2011年06月26日(日) 02時00分39秒

シネトーク65『スカイライン -征服-』●衝撃の・・・・いや、笑撃の侵略SF映画!

テーマ:ぶっちゃけシネトーク
ブルーレイ&シネマ一直線





三度のメシぐらい映画が好きな
てるおたくお
ぶっちゃけシネトーク

●今日のてるたくのちょい気になることシネ言

「劇場の売り場で購入してない飲食物の持ち込み禁止は納得できない」



シネトーク65『スカイライン -征服-』



監督:コリン・ストラウス/グレッグ・ストラウス クリーチャーデザイン:アレック・ギリス/トム・ウッドラフ・Jr
出演:エリック・バルフォー/スコッティー・トンプソン/ブリタニー・ダニエル/デヴィッド・ザヤス/ドナルド・フェイソン


2010年米/94分/シネスコサイズ/松竹配給(2011年6月18日公開)




※ネタバレしてます! ご注意ください




ブルーレイ&シネマ一直線

●ツッコミありきで観ないと大ヤケドする(笑)


てるお 「ストラウス兄弟は本作を作るにあたって、恐らくこんな会話をしてたと思う」


グレッグ 「なあ、コリン。『AVP2』以降、すっかり監督の仕事が来なくなったなあ」


コリン  「アレでファンを怒らせちゃったしねえ。思ったほどヒットしなかったし、フォックスも大した利益にならなかったと嘆いてたよ」


グレッグ 「ネットでは『画面が真っ暗で何が映ってるかさっぱり分からないクソ映画』と叩かれて、俺、ショックだった」


コリン  「じゃ、今度は昼間を舞台にしたSFをやろうよ! 侵略モノとかさ!」


グレッグ 「明るい場面でのCGってアラが出やすいんだよ。普通、大掛かりなVFXは暗い場面で使うもんなんだぜ」


コリン  「大丈夫だって、オレたちにはごまかしCGのノウハウがあるからさ!」


グレッグ 「でも金かかるだろ」


コリン  「『世界侵略:ロサンゼルス決戦』で使ったCGソフトをそのまま流用すりゃいいじゃん。登場人物は10人まで。無名の役者を使えばギャラも安くて済むし」


グレッグ 「でも今さら侵略モノなんかウケるかなあ?」


コリン  「これまでの映画からオイシイとこだけをいただいちゃえばいいんだよ。要はパクッたもん勝ちだって!」


グレッグ 「そうだよな~、じゃ、やってみっか」


てるお 「こうして『スカイライン 征服』は生まれた(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「いやいや~、僕は好きかも、こういう既視感たっぷりのB級SF(笑)


てるお 「とりあえずこれから観ようとする人は、以下の注意事項を念頭に置いて観たほうがいいデス」


1.話は3日間の出来事。脚本は中学生が好き勝手に書いたようなレベル。


2.話はこれまでの侵略SF映画の寄せ集め。5、6回は「どっかで観たなあコレ」と思いながら楽しむ。


3.登場人物にはほとんど感情移入できない。つまりバカばっかりである。


4.最後の最後で脱力・・・・・・・・いや、衝撃の展開が待ってる(笑)。


5.これでも製作費が10億円ぐらいの超低予算映画である。


たくお 「おいおい、誉めてるとこって5番目だけやん!」


てるお 「だって見るべきとこってCGぐらいしかねーじゃん(笑)」


たくお 「そりゃそーだけどさ。でもCGは製作費1000万ドルとは感じさせない出来で、正直、アレはすげーと思ったわ


てるお 「今じゃ素人でもパソコン1台でかなりクオリティの高いCGが作れる時代だしね。話は全然大したことないんだけど、VFXはけっこうなクオリティを保ってる」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「ま、大音響で迫力をごまかしてるところも多かったけど」


てるお 「光を効果的に使った映像とかゴゴゴーッと迫りくる時の重低音サウンドは映画館で観てこその醍醐味やね


たくお 「だからコレをDVDで観たらかなりつまらないと思う(笑)」


てるお 「マンション一室での密室劇をダラダラ見せた間延び演出もいただけない」


たくお 「いきなり侵略シーンで始まったと思いきや、話が遡ってパーティ・シーンになるけどあそこ全然いらねー!」


てるお 「登場人物は10人もいないし、異星人の襲撃から逃げ惑ってる民衆とかそういう描写は一切なし。なので緊迫感も全然なし


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「宇宙船に吸い込まれてる人たちは全部デジタル・アクターだし。あそこも経費削減なんでしょーね」


てるお 「で、大半が室内劇だから見どころとなるハデなアクションは後半だけ」


たくお 「異星人が街を襲ってる場面も窓からチラッと覗くか望遠鏡で状況を確認してるかぐらいだし」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「いきなり主人公のジャロッドが『そうだ! 海へ逃げよう!』と言い出す場面があまりに唐突すぎてめちゃ笑った」


たくお 「なんで海に逃げたら安全なのか全然分からんし。後先考えないで書いたような脚本がもう中学生レベル(笑)


てるお 「その後も『みんなで助け合おう!』とか『お前はリーダーじゃない!』とか、学芸会並みの会話劇を延々と見せつけられる(笑)


たくお 「誰も脱出プランを真剣に考えようとしない。『このシーン、早送りしたいなあ』とか思ってたら、本当に早送り映像になったからビックリしたけど


てるお 「監督も『このシーンは観客はきっと退屈してるだろうな』って分かってたんだよ(笑)」


たくお 「で、やっと外に逃げ出したかと思いきや、ヤツらはしっかりと襲ってくる」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「逃げ惑ってたりパニくってる人が誰一人いないのも不自然」


たくお 「監督は『異星人は人間を見つけるとすぐに捕まえちゃうから外に誰もいないのは不自然じゃないんだ』と言い訳してる


てるお 「どう見ても経費削減だろ。異星人が街を攻撃しないのもおかしいし」


たくお 「監督いわく『ヤツらは生きた人間の捕獲が目的なのでいきなり街を破壊することはしない』んだそうな


てるお 「経費削減の言い訳その2だな」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「でも後半は米軍とマザーシップのドンパチをちゃんと見せてるし、やっぱり侵略ものはこうでないと!と楽しませてくれる」


てるお 「異星人も色んなタイプがいるんだけど、なかには『マトリックス』のセンチネルをそのまんまパクッたようなヤツが出てくるのはちょっとワロた


たくお 「マンションの一室に侵入してきて触手みたいなので人間を探すシーンはまんま『宇宙戦争』だし」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「海兵隊が核攻撃するシーンはまんま『ID4』だし。こちらのマザーシップはさすがに核攻撃には耐えられなかったようで」


たくお 「でも撃墜したかと思いきや便利な修復機能付きなんだよねえ。そういう意味じゃ『ID4』のマザーシップより進んでる」


てるお 「船内からクリーチャーがゾロゾロ出てきて『ヤバイ、コイツら怒ってる』って、なんで分かるんだよ(笑)」


たくお 「マンション屋上で敵と撃ち合ってる兵隊は3、4人しかいないし。もっと動員しようよ


てるお 「それも経費削減の一環です」


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「で、何をトチ狂ったのかジャロッドはいきなり素手でクリーチャーを殴り始めるし。大いに爆笑させてもらったよ


てるお 「人間の火事場の馬鹿力にはさすがのエイリアンもかなわないということってか」


たくお 「ま、『ID4』でもウィル・スミスがエイリアンを1発で殴り倒してたしな」


てるお 「で、観客を脱力ゾーンへと導いた問題の3日目(笑)。ここでついにマザーシップ内へと移る」


たくお 「もう驚愕の展開だったなあ。一転してヌルヌルヌメヌメの気味悪いこのシーンでは『AVP2』での監督のゲテモノ趣味が出ちゃってる」


てるお 「『AVP2』でプレデリアンが妊婦に卵を植え付けるエグイ描写が『胸クソ悪くなるゲテモノシーンの極み』と酷評されてたよな」


たくお 「ここで異星人がなぜ人間を拉致ってたのか明らかになるんだけど、なんと脳みそを集めてたとは!」


てるお 「バタリアンかよ(笑)


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「脳みそをチュ~ッ吸い上げられたジャロッドがなぜか異星人化してしまい、一緒に捕獲された恋人を助けちゃうというトンデモな展開になってジ・エンド


てるお 「まんま『第9地区』やん!」


たくお 「監督はパンフレットのインタビューで『第9地区』には全く影響されていないとキッパリ否定してるけど(笑)」


てるお 「エンドロールが出たとき、後ろで観てたカップルが『え~、意味分かんない』『ナニコレ~?』と文句タラタラだったよ(笑)」


たくお 「そりゃアレを観たら誰でもそう言いたくなるわな」


てるお 「しかしこの脚本で企画を通したスタジオもすごいけどね」


たくお 「兄弟監督が一番やりたかったのはこの“3日目”の部分なんじゃないの? 人間の愛の力が異星人に打ち勝てるか!? みたいな


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「その割には恐ろしいほどに軽妙に描かれてたし、俺はなんかのおまけシーンかと思ったぞ


たくお 「あまりにバカバカしい結末だったので、僕も主人公の夢オチかと勘違いしたほど(笑)」


てるお 「もう、好きにやってくれって感じ」


たくお 「今回は監督が構想しているプロットの前半部分に当たる“誕生編”らしく、続編では異星人化したジャロッドの活躍が描かれるらしい


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「なぬ!? 続編をやるつもりなの? ホント、好きにやってくれ!」


たくお 「9月に公開延期になった同じ侵略SFモノの『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(製作はソニー・ピクチャーズ)で口直しするしかないね(笑)」


てるお 「一時、『スカイライン』と『世界侵略』は因縁と疑惑の“関係”で話題になったね」


たくお 「ストラウス兄弟監督のVFX製作会社ハイドラックスが『世界侵略~』の視覚効果も手掛け、その技術を盗んで『スカイライン』を製作して先に公開されたとソニー・ピクチャーズが主張してたらしいけど


てるお 「兄弟監督は『全くの言いがかりだ』と反論してる。でも彼らはかなり前から『世界侵略』の脚本を読んでいたのも事実」


たくお 「アメリカの映画サイトでは、実は『スカイライン』のエンディングが『世界侵略』の冒頭につながっているという“疑惑”も報じてる。この2作は実はシリーズ映画なのではないかと」


てるお 「『スカイライン』では海兵隊のシーンはほとんどなかったけど、『世界侵略』はどっちかというと異星人と戦う海兵隊を主人公にしてるよね」


たくお 「“脳内続編”として楽しむのもアリかも」


てるお 「ま、『スカイライン』も期待しないで観たらそこそこに楽しめると思うよ」


たくお 「僕も期待ゼロで観たから、実はそんなにガッカリしてないんだよね。アホ映画だけど(笑)


てるお 「コレを観たらみんな こんな感じになるんだよ。もうどうしていいか分からないみたいな(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線




●『スカイライン 征服満足度料金

てるお  900

たくお  800円



『スカイライン 征服』★★☆






↓『スカイライン』をパクリ映画として楽しむために
  とりあえず観ておきたいSF映画


インデペンデンス・デイ [Blu-ray]/ウィル・スミス,ビル・プルマン,ジェフ・ゴールドブラム
¥2,500
Amazon.co.jp


宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]/トム・クルーズ,ダコタ・ファニング,ティム・ロビンス
¥2,980
Amazon.co.jp


クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]/リジー・キャプラン,ジェシカ・ルーカス,マイケル・スタール=デヴィッド
¥2,980
Amazon.co.jp


第9地区 [Blu-ray]/シャルト・コプリー,デヴィッド・ジェームズ,ジェイソン・コープ
¥2,500
Amazon.co.jp



スカイライン―征服 (リンダブックス)/来島 麦
¥600
Amazon.co.jp

オリジナル・サウンドトラック 『スカイライン -征服-』/マシュー・マージェソン
¥2,625
Amazon.co.jp


ペタしてね

↓ よろしければポチッとご協力よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 映画ブログへ




AD

たいむぽっかんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

21 ■Re:パクリ元映像に

>inunekoさん

それってどういうシーンのパクリなんですか???

20 ■パクリ元映像に

仮面の忍者赤影・金目教篇も追加してくださいッ!

19 ■>亮さん


BC級映画として期待しないで観たら
けっこう面白かったです。

愛すべきおバカ映画のリスト入りですね(笑)

18 ■>wagyan111さん


ハリポタはヒットしそうですね
いよいよフィナーレだけに
盛り上がりそうな感じです

「トランスフォーマー」も楽しみです

17 ■>濃いめ希望さん


海は笑いましたね。

僕も「サイン」を連想しましたよ!
確かアイツらも水が苦手な異星人だったよな~って(笑)

いろんな意味で脱力させられる映画でした。
でも「AVP2」よりかは好きですけど(笑)

16 ■>じゅんこさん



今年は侵略モノの当たり年ですね。

15 ■>Benさん


そうだったんですね!

なんかすべてにおいて
ブッとんでましたよね。

もう開き直りに近い映画でしたww

14 ■>王父ちゃん。さん


「ロサンゼルス」のほうが
スケールが大きそうで面白そうですね。

とりあえず9月公開が楽しみです

13 ■>かぷり子さん


ほんと、吸引されてしまうような映画でしたね。

中学生映画の極みでしてね(笑)

12 ■>ぽよよんさん


笑っていただけましたか。

今後もシネトークで斬りまくります

11 ■>へるしんぐさん


今年は侵略SFの当たり年ですね。
「スーパー8」しかり「トランスフォーマー」しかり。
なんでアメリカってこうも宇宙人ものが好きなんでしょうね?

ブログ、今後もちょくちょく遊びに来て下さいね。

10 ■こんにちは

こんにちは。
いやぁ、すごい映画でしたね。
まさに、C級映画!
でも、自分は結構好きだったりするんです。
監督やりたい放題! 感がすごかった。

9 ■ワギャン

ああ早くハリポタみたいなー。スカイラインはウケタ

8 ■はじめまして ワギャン111です

ですよねー。自分もこの映画、期待しすぎて、がっかりしました。いい映画みたいなー。ハリポタのシリーズは自分好きなんで新作が楽しみです。

7 ■それそれ!

それです!なぜ海が安全なのか全く説明がなくてびびりましたよ。一度光を見るとエイリアンの思考が読めるようになるのかとか不思議でした。ここでは、シャマランの『サイン』がデジャブになりました。

わたしの前に座っていたカップルも、「何これ?」と唖然としていました(笑)。

6 ■無題

何だか最近こういうの多いですね

5 ■実は

公開前に海外では既にDVDで…
見てしまいまして~~~ 
映画館に見に行くの止めました。。プッ

中身無し、戦闘シーンもオモチャみたいな戦闘機で萎えました
しかも、何?このエンディングは… (;^_^A

4 ■こんばんわ。

ペタ、さんきゅです。
「ロサンゼルス…」が、先だったんですねぇ。

3 ■笑いました!


面白ろ過ぎですー(≡^∇^≡)
私も先日みてきました!

もう中学生レベルのようなストーリーでしたね。
最後は呆気にとられました
光に吸引される登場人物みたいに(笑)

2 ■無題

わろた

また読ませてください

1 ■コメントありがとうございました

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』で使ったCGソフトをそのまま流用すりゃいいじゃん。

ここは、まったくその通りだと納得しました。
なんか続編かいなと思って、思わず監督はだれか検索しましたよ^^;。

映画館の予告編で『世界侵略:ロサンゼルス決戦』やってたんで余計に・・・。

妄想するに・・・世界侵略のラストシーンで、宇宙船からジャロッド(変身後)が出てきて、間一髪、海兵隊を助けるとかね・・・。

いやー、このブログのデザイン、プレデターとエイリアンの遊びと周囲を囲むマシュマロマンを見て、大爆笑しました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。