2011年07月14日(木) 00時45分28秒

シネトーク68『アンダルシア 女神の報復』●どこをホメていいか分からない凡作サスペンス

テーマ:ぶっちゃけシネトーク ~2014

ブルーレイ&シネマ一直線




三度のメシぐらい映画が好きな
てるおたくお
ぶっちゃけシネトーク

●今日のてるたくのちょい気になることシネ言

「『衝撃の~』と宣伝してる映画ほど大した衝撃だったためしがない」



シネトーク68

『アンダルシア 女神の報復』




監督:西谷弘 原作:真保裕一 脚本:池上純哉 脚本協力:酒井雅秋
出演:織田裕二/黒木メイサ/伊藤英明/谷原章介/戸田恵梨香/福山雅治/鹿賀丈史/夏八木勲
2011年日/125分/シネスコサイズ/東宝配給(2011年6月25日公開)




※ネタバレしてます! ご注意ください




ブルーレイ&シネマ一直線 ストーリーを複雑にしただけでサスペンスの醍醐味ゼロ!!


てるお 「前作のシネトークで僕は『続編は形だけじゃなくて中身もしっかりしたものを求む。スキのないシナリオで魅せてほしい』と言ったけど、やっぱりダメだったな~(笑)


たくお 「てか、『アマルフィ』の方がまだマシだったよ。もうねえ、なんでこんなスキだらけの映画ができちゃうのか頭をヒネりたくなる


てるお 「形から入るのが邦画の悪いクセ。最近、イヤになるぐらいピーマン映画が多すぎ」


たくお 「前作だってかなりグダグダだったのに、今回は演出としても、脚本としても、映像としても“サプライズ”が全然ない


てるお 「『アマルフィ』はストーリーよりもまだ観光映画としてそれなりに魅せてくれたものがあったんだけど、今回はそれすらないからね


たくお 「今回もやたらと空撮シーンを使ってるけど、それでもスペインの空気感みたいなものが全然伝わってこない」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「確かにこの映画を観て『スペインに行きたいなあ~』とは思わないな。第一、ほとんど室内劇だし。パンフに書いてあったけど、レストランや大使館のシーンでは日本でセットを組み立てて撮影してたんだって」


たくお 「なんだよソレ」


てるお 「今回、たった1、2シーンしか出てこない戸田をいちいちスペインにまで呼ぶわけにはいかないだろうから、彼女のシーン撮影のためのセットなんでしょ。通称『戸田セット』と呼ばれてる(ウソ)」


たくお 「なんで前作ではイタリアの日本大使館にいた彼女が、バルセロナの日本総領事館で黒田とひょっこり再会できるかのかも分からん」


てるお 「まさに奇跡的な再会率!(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「エンドロールでは撮影協力にしっかりと“栂池高原スキー場”とクレジットされてたよ(笑)


てるお 「さすがに前作よりは製作費が抑えられてるから全編海外ロケは無理だったんだろうな」


たくお 「今回、観光映画として魅せることが無理なので、さぞかしストーリーやアクションに力を入れてくれてるのかと思いきや・・・・・」


てるお 「そうでもなかった(笑)」


たくお 「日本人投資家の死を発端としたマネーロンダリングが絡んだ巨大な国際犯罪に織田裕二とインターポールの伊藤英明が立ち向かう話なんだけど、スケールが大きそうにみえて実はそうでもない(笑)」


てるお 「事件で動いているのは織田、伊藤、メイサの3人だけなんで、話が意外と小じんまりとしちゃってる


たくお 「色々とストーリーを入り組ませているんだけど、それが逆にサスペンスとしての面白さを殺しちゃってるんで観てる方としては一向に面白くならない


てるお 「話が全然盛り上がってこないでグダグダさでテンポも悪い。エンタメ大作なのに中だるみしてるってもうダメでしょ」


たくお 「織田とメイサがノンキにトランプしてるとこなんか見せられても(笑)。そういうチグハグした話でもスピーディーに描いていればごまかしようもあるんだけど・・・・」


てるお 「西谷監督って演出になんかもたつきがあるんだよね。もっとバッサバッサと切り込んでくれないと」


たくお 「あまりストーリーテリングがうまくない。前作のようにブチッと映像が途切れて画面が真っ暗になっちゃうような意味不明な演出はさすがに封印してたけど(笑)」


てるお 「そういえば前作の公開時、『途中で映像が途切れる箇所がありますが演出です』と断り書きを掲示してた劇場もあった」


たくお 「だって誰もが上映事故だと思ったからね」


てるお 「黒幕は意外な人物!というドンデン返しにしたかったんだろうけど、主要人物が4人しかいないから意外性もなにもない(笑)


たくお 「そうそう、ドンデン返しが全然効いてない。想定の範囲内(笑)」


てるお 「『はあ? なんでそーなるの?』と置き去りをくった感じ。あんだけの事件の結末が『コレですかあ?』だし」


たくお 「まず黒幕であるメイサが何をしたかったのかがよく分からない。単に私利私欲で動いていたのか、自殺した谷原が許せなかったのか、犯行の動機があまりに曖昧すぎて」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「メイサは過去に父親が起こした一家心中で自分だけが生き残ってしまい、それがずっと心の傷となって残っていた。でも死んだ妹への懺悔の理由づけももうひとつピンとこないんだよね」


たくお 「父親の身勝手な心中が家族全員を不幸に陥れたことに対して強い憎しみを持ってるんだけど、犯行の動機もそれが理由なの?とツッコミたくなった」


てるお 「それって単に自分の不幸を言い訳にしただけのアホな女じゃん(笑)」


たくお 「メイサのそのトラウマがドラマと全然うまく絡んでこないから、謎解きの部分とかもうどーでもいいんだよ(笑)


てるお 「ストーリーの落としどころがあまりにスカポンタンで、色々と仕掛けをしているように見えて、ただ話を小難しくしてるだけなんで考えるのもメンド臭い


たくお 「メイサと谷原のやりとりを残したメールから自分が犯人だと足が付いてしまうと恐れた彼女は、谷原のノートPCを持ち出そうと部屋から豪快に外へ放り投げちゃうんだよ」


てるお 「しかも一連の事件に方が付くまでそのPCはずっと雪の中に埋もれたまま。普通そんなことしたらPCなんてイカれちゃうって」


たくお 「で、雪解けになる前にメイサが必死こいて掘り起こしてるところを織田たちに見つかって捕まるんだけど、なんかもう火サスを観てるようななんのヒネリもない安っぽいオチにただただボー然(笑)


てるお 「もっと分からないのがメイサがそのPCを回収するように仕向けるため、織田が伊藤に撃たれてわざわざ“偽装死”を図るんだよ。でもあんな小芝居をする必要あるか?」


たくお 「宣伝で織田が撃たれるシーンを意味深に使われまくってたけど、あんなどーでもいい場面だったとは。もう脱力・・・・・


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「もっというと、織田とメイサがアンダルシアに行く必然性もない」


たくお 「そうなんだよ。アンダルシアでのエピソードは無理矢理感ありありだったよなあ」


てるお 「そのどーでもいい織田の陳腐な殉職トリック場面といい、しまりのない気の抜けたアクション・シーンといい、全然燃えさせてくれない


たくお 「あのヘナチョコな銃撃シーンはないよねえ。もうちょっとなんとかならなかったのか」


てるお 「サスペンスとしてのストーリーがまずダメダメなんだから、だったらアクションで魅せるぐらいの努力はしてほしい」


たくお 「『ピースメーカー』とか『ジェイソン・ボーン』ぐらいのカーアクションなら日本でもできるだろ? それぐらいハデなもん見せてほしいよ」


てるお 「アンダルシアで伊藤らが敵のアジトを急襲するクライマックスでも、アクション・シーンを全く描かず“銃声”だけだったし」


たくお 「あのボンクラ演出にはビックラこいたねえ。フジにそこまで“コスト削減”を迫られてたのかな?(笑)


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「ストーリーやアクションが物足りないとそこを俳優の演技で穴を埋めるしかない、ということになるんだけど・・・・」


たくお 「織田、伊藤、メイサの3人でそれほどの求心力があるのかと言われたら、これまたビミョー


てるお 「織田クンは相変わらずしかめっ面だし(笑)。でも彼の作品に対する取り組みは他の俳優にはない“こだわり”が感じられるけどね」


たくお 「とはいっても、彼の頑張りがどーも空回りしちゃってるんだよなあ。これは織田クンが悪いわけじゃなくて、監督やプロデューサーが織田裕二という俳優を使いこなせてないような気がする」


てるお 「織田クンはキャラに合わせた演技でちゃんと“見せて”くれているのに、それでも“魅せられない”のはスタッフの努力不足と言われてもしゃーない


たくお 「ハリウッド映画みたいに主役のハードボイルドをもっとわざとらしいぐらいにカッコよく演出するべきなのにそれができていない。ずっとしかめっ面でクールでいることがカッコイイと思ってるんだったらそれは違うでしょ」


てるお 「彼はあるインタビューで『お客さんに人気のある人だけ集めましたみたいな作品は、出来が悪いと1観客としてがっかりしちゃう』ともっともらしいことを語っているけど・・・・・」


たくお 「本作がそういう作品になっちゃってますから(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「で、相手役が黒木メイサだとやっぱり役不足なんだよなあ。前作の天海祐希ほど織田と対等な立ち位置に付けていない


たくお 「彼女にストーリーを委ねるには明らかに力量不足と言わざるを得ない」


てるお 「大掛かりな国際犯罪にこんな小娘1人が関わっているという話そのものにもうリアリティがないじゃん


たくお 「あと黒木メイサはどの作品を観ても黒木メイサなんだよね。女優というからにはそろそろ演技の幅を広げていただかないと・・・・」


てるお 「“どこか影のあるミステリアスな雰囲気を持ったヒロイン”という仕事しかこないからじゃない?(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「でも織田にブチュ~~と濃厚なキスを浴びせるシーンはエロくて良かったけど」


てるお 「いいなあ~、俺もチュッチュッされたいなあ・・・・と指くわえながら観てた(笑)」


たくお 「当初のヒロイン役はTV版『外交官 黒田康作』に引き続き柴咲コウが登板するはずだったらしいけど、完璧を求める織田が彼女の演技に注文を付けまくり、それに不快感を示した柴咲サイドが出演を辞退した・・・・というのがもっぱらの噂


てるお 「フジがどの作品よりも力を入れたドラマ版が平均視聴率10%というシャレにならない大コケっぷりで、今回のストーリーの見直しも迫られた・・・・という噂もある」


たくお 「だって正直、ドラマ版もあまり面白くなかったし」


てるお 「いろんな話を盛り込んで複雑にしてサスペンスとしての醍醐味をなくしちゃってるのは今回の映画版と一緒」


たくお 「警視庁から左遷されてなぜインターポールにいるのかよく分からない神足捜査官役の伊藤英明も『海猿』で見せた魅力とは程遠い凡キャラだったし」


てるお 「伊藤クンってあんな演技ヘタッピだったっけ? 彼のセリフ棒読みが気になっちゃって映画に集中できなかったよ(笑)


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「監督ももうちょっと演技指導しなさいよ」


てるお 「織田と伊藤の対立がストーリーのアクセントになってるかと言われたらそうでもないし」


たくお 「福山にいたっては今回も『何のために出てるの、アンタ?』という程度の出演だし


てるお 「ただのチャラ男じゃん(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線


たくお 「前作で織田と一緒に奔走していた戸田も今回はほとんど友情出演


てるお 「これだけの豪華出演者を揃えておきながら監督が裁ききれていないから、どのキャラにも散漫な印象しか残らないんだよ」


たくお 「とにかく今回は黒田が全然動かない。この映画の主人公は一体ダレ?と言いたくなるぐらい」


てるお 「主役であるはずの黒田に主軸を置いてないから、一体誰の何の話を見せたいのかよく分からないんだよ


たくお 「サスペンス・ストーリーは大してヒネリが効いていない、アクションもユルい、観光映像は前作ほどじゃない、俳優の魅力ももうひとつ・・・・。じゃ本作の魅力ってなに??」


てるお 「う~~~~~ん・・・・・分からん(笑)」


たくお 「それで“壮大なサスペンス超大作!”って言われてもねえ。フジは超大作の意味を分かってんのか?


てるお 「海外ロケで人気俳優を使った映画なら日本ではどの作品も“超大作”になるんだよ(笑)」


たくお 「サブタイもなんで『女神の報復』なんだろ? よく分かんない。メイサは何に対して“報復”してたんだ?」


てるお 「むしろ前作が『女神の報復』で、今回が『女神の報酬』にしたほうが合ってたような気もするけど」


たくお 「なんか今回は総体的にダメダメだなあ。いつまで経ってもドラマと映画の境界が曖昧になってる邦画のイヤ~な部分だけを見せつけられた気分だった


てるお 「もっと映画としての“格”を見せつけなさいよ!」


たくお 「これで『シリーズ最高傑作!』とか『心揺さぶる感動作』と堂々と流してるフジのCMにも腹が立つ


てるお 「もう怒りを通り越して呆れるもんがあるなあ。予告編でも『事件は全世界へ』『1人の日本人が殺された』って全部ウソじゃん」


たくお 「目の肥えた映画ファンはそういう誇大宣伝にはそんなに騙されないもので、1週目の興収は前作の68%と今ひとつの数字」


てるお 「前作は36億のヒットだったけど今回は20億届くかどうか」


たくお 「でも織田クンはシリーズ続行にやる気満々らしいよ」


てるお 「予告編の『黒田康作 最後のミッション』もウソですか?」


ブルーレイ&シネマ一直線




●『アンダルシア 女神の報復』満足度料金

てるお  700

たくお  800円



『アンダルシア 女神の報復』 ★★






ペタしてね

↓ よろしければポチッとご協力よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 映画ブログへ





アンダルシア/真保 裕一

¥1,680
Amazon.co.jp

アンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラック/サントラ
¥2,800
Amazon.co.jp

【映画パンフレット】 『アンダルシア 女神の報復』 出演:織田裕二.黒木メイサ.伊藤英明.戸田.../東宝
¥1,103
Amazon.co.jp

アマルフィ 女神の報酬 ビギンズ・セット ブルーレイディスク (本編BD+特典DVD)2枚組 .../織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香
¥7,035
Amazon.co.jp

アマルフィ 女神の報酬 コンプリート・エディション DVD3枚組 (初回生産限定)/織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香
¥9,975
Amazon.co.jp

アマルフィ 女神の報酬 ビギンズ・セット (本編DVD+特典DVD)2枚組/織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香
¥5,985
Amazon.co.jp

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]/織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香
¥3,990
Amazon.co.jp

外交官 黒田康作 DVD-BOX/織田裕二,柴咲コウ
¥23,940
Amazon.co.jp
AD
いいね!(0)  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

16 ■Re:この映画は

>peopoさん

2作に共通してるのは形から入って
中身がスッカラカンということです。

あまりにも要らないシーン、
ムダなエピソードが多すぎる気がします。

>確実に良くなったのは、脚本家のクレジットがある点、空撮のピントが合ってる点…ぐらいですかね

空撮のピントは確かに合ってましたねwww。
前作は上映中のフィルムのピント調整不良かと思いましたからね。

とにかくメイサの行動心理、犯行動機がよく分からなかったので、観る側も戸惑いっぱなしです。

15 ■この映画は

>たいむぽっかんさん

踊る3と同じミスを繰り返しているので、踊る3→アンダルシアと観ると、フジ映画の何が駄目なのか?が良く分かります。

冒頭のハンサムスーツ(笑)によるスキー転落事故も結果的には余り意味ありませんよね。

確実に良くなったのは、脚本家のクレジットがある点、空撮のピントが合ってる点…ぐらいですかね。

アクションシーンは撮り方は別として、前より劣化したように感じました。

トランプ遊びのシーンですが、あれは織田がメイサの性格分析をしてたらしいですね。

なんか古畑任三郎方式(最初に犯人を見せておく)っぽくなった割に、捜査側の追求に対してメイサが隠蔽工作をしないので面白くない。

雪解け情報のニュース流すなら、PCからの犯行発覚を恐れたメイサが更なる隠蔽工作とかすりゃ話が面白くなるのに…。

伏線を張りっぱなしで、回収忘れたまま放置はフジ映画名物になりそうですね。(笑)

エンドロールでアマルフィのテーマ曲がかかったのは少し良かったけど、まだまだ練り込みが足らないと思う。犯行動機は前作の佐藤浩市のが感情移入できましたからね。

14 ■>peopoさん


おお! ついに観られjましたね!
僕もpeopoさんのおっしゃる感想通りの印象でした。


前作と決定的に違うのは「遊び」「突っ込みどころ」がないんですよね!
フツーにマジメなサスペンスになっちゃてるんで全然面白くない。それでいて穴だらけ(笑)。


>冒頭からメイサが犯人だと丸分かりで

ほんと、そうです! なんか証拠隠滅みたいなことをやってるんで、観客はメイサがずっと怪しいと思うわけですよ。で、案の定、そのまんまのオチなんでドンデン返しも何もない。
「踊る3」で青島の誤診が既に分かってるのに、青島やすみれが最後まで分かってなくて「泣かせ演出」をしようとしたのと同じで、明らかな演出ミスです。

戸田も福山も出てくる意味全くなし。
戸田と織田の再会は恐るべき偶然です(笑)。

テロ組織突入シーンの「手抜き」っぷりもひどかったですね!
普通、そこでちゃんとアクションを見せるべきなのにそうしてないのはコスト削減としか思えないです。
車での撃ち合い場面も拍子抜け。

ここまでアクションシーンが薄いのは
単純に監督が演出できないのかと思いました。
だったら監督を別の人にしろよ、と言いたくなります。

伊藤の家庭不和なんて話に大して活きてないし。息子をこっちにやるなんてすごい展開(笑)。

どうして日本映画って、サスペンスやアクションになるとこうもヘタクソになっちゃうんでしょ?

CSで「踊る3」を約1年ぶりに見ましたが、やっぱりヒドイですね。こんなにつまんなかったっけ?と再認識しましたよ。

13 ■遂に観てしまいました…

本日ついに本作を確認しました。いやーっ、やっちゃった感がある作品で、
サスペンスが崩壊しちゃってるのがスゴいですね!冒頭からメイサが犯人だと
丸分かりで、「いや、それでもどんでん返しがあるのでは?」と思っていると、
何もないまま終わっていくという、とんでもない映画でした。(苦笑)

しかも恵梨香様の扱いがメチャクチャだし、福山は女とイチャつきながら
「アンタが来てるって事は、また面倒な事が起こるって事か。」と言うだけ。
何のために出演しているのか、まったくもって意味不明でした。

ホテルで、オッサンが前作の「キャプテンツバサ、ボールハトモダチ」
みたいに「オヤスゥミー」とか言うのは吹いたけど、そういうギャグが
めっきり減っており、前作みたいなハチォメチャ感がなくなってましたね。

あと、踊る大捜査線3の漫喫で中国人が拳法で犯人を逮捕するシーンが
丸ごとカットされた「不誠実な演出」の如く、今回も国際テロ組織に
突入するシーンが銃撃の音だけという不誠実な演出がありました。

なんか慰めの報酬での、トスカ上映中に犯罪者らの顔を撮影して
解析するシーンが臆面もなく完全移植されていたし、例によって副題も
意味不明だし。「メイサの報復」だとしても、何に対しての報復か
わからないし、海猿はあまりパッとしないしで大変な状態でした。

アクション面では、中盤で車がぶつかって来たシーンで、「おおーっ、
これからダイハード4.0みたいなアクションに突入かーっ!?」と思わせて、
ショボい銃撃戦が少しだけあり、それ以降は何もないまま終わりました。

海猿が家庭不和になってる描写もあったけど、あれも投げっぱなしですよね?
貸しスキー部屋でのゲロで全てが解決していくって、なんだかなぁ…。

もっと前作みたいに「法律法律って!~」みたいに爆笑させてくれる
シーンが欲しかったのですが、ゲラゲラ笑える場面はありませんでした。

なんだかんだで前作アマルフィは、一応は盛り上がるシーンもあったし、
尿意注視テロ軍団(爆)によるサスペンスも、少なからずありましたからね。
このシリーズもここまでトーンダウンしてしまうと、存続が危ぶまれますね。

12 ■Re:Re:Re:Re:>peopoさん

>peopoさん

今回はTV版の人が脚本をやってますね。
真保さんは原作のみです。前作のゴタゴタが
あったから参加してないのではないでしょうか?
脚本協力の人も1人いますが。
おそらくリライトしたんでしょう。

えりか様は出る意味なし、
福山はただの女ったらしになってます(笑)。

11 ■Re:Re:Re:>peopoさん

>たいむぽっかんさん

この映画ですが、本当はもっと早くに109の大きい劇場で
見たかったのですが、現在 仕事で遠方に出張してまして、
近くに映画館がないんですよ。(苦笑)ただ月末には
地元に帰るので見られますが、ネットで確認したら
すでに規模が縮小されてて1日1回上映って…。(苦笑)

気になっているのが、前作でクレジット騒ぎの起こった脚本家の
真保さんですが、今回は納得してクレジットに名前があるのか?や、
音楽に踊る3の菅野なる人物が起用され、松本氏が排除されるなど
フジ内部での騒動が、どうなっているのか?という部分ですね。

例のスキー場のクレジットは、見たら笑ってしまいそうですね。
恵梨香様の扱いが悪いと、ファンからも非難があるようです。

海猿まで出演しているようですが、噂の「セリフ棒読み」という
ものが どういうレベルのものか、見たいですね。予告だけで、
福山が「アンタがいるって事は、また面倒な事が起こるってことか」
と前作とよく似たことを言ってますが、福山ってこのセリフを吐く
ためだけに出演しているのでしょうかね?(笑)

109は月曜日がメンズデーなので、それを狙います。

10 ■Re:Re:>peopoさん

>peopoさん

そうそう、そういうツッコめるという部分でも
「アマルフィ」のほうが勝ってます。

僕は「アンダルシア」は単純に退屈でした。
ぜひPeopoさんにも1000円デーでいいので
見てもらって感想をお聞きしたいです。

「アマルフィ」は僕と同じ意見を持ってらっしゃいますんで。

確かに「魔法にかけられて」で出ましたね。
いわれてみればそうかもしれません。

織田裕二は映画への情熱は人一倍なんですが
なんかスタッフのせいで努力報われず、結果、BOMB映画になってしまうのが多いですね。

9 ■Re:>peopoさん

>たいむぽっかんさん


確かにアマルフィは、突如としたブラックアウトや、少女の尿意に
全身全霊を傾けるテロリストなど、お笑い要素が多かったですからね。

テロリストが粋な人物で、風光明媚な場所を指定してくるという
レビューがあったりと、変さを指摘する行為を楽しむ映画ですよね。
また映画本体よりか見た人のレビュー見てた方が楽しい作品でした。

まだアンダルシアは見ていませんが、なんか酷評ばっかりなので
見に行くのが怖くなっています。メンズデーで1000円とかでないと
厳しそうですね。

そういや、この「アンダルシア」って言葉、例の「魔法にかけられて」で
出てきましたよね!例の弁護士事務所にジゼル姫を連れて行った際に、
事務所のオバサンの前で奇天烈な態度を取った後、出身地を聞かれて
オバサン「アンダルシア」「いやアンダレーシアだ。」というくだり。

ディズニーもスペインで城というイメージで、名前をそこから取ったのかと…。

8 ■>peopoさん


人によっては前作より好きという意見も多いですけど。

「アマルフィ」はストーリーや演出がひどくても「愛のあるツッコミ」ができたので、それなりに評価しているんです。ただ今回は「遊び」があまりない。
そういう意味では不満でした。

電車男とネネさんは今回は不在でした。。。。

7 ■>盆踊りさん


黒木メイサさんは
作品によってはすごく輝く時があるんですよね。

でも本作はちょっと違うかな、という感じです。

アマルフィはツッコミどころは多いけど、そんなにつまんないと思ってないんです。

6 ■>strawberry CAFEさん


納得していただいて嬉しいです。

ま、この映画を叩いて憤慨している人もいますが(笑)。

5 ■>ルークさん

>何が言いたかったんですか?

読んでわからないんだったら、ずっと分からないでしょーね。

>だらだらと長い文章書いて。

だらだらとTALKするのがこのシネトークの醍醐味なんですよ。おわかり?

>最初から楽しむ気なんてないくせに映画観て、ストーリーの粗探しして結局つまらないって結論を出すって・・・

違います。どの映画も初めは楽しむ気満々です。楽しむ気がないなら最初からその映画観ません。でもアラを探すことしかできないウ●コ映画だったってことですよ、結局。

>何がしたいのか理解不能です。

だから、読めば分かるよ。あ、分からないのかww。

>ただ一つ思うのは、観客ってエサ貰うだけ貰ってあとは批判するなりやりたい放題なんて出来の悪いペットみたい。

ほお、観客を「ペット」呼ばわりですか。さもしい考えの持った人ですね。じゃ、「ペット」としての立場から言わせてもらえれば、1800円も払ってこんなマズイエサを食わされて、たまったもんじゃない。もっと美味いもん食わせろよ!と言いたいわ。だからこんな辛口なの。お分かり?


あと、コメントするからには、少しは作品へのあなたの意見も出して下さいな。

4 ■観ようと思いましたが…

ここまで酷評が多いと躊躇してしまいますね。

いくら酷評が多くってもラスブラみたいに笑える要素があれば見たいけど、なんかそうでもなさそうですからね。

撮影協力に日本のスキー場名はギャグですね!映画内容よかコスト削減の舞台裏のが面白い感じがします。

電車男の伊藤クンやらネネちゃんは今回はいないのでしょうか?

3 ■こんばんは~

今、アマルフィ確認中でした~

アンダルシアよりアマルフィが良いと感じたのは
若い黒木メイサさんでは役不足だったか・・・

まぁファンなのでゆるしちゃいます~

2 ■同感です


私も「アマルフィ」も「黒田康作」も見てますが、今回はイマイチでした。といってもどんぐりの背比べみたいなもんですが・・・。
もっと面白くできたはずなのにそうなってないもどかしさがずっと残りました。シネトークを読んで納得です。

1 ■結局

何が言いたかったんですか?
凡作サスペンスって言ってるくせしてだらだらと長い文章書いて。最初から楽しむ気なんてないくせに映画観て、ストーリーの粗探しして結局つまらないって結論を出すって・・・
何がしたいのか理解不能です。
ただ一つ思うのは、観客ってエサ貰うだけ貰ってあとは批判するなりやりたい放題なんて出来の悪いペットみたい。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。