株式会社プログレスマインド:勝率80%超のFX攻略法を公開中!

投資顧問業者として10年の実績を誇る投資のプロ集団、株式会社プログレスマインドのブログです。ここでは、そのプロが教えるFX必勝法やFX攻略法、勝率85.42%のFXシグナル配信を無料でご体験頂けます。


テーマ:

どうも、プログレスマインドです。


FXの取引を行っていく上で、皆さんはどのFX会社に口座を開設していますか?


また、どのような理由でそれらのFX会社を選びましたか?


チャートの使いやすさやメルマガや講座など情報量、口座開設時の特典など、
選んだ動機は色々あるかと思います。


しかし、本当に重要なのは「そのFX会社が破たんした時自分の財産がどうなるか」です。


今回はそんな心配をフォローすべく「信託保全」ついてお話しします。

 

 

FX会社が破たんした時、自分たちの資金はどうなるのか

 


「自分の使っているFX会社が破たんした。」


そんな場合、心配になるのは自分がトレードのために預けている資金です。


FX会社が破たんしてしまい、自分の資金がすべて凍結されてしまった、等ということが起こってしまうと、
今後FXを続けるのが非常に難しくなってしまいます。


顧客がそんな心配を抱いていることを鑑み多くのFX会社では「信託保全」という制度を導入しています。

 

 

 

「信託保全」はどんな制度なのか

 


「信託保全」とは、簡単に言ってしまうとFX会社が破たんした場合でも、投資家たちが預けた資金を守ってくれる、という仕組みです。


現在は、ほとんどのFX会社がこの「信託保全」の仕組みを導入しています。


ただし、注意すべきなのはこの「信託保全」の中身になります。


投資家が望む「信託保全」は当然ですが預けている資金すべてが保全されることです。


しかし、「全額」になっていない場合や条件付きになっている場合が存在するのも事実。


「信託保全」の内容については、FX社各社のホームページや規約などで必ず確認するようにしましょう。


また、「信託保全」についての条項があいまいになっていたり、

 

問い合わせをしてものらりくらりとかわされたり、

 

というようなFX会社があった場合、その会社はあまりおすすめできない、

 

ということもできます。

 


 

どうして完全に「信託保全」されない会社があるのか

 


FX会社が完全に「信託保全」をしていない場合があるのには理由があります。


投資家たちがそれぞれ、FX会社に預けている資金は、取引により流動的に変動しています。


リアルタイムでたくさんの注文が出されていきますが、それらの結果によって投資家たちの資金は増減していくのです。


FX会社は、投資家たちから受けた注文を様々な方法でインターバンクにつないだうえで、「カバー先」と呼ばれる自社の取引先銀行に対して、証拠金取引に近い形で外貨取引を行っている場合が多くなっています。

 

この「カバー」をするための取引を行うために、必要となる証拠金に相当する額の資金として投資家たちが「信託保全」をしている資金を担保扱いしている場合があるのです。


つまりはFX会社が破たんした場合、このカバー取引をしている銀行などの金融機関に、

 

「信託保全」していた資金を差し押さえられてしまう可能性がないわけではない、

 

ということになります。

 


いかがでしたか?


「信託保全」の重要性はお分かりいただけたかと思うのですが、やはり多くのFX会社ではまだ完全ではない、ということも伝わったかと思います。


そのため、FX会社を選ぶ時点で、「信託保全」がしっかりなされているFX会社を選んだり、資産を分散させたり、ということは注意すべきポイントの1つとなります。


「使いやすいから」「最初に特典がお得で使い始めて惰性で…」という風にFX会社を選んだ人は、自分の使っているFX会社が本当に安全なのか、ということを再度確認するようにしましょう。


また、レバレッジが高いから、と外国籍のFX会社を使っている方は、さらに注意が必要です。


ほかにも、FX会社の選び方としてはこちらこちらも参考にしてくださいね。

 

 


というわけで、今回は「信託保全」についてお教えしました。

 

 今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

株式会社プログレスマインド

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

 
FX攻略法:FXシグナル配信の実績
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも、プログレスマインドです。

FXの取引を行っていく上で、皆さん様々なチャートを見ているかと思います。

今回は数あるチャートの中でも、市場の動きと過熱感を見るのに特化している

オシレーター系のチャート「サイコロジカルライン」についてお話しします。

 
投資家たちの心理を見る「サイコロジカルライン」とは

FXは為替なので、投資のみではなく様々な貿易、通商、政治情報などが絡んで市場価格が上下します。

しかし、投資家たちも、その市場の動きを見たうえで売買を行うので、
結果的には相場に投資家たちの思惑による方向性や過熱感の有無が現れてきます。

「サイコロジカルライン」は、一定期間中に市場が上昇・下落した状態をそれぞれカウントし、パーセントで表記します。

そのため、分類的にはオシレーター系の指標とされています。

為替相場は常に上がったり下がったりしながら推移し、行き過ぎを避ける傾向にあるので、
上昇や下降がずっと続いた後は「そろそろ逆の方向に反転するだろう」という心理になります。

「サイコロジカルライン」は、その心理的なタイミングを計るための指標となっています。

 
ラインの上下で売られすぎ・買われすぎを判断

「サイコロジカルライン」は、一般的に25%と75%という数字が良く使われます。

ラインが上方向にあり、75%以上のゾーンに入っている場合は買われすぎと判断し売り、
逆に下側の25パーセント以下になっている場合は売られすぎと判断し買いに動きます。

数字の出し方としては、過去12日間の中での上下の日数を数えている形です。

数式としては、
(12日間で前日と比べ終値の価格が上昇した日の日数)÷(12日)×100%
で算出しています。

例えば、75%以上というのは、12日中9日上がって3日下がった、という状態です。
 
「サイコロジカルライン」の弱点

「サイコロジカルライン」の弱点は、他のオシレーター系と同じで、
 
一定の方向に大きなトレンドができている場合、

上下どちらかのゾーンに入りっぱなしになってしまうため、全く使えなくなってしまいます。

そのため、必ずほかのチャートや指標と併用することが必要です。

また、為替相場では必ず途中で動きが反転する、ということを利用した確率論的な指標になっているため、
 
政治的要素を含むファンダメンタルズ的要素で大きな一方向の流れに入っている場合は
役に立たなくなってしまいます。

為替に関係する様々な情報は逐一手に入れておくことが必要です。




いかがでしたか?

FXは確率論だけでは勝ち続けることはできませんが、
 
他の投資家たちの動きや市場の心理的要素は売買の際の判断基準の一助となります。

参考にしてみるのもよいでしょう。




というわけで、今回はオシレーター系のチャート「サイコロジカルライン」についてお教えしました。 
 
今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

 
FX攻略法:FXシグナル配信の実績
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どうも、プログレスマインドです。

FXではさまざまなチャートがありますが、
 
大きく分けるとトレンド系とオシレーター系に分けることができ、それぞれ良し悪しがあります。

チャートを使用するときにはその特徴を踏まえて使用することが前提となるのですが、
 
開発者側は「なんとかどんな時でも使える指標ができないものか…」と常日頃頭をひねっています。
 
そんな中、RSIの開発者であるアメリカのテクニカルアナリスト、J・Wワイルダーが開発したのが「DMI(ディレクショナル・ムーブメント・インデックス)」です。

今回は、その「DMI」について説明します。


 
「DMI」はどんな指標?

「DMI」は、英語で書くと「Directional Movement Index」。
 
日本語では「方向性指標」と呼ばれていて、一定の期間で相場がどちらの方向性を持って動いているのかを示している指標です。

上方向への動きを示している「+DI」と、下方向への動きを示している「-DI」の2本の線の関係性を見て相場を判断していきます。

明確なトレンドがある時に弱い、オシレーター系指標の弱点を補うために開発された指標です。


 
トレンドがはっきりしている時に強い!「DMI」の特徴

「DMI」は逆張りの指標として使用する人が多く、基本的に設定期間は14日間が使われます。

「DMI」では、+DIが-DIより上で推移している場合は上昇トレンド、+DIが-DIより下になると下降トレンド。
 
他のチャートでも「クロス」をよく使いますが、「DIM」も基本的には2本ラインが交わるポイントでの売買が勧められています。
 
具体的に言うと、上昇方向を表す+DIが下降方向を示す-DIを下から上に抜いた場合が買いのサイン、逆に+DIが-DIを上から下に抜けると売りのサインと見られます。

ただし保ち合いになってしまうとサインが頻出しダマシになってしまうため使用しづらい状態となります。

 
合わせて利用したい「ADX」とは

「DMI」を使用するにはトレンドが発生しているかどうか見極めることが必要となります。
 
このため、「ADX」、日本語で言うと「平均方向性指数」をセットで使用する場合が大半です。
 
「ADX」はラインの角度や位置でトレンドの強さを計る指標で、上昇トレンドも下降トレンドも両方とらえることができます。
 
なので、「ADX」でトレンドの発生をとらえてから、「DMI」を使用して売買を行うのが良いとされています。

ローソク足だけを使うのが悪いとは言いませんが、現在は便利な指標がいくつもあります。
 
ただし、いくつかのチャートを見ていただければわかる通り、それぞれに得手不得手があります。
 
「このチャートはどんな時に使うのが適しているのか」ということをしっかり把握したうえで、適切に利用していきましょう。
 
 

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 株式会社プログレスマインド

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

 
FX攻略法:FXシグナル配信の実績
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)