女子的生活

テーマ:



ドラマ「女子的生活」

見て頂いた方々、ありがとうございました。


今日の放送をもちまして無事終了しました。


この機会に、自分が感じた事を本音で書きたいなと思います。




今回お話を頂いた時、

恥ずかしながら正直〝トランスジェンダー〟を詳しく知りませんでした。


どの作品もそうですが、やるにあたって責任があります。


生半可な気持ちでやりたいですとは言えず、原作をしっかり読ませて頂き、自分の出来る範囲で調べさせて頂きました。


その中で原作の中から生きる〝みき〟がどんな状況であれ、


好きなものは好き。

なりたい自分になる。

違いを認め合う。

今を大切に生きる。


など様々な想いを強く持って生きる姿を垣間見ることができて、自分自身、背中を押され、感じることがあり、


どうなるかわからないけども


この作品・チームと共に航海に出ることを決意しました。



最初は〝トランスジェンダー〟の方々が少しでも認知され、過ごしやすい環境に変わることを願って必死でやろうと思ってました。


ですが、様々な方々に取材させて頂き、お話を聞かせて頂き


今はこんなこと言った薄っぺらい自分に、少しも理解できていないのに

何様のつもりだ?表面的だし、偽善者ぶるな!と

腹が立ちます。



正直、色んなことに無自覚で男性として生きてきた自分には、皆さんの様々な気持ちや経験を全て、完全に理解することができたとは思いません。




でも理解をしようとする気持ちは何よりもありました。

みきと常に向き合いました。



だけどみきを演じていく上で感じたのは

自分自身がみきを通して感じること・生きることの延長線上で何かメッセージを届けることができたらなぁ。とその一心で全力でやらせて頂きました。



みきを演じている期間、色んなことを思いました。




まず、〝トランスジェンダー〟という言葉を使いたくない。

LGBT?なんで細分化されるんだ?


認めるとか認めないとか

許すとか許さないとか。

どういうこと?


それぞれの人が表現の自由がある中でも、そのような風潮になっていること、モラルとはなんだと問うことも憤ることもありました。



でもみきを演じていて



どんな逆風が吹く中でも


強く・勇ましく


好きなものに真っ直ぐに生きるみきに


色んなことを学ばせて頂き、色んなことを気づかせて頂きました。励まされました。

喝を入れられました。



でもみきが〝全て〟ではありません。


あくまでも、1人の女性の生き方です。


沢山の人がいます。


沢山の人がそれぞれオンリーワンです。


誰でも人を愛する気持ちは同じく尊い。


他者を想うこと・尊重することによって人は成長出来る。


みきを通してそんな想いが芽生えました。




この作品に携わってまだまだ色んなことを感じ、学び、知ることができました。


見てくださった方々、それぞれ違う感想にも凄く励まされ、皆様から学ばせて頂くことも沢山ありました。支えられました。



とにかく〝みき〟としてこの作品で生きれたこと、この作品を沢山の方々に見ていただけた事感謝の気持ちでいっぱいです。



皆様

ほんとにありがとうございました。


そして、ずっと支えてくださったスタッフさん・キャストの皆さん・チームみきの皆さん。


本当にありがとうございました。


{E3EB79EB-18BB-4525-8091-C8CBB76D7E51}

{F291C5C4-287E-4BC0-A58C-5BD8221A2198}

{8B914230-07C4-42F9-BD99-3085123A45DB}





そして

みきちゃん。


{2690F141-7FC6-4168-B7F4-4DAC1EB94C5B}



ありがとうございました。















AD