2011年11月07日(月) 15時15分05秒

シネトーク84『カウボーイ&エイリアン』●もっと面白くできたはずなのにもったいない!

テーマ:ぶっちゃけシネトーク ~2014

ブルーレイ&シネマ一直線



三度のメシぐらい映画が好きな
てるおたくお
ぶっちゃけシネトーク

●今日のてるたくのちょい気になることシネ言

「三谷幸喜、あちこちに出すぎ」




シネトーク84
『カウボーイ&エイリアン』

COWBOYS & ALIENS



監督・製作総指揮:ジョン・ファブロー 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 製作:ロン・ハワード 原作:スコット・ミッチェル・ローゼンバーグ
出演:ダニエル・クレイグ/ハリソン・フォード/オリヴィア・ワイルド/サム・ロックウェル/アダム・ビーチ/ポール・ダノ/ノア・リンガー


2011年米/118分/シネスコサイズ/パラマウント配給(2011年10月22日公開)




※ネタバレしてます! ご注意ください




ブルーレイ&シネマ一直線 ありきたりなエイリアンさま、地球襲来お断り!


たくお 「007とインディ・ジョーンズが結託してエイリアンに立ち向かう! しかも西部の時代で! それをスピルバーグ製作総指揮、ロン・ハワード製作で映画化したSFムービーときたら、映画ファンの血が大いに騒ぐわけで、期待値もけっこう高くなるわけよ。でもフタを開けたら何の他愛もないエイリアン襲撃映画だった・・・・は、ないだろ~!(泣)


てるお 「ガッカリしちゃった感じ?」


たくお 「観る前のワクワク感に対する鑑賞後のガッカリ感はハンパなかったね。金返せ!!!とまでは言わないけど」


てるお 「そんなにつまんなかったかな? 俺は純粋なSFエンタメとして最後まで飽きずに楽しめたけどね。ま、期待以上でも以下でもない<想定範囲内>の映画だったけど、『三銃士』よりは楽しめたぞ(笑)」


たくお 「だって西部の時代にエイリアンが襲ってきてカウボーイとインディアンたちが手を組んで戦う。まんま、ソレだけなんだもん。もっと面白く出来たハズだよ


てるお 「つーか、どーいう映画を期待してたのよ? はっきりカウボーイとエイリアン!って言ってるじゃん(笑)」


たくお 「いやなんかさ、もっと奇抜なものが観られると思ったワケよ。なんだろ、『メン・イン・ブラック』みたいなコミカル路線のSFなのかと」


てるお 「ま~、ウエスタンと異星人という“水と油”のジャンルを掛け合わせたコンセプトは一見、斬新なんだけど、プロットのアイデアが今ひとつ作品に結実してない感はあるな


たくお 「そうなんだよ。最初から最後まで<水と油>が混じり合ってなくてさ、なんか観てて歯がゆさがずっと残ったまま。今ひとつワクワクさせてくれない


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「西部の時代にエイリアンがワサワサいる話となると、やっぱりコメディとして作った方が見やすかったかも、とは思うよね」


たくお 「笑いが圧倒的に不足してるから、ニヤリとさせられるところが少ない。題材としては面白いのにそれが活かされていない感じがして、なんかもったいないよ


てるお 「でも俺はボンドやインディのカウボーイ・パロディとしてニヤリもんだったけどね。ボンドはダンディズムあふれるカウボーイとしてサマになってるし、インディの原点はやっぱりカウボーイだから、インディのご先祖様みたいなパロディ的空気が漂ってて面白かったよ」


たくお 「そういう楽しみ方も一理あるけど、2人の使い方ももったいない。一見、無敵でクールなカウボーイと街を牛耳る非道な権力者が、エイリアンの前だとてんやわんやするコミカルな部分があったらもっと面白かったと思う」


てるお 「てんやわんやしてるボンドとインディ(笑)。ちょっと見てみたかったかも


ブルーレイ&シネマ一直線


たくお 「ハリソンはしい悪役というのも注目ポイントのはずなのに、案の定、後半はイイヤツになってるところもお決まりすぎて面白くない


てるお 「ハリソンを起用している段階から、多分イイヤツになるパターンだとは思ってたけどね。これで血も涙もない極悪非道キャラだったら『ハリソン、どうしちゃったんだ?』ってことになるだろ」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「ま、昨日まで敵同士だったカウボーイ、保安官、権力者、強盗団、インディアンらが手を組んで、全員が一丸となってエイリアンに立ち向かうというお約束な展開はアツイものがあるんだけど、それ以前に対立構図がユルいので、クライマックスの盛り上がるところが不完全燃焼しちゃってるんだよね


てるお 「それはコミック原作の最大の<魅力>である部分・・・・と言われてるらしい。俺は読んでないから分からんけど」


たくお 「ネットで調べたら、原作ファンが言うにはその<魅力>となる部分が映画版ではほとんど活かされていない・・・・らしい。僕も読んでないから分かんないけど(笑)」


てるお 「スピルバーグも『この原作はすごい!』と絶賛してたのにな。なんでこーなっちゃったんだろ?(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「もうちょっとね、ヒューマンな部分でも魅せてほしかった


てるお 「ネイティブ・アメリカンに偏見をもつハリソンが、幼少時から育て上げてきた男を失う場面はちょっとウルウルさせるもんがあったけど」


たくお 「ハリソンの出来の悪い息子と、ネイティブ・アメリカンの疑似息子の対比がドラマのアクセントになってるかと言われたら、これまたビミョー」


てるお 「思ったよりも王道なストーリーでかつシリアス路線で作られているのが、今ひとつ世間のウケが良くなかった原因かも


たくお 「意外性もあまりなかったし。もっと色んなところで裏切ってくれないと!」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「でも作り手側は古き良きウエスタンの復活を狙ってたんじゃないの?」


たくお 「エイリアンが出てくる時点で<古き良き>もないだろうよ」


てるお 「・・・・・・ま、そうだな」


たくお 「だったらもっとストーリーや演出、アクションでミスリードさせてほしかったわけよ。もっと奇をてらってくれい!みたいな


てるお 「記憶を失った主人公が目が覚めたら未知の腕輪をハメている。俺は誰なんだ!? 一体何があったんだ!? とミステリアスな雰囲気で始まるのはいいんだけど・・・・」


たくお 「な~んてことはない、ただエイリアンに誘拐されてただけで、逃げる時に腕輪がハマっただけ(笑)。記憶喪失も大した意味なし。なんだよ、ソレ」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「このヒネリのない設定は拍子抜けだったな。奥さんがエイリアンに殺されちゃった話もさほど活かされてないし


たくお 「そうなんだよ。だったら記憶喪失なんかにしないで最初からエイリアンに復讐を誓うカウボーイとして描いていれば、ストレートな面白さになったんじゃないか?」


てるお 「格段に進んだ科学力で襲ってくるエイリアンに対して人類はどうやって危機を回避するのか。しかも西部開拓時代の人間がどうやって迎え撃つのか、というところが見どころとなるはずなのに、特にコレといった奇襲作戦も立てず、行き当たりばったりなんだもん。なんじゃそりゃ(笑)


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「『スター・ウォーズ エピソード6』みたいにイウォークが知恵を使って森を武器にして帝国軍を撃退するような見せ場が欲しかった」


てるお 「宇宙船も爆薬であっさりダメージを受けてるし。『ヤツらは人間たちを甘く見ている』と取って付けたようなことを言ってたけど、それにしてもねえ(笑)」


たくお 「人間側の戦闘スタイルに工夫がないのでアクション演出にも新しさがない


てるお 「結局、エイリアンを簡単に倒せるのはあの腕輪だけなんだよね。しかも都合のいい強力な時限爆弾付き(笑)」


たくお 「てか、あの腕輪、プレデターから拝借してきたのかな?(笑)」


てるお 「『プレデター2』で1715年の火打銃をプレデターが主人公に渡す場面があるけど、エイリアンと物々交換してたとか!」


たくお 「出た! てるおの脳内プリクエル・ストーリーが(笑)」


てるお 「あの腕輪は原作には登場せずスピルバーグのアイデアらしい」


たくお 「ほお、そうなんだ」


てるお 「オリビア・ワイルド演じる謎の女性の正体はエイリアンに破壊された他の惑星からやってきた宇宙人だったというのも“想定範囲内”」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「エイリアンを追ってきたのならヤツらの特徴や弱点を突きとめて、ダニエルと共に奇襲作戦でリーダーシップを発揮してくれるかと思いきや、そういうこともしない」


てるお 「エラ顔のオリビアってなんか人工的に作られたような雰囲気があるので、地球外生命体っぽい魅力はあったけどね。キャラ名も“エラ”だし(笑)


たくお 「エイリアンに襲われて死んだと思いきや、やっぱり復活。なんで甦れたのかもよー分からん」


てるお 「ダニエルとオリビアのエピソードをもっと掘り下げていれば、彼女の最期のシーンももっと感傷に浸れたのに」


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「彼女の存在もナゾだったんだけど、結局、エイリアンは何がしたかったんだろ?


てるお 「『世界侵略~』のエイリアンは水を奪うために襲来してきたけど、コイツらは“金”欲しさにやってくる。成金エイリアンかよ」


たくお 「この時代がゴールドラッシュだったから? なんつーか、侵略理由がありきたりなんだよねー」


てるお 「あと、なんで人間を拉致してるのかもよく分からんかった。ヘンな光を浴びせて記憶を消して何がしたかったんだ?」


たくお 「あのシーンでは『スカイライン 征服』のエイリアンと全く同じ“催眠術”を使ってやがる、と思ったのは僕だけじゃないはずだ(笑)」


てるお 「俺もそう思った。デジャビュ~」


たくお 「今後、エイリアンが地球にご来訪される場合はちゃんと“侵略理由”を明確にしてほしい。プレデターみたいに人間狩りが彼らのトロフィーの証しとなるみたいな」


てるお 「しかも“ありきたりな造形”のエイリアンは今後お断り(笑)


たくお 「なんかB級臭いエイリアンだったよなあ(笑)


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「監督いわく、『エイリアン』『エイリアン2』『プレデター』、さらにスピルバーグ映画のエイリアンを参考にして出来あがったのがアレだって」


たくお 「何を参考にしてアレが出来上がったのかよく分からん。いかにもワル!って感じなんだけど頭も悪そう(笑)」


てるお 「しかもさ、ヤツらは日光に弱いってオリビアが言ってたのに、昼間の外でもへっちゃらで襲ってきやがるし(笑)


たくお 「設定がもうどーでもいいことになってる


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「あんだけ高度なテクノロジーを持っておきながら、外にドカドカ出てきて襲ってくるだけ。コイツらも大した戦術をもってないところが笑える


たくお 「『ヤツらは人間どもを甘く見ている』からしゃーないんだよ」


てるお 「てか、バカだから(笑)」


たくお 「『エアベンダー』のマルコメ少年なんかナイフ1本でやっつけちゃってるし。エイリアン、ヨワッ!(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「十本足?の攻撃機とか、タワー型のUFOがシュボボボーッと上昇していくクライマックスはなかなかいいんだけどね。あっさりドッカンされちゃったけど」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「色々と見せ場を盛り込んでいる努力はしてるんだけど、それがどうも空回りしちゃってる。今回は期待が大きすぎたゆえの苦言なので、1本のSF映画としては楽しめると思うよ


てるお 「期待値上げすぎちゃうと、たくおみたいな“ガッカリ被害者”が続出するかも(笑)」


たくお 「さっきも言ったけど『ダニエル×ハリソン×西部劇×エイリアン』で期待しないほうがムリだろ。しかもスピルバーグ印なのにさ」


てるお 「しかし今年だけでスピルバーグ映画は7本も公開してるんだね。63歳なのにこのアグレッシブな働きはマジ感心するわ。ま、プロデュース映画はほとんど現場に顔を出してないんだろうけど」 ※本作の他に『リアル・スティール』『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』『SUPER 8/スーパーエイト』『トゥルー・グリット』『ヒア アフター』が公開


たくお 「しかも異星人侵略ものが3本も。『トランスフォーマー』はシリーズで一番面白かったけど、本作と『スーパーエイト』は思ってたのと違ってて僕としては期待ハズレだった」


てるお 「スピルバーグ印だから面白さ保証付き、という昔のようなジンクスはもう通用しない。名前だけ貸してるような映画もあるだろうし」


たくお 「タイムトラベルと西部劇を巧みなアイデアで融合してファンを魅了した『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の頃のような『面白かった~!』感がないよね、最近のスピルバーグ映画には」


てるお 「監督作では『宇宙戦争』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』でオレ的には既にツーアウトだし(笑)」


たくお 「3年ぶりの監督作となる『タンタンの冒険』ではそろそろホームランをかっ飛ばしてほしいもんです」



ブルーレイ&シネマ一直線




●『カウボーイ&エイリアン』足度料金

てるお  1100円

たくお   900円



『カウボーイ&エイリアン』 ★★★





カウボーイ&エイリアン (ShoPro Books)/スコット・ミッチェル・ローゼンバーグ
¥1,890
Amazon.co.jp

ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ/オリジナル・サウンドトラック『カウボーイ&エイリアン』/サントラ
¥2,625
Amazon.co.jp

[直筆サイン入り写真] 映画『カウボーイ&エイリアン』キャスト2名 (ハリソン・フォード/ダニ...
¥63,000
楽天

COWBOYS and ALIENS(カウボーイ&エイリアン) POSTER Tシャツ 【あす...
¥2,100
楽天

カウボーイ&エイリアン ジェイク・ロネガン 衣装 子供用 ハロウィン コスプレ コスチューム/...
¥8,200
楽天

■【予約】RAH カウボーイ&エイリアン ドラハイド大佐 (RAH No.562/ハリソン・フ...
¥13,680
楽天

■【予約】RAH カウボーイ&エイリアン ジェイク・ロネガン (RAH No.561/ダニエル...
¥13,680
楽天
AD

コメント

[コメントをする]

14 ■>不思議大陸  はーしさん


そうなんですよ、
チグハグした演出のせいで
今ひとつ面白くなかったですね。

エイリアンの造形もありきたりすぎる。
もっとハジけてほしかったですね。

13 ■>しりたんさん


そうなんです、
あのマルコメ坊主くんなんです。

カメハメ波攻撃が使えたなら
エイリアンどももあっちゅーまに
倒せたんですけどねwww

12 ■>ボンドガールさん


あのマッチ・ギャグは笑いましたね。
ベタベタでしたけど。

そうなんですよね、セリフのイントネーションで
ちょっとコミカルらしさは伝わってきましたが
字幕がそれを伝えていない。

エイリアン映画ファンの評価は低いですが
西部劇ファンの評価は高いという
珍しい映画でしたね(笑)。

11 ■>ジェイソン・M・ボーヒーズさん


エイリアンのビジュアルが
「スカイライン」と大して変わってないのが
残念でしたね。

オーソドックスなエイリアンでした・・・・。

10 ■>水樹さん


試写で観てきましたが
「タンタン」は悪くない出来でした。

CGのクオリティはすごいですよ!

9 ■>たらさん


「目がー!目がー!」のシーンは
欲しかったところですね。

エイリアンって強そうに思えて弱いし、
かといって大した弱点もない。

中途半端でしたねww

8 ■>ひばなさん


新ジャンルの西部劇としては
面白かったと思います。

あれ、脳みそ食べられてましたっけ?
すっかり忘れちゃってました。
そういえば「スカイライン」の異星人も
脳みそをチュルチュルしてましたねwww

7 ■楽しく読ませていただきました

コメント有り難うございました
血の気の多い私は、このダメ映画を最後の方は脳みそ煮えたぎりながら見ておりました。エピソードが双六並みに行き当たりばったりつなぎなのはおいといても(家の中で暴れるエイリアンのカットの次が足跡のカットって……!!雑すぎる!!)、その辺 固い事言うな!というのはわかりますが、エイリアンの造形にオリジナリティのかけらもないのが一番 悔しいです。

6 ■コメントありがとうございます

私のブログに頂いたコメント、共感しましたw
あの子供は『エアベンダー』の主役少年だったのか・・・。今気づきました。
この記事の題目通り、“もっとおもしろく出来たはず”ですよね。

5 ■笑える台詞沢山ありましたよ(^^)

訪問&コメありがとうございましたo(^-^)o
多分 若い世代には受け入れがたいのでしょうが 懐かしい西部劇の王道でした。
悪者がエイリアンというところだけが新しいだけ。悪者が実はマヌケで結構弱いところも 金を採取してるのもゴールドラッシュにかけたベタな素材。そのマッチは絶対に落とすし 代わりに葉巻でしょ?…案の定。 古典中の古典。
ちなみに ダニエルとハリソン・フォードは 真面目ないかつい顔で 本来ならシリアスな場面にはありえないイントネーションやトーン、言い回しの台詞満載で クスッ っと笑える場面の連続でしたよ。
字幕がそういうトーンを完全無視していて そのせいでシリアス路線になり
駄作扱いされてますが…
昔人にはたまらない 西部痛快劇を贅沢なキャスティングでやってくれちゃった作品です。
私は両親によく西部劇を見せられていたので すんなり入り込めました。

4 ■無題

エイリアンが私の好みでは無かったけど最後まで飽きずに楽しめました(^w^)

でも仰る通り色々と詰めが甘く勿体無いですね(汗)

3 ■確かに…。

2アウトですね~。
『タンタン…』なんか、怖くて飛びつけません。
まずは様子見しないと~。(^_^;)

2 ■太陽に弱いはず

そうですね、もっと、エイリアンが、かわいそうになるほど、《目が~~、目が~~~~!》って、やってほしかったですね(笑)

1 ■無題

これはSF好き向けではなく カウボーイ好き向けなんですよね~
こんなウエスタンもどぉ??って感じですね。
私はOK!なんですよ~ B級好きなんで。。。w

拉致された人って 脳味噌食べられてましたよね~
食糧として捕獲と 貴金属奪う目的なんでしょうね。。。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。