野キッカーズ

得点者: 後藤優基2 小泉海翔 川上仁誠

 

ジュニオールSC 1 - 0 あざみ野キッカーズ

得点者: 内田龍吾

 

ジュニオールSC 0 - 0 あざみ野キッカーズ

 

ジュニオールSC 2 - 0 あざみ野キッカーズ

得点者: 新保夏海 大川内理留

 

ジュニオールSC 5 - 0 あざみ野キッカーズ

得点者: 川上仁誠3 大根朋樹 後藤優基

 

ジュニオールSC 0 - 2 あざみ野キッカーズ

 

 

ゴールデンウェークさいごの日。

 

とってもあつい中、晴れ

ボールをうばうぞ! ゴールをきめるぞ!と

さいごまで走りぬいていました。合格

成長していますにやり

 

しあいの中では、

ボールを『いいところにおくこと』少しづつふえてきました。

 

相手(あいて)にあたらないところはどこにあるのかはてなマーク

まっすぐまえかな? おおきくよこかな?

それとも少しさがってからよこかな?

 

そのときによってちがうね。

 

だいじなことは、

あいているところが、みえているかどうか目

しっかりとボールをさわることはとってもたいせつだけど、

顔(かお)をあげて、いろんなところがみえていることも、もっとたいせつだよ。

 

じぶんの目でみつけて、

ボールを、いどうさせることからドリブルはスタートビックリマーク

 

れんしゅうの中で、しあいをとおして、

あいていているところを見つけられるように。グッド!

 

 

れんしゅうでは、

2分間リフティング。

からだのいろんな部分(ぶぶん)でのリフティング

もやっているね。

 

まいにち、少しでもおおくやる。

1かいづつきろくをのばしていく。

くりかえしれんしゅうをすることで、かならずふえていくぞ。

 

それから・・・

これからもっともっとあつくなっていきます。晴れ晴れ晴れ

・毎日(まいにち)ごはんをたくさん食(た)べること。

・早寝早起(はやねはやおき)をすること。

・水分はしっかりとること。(多めにもってくる)

 

じぶんのからだはじぶんでまもり、

あつさにまけない、つよいい選手(せんしゅ)になろう。アップ

 

あざみ野キッカーズさんありがとうございました。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 12分×1本

 

 

横浜ジュニオールSC 1 - 1 湘南レオーネ

得点者:川上仁誠

 

 

横浜ジュニオールSC 2 - 0 湘南レオーネ

得点者:川上仁誠2

 

 

横浜ジュニオールSC 0 - 1 湘南レオーネ

 

 

横浜ジュニオールSC 0 - 0 湘南レオーネ

 

 

横浜ジュニオールSC 0 - 0 湘南レオーネ

 

 

横浜ジュニオールSC 0 - 1 湘南レオーネ

 

 

横浜ジュニオールSC 0 - 2 湘南レオーネ

 

 

横浜ジュニオールSC 2 - 0 湘南レオーネ

得点者:新保夏海2

 

 

横浜ジュニオールSC 3 - 0 湘南レオーネ

得点者:宮田理央3

 

 

横浜ジュニオールSC 1 - 1 湘南レオーネ

得点者:川上仁誠

 

 

横浜ジュニオールSC 1 - 1 湘南レオーネ

得点者:後藤優基

 

 

横浜ジュニオールSC 0 - 1 湘南レオーネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

8人制 10分×2本

 

ジュニオールSC 2 - 1 リバーFC

得点者: 川上仁誠 後藤優基

 

ジュニオールSC 2 - 1 寒川SC

得点者: 川上仁誠 内田龍吾

 

ジュニオールSC 3 - 1 リバーFC

得点者: 川上仁誠 山上拓己 内田龍吾

 

ジュニオールSC 2 - 3 寒川SC

得点者: 川上仁誠 内田龍吾

 

 

決めたゴールはどれもかんたんではない、素晴(すば)らしいゴールでした。おーっ!

 

だからこそ・・・

いつもよりも広いコートでの試合(しあい)。

練習(れんしゅう)している『テクニックのチャレンジ』がみたかったです。目

※いつもやっていることだけではなく。

 

試合のできるせっかくのチャンスで、

まっすぐのスピードドリブルでしょうとつしてしまうよりも、

相手(あいて)をだましてぶつからずにゴールに向かっていくことができたほうが、もっと楽しいはず。ウシシ

 

小さな成長(せいちょう)ももちろんだいじだけど、

大きな成長ができるように思いきってチャレンジをビックリマーク

 

それから試合の中で、『はやいきづき』がふえてくると、

あわてた守(まも)りではなく、じゅんびのできた守りができるぞ。グッド!

少しづつ・・・アップ

 

寒川SCさん、リバーFCさんご交流頂きありがとうございました。

 

 

保護者の皆様。

本日も遠方への送迎と、温かいご声援ありがとうございました。

引き続き宜しくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。