佐藤淳一レフェリーブログ “きれいな水で泳ぐも人生。 汚れた水で泳ぐも人生。”

アイスリボン女子プロレスでレフェリーをしています。
当ブログではチケットの取り扱いは行っておりません。各プレイガイドでのご購入をお願いします。

NEW !
テーマ:
11月シリーズ第4戦。

舞台は寿都町です。

寿都町(すっつちょう)と読みます。

風の町寿都として演歌界の大御所、北島三郎さんもイメージソング『風のロマン』を唄っています。

IWAの台所事情、この寿都町大会は、オフにしておくより、宿泊費が稼げればいいや。

そんな気持ちで挑んだ大会でした。

寿都町にポスター張りで伺った際の率直な感想は、ド田舎。
人口3000人の小さな町。

宣伝カーを運転しているとすれ違う町民の方が会釈をしてくる、そんな人情味溢れる素敵な町でした。

町の無人販売では、立派な大根が10円。

大きな鮭が1匹=1000円。

物価の安さに驚きです。

ポスター張りで現地入りの話です。
驚きの体験をします。

宿泊場所は、民宿みはら。


20時くらいに宿に到着すると、宮川大助花子の花子さんそっくりの女将さんに出迎えられます。

早速、夕食をご馳走になります。

出て来た料理は、大皿に大量の甘エビとマグロの刺身。

先程まで先客の職人が食べていたお皿に追加で盛られます。

初めての経験で若干、引き気味の淳一と営業Oさん。

食事を済ませて部屋に入ると 4畳半のカーペットの部屋にダイヤル式のテレビとちゃぶ台。

荷物を置いて、風呂に入ろうとすると…。

???

『鍵がない!!』

写真のように内側からかけられる簡易の鍵のみ。

淳一「鍵が無いんですけど…。」

女将さん「誰も取る人なんていないから…。
鍵なんて必要ないでしょ。」

と恐ろしくおおらかな宿。

気を取り直して風呂に入るが、湯船が熱湯よろしく。

熱い!!

湯船に浸かることは出来ず、桶に大量の水で薄めて、『カラスの行水』

何もすることが無いので早めに就寝。

横になって目を閉じると…。

んっ?


床が斜めになっている!!

翌朝、『女将さんに床が傾いていますね。』

と訪ねると、

女将さん「そうなのよ~。昔、映画館で改装して民宿にしているのよ~。」

淳一「だから、階段が急だったりするんですね。」

朝ごはんをご馳走になり、宿を出ようとすると

女将さん「この辺は、食べるところが少ないから…。」

と手作りのお弁当を持たせてくれました。

ポスター張りも一段落して、海辺に車を停車させ、海を見ながら、女将さん手作りのお弁当を食します。

玉子焼きが絶品で、実家を出て同棲生活をしていた淳一には、母の玉子焼きを思い出しました。

本来は、2泊することになっていましたが、
営業Oさんと

『明日の宿泊はキャンセルしよう』

と話をしていましたが、手作りお弁当を食べながら、『女将さんに悪いなぁ~』と葛藤。

結果、キャンセルしますが、人情味溢れる素敵な女将さんがいる、今も記憶に残るお宿でした。

引退してから少し時間が作れると思いますので再訪したい場所です。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。