いつものことながら、ずいぶんブログを放置してしまいましたが、皆様、お元気ですか?

 急に暑くなりましたね。

 さてさて、今年のセミナーもつつがなく終わりまして、台風先生は既に浜松を離れております。
(現在、群馬らしいですが、群馬の皆さん、大丈夫ですか?  沖縄の皆さん、もう少しで台風が参ります。お気を付けて←って、本当の台風も来ているみたいなので、本当に気を付けて)

 今年のセミナーは例年に増して盛り上がり、参加者も多かった分、充実度も増せば、互いの仲間意識も高まったように思います。
 で、「JUMPsystemを広める会(仮称)」なるものが、組織され、活動が始まりそうです!!(セミナー参加者に参加を呼びかけております) 
 詳しいこと、具体的なことが決まってきたら、ここで詳細を公開したり参加者を募ったりすることができるんじゃないかと思っていますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 そんな中、JUMPsystemの文法書、「目から鱗の日本語文法」を読んでくださった方から、メールを頂きました!!
 どうやら、目から鱗の体験をされたようですよ。

 詳しいことは、その方のブログ を見てみてください。詳しくJUMPsystemのことが書かれています。

 こうしたメール、そして感想の書かれたブログ、嬉しいですね。
 私など、日本語教育には全く無関係、日本語文法には興味なしでしたが、こうして読んでくださった方からお褒め頂くと、台風先生に巻き込まれて良かったかもしれない、って思います。
 ありがとうございました!

 読んでくださった方のブログ→→ webnote
                      目から鱗の日本語文法が紹介されているページ



AD
 お陰様をもちまして、今年度の台風セミナー(初級コース)は目出度くも無事に終了しました。

 今年は、また、特に賑やかだったですよ!!

 私は仕事の関係で、ほとんど参加できなかったんですが、始まりと終わり、そして懇親会(飲み会)にはしっかりと参加させて頂きました。
 
 で、思ったのが、参加者の皆さんの熱っぽさです。

 いつも言いますが、私は日本語教授法も、日本語文法も興味ないです。日本語を教えた経験もありません。
 なので、本当に驚いちゃうんですが、参加者の皆さんも台風先生も、日本語文法で、盛り上がるんです。
 私に言わせれば、大した違いじゃない、って思うような、日本語の文法に関することで、すごーく話が弾みます。声を掛けづらくなります。

 セミナーは朝から晩まで、二日間やるんですけど、夕方、既にセミナーを一日参加して疲れているだろうってときでも、日本語の教授法で話がどんどん続いています。
 私なんか、数分で疲れるのに、すごいなーーって思いました。

 ということで、非常に密度の濃い2日間だったと思います。

 最後に参加者に書いて頂いたアンケートを紹介させて頂きますね。

(セミナーの感想、得たことなど)

・一番の大きな収穫は、日本語を教えることに興味を持てたことです。日本語について、新しく発見というか、こんな見方があるのか!と思うようなことが多かったです。

・日本語の文法について、台風先生の説明してくださったシステムが、あまりにも新鮮で、こういう風に整理していけばいいのかとワクワクしました。もう一度、本(「目から鱗の日本語文法」)を読んで勉強して、文の仕分け作業をしてみたいと思います。

・今までの日本語文法に統一感が無く、マネージメントの世界で言うところの「もれなく、抜けなく、ダブりなく」のルールがないと思っていた。そういう意味で、JUMPsystemは論理的であり、教師が頭の中を整理するために役に立つと思った。

・新しい発見がたくさんあった。進化し続けているJUMPsystemを感じました。

 まだまだ、たくさん書いて頂きましたが、取り急ぎ抜粋しての御紹介でした。

 参加者の皆様! 本当にお疲れ様でございました!!
AD
 テレビを買い換えた記念に、珍しくDVDを借りてきて見ましたよ。

 まず漫才ギャング。
漫才ギャング スタンダード・エディション [DVD]/佐藤隆太,上地雄輔,石原さとみ
¥3,990
Amazon.co.jp

 これは良質なエンターテイメント。
 ちょっと中だるみがあって、ツメの弱さも感じだけど、面白かった。
 特に前半、二人の出会いのシーンは抱腹絶倒でツボに入った。
 こういう映像でこれだけ笑ったのは久しぶり。

 一方、木村拓哉のヤマトは悲惨だった・・・・
SPACE BATTLESHIP ヤマト スタンダード・エディション 【DVD】/木村拓哉,黒木メイサ
¥2,625
Amazon.co.jp

 私が中学生だった頃、社会現象だと言えるくらい流行した「宇宙戦艦ヤマト」のアニメを彷彿とさせるシーンがあって、懐かしいとは思ったし、嬉しかったのは事実だけど、それにしてもちゃちだ。
 たぶん木村拓哉がいかん!
 ママゴトみたいな芝居で、最後まで見られなかった。
 がっくし・・・。
(ファンの皆さん、ごめんなさい。個人の感想ということで、許してください)







AD