_shared_img_thumb_OHT99_bieihosizora_TP_V.jpg

あなたには叶えたい夢はありますか?

その夢は、いくつありますか?

何才くらいまでに、どんな形で、誰と一緒に叶えたいですか?

そして、その夢が本当に叶うと信じていますか…?


あなたが、本当に望んでいること。

誰に望まれたわけでもなく、
時には自分でも理由すらわからないのに
あなた自身が心から描いている未来。

それは、他の誰でもなく
あなたの細胞が、身体が、意識が知っています。

そしてその夢や望みは、
あなただけのものではなく
この世界の大切な計画の一部です。

あなたの夢が叶うということは
世界全体が未来に向かって一歩
そのかたちを明るく変容させることでもあるのです。

 

_shared_img_thumb_MIYA160101530053_TP_V.jpg

 

【未来創造リトリートについて】


このリトリートでは、
食・温泉・思索に最適の空間が揃った理想的な環境のもとで
あなたがいま抱いている夢やビジョン、幸せの形を具体化し
叶える夢から叶う夢への転換を意図し
明日からの行動のひとつひとつを変化させるきっかけのサポートを行います。

 

昨年、4月の湯河原温泉での開催を皮切りに

6月にはイタリアのフィレンツェ(たでひろこさん主催)、

7月にはドイツのデュッセルドルフ近郊(のりま*えるまさん主催)で

開催させていただきました。

 

今年は、2月に山口のウルヴェヒさんにて日帰り開催を予定しているほか
3月に再び湯河原の「ご縁の杜」にて開催します!

ウルヴェヒさんでの開催は主催の藤井美奈子さんへ詳細をお問い合わせください。
>>お知らせ記事はこちらです

 

image

 

このワークショップでは、ワークと対話を通して

潜在意識下に眠っているあなたの夢を思い出し

三昧琴演奏家でもある今回のファシリテーター福島千種が
響きを細胞に共振させながら
身体のすみずみまで再インストール。

 

さらに、毎日の小さなアクションに落とし込むことによって
夢の実現をサポートします。

image

*****

ものを減らすことで
心を整えていくのと同じように
リトリートでは、日常をしばし離れ
自然やきれいな空気に囲まれた環境に
一時的に身をおくことによって心が鎮まり、
大切なことを思い出していく、という
実感を覚えている方も多いようです…。

 

image

こころという大きな湖に
自分の手で、小さな小石をひとつぽとんと落とす。
そこからふわりと広がる波を見つめる。

リトリートって、
そんな時間なのじゃないかな

わたしは、そんな風に思うのです。

 

image

 

温泉にゆったりとつかり
手をかけて育てられた素材で作られた
美味しいお食事を楽しみながら内側とつながり、
本来の自分を、そして自分の夢や望みを思い出す時間。

みなさまとご一緒できるのを楽しみにしています。

 

{27FFF052-BB68-4E74-A42C-901C88779425}

 

<これまでにご参加くださった皆様のレポやご感想>

 

<Aさん>

このリトリートに参加して、
まず、自分の未来なのに、
かなりの制限をかけていたことに気付きました。

実はわたしはこういったワークが苦手で
ワークタイムにはいつもぐるぐる悩み、苦しんでしまうのですが
なぜかちぐささんのワークには参加してしまいます(笑)

おそらく、ちぐささんの作る「場」が好きなんだと思います。

リトリートが終わる頃には、
以前なら「到底無理レベル」だと思っていたことを思い描いている自分がいました。
あそこまで言っていいんだというのを解放できました。

2日間を通して、一緒に参加した人たちと連帯感も生まれ、
それぞれが未来を創造し、それを応援しあえる仲間に出会えたことが大きかったです。

応援しあえる場で、自分の夢をどんどん言いたい、聞いてほしいとまで思えました。

未来を創造しただけでなく、自分自身を、枠や制限から解放できました。

 

<Bさん>

私はワークそのものが楽しくて楽しくて、
もっともっとやっていたいと思いました。

初日が終わった時は、正直「もう終わっちゃうの?」と思いましたが、
夕飯後にみんなで語り合ったことも大きな収穫で、
自分がどんどんオープンになっていくのがわかりました。

リトリートそのものはあっという間に終わってしまいましたが、
日常に戻ってからも、ワークは続いています。

そうそう、リトリートに参加して
「空間」や「スペース」の大切さを感じ、
その後の自分の生活や仕事の中でも
意識するようになったのか、
その言葉を使うことが増えました^^

 

 

このほか、みなさまのブログでもご感想をいただいています。
ありがとうございました!
 

◎ファシリテーター福島のレポ記事

自分の人生に恋をする。「未来創造リトリート」

 

◎池田啓子さん わたしの小さな旅「未来創造リトリート1日目」

質が共鳴したお料理「未来創造リトリート1日目」

 

◎ふもとようこさん 夢は今を変えるためにある

夢は今を変えるためにある~旅館編 

 

◎さあやさん 4/2-3 未来創造リトリート その1

4/2-3 未来創造リトリート その2

 

◎サティア・ヨガさん いつもみる夢、紐解いた日

身の丈にあった生きかた、ということを知る

 

◎匿名さん  リトリートな旅(1日目)

リトリートな旅(2日目)

 

◎たでひろこさん「開催報告・カプチーノ会 福島千種さんの未来創造ワークショップ」
◎K's Kitchen Brera Milanoさん 「フィレンツェへ未来創造の旅♪」

◎カステッリーニ貴美恵さん「行ってきました!未来創造ワークショップ」

◎のりま*えるまさん「三昧琴のスナフキン」

 

◎Marikoさん「胸がザワザワ〜」

 

 

 

【会場:「ご縁の杜 - Goen no Mori -」について】


2016年2月3日より、旧「料亭小宿ふかざわ」より新たに名称を変更し、
新たな想いと試みでスタートした
「湯河原リトリート ご縁の杜 - Goen no Mori -」

「本来の自分に還る場所」をテーマに
人が本来持つ力を発揮できる“心と体の仕組みづくり”を応援サポートしている
すてきなお宿です。

スクリーンショット 2016-02-03 10.36.56.png

PHOTO: 「ご縁の杜」公式サイトより


今回は、別館でもある「Retreat works 梵 - Soyogi -」をお借りして
未来ワークや三昧琴によるメディテーションを行います。

ケヤキでできた重厚な蔵戸を開けると、そこには
白壁や木のぬくもりに包まれた温かな空間が広がります。

三昧琴の音も心地よく響くこの空間で
静かに内側に入り自分の声を聞くワークや音の瞑想
ペアワークなどを行います。

ダイニングで提供される「未来ごはん」は、
動物性のお肉やお魚を使わずに、お野菜や穀物をふんだんに使う料理。
たくさん美味しくモリモリ食べても、カラダにとても良く、
体内(特に腸や内臓)が整い、思考が安定し、ヒラメキが高まっていく。
人の身体を本来の活気ある健全な状態に戻していく作用がある、
(公式サイトより引用)
そんな未来のごはんとのこと。

まさに、今回のリトリートの内容にぴったりのごはんなのです。

スクリーンショット 2016-02-03 10.37.42.png

PHOTO: 「ご縁の杜」公式サイトより

もちろん、湯河原温泉という立地ですから温泉も楽しめます。
夕食前後にたっぷりとお湯に浸かることができますので
日頃の疲れを落とし、自分自身の心と身体に
贅沢なごほうびをあげる時間になることでしょう。

都内からのアクセスも便利で、
駅から徒歩で到着できる便利な立地でありながら
そんな素晴らしい環境がととのっている「ご縁の杜」で
新年度のスタートにこれからの未来を思い描く時間。

みなさまとご一緒できますことを心より楽しみにしています。

▶▶「湯河原リトリート ご縁の杜 - Goen no Mori -」ホームページはこちら



 

「未来創造リトリート ~響きと温泉の時間~

湯河原温泉 「ご縁の杜 -Goen no Mori-」



◎会場:「湯河原リトリート ご縁の杜 - Goen no Mori -」(神奈川県)     
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5-4-6
JR東海道線湯河原駅より徒歩5分

◎日程:2017年3月27日(月)28日(火)

◎スケジュール

3月27日(月)
  13:30 集合
  14:00 「Retreat works 梵 - Soyogi -」ワークDay1スタート
  17:00~ 休憩・温泉をお楽しみください
  18:30~ 夕飯・温泉・歓談など

3月28日(火) 
  日の出ツアー(希望者)
  08:00~ 朝食・お風呂など
  10:00~ ワーク Day2
  12時頃解散予定(その後、希望者はランチ)

◎持ち物:リラックスできる服装、お気に入りのノート(新しいものをご用意ください)

◎参加費:32,000円(消費税・入湯税別)

※ワーク料金、1泊2食つきの宿泊費、入湯税を含む価格です。
 集合場所への交通費、解散場所からの交通費は各自でのご負担をお願いいたします。

※宿泊のお部屋は、数名での相部屋となります。部屋割りはこちらで適宜決めさせていただきます。
 


右矢印未来創造リトリート@湯河原のお申込みはこちらからどうぞ!

※ウルヴェヒさんでの開催は主催の藤井美奈子さんへ詳細をお問い合わせください。
>>お知らせ記事はこちらです 

リブログ(1)

リブログ一覧を見る