junnette BLOG 『サンジェルマン•デ•プレからはじまるパリ花物語』

atelier Jun HAMAMURA オフィシャルブログ  パリ、花、食、ファッション、インテリア、黒犬ウィのことなど. . .パリでの日常を綴っています。


テーマ:


20代の頃から大好きな J.CREW



32歳、花留学の下見にパリへ来た際、画像のような型の、同ブランドの黒いコートを着ていたことも鮮明に記憶している。


{CFBCA2A7-E878-4B0D-9664-CA0D36BC239B}




日本から撤退したと聞いた時は、
既にパリで暮らしていたとはいえ、
なんとも寂しく思った。



サイトをチェックしてはたまにオンラインショップを利用していたが、昨年春、遂にパリ市内に直営店がオープン。



嬉しかった。。。






現クリエイティブ・ディレクターのJenna LYONSの着こなしがとても素敵。

{D2442E15-E008-41B1-B755-29EAEA9CDA15}



{5ADAF2B5-3D26-41D5-9D2E-4FEA981D6E49}





シャツの大胆な開襟、
ピンクの組み合わせ、
ファーの合わせ方、などなど、


自分のリアルクローズに取り入れるには難しくも、


彼女の着こなしを見ていると
お洒落をする楽しさが沸々と湧いてくる。





{039E7D11-8541-4289-90EF-917531719C5C}


カーキ好きとしては、


(緑が好きだなんて言うと、ほらやっぱり!とばかりにみよし印のミヨちゃんに余計なことを言われるから要注意だが。。。)


上の画像のように、

グリーンのアイテム同士を、
あえてデカラージュを付けて組み合わせ、
黒で締める。


バッグはターコイズ系のグリーンなのかな…


参考になる。
つくづく眺める一例。




大胆な開襟も、こんな風にストールを使えば。。。



奥の奥に寝かしっ放しにしてあったヒョウ柄ストールを引っ張りだしてみた。= 無駄買いは免れた。





{4542FCD0-9784-412E-904B-CB08DC9AB64F}



パリジェンヌ達に先を越される前に定番ものは抑えねば。。。なる思いから、早速ブティックへ。


お客はわたし一人。


黒のショルダーバッグをチョイス。



ショルダーを短くして使いたいので、余り気味な端を隠すために、20年前に手に入れたグッチのプチスカーフを巻いてみた。


色が褪せたスカーフも、なんとなくいい感じに収まっている。




JCREWに感化されながら、秋冬のお洒落を考えるのが楽しいタイミング。






{6A3E17AC-5FA0-4097-955D-1FD26CE0346F}




{B7330476-0BB9-47F2-9021-C60F40F75810}



思う型に出会えない為に、とりあえずな妥協はせず、入手せずにきたヒョウ柄コート。


コンサバな型、
美しい柄の一着に、
今年は出会えるだろうか。。。










いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


産まれる前から知っている、今ではパリ市内私立中学校に通うお洒落なA子ちゃん。
    


バカンス前の7月頭、
ママも一緒に入ったカフェでのオーダーに、


「Virgin Mojito, s'il vous plaît.」


と何やら初めて聞く飲み物をサラッと頼んでいるものだから、


「それ、なに?」



サーブされた、ヴェルジン・モヒートを飲ませてもらったら、



爽やか〜な美味しさ〜🌿🌿🌿 😍



なんでも、仲良し達との間では、アルコール抜きのカクテル作りが流行っているそうで。



顔も名前もバリバリ日本人ながら、
パリ生まれ、パリですくすく成長中のパリジェンヌ、お洒落だわね。。。



私もすっかり気に入ってしまい、
以来、カフェクレームの気分でない時は、もっぱらこればかりを頼んでおります。



{75FD983D-DCEE-4115-B91B-33FE3D6459AF}

今日のは、まるでヤクルトのような色。。。





アルプスの村 ↓ で飲んだのはとても美味しかった。


{8A3831C7-B20C-47CB-A5A7-9F7B4F27E287}






店によって透明度や、味の濃さに違いがあるけれど、

先日のクリニャンクールのカフェで出されたそれは…
偽せもの。



アルコールが入った、つまりはMojito !!



アルコール入りだから、
顔は赤くなるし、体がポッカポカとなるのを感じ、


「これ、Virgin Mojitoじゃなくて、Mojitoよ。」


と訴えても、「アルコールなんて入ってないわよ。」とサービスの女性。マイストローを持ってきて飲んでもなお、


「アルコールなんて入ってないわよ! ハハハ!」


笑っておる。。。




カクテルを作った本人に聞きに行ってくれたが、


「入れてないって言ってるわよ。」





サービスに、バーテンダー、あ、この人たちの顔。。。


私が酔っ払ってるのはどう説明するわけ? などと聞いたところで、水に等しい味と認識する酒好きに、何を言っても無駄と諦めた次第。



昼間からほろ酔い加減の、ヴェルジン・モヒートにまつわる不思議なエピソードです。




夏にぴったりの飲み物。
是非、カフェでお試しください!



{7585838E-6AF9-4F42-AF46-D585F8DA874E}



{D8BEA3B5-C37E-4937-9477-1C61CA821345}


本日も快晴。

暑いのなんの。



犬、帰宅後は冷水シャワー。
   
直後に背中ごりごりダンスをしているから嬉しいのでしょう。




皆さま、
夏バテのないようにどうぞ健やかにお過ごしくださいませ。







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとつの撮影が終わり、

次の撮影準備に。




気ままな暮らしにご興味をもっていただき誠に有難うございます。☺︎




以前、某誌に掲載された我が家での企画ページを見て、その前後のページのピカピカな華やかさに、



ウチで良かったのだろうか。。。



遅れ馳せながら思ったことがあります。





うちはピカピカとは真逆。。。


言うならば、擦れ具合に、あれこれ講釈を付け。。。😁





次の撮影、どんな作戦でいこうか。




これまで家具、雑貨は私物100%できていますが、
業者さんからお借りすることも考えるには考えます。




”作る”という考えに及んだ際の強い味方は、

あの!お直し屋のムッシュー!




犬の布団づくり、


股上の深いジーンズを浅くする、


今は無きイタリアのメゾン『Genny』のジャケットを復活させてくれた手腕(おじちゃんに出会う前のお直し屋に酷い目にあい。。。)

などなど、


時には、フランスの一般に存在しないものまで、こちらの意向に沿って仕上げてくれるクリエーション、しかも大変レゾナーブル(良心価格)な姿勢。





{A85D8542-4060-4D6C-959E-77BDA73683EE}



バカンスから戻った直後、
クリニャンクールで購入したミリタリーシャツの袖、丈直しに久々に行くと、


「久しぶりだね〜。」

よく通う店のひとつなのに、半年ぶり。
ここのところ、出し尽くした感があったので。




アレッサンドロ氏の取り入れ方を参考にしながら。。。


{2139B021-000E-4692-B498-6754F1B135F8}


{50075CB7-2B6F-4E77-A01B-9F4B067C2067}







秋の撮影に向け、おじちゃんとどんなタッグを組めるか楽しみです。






{3B91C944-D09B-400E-B6E3-BB0405B7517D}


キャフェでアイデアを考える。



キャニキュール注意報が出る中、
気持ちよい風が通り抜けるものだから、
美味しいカプチーノを飲みながら、極楽なひととき。






例年、夏のバカンスからの戻りは、民族大移動の長い渋滞を避ける為に、それより早めにパリへ戻ります。


今回は老舗への納品、秋のプレゼンが昨日入っていたこともあり先週戻りましたが、まだ街が静かなタイミングで、

少なくとも階上階下、目前、あるいは斜め前、左右両隣の隣人達が戻る前に自宅で寛げる時間は尊く、気持ちよいペースで後半を始められます。



{E7E4D3CD-8634-4D33-BCA1-5824BCA3B1B6}


いつもながら気持ちよさそう。









いいね!した人  |  リブログ(0)