株式会社プログレスマインド:勝率80%超のFX攻略法を公開中!

投資顧問業者として10年の実績を誇る投資のプロ集団、株式会社プログレスマインドのブログです。ここでは、そのプロが教えるFX必勝法やFX攻略法、勝率85.42%のFXシグナル配信を無料でご体験頂けます。


テーマ:

豪ドル(AUD)の特徴

 

どうも、プログレスマインドです。

 

さて、今回はオーストラリアドル=豪ドル(AUD)の特徴についてお話させていただきます。

 

まず、豪ドル)は、オーストラリア連邦の公式通貨で、米ドルやユーロ、円、英ポンドの次に取引量の多い通貨です。

 

ここ最近では、スイスフランの取引量をも凌駕するほど国際的な通貨となりました。

 

オーストラリアは、日本の20倍以上の面積を持ち、そこから得られる資源に恵まれています。

 

豪ドルが、資源通貨と呼ばれる所以ですね。

 

 

石油、石炭、鉄鉱石、小麦などが豊富です。

 

特に、鉄鉱石や燃料は、新興国である中国やインドでの消費が増加しており、オーストラリアの輸出は高調と言えます。

 

オーストラリアの輸出の25%は中国向けのものであり、また輸入に関しても、中国からの輸入が最も多い状態です。

 

つまり、オーストラリアの経済は、中国との関わりが大変深いということです。

 

そのため、オーストラリアそのものの経済指標に注目するのはもちろんですが、中国の指標にも注意を払わなければいけません。

 

基本的に、中国の経済が良ければ豪ドルも上がり、中国の経済が悪ければ豪ドルも下がると考えておくと良いでしょう。

 

このように、資源大国であるオーストラリアは、その経済成長に比例して物価も上昇して来ました。

 

オーストラリアは、物価との均衡を保つために金利も高く設定しています。

 

 

豪ドルと言えば、高金利である。

 

ということも、その特徴の一つです。

 

リーマンショック以降、世界的に経済が低迷している中、豪ドルの金利も下がっていますが、それでも2016年5月現在、1.75%と、先進国の金利が0%に近いことを考えれば十分に高い金利を維持しています。

 

その金利の高さを利用したキャリートレードにも、豪ドルはよく利用されています。

 

キャリートレードとは、円のように金利の安い通貨で、豪ドルのような金利の高い通貨を借りて運用することを言います。

 

銀行などでも、豪ドルを利用した金融商品がたくさん出ていますので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

FXの世界では、豪ドルとの金利差から得られるスワップポイントを狙ったトレードをしている方も多くいらっしゃいます。

 

また、豪ドルはリスクオンの通貨であるということも押さえておきましょう。

 

 

リスクオンとは?

 

リスクは高いけれど、見返りが大きい状態、つまりハイリスク・ハイリターンのことを言います。

 

豪ドル以外にも、ニュージーランドドル・ポンド・ユーロや新興国の通貨なども、これに当たります。

 

これらは、比較的金利が高く、世界的に経済が安定している時に買われる通貨です。

 

当然のことですが、不安定な状態の時にわざわざリスクを取りに行くということは、まずありません。

 

ですから、豪ドルは世界経済が不安定な時には、他の通貨よりも売られる傾向にあるということも覚えておいてください。

 

以上、今回は豪ドルの特徴について解説させていただきました。

 

豪ドルは、そのスワップポイントから得られる利益も含めて、うまくスイングトレードできれば、とても魅力的な通貨の一つです。

 

FX会社によっては、ポジションを決済しなくても、スワップポイントのみを出金できるところもあります。

 

自由に資産を動かせるということも大切ですので、口座を作る際には、その点にも注意してみてください。

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

株式会社プログレスマインド

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

 
FXシグナル配信(ドル円)の実績はコチラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

・覚えておくと役に立つ?「アノマリー

 

どうも、プログレスマインドです。

 

季節や曜日、日付、時間帯でも相場に傾向があることは以前お話ししましたが、株やFXでは「 アノマリー 」と呼ばれる一種のクセのようなものがあるのはご存知でしょうか。

 

今回は理論上説明しづらいけどそうなるもの、「アノマリー」について説明します。

 

まず、そもそも アノマリーとはなんなのか? ですが、

 

 

「アノマリー」=「anomaly」

 

翻訳すると、例外、矛盾、変則、異常、などの意味があります。

 

このことから、理論で説明できない株や為替の規則的な動き、変化のことを言います。

 

季節やタイミング、ファンダメンタルズ的要素で説明可能なものもありますが、どうしてそうなるかさっぱりなものもあります。

 

必ずアノマリーで言われている通りに動く!と思って売買するのではなく、こういう話もあるから予想外の動きがあるかもしれない、ぐらいに思っておくのがちょうどいいです。

 

株で有名なのは、以下の3つです。

 

 

年初は「 新春株高 」で価格が上がっていき、2月上旬に最高値を付けて「 節分天井 」になり、3月下旬に底値となる「 彼岸底 」。

 

この3つは株をやっている人であれば、聞いたことがあるのではないでしょうか。


普通は、為替や株は景気が良ければ上がっていって、悪くなると下がっていく。という言葉です。

 

 

他にもいろいろ、アノマリー

 

「 晴れの日は上がり、曇り・雨の日は下がる 」というものがあります。

 

これは世界中で言われているもので、日本だけのものではありません。

 

また、月の満ち欠けが関係していると言うものもあり、満月や新月の日にトレンドの転換が来る場合が多い、という話もあります。

 

日本では「 辰巳天井、午尻下がり、羊辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は

繁栄、丑つまずき、寅千里を走り、卯跳ねる 」という、干支にまつわる年ごとの

アノマリーもあります。

 

他にも、ジブリが放映後は相場が荒れるという「 ジブリの呪い 」や、サザエさんの視聴率と株価は逆向きに動く、プロ野球チームの優勝チームで株の上下がわかる、などという変わったものがあります。

 

アノマリーのことを、占いやジンクスのように言う人もいます。

 

しかし、実際にその通りの動きをすることも多いからこそ、ささやかれているものなので、ぜひ頭の片隅に置いておいてください。

 

ただし、アノマリーを信じて売買する、というわけではなく、いつもと異なる動きを敏感に察知するためのひとつのツールとして使用するのが良いでしょう。

 

ということで、今回はアノマリーについてお教えしました。

 

それでは、最後までお読みいただき ありがとうございました。

 

株式会社プログレスマインド

 

◆運営者情報◆

・住 所 :〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階(本社)

・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号

・電話番号 本社(代表):03-6269-3025

FX攻略基礎講座はコチラ

 
FXシグナル配信(ドル円)の実績はコチラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
酒田五法ローソク足チャートの分析法【其の二】

どうも、プログレスマインドです。

さて、前回は トレンドの転換を読み取る5つの酒田五法ローソク足のうち、2つをお伝え致しました。

今回は、以下の3つの酒田五法ローソクついて解説致します。


先日お教えした


と合わせてお読みいただき、ぜひぜひ覚えて欲しいと思います。

それでは早速、残り3つの酒田五法ローソク足を解説して参りましょう!


①三空(さんくう):

三空は「 空 」の文字が示す通り、3つ隙間が空いている状態( 窓とも呼びます )について言います。

つまりは、ローソク足が連続で同じ方向に、かぶらずに離れて前のローソク足と間隔をあけた始値がついている状態です。

陽線で上昇方向に出ている場合は「 三空踏み上げ 」と呼び上昇、逆に陰線が下降方向に出ている場合は「 三空叩き込み 」と呼ばれ下降に向かうと言われています。

ただし、相当強い勢いで一方向に動いているというサインでもあるので、トレンド急変の可能性も高く、判断が難しい場合もあります。


②三兵(さんへい):

三兵は、陽線や陰線が、同方向に3本続く形のことを言います。

陽線の場合は赤三兵、陰線の場合は黒三兵とよばれ、大きなトレンドの初期に出ることが多い形です。

ただし、長いヒゲが出現したり、値動きの幅が狭まった場合は先詰まりと判断し、トレンドが終息する前兆となることが多い形ですので、注意するようにしましょう。


③三法(さんぽう):

三法は、大きく分けると「 上げ三法 」と「 下げ三法 」の2つに分けられます。

上げ三法は大陽線の後に 3本の小陽線か小陰線が連なった後、再度大陽線が出て、最初の大陽線の高値を更新している形です。

下げ三法はその逆で、大陰線の後に小陽線もしくは小陰線が 3本連なり、最初の大陰線の安値を下回る大陰線が出ている形となります。

上げ三法は上昇、下げ三法は下降のシグナルと見られますが、トレンドの途中で出る場合も多いため、前後の流れも見ながらの判断が必要です。


はい。以上で、3つの酒田五法ローソク足について解説致しましたが、いかがでしたか?

酒田五法は、理屈で覚えるものというより、ローソク足の形、つまり視覚で覚え、判断できる目安になっています。

ただし、相場に絶対はありませんので、妄信しすぎず、他の要素ともあわせて判断するように心がけましょう。

それでは、最後までお読みいただき ありがとうございました。

株式会社プログレスマインド

◆運営者情報◆・住 所 :〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階(本社)
・登録番号 :関東財務局長(金商)第2327号
・電話番号 本社(代表):03-6269-3025
FX攻略基礎講座はコチラ

FXシグナル配信(ドル円)の実績はコチラ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)