ジュニマニアへようこそ!


ビーグル犬 ジュニアさんとの楽しい日々、

日数にかかわらず長編となる旅日記など、

まったりのんびりなブログです。

テキトーな記事(ネタ切れ時)も多々ありますが、

とりあえず毎日更新しています。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-11 12:12:07

北陸へGO! 番外編

テーマ:

 

最終回なんて言っておいて、これを忘れていました!

 

 

 

金沢駅の鼓門!

 

見ての通り、鼓をイメージしているから『鼓門』なのだそうです。

伝統ある金沢の地にぴったり。

金沢駅は、世界で最も美しい駅のひとつに選ばれているんですよ。

 

 

 

 

内側から見た金沢駅。

 

もてなしドームっていうんですって。

建築家の白江隆三氏が設計しました。

『駅を降りた人に傘を差しだす、もてなしの心』が表現されています。

 

 

みどころいっぱいの金沢、おいしいものもたくさんあるし、

なんとも魅力的な場所でした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-12-10 17:07:11

山で勉強?

テーマ:携帯からの投稿

{3D0EC2E9-854A-4829-8EF1-38CC132F02C3}

山の地図を読む講習会?に出かけたオット。
なんだかゴイスーなコンパスを駆使して楽しんでいるようです。

ワタシは、暖かい汚部屋でお茶飲んでます。照れ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-09 16:16:29

怒涛の

テーマ:携帯からの投稿

大手通販サイトの密林から、オット宛に荷物が届きました。
それはいつもの事なんですけれども、オットが満面の笑みで取り出したのは・・・


{B1AF0904-5926-460C-A7B9-AD905DB9D2F6}

スヌさんの集団。
自分の部屋に飾るそうです。



{16215C68-D9A1-4D88-A1E6-22C2298A73E3}

真ん中のはドクターなんだよ🎵かわいいでしょ❤️と、喜んで並べていました。



{559E6E1A-6E3B-4ACD-A111-2B8664369977}

スヌーピーグッズを買い集めてしまうのは、ワタシだけじゃなかった。
オットもジュニすけの姿を追い求めているんだと思ったら、泣けてきました。

母もスヌーピーのぬいぐるみ買ったりしているし、みんなジュニすけのことが大好き。
っていうか、好き過ぎ???




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-08 08:10:00

北陸へGO! 最終回

テーマ:

 

とうとう最終回になりました!

急ぎ足で、金沢城公園へ。

 

 

 

まずは石川門。

重要文化財です。

 

 

 

 

この出窓、敵が石垣をよじ登ってくるのを防ぐ目的に設けられているんですよ。

出窓の床板は外せるようになっていて、そこから石を落とすんです。

格子の部分は、鉄砲を使うための隙間です。

 

 

 

 

金沢城は何度も火災にあっていて、1759年の火災で城内のほとんどが

焼失してしまいました。

この石川門は1788年に再建されたものです。

 

 

 

 

なが~い五十間長屋。

菱櫓と橋爪門続櫓を結ぶ二層の多聞櫓です。

普段は倉庫として使用されますが、戦闘態勢に入ると同時に砦に変身します。

出窓のフリをした石落とし&鉄砲狭間が各所に配されています。

 

あれ???

前に来た時って、金沢城址って書いてある木の棒が立ててあるだけで、

金沢大学のキャンパスだったような気がするんだけど・・・?

記憶違いかなぁと思っていたら、平成7年まで本部キャンパスが

ありましたが、平成13年から金沢城公園になったそうです。

 

平成10年3月から平成13年7月までの3年4ヶ月をかけて

菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓、内堀、橋爪橋、橋爪門、土塀が

復元されました。

総工費は約46億円、建物延べ床面積は約1900平方メートルです。

 

 

 

 

橋爪門と続櫓

 

橋爪門は、二の丸の正門です。

高麗門形式の「一の門」、石垣と二重塀で囲まれた「枡形」、

櫓門形式の「二の門」からなる枡形門で、枡形は城内最大の規模です。

「石川門」「河北門」とともに「三御門」と呼ばれ、二の丸御殿へ至る

最後の門として、通行に際して三御門のうち最も厳しい制限がかけられ、

橋爪門続櫓は、三層の物見櫓で、三の丸で戦闘が起こった時の

指揮所の役割を担っていました。

 

 

 

 

五十間長屋からのながめ。

 

 

 

 

菱櫓と五十間長屋の軸組模型

 

実物の10分の1で制作されています。

櫓の復元にあたり、施工に携わる大工さんが柱や梁の組み合わせと施工手順を

事前に把握するために作られました。

 

 

 

 

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓の内部

 

加賀藩の政治の中心で、藩主の住居でもあった二の丸御殿を守るという

重要な役割を持った建物です。

五十間長屋の長さは、なんと98メートル!

武器や非常用の食料などを保存する倉庫として利用されました。

 

 

 

 

まだまだ工事が続いています。

当時の大工さんがこの光景を見たら、ビックリするでしょうね~。

 

 

 

 

サクッと見学した後は、お昼ごはんへGO!

 

 

 

 

 

茶寮 不室屋で麩久箱膳をいただきました。

不室屋では昭和30年頃まで、箱膳で食事をしていたそうで、

その時に使われていた箱膳を茶寮風にアレンジして、麩料理を

盛りつけて提供しています。

 

このお店も弟チョイス。さすがです。

ワタシが選んだお店は、ネットで見かけだけで選んだので

ちょっと失敗でした。

 

これで北陸の旅日記はおわりです。

1ヶ月近くかかってしまいましたが、お付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-07 17:31:04

北陸へGO! その5

テーマ:

 

さて(やっと)、最終日。

兼六園に行きました。

 

以前、兼六園に行ったのは、大学1年(2年だったかも?)の夏休み。

すでに30年近く経っているし、その時はなんだか時間が無かったのと

雨だったので、チラッと見て終わってしまったんです。

今回は、お天気にも恵まれたことだし、しっかり見るぞ!

と、意気込んでいたせいか、写真が多くて大変なことになったため、

サラッと行きます。サラッと。

 

 

 

 

 

 

 

日本最古といわれている噴水。

 

噴水の上に位置する霞が池が水源になっているので、池の水位によって

噴水の高さも変わります。(通常、3.5メートル)

 

 

 

 

栄螺山(さざえやま)

 

霞が池を掘り広げた時の土を盛って作られたもので、登り路がらせんに

作ってあり、その形から栄螺山と名づけられました。

 

 

 

 

栄螺山の山頂には、からかさ型の避雨亭があるので、別名「からかさ山」とも。

 

 

 

 

これが霞が池。

広さは、5800平方メートル。

 

毎年11月1日から、雪吊り作業が始められます。

正面に見える唐先松からスタートするそうです。

 

 

 

 

 

 

雪吊りが美しくて、それが水面に映る姿がさらに美しいので、

同じような写真を何枚も撮ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

霞が池に浮かぶように建てられている内橋亭。

 

 

 

 

 

園内を流れる曲水は、1631年の寛永の大火の翌年、3代藩主 前田利常の

命により作られた辰巳用水を利用しています。

 

 

 

 

兼六園熊谷桜

 

水戸藩から贈られたもので、樹齢300年と言われています。

花の時期も見事でしょうね~。

 

 

 

 

日本武尊像と手向松(赤松)

 

 

 

 

この赤松、銅像の両脇に植えられているんですが、京都の東西両本願寺の

門跡から移されたものだそうです。

 

 

 

 

 

日本武尊像

 

西南戦争で戦死した郷土軍人の霊を慰めるため、1880年に建立されました。

銅像の身長は5.5メートル、日本で最初に建てられた銅像といわれています。

 

 

 

 

 

紅葉見物も楽しめました。

 

お昼ごはんの予約時間まで1時間を切ってしまったので、急いで石川門へ。

結局、今回もまわり切れなかった・・・( ̄ー ̄; 

 

 

 

つづく。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-06 08:12:00

北陸へGO! その4

テーマ:

 

昨日の続きです。

おひるになりました。

 

 

素敵な街並みに目を奪われながら歩いて、

 

 

 

予約したお店に到着。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり金箔。

 

 

 

 

またしばらくぶらぶらしていると、不思議なものが。

 

 

 

なになに?何のお店?

と、思って見上げると・・・

 

 

 

 

ローカルテレビ局!?

おお~、街並みになじんでる~。

石川テレビのゆるキャラ(↑の不思議なもの)が、『石川さん』らしく、

このお店は、石川さんグッズのお店のようですね~。

 

 

 

次の目的地は、金沢21世紀美術館。

 

 

 

これ面白かったです!

 

床が透明になっているプールがあり、その下に水色の部屋があるのです。

上から見ると、人が水中にいるように見えるのです。

 

 

 

 

雲を測る男

 

収監された主人公が、独房で小鳥を飼い、鳥類学者になったという実話を

もとにした『終身犯』という映画からヒントを得て制作された作品です。

(ここから移動するのに乗った、タクシーの運転手さんに聞いた。)

 

映画の終わりで、研究の自由をはく奪された主人公が、

「今後は何をして過ごすのか」

と、問われ、

その答え「雲でも測って過ごすさ」が

タイトルに使われています。

 

そして!

作者の名は、ヤン・ファーブルといいます。

なんと、『昆虫記』で有名な、アンリ・ファーブルの曾孫なのです。

(ぶっちゃけ、ファーブルの曾孫って言われても・・・ですが、

いまも活躍中の、アラ還の美術家・演出家だそうです。)

 

 

その後、おみやげを色々と買い込み、いったんホテルに戻り、酒盛りへ。

 

金沢駅に、ペッパーくんがいました。

踊ってくれるというので、リクエストすると、

 

 

 

 

 

 

ひとしきり踊ったあと、またね!と言われました。

近所のショッピングモールにもいるけど、すごいなぁペッパーくん。

 

 

そして、この日も北陸の海の幸♪

高崎というお店です。

やっぱり弟チョイス。 ← このひとのお店選びゴイスー

 

 

 

クリーミーなあん肝。

 

 

 

 

北陸の白い宝石、白エビの唐揚げ

 

 

 

 

香箱ガニ!

 

 

 

 

香箱ガニ♪

 

いや~、まいりました。

本当に美味しかった。

香箱ガニって、ちっちゃいから、ひとり一杯なんてペロリなので

アゲインしてしまいました。

1日目のさかいは、素材はもちろん新鮮ですが、味と技術で勝負している感じ、

2日目の高崎は、まさに素材で勝負してます。

どちらも最高!

 

ちょっとおしゃれな気分の時は、さかい。

海の幸をガッツリ楽しみたい時は、高崎。

かな。

また行きたい~~~!!!

 

写真撮るの忘れちゃったんですが、かにクリームコロッケや

のどぐろ焼きも、ものすごくおいしかったです。

 

 

つづく。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-12-05 00:10:00

北陸へGO! その3

テーマ:

 

よーし、二日目に突入だ~!

いいペースだぞ~! ← ?

母がとても楽しみにしていた(弟とワタシはそれぞれ行ったことがある)場所へ。

 

 

 

妙立寺

人、呼んで 忍者寺

 

 

 

 

この妙立寺は、加賀三代藩主 前田利常公が1643年に、金沢城近くから

移築建築したものです。

 

当時は、幕府の命令で3階建て以上の建築は禁止されていましたが、

この妙立寺、外観は2階建てでも、実は4階建7層にもなる建物なのです。

中2階、中々2階、部屋数は23、階段にいたっては29か所もあるうえ、

それらが巧妙に隠されていたり、落とし穴になっているものまであります。

そして、最上階の望楼は、物見台のように見せていますが、実は監視台、

大井戸は金沢城へと続くといわれる(入って確認した人がいないそうです)

逃げ道となっており、また、敵に首を取られないための切腹の間(未使用)など、

幕府からの公儀隠密や外敵の目を欺くための、まるで迷路のような

不思議な構造になっています。

 

忍者寺と呼ばれていますが、本当に忍者が出入りしていたわけではなく、

このような仕掛けが盛りだくさんなので、そう呼ばれるようになりました。

 

 

 

 

利常公は、妻を徳川家から迎え、母親を人質に出し、自身は鼻毛を伸ばして

馬鹿殿を演じることで、謀反の疑いをかけられないように手を打つ一方で、

有事に備えてこんなすごい建物をつくっていたなんて、驚きです。

 

撮影禁止なので、写真付きで説明できないのが残念です。

ここは一見の価値ありの場所なので、ぜひ訪れてみてください。ぜひ!

ガイドさんが付くので、迷路に迷い込むこともありません出来ませんし、

色々と面白いお話を聞くことが出来ますよ。

(外国の方には、ファイルが渡されて、○○ページを見てというシステム。)

 

 

 

さてさて、妙立寺を出て、西茶屋街をぶらぶらした後、東茶屋街へ。

 

 

 

 

 

 

ここは、『こまちなみ保存建造物』に指定されている柴原家住宅。

 

町家建築の特徴を備えたこの建物は、旧観音町こまちなみ保存区域にあって、

まちなみを象徴する貴重な歴史的建築である。   金沢市

 

と、書いてありました。

 

 

京都でも出会いましたが、やっぱり!

 

 

 

前撮りのカップル発見。

 

 

 

 

この街並みには、和装がぴったりですよね。

 

 

 

東茶屋街には、酒屋さんが多くありましたが、こんなところが。

 

 

 

 

さすが百万石のまち。

とにかくゴイスーでした。

 

 

まだつづく。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-04 12:36:38

また

テーマ:携帯からの投稿

また高尾山に登っているオット。
冬山登山のための体力作りらしいです。

{8B1CEE34-C67F-4085-9F3B-C01B527646F4}


もう冬だね〜。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-12-03 20:37:42

パノラマ撮影

テーマ:携帯からの投稿

{F4434026-C719-47D9-94B9-8DBE3B32DFE1}


立山連峰なんだけど、横長過ぎて見られないかな?




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-02 17:22:58

北陸へGO! その2

テーマ:

 

さて、何日もかかりましたがてへぺろうさぎ、1日目の夕方でございます。

 

 

 

窓の外に館山連峰が見えるというのが珍しくて、わぁわぁ騒ぎながら激写。

 

 

そうこうするうちに到着したのは、

 

 

世界一美しいスタバ。

 

 

 

 

川のほとりに建っていて、ゆったりのんびりするのにピッタリ!

・・・と、思ったら、中は激混み。

やっぱりみんな素敵な場所でお茶したいよね。

スタバは諦めて、一路、金沢へ向かうことに。

 

車を弟の家に置きに行き、かわいらしい路面電車に乗って富山駅へ。

新幹線でたったの20分で金沢へ到着。

ホテルにチェックインして、ちょっこしゆっくりしてから出かけました。

 

弟が予約してくれていたお店は、和食の『さかい』

おいしいと評判のお店だそうです。

 

 

ちびジュニアさんも参加して、酒盛りスタート!

 

 

北陸のおいしいお酒を飲み倒す決心をして、まず注文したのが、

 

 

獅子の里 超辛(純米)

石川県のお酒です。

 

 

 

うすはりの酒器が、おいしいお酒を一層美味しくしてくれます。

 

 

 

 

こんな仕掛けも!

素敵!欲しい!と思い、大将にたずねたところ、ネットで購入出来るとのこと。

帰ってから絶対にゲットするぞ!(しました。)

 

 

 

 

1合だとすぐになくなっちゃうので、2種類注文。

こちらは白菊(純米)

これも石川県。

 

 

 

 

おお~!

ご当地の名産、錫の酒器で出て来ました。

 

 

 

 

新鮮なお刺身♪

ワタシは、貝&たこ以外をいただきましたが、どれも美味しかったです。

弟は、全部絶賛してましたよ。

 

 

 

 

これは、メニューに載っていないお酒(だったと思う。)

 

 

 

 

今度は、金箔の酒器登場。

そうよね、金沢と言えば金箔!

 

 

そして!!!

 

 

今回の大きな目的!

香箱蟹ですカナヘイうさぎカナヘイハート

味が濃くて、美味しかった~~~カナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら

さばいて出してくれるのにも感動。

 

 

 

 

牡蠣酢

これも大好物。

 

 

 

 

池月みなもにうかぶ月(吟醸)

石川県のお酒です。

 

 

 

 

次々に頼んじゃって、「洗い物増やして申し訳ないなぁ。」的な気持ちに。

でも、美味しいからまだまだ飲んじゃう。

 

 

 

 

これ何だったかな~?

牛肉・・・ということはわかるんだけど。

帰って来てから時間が経ち過ぎて、忘れてしまいましたが

おいしかったことは確かです。

 

 

 

 

これもメニューに無かったお酒だと思います。

もちろん美味しかったですよ~。

 

 

 

 

予定通り、北陸のお酒を飲み倒してしまったらしく、土佐のお酒が登場。

超辛口というだけあって、キリリとして美味しかったです。

 

 

 

 

とろ~りとろける茄子の田楽。

これがあったら、1升いける!

 

 

 

 

ワタシはもうギブアップ無気力ピスケでしたが、弟たっての希望で、

能登角煮と源助大根の小鍋。

男子のおなかはスゴイなぁ。

おいしいおいしいとペロリでした。あんぐりうさぎカナヘイびっくり

 

 

このお店に行って、金沢の人たちを心底うらやましいと思いましたよ。

いただいたどのお料理もハズレなしで、星3つです!

 

ごちそうさまでした。

 

 

つづく。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD



歯を大切に!キャンペーン $ジュニマニア










Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。