2017年05月12日(金) 17時49分31秒

天皇の退位等に関する皇室典範特例法案

テーマ:ブログ
初めて平場での議論。

多くの先生方から意見が出されました。
{E688BF3E-3B85-4DC2-9DBD-0025FC5ED263}

{E00CC0BE-B54B-4E18-8501-14747C103404}

{90A262D7-8314-49CA-8F5A-13EE93E1DB68}

{4FDB8AC1-28A1-4071-9661-EA591BEF1A96}


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

三原じゅん子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

5 ■秋篠宮眞子さまが大学時代の同級生とご婚約\(^o^)/

じゅん子さん、こんばんは(^-^)先程、おめでたいニュースが入りました。秋篠宮家の長女の眞子さまが大学時代の同級生とご婚約\(^o^)/現在の天皇陛下が退位なさる前にご成婚となりますね。婚約者のご両親はどんな心境でしょうね?

4 ■天皇の退位等に関する皇室典範特例法案

皇后陛下は「皇室の重大な決断が行われる場合,これに関わられるのは皇位の継承に連なる方々であり・・・この度の陛下の御表明も,謹んでこれを承りました。ただ,新聞の一面に「生前退位」という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした。それまで私は,歴史の書物の中でもこうした表現に接した事が一度もなかったので,一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。私の感じ過ぎであったかもしれません」と。。

由緒ある地名も行政改革で中央一丁目、二丁目と改称され、、社会の効率化、平準化、古い因習に囚われない豊かさの建設、、

古代、天皇が複数の皇子の中から継承者を指名し、立太子の礼をもって皇太子を正式に定めたとされます。
中国由来の美称か尊称と思うのですが、”太”という漢字は現在でも太陽や太平洋など、大きいものより大きいものを表す時に使用されています。

天皇陛下が「・・・事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なこと・・・」と、血の通った情を伴う行いを現在と未来に渡ってなさるのは、長い過去の存在があって可能となるのも一面と思うのです。

高齢の天皇が、未成年や重病の天皇という例外的な存在ではなくなりつつある現在、皇太子殿下は「・・・その時代時代で新しい風が吹くように,皇室の在り方もその時代時代によって変わってきていると思います。過去から様々なことを学び,古くからの伝統をしっかりと引き継いでいくとともに,それぞれの時代に応じて求められる皇室の在り方を・・・」と。

また、「私がここ10年ほど関わっている「水」問題については,水は人々の生活にとって不可欠なものであると同時に洪水などの災害をもたらすものです。このように,「水」を切り口として,国民生活の安定,発展,豊かさや防災などに考えを巡らせていくこともできると思います。私としては,今後とも,国民の幸せや,世界各地の人々の生活向上を願っていく上での,一つの軸として,「水」問題への取組を大切にしていければ・・・」とも。。


・・・バランスの取れた議論を、、歴史と伝統に基づいた明日の希望を・・・

3 ■三原先生へ

独りぼっちのはぐれ熊☆あっきぃ様と全く同意見です。さらに加えますと、秋篠宮殿下は皇位を継ぐ方という意味として「皇太子」(皇太弟ではなく)という呼称で全く問題ないと思います。内廷皇族として、東宮家として、ご一家の皆さまがきちんとした待遇となられるべきだと思います。よろしくお願い致します。

2 ■三原先生

天皇陛下の御譲位は仕方ないのですが
譲位後の呼び方が、有識者会議の提言では
「上皇」「上皇后」「皇嗣」などの今までにない呼称が提言されていますが
「太政天皇(略称・上皇)」「皇太后」「皇太弟」などに戻すことは不可能なのでしょうか?
加えて最近、秋篠宮家の方々の移動の際に事故と言うニュースが半年で2回あります
内廷皇族でないゆえのことですが、秋篠宮殿下が皇太弟になられた際には、内廷皇族にはなりませんか?
悠仁親王殿下が現時点での皇統維持の希望ですので、何かあったら大変なのですけど・・・
よろしくお願いいたします!

1 ■このイシューは・・・

先生方各自の個人の価値観でのご判断で
いくしかないでしょう。わたしにも意見は
ありますが、じゅんこさんの判断がそれと
違ってもしかたがないと思います。

>最後は、サイコロ振る?

これ不謹慎ではなく。
ほんとそう思います。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。