2015年05月29日(金) 16時21分24秒

日本会議

テーマ:ブログ
日本会議地方議員連盟総会で憲法改正についてお話させて頂きました。













小川榮太郎先生も。
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

三原じゅん子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

15 ■歴史問題(戦後 編)その4

1945年9月に昭和天皇はマッカーサー将軍を訪問しますが、自身の身の安全よりも国民に食料の援助を、と訴えたと伝わるのでした。1946年の年頭詔書では五カ条の御誓文を巻頭に掲げ、日本人としての誇りを失わないで欲しいと想いが託されます。1946年2月からは神奈川県川崎市を皮切りに、戦争で荒廃した全国の46都道府県を巡幸しています。


世界情勢に目を転ずると、世界恐慌が国際秩序を揺るがし世界大戦を引起す大きな要因になったとの教訓から、IMFやGATTが発足し戦後の経済秩序が形成されます。

第二次大戦後に、ドイツから解放された東欧諸国がソ連の支持で次々と共産党政権として誕生すると、共産主義の波及を恐れたアメリカは1947年から共産主義勢力の封じ込め政策を開始するのでした。

1948年1月に米国陸軍長官の日本を反共の防壁に、との表明を契機に対日占領政策も変更されていきます。
公職追放は解除されて行き、共産党関係者の職場追放などレッド・パージが行われるなど、大幅に方向転換されます。「逆コース」と言われる政策ですが、日本では昭和初期に始まっていた共産主義との闘争が、「冷戦」として米国など世界の国々で遅れて開始されるのでした。

朝鮮半島でも日本の敗北後に米ソが進駐していましたが、1950年にソ連に支援された北朝鮮が韓国に侵攻し朝鮮戦争が勃発します。アメリカ軍中心の国連軍も押し返しますが、建国間もない中華人民共和国も派兵して、戦争は膠着状態になり休戦します。

この朝鮮戦争をきっかけにアメリカは日本の早期の独立が必要と考え、1951年にサンフランシスコで講和会議が開かれました。日本はアメリカを中心とした自由主義陣営の48カ国とサンフランシスコ講和条約を結び、西側陣営の一員となるのでした。また同時に日米安保条約も結ばれ、日本の安全保障の為にアメリカ軍が引き続き駐留しました。

この間、アメリカから日本に再軍備が要請されましたが、吉田茂が経済復興を優先したと伝えられているのでした。

・・・いつの日か現実的な、より良い憲法に。。。

14 ■歴史問題(戦後 編)その3

対日占領政策はGHQとマッカーサー司令官の指示により、日本政府が国民を統治するという形を取ります。

ポツダム宣言に基づき軍隊は武装解除され、GHQは婦人参政権、労働組合法、教育制度などの5大改革を指示します。教育の「機会均等」、「大衆化」など幾つかは日本政府で準備があり、すぐに実行されました。

治安維持法と特高警察も廃止され政治・思想犯が釈放されますが、GHQによる新たな統制も始まります。日本が再びアメリカの脅威にならない様、国家体制や社会の改造が着手されるのでした。

1945年9月には新聞、ラジオ規制に関する覚書が発表され、厳しい検閲が行われるようになります。検閲基準は連合国や占領政策への批判や日本の戦争の弁護など30項目に渡りました。検閲方法は事後検閲で、記事作成後に検閲され不可になると再作成になります。物資が貴重な時勢には大損害になる為、予め自主規制してGHQの意に適う事が基準になります。

1945年12月には「大東亜戦争」、「八紘一宇」の言葉は公文書での使用が禁止されました。
占領軍関係者が執筆した「太平洋戦争史」が連載、出版され、そのラジオ版の「真相はこうだ」も放送され、好戦的な日本軍閥が無理な戦争を起こし、南京、マニラでも残虐行為を行ったと強調されました。

1946年1月の昭和天皇の年頭詔書では天皇の神格が否定されたとされます。
政・財・官界でも20万人が戦争協力者とされ公職を追われ、各界に無言の圧力がかかり、嘗ての戦争指導者は戦争犯罪人として逮捕され、東京裁判の起訴状前文では「・・・軍閥の政策が侵略の原因となり、諸国民と日本国民も被害者・・・」とされました。

教育現場から教育勅語は排除され、帝国憲法の改正も求められました。日本政府はGHQが作成した憲法草案を基に新憲法案を作り、僅かな修正もGHQの許可を得ながら審議されました。1946年11月に新憲法として公布されますが、公布当時は悲惨な戦争体験もあり、「戦争放棄」の日本国憲法は圧倒的に支持されたようです。

- つづく -

13 ■歴史問題(戦後 編)その2

こうした状況で英・仏・米は排他的な経済ブロックで世界恐慌を乗り切ろうとします。閉鎖された世界市場で、満州の日本権益を蒋介石が回収の意向を示すと、1931年に日本の関東軍は軍事行動に出て国際協調体制は崩れていくのでした。


ロシアに目を転ずると1917年の革命で史上初の社会主義政権が誕生し、社会主義革命の波及を恐れた資本主義諸国は1918年に対ソ干渉戦争を起こします。1919年にソ連も対ソ干渉戦争に対抗する為に各国の革命勢力を結集、「世界革命」を目指したコミンテルン(国際共産党)を設立しました。

1925年にソ連と国交を樹立した日本政府は普通選挙法と治安維持法を制定します。1928年の日本初の普通選挙で、日本共産党は天皇制打倒を掲げ公然と活動を始めます。共産主義を受け入れられない当時の政府は脅威を過剰に感じ、治安維持法で共産主義の壊滅を図りました。特高警察の取調べによる拷問で殺害される人も出ています。


一方1932年に建国された満州国では、計画経済で世界恐慌の影響を受けなかったソ連を参考に、政府指導で企業間の過当競争を抑制し、新興財閥が成長し重化学工業も発達しました。
日本国でも財政出動で1933年には世界恐慌の不景気から回復基調に入ります。1936年には1940年の東京オリンピックが決定し、万国博覧会や札幌オリンピックも予定されました。1939年から東京・下関から海底トンネルで朝鮮半島を通る、広軌道による高速鉄道が計画されています。

1937年から大陸で戦闘が開始されると日本は戦時体制に入ります。
第一次大戦からの総力戦思想で軍事・政治・経済・思想の国家の保有する全ての能力を効率的・全面的に動員する考えがあり、天皇制打倒の共産主義の脅威があり、世界恐慌で排他的な経済ブロックが形成され日本も自給自足の経済圏が必要とされ、これらの危機を克服する為、「現人神」「八紘一宇」という用語が捻出されたようです。

1941年に東アジアで日米の利害の衝突から大東亜戦争が開始されますが、1945年に日本がポツダム宣言を受諾して終結します。

- つづく -

12 ■歴史問題(戦後 編)その1

それでは、また調べた分だけ、、、


アヘン戦争後に強まった列強の東アジア進出で日本は幕藩体制が崩壊し、1868年に五カ条の御誓文を発し明治維新を迎えます。ヨーロッパ型の個人を国民として国家と結びつけ、主権と国境を明確にした近代的な主権国家として自立してゆきます。ドイツ憲法を手本に帝国憲法を制定し、教育勅語も発布して国の基本が整備されました。

1894年に朝鮮半島に影響力を強める清国に対し、日本は安全保障上の脅威と受止め日清戦争を戦い、1904年には朝鮮半島に影響力を強めるロシアに対し、日本は安全保障上の脅威と受止め日露戦争を戦いました。日本は韓国の自立を望んでいたのですが、1910年に日韓は併合されました。

1914年からの第一次大戦では日本は日英同盟の下、ドイツに宣戦布告します。大戦はアメリカがイギリス側で参戦し、総力戦で膨大な食料と武器を供給し勝敗を決します。発言権が増したアメリカは戦後の国際秩序を主導し、アジア・太平洋のドイツの権益を引継ぎ台頭した日本の伸長を抑えます。

世界最大の債権国となった1920年代のアメリカは「黄金の20年代」といわれ空前の繁栄期を迎えました。大量生産や分割払いにより自動車の保有率は高まりモータリゼーションが到来し、家電製品の普及で家事労働が軽減された女性の社会進出も始まり、コマーシャリズムによる広告会社の宣伝で大胆な化粧が流行する。大衆が主役の大量生産、大量消費の大衆消費社会が世界に先駆けて出現しました。

日本でも大戦後は政党政治が定着し、国際協調に努め、軍縮も実施し現役兵は陸海軍で30数万人も実現しました。議会でも小作法、労働組合法、婦人参政権が議論され、社会は都市化が形成され文化の大衆化も始まっていました。科学技術も進歩し1926年に世界初のテレビ実験が成功していました。

ところが1929年10月に過剰投資、過剰生産等によりニューヨークの証券取引所で株価が大暴落し大恐慌へと発展しました。大債権国のアメリカが対外投資を引き揚げると、アメリカの恐慌は世界恐慌として世界へ波及するのでした。

- つづく -

11 ■無題

日本年金機構の個人情報流出。
内部文書公開対応に追われる。
内規違反者厳重処罰すべきだ。
マイナンバー制導入時期かな。
なんとしても間に合わせろや。
かなり前から決まっていた事。
足並み揃わないようでは困る。
二度手間以上かかる事になる。

10 ■トーマスジェファーソンの言葉

アメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソンは「人間の作品で完全なものは存在しない。時代の流れの中で成典化憲法の不完全さがあらわになるのは避けられない。さらに時代の経過は、憲法が適合しなければならない社会に変化をもたらすであろう。」と述べています。アメリカ憲法は1992年までに18回改正。アイルランドは2002年まで22回、フランスは2007年までに20回。リヒテンシュタインは2003年までに25回。オーストラリアは1988年までに8回。、台湾は2005年までに7回。ドイツは2006年までに52回改正。1949年に憲法を制定したインドは2006年までに91回。ちなみに現行日本国憲法の制定された1946年当時テレビの数は日本にどれぐらいあッたのでしょうか?正解は0台です。テレビ放送は始まってすらいませんでした。我々はテレビ放送のなかった時代の憲法をまるで宗教か何かの経典のように扱っています。現行憲法は国際社会の現実に適合せず、マスメデイアが国家権力より大きな権力性を持って権力集団化している時代に使えない道具となってしまいました。

5月30日はテルアビブ空港で銃の乱射事件があり24人の方が命を落とされた日でもあります。被害者の方々のご冥福をお祈りするとともに、国民を守ることをまったくどこかに置き忘れている政党の方々に強い憤りを覚えます。ある野党の中にはこの空港での乱射事件のテロリストたちと関係が深いと言われている人もおり、護憲を叫んで国会の議場におられますが、その言葉は空虚に響きます。

三原じゅん子先生、私も守るべきは国民の生命や尊厳で、憲法の条文ではないと思います。

9 ■無題

地震国。火山国。島国日本。

8 ■無題

20時24分頃。関東地方。
震源地小笠原諸島かな。

7 ■無題

安倍総理の野次の件、残念でした。
全国民が観ているのです。与野党議員の野次の応酬は見苦しいです。まして総理とあっては品位を落としてはなりません。子供にも影響多大かと。

6 ■問題なし!

安倍総理が民主党の辻本議員に対し、「早く質問しろよ!」と言ったということが報道されていましたが、それの一体何が問題なのでしょうか?

では、辻本議員と民主党は、同党の中井洽議員が秋篠宮両殿下に対し、「早く座れ!」と暴言を吐き捨てたことを問題にしたのでしょうか?

あなた方の罪の方がとんでもなく重い!

私はいち日本国民として早く「スパイ防止法」「国家反逆罪」の制定と「外観誘致罪」の広汎な適用とともに、「不敬罪」も復活すべきだと考えています。

そして、一刻も早く現憲法を改正ではなく、無効宣言して、一度明治憲法に戻し、そこから改正すべきだと思います。

* 今の日本国憲法は、「国を守る自衛官(自衛隊)の身分を保障していない」というこの一点を持ってしても改正すべきだと思います。

国民は「現憲法は自衛官の身分を保障していない」ことを知っているのでしょうか?

そして、「自らの生命がどこの国かも分からない『諸国民』に委ねられている」ことを知っているのでしょうか?

5 ■無題

色んな障壁があると思いますが、頑張ってください‼︎
応援してます♪( ´θ`)ノ

4 ■無題

毎日拝見しております。

少しはご自分の意見を政治家として書いて欲しいなと希望します。

どう見ても、ただの日記にしか思えないんですね。
・・で、こういった活動をしているんだという画像しかありませんよね。

国会での討論。とても素晴らしいと感激しています。
あの感激を、こちらでも・・・と思っています。

公開不要で・・・。

3 ■動画で宣伝を

恐らく来年の参院選は憲法改正が争点になると思いますが、そこで仮に勝てたとしても更にその先には国民党投票の過半数が必要となるわけですから本当に大変な道のりだと思います。
刻々と変化する国際情勢の中で特に南シナ海や半島での動きは世論に大きく影響を与えるかもしれません。自民党は漫画のパンフレットを作っていますが、やはり動画のほうが影響力は高いと思います。実写版で戦後の天皇陛下の玉音放送や、GHQによる占領の様子などを音楽と共に流して日本人の魂の琴線に触れるような動画を先ずはネットで流せば有効だと思います。

2 ■無題

衆議院は、今日何やってたの。議事中断。
危機管理意識皆無。与野党反省してないな。
避難民達の今後の生活はどうしたらよいのかな。
たるんでる政治家達なんて必要ないと思います。
学習能力ない国会議員なんてリコールすべきだ。

1 ■よろしくお願いします!

将来の為、よろしくお願いします。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。