2017年07月26日(水) 14時05分56秒

憲法改正推進本部

テーマ:ブログ
{F04E9290-78D9-4C5D-9B81-6236B9E9BBC4}

本日は党本部にて、憲法改正推進本部が開かれ、1票の格差・合区について議論がなされています。

参議院にとっても大きな問題であります。

地域の声を国政に反映させる事を考えれば、人口比例だけで議席数を決めていいのか。

三原じゅん子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

8 ■無題

今度は御党の広報面、情報発信力を抑え込もうとしてきたのではないですか。 安倍政権を支持している日本人日本国民がいます。どうぞそれをお忘れなく、御党議員の皆様方は闘って勝ちぬいてください。米国トランプ政府と綿密に対策を協議して頂きたいです。

7 ■(-_-;)

色々と変わりますね。今、支持率が下がってる時に不祥事は頑張ってる議員には困ったもんですよね~私はいまだに総理を選ぶ選挙が全国で無いのか?と思ってます

6 ■うん

ブラック環境にある職場が運営出来ない強い法律を是非とも。長時間労働、社会保険どころか、労災スライド無い…飲食業は特に酷い。保育士待遇改善よりも深刻です。担い手もいない。安心して働ける環境を。

5 ■憲法47条も改正対象に!

三原じゅん子先生、憲法改正推進本部での会議、ご苦労が多いと思います。報道では参議院議員選挙の合区問題で憲法47条の改正も遡上にあるとされています。というのも、憲法47条は「選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。」と定められており、選挙に関する事項は法律で定めるとすること(法律事項)で国会の裁量にその決定を委ねています。これはこれで社会情勢の変化に立法で対応するためのもので悪くはないのですが、これがために合区なども合憲となってしまいます。そこで県単位の選挙区については憲法で定めるとした方が安定するという思想に基づいて、憲法47条も改正対象にした方が良かろうとの意見が自民党の議員先生たちから出されているのでしよう。

こうした話は野党サイドからは聞こえてきません。それどころか、憲法改正の発議を阻止する方向でしょう。私は自民党さんは憲法改正発議後の国民投票広報協議会による広報手続きの検討をそろそろ始めるべきではないかと思ってます。三原じゅん子先生がリーダになっていただけると皆さんへの周知は早いと期待しております。

4 ■都市と地方の格差拡大

最高裁2012年判決が参議院議員の定数配分についても憲法14条に反し、違憲との判断を示したため、国会としては合区もやむなしとして、法律を改正。最高裁のこの判決は都道府県単位を選挙区とする現行選挙制度を否定。人口格差による投票価値の不平等の解消が優先すると断じています。
しかしながら、憲法95条では「一の地方公共団体」のみに適用される法律は当該地方公共団体の住民投票においてその過半数の同意を得なければ制定出来ないと規定されており、最高裁は国会をミスリードしたと言われているのです。人口比ばかりを基準にするため、地域住民の感情や都市と地方の格差を全く考慮されていない。仮に法律制定過程が憲法95条違反として高知県、徳島県、鳥取県、島根県の県民から訴訟提起されたら、裁判所は違憲判決を書かざるを得ません。自民党の議員先生たちが憂慮しているのはこのことなのです。司法は都市と地方の格差容認ということで信頼を失いつつあることに気がついておられない。有明海干拓事業訴訟のように判断の異なる判決が出されることになりかねません。三原じゅん子先生、合区は次回参議院議員選挙までに廃止してください。この点で、事後審査しか出来ない司法はあてになりませんので、宜しくお願いいたします。

3 ■合区の決め方が憲法95条違反でしょう!

三原じゅん子先生のおっしゃる通り、参議院選挙区の合区は、その決め方が一方的すぎて、憲法95条違反ではないか?と思います。なぜならば特定の地方公共団体にのみ適用される法律なのに、住民投票による過半数の同意を得ておられないからです。徳島県、高知県、鳥取県、島根県の県民の意見を聞いていない!憲法訴訟を提起されると違憲判決が出る可能性はかなり高いでしょう。
さらに合区は今後、飛び地でなされる可能性もあります。こうなると地域性なと全く度外視されます。2019年に実施される参議院選挙までに合区は廃止すべきでしょう。議員定数基準を人口比だけで決するのはおかしいと思います。

2 ■反対

人口比率だけで決める事には反対です。

それぞれの県が抱える問題は大きく違うと思いますし、政治にも投票にも、ますます、関心が薄れる気がします。

1 ■無題

>地域の声を国政に反映させる事を考えれば、人口比例だけで議席数を決めていいのか。

三原先生、全くそのとおりです。
人口比例だけで、というのは反対です。二つの県を合区とするなど乱暴と言わざるを得ません。
1票の格差訴訟の連発は、一体誰の意見を代表しているつもりなのかと言いたいです。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

    Ameba芸能人・有名人ブログ

    芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。