• 25 Jul
    • ラーメン

      お気に入りブログの ブロガーさんの記事を読んだら、無性にラーメンが食べたくなっちゃった。てなわけで、夏休みでゴロゴロしている息子を連れて行ってきた。チェーン店のラーメンだから、それなりのお味。味噌ラーメンが売りの店で、なぜか醤油チャーシュー麺と醤油とんこつ(笑)うちのママさん、麺類はあまり食べないんだけど、子どもたちはラーメン大好き車で来ちゃったから、昼ビールはおあずけ。さあ、帰って飲むか〜〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

      27
      2
      テーマ:
  • 23 Jul
    • 花火

      今夏の初花火。   結構,近くから観たので,音が身体に響く。 これが気持ちいい〜。   娘は耳を塞いでママの後ろに隠れてた(笑)。     さてさて、人出の多いところで目立つのが,下品な大人達。 tattooなんかが見えちゃうと、もう嫌悪感MAX。 そんなのが数人たむろして騒いでいると、子ども連れには迷惑きわまりない。   なんで日本人がトライバル彫ってるんだろう? ユニクロの柄物Tシャツの方がカッコイイのにねぇ。 田舎は都会と違って,おしゃれな(粋な)人が少ないな。   車も然り,「かぶ」ナンバーや嵐を好む人が異常に多いし,フロントサイドもカーテン装着車が目立つ。 車高調入れても,ツライチにこだわる車は滅多に見ないし,,,。   まあ,何はともあれ初花火。 今年もイイ夏が始まりました。      

      21
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 今日から夏休み❗️といえば宿題

      子どもたち,今日から夏休みのはじまり〜❗️   休みといえば,宿題。   去年のフィリピンは長かったので,持って行って毎日少しづつやっていたけど,今年は数日の予定なので,子どもたちどうしようかなと思案中の様子。   上の子は日記とかないけど,下の子はあるので持っていくのかな。   上の子なんかは,今日1日で全部終わらせるつもりでいたみたいだけど,ママに止められて1週間分だけやったって言ってた。   そんなにやりたいなら,今からでも間に合うから,夏期講習に放り込もうかなと親は親で考え中(笑)   まあ,本人が楽しんでやっているので良いのかなと。 親の価値観押し付けても仕方ないし,勉強が面白いならそれをすれば良いと思う。   うちの子たちの通う学校は,驚くほど宿題が少ない(と思う)。なんでかな〜と思ってたら,モンスターからクレームが来たそうだ「夏休み遊べね〜」って。 でも,子どもはどう思ってんだろう❓   子どもの成長には,勉強も遊びもどちらも同じくらい大切で,その比重は子どもたちの個性なので,親が自分の教育方針云々でどうこういう問題じゃないと思っている。 バランスの取れた子どもは,人を思いやることの出来る優しい子に育つ。これ,ホント。   親は,自分の価値観にとらわれないで,いい環境を提供しないとだわさね。   話は変わって,通知表,市長からの表賞状,図書カード,皆勤賞etcいただくものは頂いてきた子どもたち。   まあ,今年度も二人とも満足出来た内容だったようでした。   もちろん,親の私も文句のつけようがありませんでした。   お疲れまさでした(^.^)      

      28
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 竹中絵里を聴きながら

      今日も暑かった。でも、大好きな季節。大人になっても、それは変わらないんだなぁ。私の中にも少し青い心が残っているのかしら、時々この人の歌に聞き入ってしまう。まあ、時々は良いよね。     デッキに珍客乱入(๑˃̵ᴗ˂̵)  一緒にやるか?お互い、短い夏を謳歌しようぜ❗️By jungle @Base

      20
      2
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 2017夏:そろそろフィリピン!荷造り開始の巻

      マニラ旅行に向けて,荷造り開始〜。   一人で遊びに行ってた頃は,ほんとバッグ一つで身軽だったけど,所帯を持って,子どもがひとりふたりと増え,それも成長とともに衣類もかさばり,たかが1週間弱の旅行でも結構な荷物になっちゃう。   里帰りじゃなくて,遊びに行くだけなのに,お土産とかないのにスーツケース3つは必要。 帰りはお土産買って帰るしね。       今度のフライトは,成田から。 人生初の ジェットスター  LCC。 成田の第3ターミナルなんて出来たんだね。   そして,マニラでは10数年ぶりとなる第1ターミナル。 リニューアルされたって聞いたけど,件の人員不足で混雑はどうなのだろうかと少々不安が残る。   昔から,フィリピンは危ないって言われてるけど,今まで数十回の渡比でキケンを感じたのは,タクシーに乗った時に1回だけ(これは拳銃が見えたから)。 確かに,深夜のエルミタ周辺で,人が血を流して死んでるのを何回か見たことあるけど,新宿の歌舞伎町の方がヤバさを感じる。   マカティーはさておき,エルミタ,マラテ,パラニャーケ,ケソンは少し遠いけど,一人で飲みに行って怖さを感じたことはない。ただし,最低限の自衛は必要。   まあ,今回は戒厳令がどうなるかによって夜遊びも変わると思うのだが,基本的にホテルでのんびりしたいなあと。 プールでカクテル,ジャグジーなんかを楽しみたい。   繁華街の真ん中にある使い勝手の良いホテル。 会員になっているので,融通が利いてイイね。 部屋の香りやフルーツの種類,枕の高さとか全て過去のデータが残っていて,チェックインするとその通りに迎えてくれる。 昨年,台風の影響で入れなかったプール。 今年は楽しみないなぁ。    

      21
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 庭の野菜が調子イイネ!

      トマトとナスが,毎日のように採れる。   葉物野菜のツルムラサキと空芯菜もイイ感じ。   やっぱり,野菜は地植えが育つなあ。   今年のナスは長ナス。 去年は千両2号。 食べて美味しいのはこっちかな。       ミニトマトは2種類。 アイコは定番。 少し苗の値が張ったけど,フルーツトマト系を植えたらこれがサイコーに美味。 来年は,アイコやめましょう。       採れたてのツルムラサキスープ。 手羽先と一緒に食べると旨いんだなぁ。       ナスとキュウリとミニトマト。 ナスは湯がいてある。 これに,国産レモンを絞って醤油をたらす。 バゴーンをつけても美味。     この時期,庭のミントでモヒート作ってもイイけど,この料理に合うのはやっぱり日本酒。   1杯目,強炭酸 5:5で割って一気に飲み干す。   2杯目,オンザロック。   3杯目,常温で。   これが jungle流 夏野菜の楽しみ方 (^^Y    

      30
      6
      テーマ:
  • 13 Jul
    • amazonプライムデーで買っちゃった

      なんだか,ここ最近アメーバの調子が悪い。 ブログをUPしても反映されない状況が続いてる。 書いた記事が消えるのは結構凹む。   まあ,気を取り戻して,思い出しながら書きなおす事にしましょう。   先日のamazonプライムデー,年に1度の大セールで欲しかった商品をGETした。       1便目はこんな感じ。 この後,明日にかけても小物類が届く予定。       遅ればせながら,amazon fireTVを導入。 今まで,PCとデバイスでこじんまりと視聴していたが,これからは大画面で楽しみましょう。       シャープのコードレスクリーナーは,ママへのプレゼント。       このタワー型扇風機は,ヤマダ電機の半額でタイムセールしてた。思わず2台購入。     明日以降も,小物類が届く予定。 消費欲,物欲を満たすのはストレス発散にサイコー。 前々から,この日に合わせて買い控えていた商品。 一気にポチるのは快感〜でした(^^Y    

      26
      テーマ:
  • 10 Jul
    • 子どもたちの可能性

      小6の息子は,スポーツはあまり得意ではないが,勉強は良くできる方で,中学クラスの勉強はクリアしている。 このままうまく行けば,A・AAクラスの高校に進める可能性があるそうだ。   創作や絵画では,毎年何かしらの賞に入選し,市や教育委員会から表彰されている。 児童会の役員や級長などに推薦され,リーダーシップをとることもできている。 なにより面倒見が良くて,学校では特別クラスの子どもたちの勉強を見たり,毎年新入生の世話係りをしいる。 教会に集まる小さな子どもたちとも良く遊んでくれる。   小1の頃から小6の現在まで,テストは99パーセントの確率で100点を取っている。   今まで,小学校のテストなんて100点取るのは当たり前と思っていたが,理科や算数の問題は,私には難しいことも多い。   そんなわけで,息子にはそれなりに人と比べて得意な分野があるようだ。スポーツのコンプレックスは強かったが,それを補おうために涙を流して頑張った成果だと思う。   自分自身の努力で,今のポジションを手に入れた彼は,親の私から見てもすごいと感じる。   2位に入選した標語は,夏休み前の20日に表彰を受けるそうだ。     さて娘の方だが,この子は兄の息子とは正反対の性格で,弁は立つが基本的に内弁慶で気分屋だ。   勉強の成績は,息子と比較することはできないが,おそらくこれが普通の子どもの成績なんだと思う。   愛嬌があり,女の子らしくて,親としてはとても可愛いのだけど,このままでは何か物足りない気がしている。それは,親の私たちだけが思っているのではなく,反抗期を迎え自我と向き合っている最中の娘自身が一番感じているように思う。   勉強も容姿も人並みで構わないのだけど,何か一つ,人より優れたものを身につけて欲しい。それが,思春期を迎えた頃の自分を支えてくれることになると思うから。   息子の時と同様に,彼女の得意な分野を,これから親子で見つけて行きたいと考えている。     親がなくても子は育つ。   その通りだと思うが,人生を強く生きていくためのサポートは,親じゃなくても誰かが支援しなくてはいけないと思う。 それを親が出来るのであれば,まさに冥利につきると思っている。   私の子どもたちへの思いでした。  

      31
      テーマ:
  • 09 Jul
    • ヤゴが死んじゃった

      5月末,娘が学校のプール掃除した後に持ち帰ったヤゴ。   飼いはじめのころは,赤虫に負けていた。     釣り具屋で赤虫を買ってきて育てていた。     これ1パックで200円。   2〜3日前から,この赤虫を食べなくなったと思ったら,今朝早く羽化の際に登れるようにと用意してあった割り箸に登った。     いよいよ羽化かとワクワク。 しかし,しばらくして見に行くと水槽に沈んでいた。   いろいろ調べてみたら,割り箸では小さすぎたようだ。   それと,羽化は結構失敗するんだそうな。   一月半も育てていたので,結構悲しくなりました。   子どもたちに話をすと,やっぱ悲しむだろうな〜。    

      23
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 一足早いフィリピン

      一足早くフィリピン料理を堪能しました。   やっぱり,ピルセン美味いですね〜。 ライトも美味かった。     やや二日酔い気味の今朝です。   今日も暑い!

      26
      2
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 私のフィリピンつながり

      私のフィリピン人との付き合いは,日本がバブル景気で沸く前の頃からになる。   当時,私は東京に住んでいた。   父親は鹿児島から上京し,小岩から大田区に移り住んだ。 「買う」はなかったようだが,「飲む,打つ」に関しては堅気の域を超えていた。   私が少々生意気な年頃になった頃,小さな町だったせいもあるが,どこに顔を出しても親父の息子ということでよくしてもらった。   父親の兄貴分(以下Nさん)の奥さんが,蒲田でスナックを営んでいたのだが,その奥さんがフィリピン人だった。   そして,そこで働いていたのが,私の兄貴分(以下Tさん)の奥さんと仲間の彼女だった。   Tさんや仲間と連んで,Nさんのマンションで麻雀を打ったのが懐かしい。   父親もTさんも,Nさんの奥さん(フィリピン人)の事を姐さんと呼んでいた。   とりわけ,私はその「姐さん」に可愛がられた。   飲みに行ってもお金を払ったことはなく,金に困った時はお小遣いをくれたりもした。   日本語が堪能で,気風が良く,どんな時でも決してNさんの前には出ない奥ゆかしさを併せ持った女性だった。   Nさんと飲んだ時,どうして外国の人と結婚したのか聞いたことがあった。自分が住む世界とは遠い話で,当時の私にはよく理解できなかったのだが,「フィリピンの女は,一途に尽くすよ」と言っていたのは,その通りだなと思ったので覚えている。   後で,Tさんから聞いたのだが,「姐さんは」本妻ではなく愛人だった。   ほぼ時を同じくして,大学の先輩がプロモーター業を始め,私はその事務所で強制的にアルバイトをすることになった。( ̄▽ ̄) 現地のプロモーションから送られてくるフィリピーナは,純粋な娘が多くて,私と歳も近くて同情することも多かった。あんまり力になれなくてゴメンなさい。   それから数年が過ぎた頃,日本はバブル景気に沸いた。 この頃の私は,フィリピンとは疎遠になっていた。 お金に不自由しない不思議な気分が続く,不思議な数年間を高級店に通って過ごしました(笑)。   バブルがはじけて10年後,友人たちが最近嵌っているというフィリピンパブに強制的に連れて行かれました。   久しぶりに見たその世界は,私の知っているフィリピンパブでは無かった。 ステージが狭い,バンドがいない,ショータイムがお粗末,ボーイがフィリピーノじゃないetc。   しかし,日本のクラブにはない活気と居心地の良さ,癒しを感じました。   この日を境に,私のフィリピンつながりは復活した。   数ヶ月後に家内との交際が始まり,その2年後に結婚し,現在に至る。 こうして,若い頃からのフィリピンつながりを思い起こすと,私がフィリピン人と結婚したのは運命だったのかな〜 ,なんて思ってしまう夜でした。     昔の,現地インターナショナルプロモーションです。 ローカルプロモと違って,インターナショナルは稽古場所があるんですよ。 地方から出てきたタレントの卵は,ここで寝泊まりして来日を夢見たのです。  

      31
      テーマ:
  • 05 Jul
    • カモとねぎの責任感

      傍目から見てると,恋人でもなんでもなくて,ただ単にカモにされてるだけに見えてしまう友人。   ところが,彼にはその自覚がない( ̄▽ ̄)   彼の容姿は,50代半ばのそれはもう,どこから見てもハゲデブ親父。   ところが,彼にはその自覚がない( ̄▽ ̄)   そして,フィリピーナに対してかなりの自信があるようで,俺はモテると言い切る。   わ〜お!!   容姿を見ても,話をしても,ねぎを背負って準備万端なカモさんにしか見えないのだが,,,。   なんで,こんな勘違いが生じるのか,私には理解不能な今日この頃。   確かに,お店に行くとウケが良い。   女が席に座ると,言われるがままにワインだテキーラだ,ステーキだって,なんでもok!   彼の金銭感覚はすでに壊れていて,居酒屋で一杯600円の生ビールに高いと文句を言うが,フィリピンパブで入れる8k〜のワインやテキーラのボトルは安いと言う。   焼き鳥1本200円が高いというのに,4kの生姜焼きみたいなぺらぺらのステーキを安いと言う。   彼は,バブルの頃は1セットで4〜5万使っていた。オープンラストもたまにしてた。平均すると,一晩で10万位は使っていた。その頃に比べると,今のフィリピンパブは安いと言う。   そりゃあ,女が寄ってくるはずだ。 でもね,ここいらのお店に女の子って呼べる歳の娘はもういなんだよね。   彼は独身。 女に関しての感覚も若干麻痺している。 若い頃比べて,年々許容範囲が広くなっている。 今では50代の女性も,彼の中では女の子になっている(笑)   愛の基準は,触らせてくれるか否か。 「好きな男だから触らせる」これが彼の持論。 ウトンを舐めた,脇の下を舐めた(若干ヘンタイ気味(^^;; あそこを触った等々,自分に身も心も許してくれていると勘違いするようだ。   すべて,お店の中での出来事。 でも彼は,その責任を取るために彼女たちの援助をしている。   この春のこと。 ある店のフィリピーナの子供が(お店の女は大抵子持ち)小学校に上がったのだが,彼は「ランドセルとか机とか買ってやらなきゃ」って言って親子を引き連れて散財した。   このフィリピーナ,旦那もいるし,旦那の稼ぎも良くて,友人より裕福な生活をしている。   知らないようなので,教えてあげたのだが,私の話を全く信じない。   と言うか,かなり怒られた。   思い込みの激しい彼には,余計な一言だったようだ。   ここまでズレていなくとも,こんな感じでお店にのめり込んで通う中高年の独身男性の話を,フィリピーナたちからよく聞くようになった。   彼らは若い頃,まともな恋愛してこなかったんでしょうね。遅咲きのデビューはタチが悪い。それと,恋愛対象になるような女がいる時代はすでに過ぎ去った。   私,ここいら辺のフィリピン共同体のまとめ役ですから,いろんな話が聞こえてきます。     これから老後のことを考える時期。 年を取ってからも,お互い年金+αで遊べるよう,無駄な遊びで散財するのは控えてもらいたいと願うばかりです。    

      29
      10
      テーマ:
  • 03 Jul
    • 国際結婚のバイオリズム

      受けた教育も価値観も、先進国と途上国では大きく違います。   夫婦として,世代の開きも加わるならば、尚更二人の気持ちが良い時に重なる機会は少なくなるでしょう。   日頃からコミュニケーションを図り,尚且つ年齢差を埋めるべく体力作りに勤しみたいものです。   私たち夫婦も少し年の差がありますが,なんとか首の皮一枚程度で均整を保っています。   でも,数年先のリタイア後,年金等のことを考えると,8歳の差はとても大きく感じます。   そんなことを真剣に考える歳になりました。   もう,目と鼻の先の事ですからねえ。   さて,フィリピンでは,マラウイでの戦争が終わりません。   マニラやセブなど,首都圏全土にまで被害が及ばないことを願うばかりです。   この夏予定されている方は,やはり延期ですかねえ。     とりあえず,自家製の無農薬有機野菜で,若さを維持 しましょう( ̄▽ ̄)   まあ,毎日収穫が楽しみです。   小さいけれど,畑,直植えは育ちがいいですね。

      30
      テーマ:
  • 01 Jul
    • 子どもが寝た後は,,,

      少ないながらもボーナスが出た後くらいは,プチ贅沢を!   ということで,回転ずし銚子丸に行ってきました。   もちろん,子ども抜きで(笑)   彼らがいたら,いくら食われるか恐ろしい(^^;;   子どもには,質より量で充分です。     そこそこ美味しくいただきました。   だけど,コスパは良くないですね。   あと数K出せば,普通の寿司屋でも食べられます。   質が下がったんでしょうかね。  

      22
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 休日は その2

      やっぱり,連休だと疲れがとれます。   仕事のこと考えないで過ごすのって,とっても大事ですね。   今日は目一杯,自分のやりたいことしてました。   先ずは,庭いじり。       混み合っていた所を軽く剪定。 楽しみな柿の木チェック! 芝生刈りこみetc,,, さっぱりしました。   レボシフト交換&サビ落とし。 新しい写真撮り忘れました。 手入れすれば,まだまだイケるかな?       最後は,自分へのご褒美(^。^)     迎えに来てもらったついでに,ママへのご褒美も( ̄▽ ̄)        

      24
      テーマ:
  • 28 Jun
    • 休日は

      数日、ハードワークが続きました。今日はお休みです。早朝サウナに行った後、家内とランチ。ガストのワンコインランチ。コスパ良いですね〜。腹が満たされた後は、お買い物です。もしもツアーズのロケしてました。ジャニーズや、ファブリーズのコマーシャル出てる人、キャイ〜ンなんかが居ましたが、不思議と芸能人オーラを感じません。ジーンズ買って帰ってきました。さて、今夜は何を飲もうかな^_^

      25
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 競争

      私は負けず嫌いだけど、実は、人と争うのはもっと嫌だったりする。そんな人は、人の行動に寛容であるべきなのに、それが出来ない。器が小さい。そんなこと、上に言われなくても自分が一番知ってる。責任感が強すぎるのは、私がチキンだから( ̄▽ ̄)だけど、ドロップアウトはしない。部下の心と自分のプライド、家族を裏切らないために。いつか、愚息と飲みながら語りたい。圧力に屈しない、職責について。

      26
      2
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 原点回帰

      子どもの頃、街といえば蒲田か五反田でした。そんな訳で、10代の頃は蒲田、京浜が自分の場所でした。高校の時、◯◯とカバンを取り合った笑い話の街です。原点回帰(๑˃̵ᴗ˂̵)一人で飲みました。結婚してから、たまに飲みに行ってたアジアンは情報通り無くなってました。近くの懐かしい店で飲みました。関西から来たと言う、二人連れの女性の会話に、力を頂きました。街は、優しい。こんなに変わったのに、身体が、足が、勝手に動いて思い出の場所に連れて行ってくれる。力をくれる。小さい自分だけど、明日も頑張れる。

      20
      2
      テーマ:
  • 22 Jun
    • いろいろあります

      愚痴です(๑˃̵ᴗ˂̵)なんか、自分が小さく思えた夜でした。スマートに振る舞ってるつもりが、実はどっぷり組織に染まってたんですね。オブラートした正論しか言えなかった。なんか、ダメですね。繕ってる今より、恥ずかしいくらいに無知だった若い頃の方がカッコ良かった。時々こんな風に振り返るけど、今更ドロップアウトは出来ません。孤独ですね〜。定年まで、このモヤモヤは続くんでしょうね。 

      24
      テーマ:
  • 20 Jun
    • フィリピン人カップルの結婚式

      私は教会委員を十数年間やってますから,この二人のことは,馴れ初めから知ってます。   いろいろあったけど,ようやく結ばれました。   フィリピン人同士なんだから,フィリピンで式を挙げれば良いのにと思ったけど,彼らは多くの日本人に支えられて今があるから,支えてくれた日本の皆さんに祝って欲しいからという想いで日本の教会で式を挙げることにしたと言ってました。   その言葉通り,式には多くの日本人が参列しました。   新郎のスピーチは日本語で,心のこもった素晴らしい挨拶でした。   司祭は,フィリピン人の神父様にお願いしました。   披露宴には100名超の招待客。   会場の準備は,新郎の会社の友人フィリピーノ達が頑張りました。   本当に素晴らしい結婚式です。   彼らのスポンサーを務めたことを誇らしく思います。   いつまでも幸せでありますように。   ここまでが結婚式。     披露宴は,教会に隣接するホールで行いました。   教会での結婚式が,フィリピン人にとって憧れであるのは,今も昔も変わりません。   本当に素晴らしい結婚式でした。  

      29
      テーマ:
AD
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。