2005年11月05日

SAW2やっと観てきた。【多少ネタバレ有りです】

テーマ:映画

・色んなサイトでネタバレ感想があったので読まない様に

 我慢する日々を経て、やっとこさ「SAW2」を観てきました。


 SAW2

 

 

 で、感想なんですが、自分は素直に楽しめた。

 1のプロットをバージョンアップさせた、正しい2作目の作り方だと思う。


 「ゴッドファーザー」や、「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の様に1作目

 を越えているとは思わないけど、1が好きな人も裏切らないし、一般性

 は増しているのでヒットの可能性も高いと思う。

 最後の1へのストーリーへの繋ぎ方も見事だった。

 約100分とダラダラ伸ばさないでスパッと終わったのも好印象。

 

 対象人数が増えている事や、ひたすらスピード感を追い求めて、

 カタルシス感が増している所に、「エイリアン」から「エイリアン2」

 の変化の仕方に似てると思ったが、それは違うかな(笑)

 筋肉バカが暴走し出すのは「CUBE」からの引用かなと思ったり。

 っていうか「CUBE」要素が確実に増えてるよね(・ω・)ノ

 

 只、ちょっと突っ込ませてもらうなら、どうしても、1にあった、

 閉塞感、クライマックスでの衝撃は薄まっている。


 ジグゾウの魅力は、詳細が述べれらることにより、半減しているし、

 アマンダの、ジグゾウの意思を継ぐ云々の場面は蛇足。

 最後、刑事の息子を助けているとこも、甘さが見えちゃった。

 やっぱり語り過ぎ、教え過ぎるのはよほどの確信が無い限りやめた

 方がいいかな。。


 面白くて、1見てない人も充分楽しめると思うんですけど、

 これ観るとやっぱ「SEVEN」って凄かったなって思っちゃ

 いました(笑)。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年10月31日

青い車

テーマ:映画

映画化されていた「青い車」を借りてきた。

原作が短い短編だっただけに、あの世界観がどう膨らまされて

映像化されているか、期待しながら鑑賞。




ジェネオン エンタテインメント
青い車 プレミアム・エディション


で、感想なんですけど、たぶんこれ、原作者(よしもとよしとも)

の意図と違う内容になって映像化されている気がする。

少なくとも、自分は観ていてずっと違和感を強く感じた。


この違和感は、リチオの描き方にあると思う。


映画のリチオは、少年時代の事故がトラウマになっていて

(異論もあるかもしれないけど、僕はそう受け取った)、

悪夢にうなされ、虚無感に覆われている若者、

つまり負の世界を生きている人として描かれている。

(自傷する場面なんてのもある)


けど、それは違うんじゃないのかいと思ってしまった。

たぶん、原作のリチオなら事故はトラウマになっていない

だろうし、自傷もしない。


こんな、いつ死ぬかわからない、生かされている不確かな世界なら、

生きていてラッキー位の、クールな前向きさすらあったと思う。

だから通常のモラルとかは気にしないし、彼女の妹と

SEXしても、彼女が死んでも罪悪感も感じない。

けれども、姉の死により、妹が心を痛めているのを受けとめてあげれる

心も持っている。

(と原作を読んで、勝手にそう思っていた)


つまり、この映画は、原作の最大の魅力であるリチオの

描き方に失敗していると思う。

個人的には、そこが致命的だと思うし、残念だった。


但し、それ以外の映画の空気感は素晴らしい。

映像は綺麗(おしゃれとかじゃなく綺麗)だし、妹役の宮崎あおいの

演技も見事だ。

サントラの担当で、映画にも出てくる曽我部恵一の音楽もたまらない。


(それにしてもくるりが担当した「ジョゼ」が大ヒットして(ジョゼのドライな

 終わり方は最高だった)、曽我部が担当した「青い車」はヒットしなかった

 のは業というか、やっぱり映画は人を選ぶというか。。

そんな曽我部先生が好きですけど(笑)) 



等と、上でえらそうなこと言ってますが、実は、原作には出てこない

彼女役の麻生久美子が可愛過ぎて、魅力的過ぎて、麻生久美子

ばかりずーーっと見てました(笑)。ぎゃふん。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月25日

殺しにきたぜ I LOVE YOU!って感じの映画

テーマ:映画

今日は「9SOULS」を借りてきて鑑賞。


今年観た邦画で一番良かった。

内容はどこまでも暗くて救われないんだけど、見た後は妙に清々しい。

この映画に共感できる、今の俺の精神状態がやばいかな(笑)


ポニーキャニオン
ナイン・ソウルズ

マメ山田、板尾創路を筆頭に、松田龍平を除いて(笑)

みんな素晴らしい演技してる。

伊東美咲や、Jrもほんといい。


「人は過去から絶対逃げられない、そして行き着く果てもない」

そんな話。

又いつか観たくなると思う。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年09月16日

俺達が日本代表のチキンゾンビーズだ。

テーマ:映画

観てきた「ランド・オブ・ザ・デッド」。

平日の昼間ということもあるのか、観客俺入れて5人ぐらい。

超いい席で見れたけど、日本のゾンビ愛好家ってほんと少ないのな。。


で内容なんですけど、さすが本家、金もかかっていて面白かったと

トータル的には言える。


大量のソンビ、逃げ惑う人々、飛び散る弾丸、肉片。

交錯し合う人間の思惑と、学習して銃まで使うゾンビ。

うほほ、さすがロメロ!


ゾンビが走りまくっている「ドーン・オブ・ザ・デッド」、情緒性(!)に溢れた

「28日後」を超えるなら「ゾンビが学習する」、この作り方しかないという感じ

ですかね。

映像の作り込み方も半端なく凄かった。


只、ちょっとキャラ作りの面では弱かった。

主人公は決断力もあり、強くて、正義感に溢れているのですが、

真っ直ぐ過ぎてグッとこない。

もっと弱くて駄目でもよかった。

女の味方(名前覚えてないわ)も、「バイオハザード」でミロにミロミロに

された者しては物足りない。

唯一、保身に走りまくる悪役のデニスホッパーだけ完璧。


あと、ラストがどうしても物足りない。

「ドーン・オブ・ザ・デッド」のラスト、船に乗れて島についてもまだゾンビ

がいた救われないラストを観てしまっているので、今回も今更、昔の元祖

ゾンビと同じ終わり方ってどうなのよ?って正直思ってしまいました。


しかも昔のゾンビは、最後ヘリコプターに乗っても、どうしようもないことは

わかっている、しかしそれでも乗るという人間の生きる意志が明確に

伝わってきた。


だけど、今回は装甲車でカナダに行きゃあなんとかなるんじゃねえという、

ちょっと残念な終わり方でがっくり。

期待度が高かっただけに80点ぐらいでしたかねえ。


しかし、この映画での人間社会のヒエラルキーを見せつけられると、

俺もゾンビと同レベルぐらいだなと思わされました(笑)

(まあロメロの狙いもその辺にあるのでしょうけど)


というわけで、次はサラリーマンが彷徨う、「リーマン・オブ・ザ・デッド」

でお願いします(虚しい)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年06月26日

STAR WARS エピソード3 シスの復讐

テーマ:映画

そんなわけで、見てきました。

「STAR WARS エピソード3 シスの復讐」。

(多少ネタバレあります)


感想からいうと満足、俺、大満足。

ルーカス偉い。やっぱりやってくれると信じてたよ!!!



小学生の時から、旧三部作を見てきたものとしては、

エピソード1や2はやっぱり満足できなかったわけですよ。


キャラに魅力が無さすぎるし、戦闘シーンも恋愛ストーリー

も中途半端。エピソード1、2に関してはルーカスの、STAR WARSに

対する姿勢のピントのずれ具合、及び現役感の無さがずっと気に

なっていたわけ 。

(2は、最初の15分間だけ面白かったけど)


バンドで言うと旧三部作が70年代ストーンズだったとしたら、

新3部作が90年代ストーンズぐらいの温度差の違い。


ところが、きましたよ、エピソード3。

役者がめちゃめちゃいいテンパリ具合で、本気汁がんがん

出しまくりながら、中だるみ一切無しで、ラストまで突っ走っていきます。


(特にアナキン役のヘイデン・クリステンセンが、お前この3年で

 ほんとにプライベートでダークサイドに落ちちゃったんじゃねえ

 か(笑)っていうぐらいのリアルな演技してます)


アナキンが何故ダースベイダーになったのか、そして帝国軍誕生

の救われないラストまで脚本の出来もばっちり。

(こうしてみるとエピソード1、2はずっとオープニングを見せ続けられいた

ように思える)


オビワンとアナキンの戦闘シーンも最高!!

又、映画に歴史的対決シーンが誕生した、うひー!と興奮してしま

ひました。。


ほんと、映画館で見なければ、後悔する1本です。





ただ、最後にいらん突込みをさせて頂くならば、えー、


オビワンが、マザコンのアナキン


をちゃんと教育してればこの戦争


起こらなかったんじゃねえの。。





だってアナキンは、嫉妬深い駄目駄目人間に育ち過ぎてて、

”太陽をはね返す青いダークサイド ”(Byチバユウスケ)に

簡単に落ちるんだもん。。ジェダイ評議会も寒すぎ。。


あと、俺絶対ヨーダの元で働くのとかいや。

ヨーダ偉そうなこというけど、実際はその場その場主義なんで、

絶対仕事できなさそう。。


(最後の台詞が「時期が来るまで待つのじゃ」ですよ。ほんでもって

 オビワンに「一人じゃ寂しいだろうから、死者である師匠との交信

 方法を教えてやる」ですよ。。

 俺もう呆れて口あんぐり。そりゃ、あんたシスに復讐されますよ。。) 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月11日

SAW

テーマ:映画
タイトル: SAW ソウ DTSエディション

今更ながら、借りて見ました。「SAW」。


老巧化したバスルームで目覚めた2人の男、

ゴードン(ケアリー・エルウェズ)とアダム(リー・ワネル)。

足には鎖、2人の間には自殺死体。

うへー、この始まりのシチュエーションだけでそそられます。


よく練り上げられたプロット。スピード感溢れる映像、2時間ハラハラしっぱなし

の緊張感。どれをとっても文句無しです。

途中、犯人が顔バレして、「あー、こいつが犯人かよ魅力ねえなあ、がっかり」

と思っていたら最後は・・・。


「SEVEN」の影響を強く受けていることが感じられる作品ですが、

全然OKです。

デヴィット・フィンチャー好きの僕としては、かなり面白くて、

遂にフィンチャーの後継者が出てきたと興奮してしまいました。


ラストは「SEVEN」程の高みには昇っていませんが、低予算で作られたこと、

脚本のリー・ワネルが若いこと等を考えたら120点です!

今後もリー・ワネルは要チェック。

面白かった!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。