FX攻略法ブログ │ 勝率85.42%のFX必勝法を公開!

投資顧問業者として8年の実績を誇る投資のプロ集団、株式会社プログレスマインド代表 渡部純一のブログです。ここでは、そのプロが教えるFX必勝法やFX攻略法、勝率85.42%のFXシグナル配信を無料でご体験頂けます。


テーマ:
【今週のドル円】

2016年6月20日の週のドル円相場は急落。

英国の国民投票は残留派が有利との観測で
開票当日の朝までは上昇し、106.80円付近まで
高値を示現していたドル円は、離脱派が有利
となると安値98.97円付近まで急落しました。

英国のEU離脱が歴史的な事象であることは
いうまでもありませんが、ドル円の当日の
変動幅も歴史的な一日となりました。

今週は米GDP確報値(第一四半期)、米消費者信頼感指数
米個人所得支出、米中古住宅販売成約指数などが発表に
なります。

今回のブレグジットを受けて米国の利上げは困難との
見方が大勢のなか、米景気関連指標の動向には注目。

今月の雇用統計発表は7月8日です。

<今週の予定>

27日(月)
世界経済フォーラム夏季ダボス会議(28日まで)

28日(火)
米GDP確報値(第1四半期)
米消費者信頼感指数(6月)
米S&Pケースシラー住宅価格(4月)
英中銀臨時オペ
EU首脳会議

29日(水)
米個人所得支出(5月)
米中古住宅販売成約指数(5月)

30日(木)
独失業率・失業者数(6月)
ユーロ圏消費者物価指数(6月)
米新規失業保険申請件数(25日までの週)
セントルイス連銀総裁、講演

1日(金)
日銀短観(6月)
日本雇用統計・消費者物価指数(5月)
中国製造業PMI(6月)
ユーロ圏失業率(5月)
米自動車販売台数(6月)
米ISM製造業景況指数(6月)
米債券市場、短縮取引

今週もよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【今週のドル円】

2016年6月13日の週のドル円相場は急落

日銀の現状維持が発表になると、日経平均株価
は急落し、ドル円も2円以上の円高になりました。

金融政策決定会合の結果発表は11時過ぎ。
何ら前回との変更もありませんでした。

また会合後の黒田総裁の会見においても
次回会合での緩和実施について何も語られることは
なく、一段と円高に拍車がかかりました。

日銀の金融政策決定会合の前に米FOMCが
ありました。

本来であれば、このFOMCの結果だけでも十分に
円高に振れるものでしたが、日銀が何かやる可能性が
あっただけに、日銀のノーアクションが確定
してから円高になったわけであります。

日銀のノーアクションだけではここまでの
円高にはならないでしょう。

やはり今回のFOMCでドットチャートの内容に
大幅な変化が見られ、長期の見通し含め各委員の
相違は弱気に傾きつつあることが示されています。

いまの状況では年内の利上げは1回もしくは0回
ではないでしょうか?

米国にとってもドル高は好ましくありません。


<今週の予定>

20日(月)
黒田日銀総裁、講演
日本貿易収支(5月)
ドラギECB総裁、欧州議会で発言
ミネアポリス連銀総裁、講演

21日(火)
日銀議事録
独ZEW景況感指数(6月)
英中銀臨時オペ
イエレンFRB議長、上院証言

22日(水)
米中古住宅販売件数(5月)
パウエルFRB理事、講演
イエレンFRB議長、下院証言

23日(木)
独・ユーロ圏製造業PMI速報値(6月)
米景気先行指数(5月)
米新規失業保険申請件数(18日までの週)
ダラス連銀総裁、講演
FRBストレステスト結果発表
英国、EU残留・離脱を問う国民投票

24日(金)
日銀主な意見
独Ifo景況感指数(6月)
米製造業新規受注(5月)

今週もよろしくお願いいたします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【今週のドル円】

2016年6月6日の週のドル円相場は週初こそ若干
上昇しましたが、週末には再び底値を探る展開。

前週末の米雇用統計が衝撃的な内容でドル安が
継続しています。
5月の雇用統計で非農業部門雇用者数が3万8000人増
という結果に市場は驚きを隠せません。

ドル円は日本時間、午後7時には109円台をつけて
いましたが雇用統計で急落し、3日の夜中には
106.50円を割り込む展開。
短期トレーダーには絶好の収益チャンスになりました。

さて、今週は米FOMCと日銀の金融政策決定会合の
結果が発表になります。

日米ともに金融政策の現状維持が見込まれている
ところですが、米国は次回7月にどこまで含みを
持たせるか?が焦点。
そして日銀は場合によると今回動いてくる可能性
もありので、何もないと決めつけない方が
いいのではないでしょうか?

<今週の予定>

13日(月)
中国小売売上高・鉱工業生産(5月)

14日(火)
米小売売上高(5月)

15日(水)
米生産者物価指数(5月)
米NY連銀製造業景況指数(6月)
FOMC結果・声明・経済予測公表

16日(木)
豪雇用統計(5月)
日銀決定会合・黒田日銀総裁、記者会見
米消費者物価指数(5月)
米新規失業保険申請件数(11日までの週)
ECB経済報告
ユーロ圏財務相会合

17日(金)
米住宅着工件数(5月)
ドラギECB総裁、講演
EU財務相理事会

今週もよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)