株式会社プログレスマインド:勝率80%超のFX攻略法を公開中!

投資顧問業者として10年の実績を誇る投資のプロ集団、株式会社プログレスマインドのブログです。ここでは、そのプロが教えるFX必勝法やFX攻略法、勝率85.42%のFXシグナル配信を無料でご体験頂けます。


テーマ:

どうも、プログレスマインドです。

 

プログレスマインドの過去の記事で、テクニカル分析の重要性や内容についてお伝えしてきました。

 

多くの指標について説明し、チャート分析に使用できるようお話してきましたが、テクニカル分析というのは、100%ではありません。

 

あくまでも目安として行うものですので、いろいろな指標を組み合わせることで、より高い効果を発揮します。

 

今回は、その組み合わせ方についてご説明したいと思います。

 

 

◆「オシレーター系」と「トレンド系」ってどんな指標?

 

オシレーター系」とは、買われすぎや売られすぎを表す指標で、RSIやRCIなどがあります。

 

RSIの数値では70%以上が買われすぎ、30%以下が売られすぎ、RCIの数値では75%以上が割高、25%以下が割安となります。

 

トレンド系」とは、相場の方向性を表す指標で、ボリンジャーバンドや移動平均線などがあります。

 

ボリンジャーバンドは、移動平均線とその上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことで、移動平均線は、そのレートよりも上にあれば買い、レートよりも下にあれば売りと判断します。

 

プログレスマインドの「トレンド系」と「オシレーター系」に関する過去の記事もご参考にしてください。

トレンド系とオシレーター系とは

 

 

 

 

◆「オシレーター系」と「トレンド系」のデメリット

 

テクニカル指標には、「オシレーター系」と「トレンド系」がありますが、テクニカル分析を行う時には、どちらの指標も大変重要になってきます。

 

どちらか一方の指標だけで分析しようとすれば、損失が大きく勝率も低くなってしまう可能性が高くなります。

 

どちらもそれぞれデメリットがありますが、2種類を組合わせることでそのデメリットを補うことができるのです。

 

まず「オシレーター系」のデメリットは、強いトレンドが発生すると指標が天底に張りつき、サインとして役に立たない、もしくは反応が良すぎてだましのサインが頻発する、などが挙げられます。

 

「トレンド系」は、遅行性の指標で、レートの後を追いかけるようにして動くため、エントリーのタイミングを逃してしまう可能性があります。

 

 

◆組み合わせから判断できるポイント!!

 

では、具体的にどのように組み合わせてエントリーポイントを判断していくのでしょうか。

 

「トレンド系」は中期的な流れから、「オシレーター系」は短期的な指標から判断することが基本となります。

 

つまり、RCIでは売りのサインが出ていたとしても、レートが移動平均線の上にある場合は買いのみ(相場に勢いがあると判断)とし、RCIの売りサインは無視します。

 

同様に、レートが移動平均線の下にある場合は売りのみ(相場に勢いがない)と判断し、RCIの買いのサインは無視します。

 

このように「オシレーター系」と「トレンド系」の指標を組み合わせることで、より分析しやすく、トレードの勝率も高くなります。

 

今回もプログレスマインドの記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

プログレスマインドでした。

 

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒108-0005 東京都港区芝浦2-14-13 加瀬ビル161 3F(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、プログレスマインドです。

 

レバレッジについてはすでにご存知の方もいると思いますが、よく「初心者はレバレッジを低くした方が良い」と耳にする方もいますよね。

 

それは実は初心者だけではないんです。

 

今回は、レバレッジを低くすべき本当の理由をお話いたします。

 

 

◆レバレッジは何倍まで設定できるの?

 

FXでの取引で、レバレッジをきかせるのはよくある話ですし、投資家の皆さんは実際にレバレッジを使って投資をしていることでしょう。

 

レバレッジには上限があります。

 

国内では規制が入っているため、最高レバレッジは25倍ですが、海外のFX業者の場合、なんと100倍や200倍、400倍という高いレバレッジが使用できます。

 

ですが、このような高いレバレッジを使用するのはあまりにも危険です!

 

取引毎のレバレッジはできるだけ低く行うようにしましょう。

 

 

◆レバレッジを上げれば勝てるのか?

 

損失が出てしまうと焦ってしまい、レバレッジを上げて取引をする方がいらっしゃいます。

 

ですが、これは逆効果。

 

例えば、レバレッジ1倍で対米ドルの取引の場合、利食いと損切りの幅をそれぞれ500pipsと設定するとしましょう。

 

すると、レバレッジを10倍にした場合、利食いも損切も50pipsとなってしまいます。

 

つまり損切幅も上がってしまい、ロスカットになる可能性も10倍上がってしまうことになるのです。

 

投資で勝つためには、リスクヘッジが最も大切だと言われています。

 

レバレッジを上げれば勝てるかというと、そうではないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

プログレスマインドの過去の記事、こちらも併せてご覧ください。

FXのレバレッジに関する大きな誤解

 

 

◆損をできるだけ回避しよう!!

 

損失を回避するためには、リスクの高い取引をしないことが重要です。

 

それにはレバレッジを低く(3~5倍)抑える逆指値を入れておく証拠金を多めに入れておくなどの措置を講じる必要があります。

 

着実に利益を出し続けている人は、レバレッジを上げるなど目先の利益にとらわれず、しっかりとリスクヘッジを行っています。

 

これは世界の富裕層にも同じことが言えると思います。

 

株や不動産などに投資をしても、必ずリスクのことを念頭に置いて取引をしているのだそうです。

 

あなたがもし、10万円損したからといって、レバレッジを10倍まで上げてしまえば、その分リスクも10倍に膨れ上がってしまいます。

 

焦って取り戻したい気持ちもわかりますが、ここは冷静に行っていきましょう。

 

いかがでしたか。

 

実のところ、レバレッジを上げればロスカットまでの時間も短くなるので、その分リスクも高くなるということがお分かりいただけましたでしょうか。

 

今週も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

プログレスマインドでした。

 

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒108-0005 東京都港区芝浦2-14-13 加瀬ビル161 3F(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、プログレスマインドです。

 

みなさんは、確定申告に行っていますか。

 

FXで儲けた方もそうでない方も、上げ相場や下げ相場と1年間でいろいろな相場を経験したかと思います。

 

投資で利益が出た場合は、確定申告を行う必要があります。

 

また、損失が出ていても確定申告をすることで得られるメリットもあります。

 

今年初めて確定申告に行かれる方もいると思いますので、今回はFXの税金について解説したいと思います。

 

 

◆FXの確定申告とは?

 

通常、サラリーマンやパートなど企業で働いている方は、税金は給与から天引きされるため、自ら確定申告に行くことはあまりありません。

 

しかし、株式やFXの売買を行った場合、一定の利益が出れば確定申告に行かなければなりません。

 

税金関係は難しいイメージがあるので「確定申告」という言葉だけで拒否反応を示してしまうこともあるかもしれません。

 

ですが、確定申告はそこまで難しいものではなく、慣れてしまえば手間暇もかかりません。

 

また、パソコンにデータを入力すると自動計算されるシステム(e-Tax)もあるので、自宅から確定申告することも可能です。

 

小さいお子様がいる方にとっては願ってもないシステムですね。

 

FXでは「申告分離課税」が適用されます。

 

「申告分離課税」とは、合算せずに分離して申告を行うというものです。

 

FXでは、所得額の大小にかかわらず税率は一律20%で、その他に2013年1月1日から25年間、2.1%の「復興特別所得税」というものも課せられることになっています。

 

つまり支払い税率は、20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%(15% ×2.1%)+住民税5%)です。

 

この税額を年間利益に乗じて税金を出すことができます。

 

 

◆確定申告のメリット

 

損失が出た場合、確定申告に行く必要はないと思っている方もいるかと思います。

 

確かに税金を支払う必要はないので確定申告に行かなくても大丈夫です。

 

しかし、確定申告に行くことで「損益通算」ができること、3年間損失が繰り越せることなどメリットもあります。

 

「損益通算」とは、例えばFXで100万の利益が出ていてバイナリーオプションで50万の損失が出た場合、損失分を申告することで利益が差し引き50万と計算されるので税金が少なく抑えることができるのです。

 

また、FXで損失が出た場合、申告に行くことで翌年もしくは翌々年に出た利益と合算することもできます。

 

ただし、FXと「損益通算」できるものは、ワラントやバイナリーオプションで、株式や投資信託とは通算できませんのでご注意ください。

 

「損益通算」も繰り越しも税金対策となりますので、損失が出た場合でも確定申告を忘れずに行うことをお勧めいたします。

 

 

◆確定申告に行かなかったら?

 

「利益はそこまで多くないので確定申告に行かなくてもいいか」と気軽に考えていると痛手を負うことになりかねません。

 

申告を行わない場合、結果的に本来の税金よりも大きな出費となることもあります。

 

故意に申告書を提出しなかった場合は重大な犯罪扱いとなり刑罰が課されます。

 

たとえ故意でなかったとしても、刑罰が課されることがありますので、申告忘れには十分ご注意ください。

 

納税は国民の義務です。

 

投資によって得た利益は税金を納める必要がありますので、確定申告をして来年も充実した投資生活を送りましょう!

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

プログレスマインドでした。

 

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒108-0005 東京都港区芝浦2-14-13 加瀬ビル161 3F(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)