2011年01月15日(土) 15時10分05秒

シネトーク47『キック・アス』●とりあえず観ろ! それだけ!(BD&DVDも発売決定)

テーマ:ぶっちゃけシネトーク

ブルーレイ&シネマ一直線


映画バカコンビ
てるおたくお
ぶっちゃけシネトーク

映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク



シアター47/『キック・アス』の回



監督・製作:マシュー・ヴォーン 製作:ブラッド・ピット他 製作総指揮・原作:マーク・ミラー

出演:アーロン・ジョンソン/クロエ・グレース・モレッツ/ニコラス・ケイジ/クリストファー・ミンツ=プラッセ/マーク・ストロング/ギャレット・M・ブラウン/クラーク・デューク


117分/シネスコサイズ/カルチュア・パブリッシャーズ配給(2010年12月18日公開)



※ネタバレしてますのでご注意を




ブルーレイ&シネマ一直線

ニコラス・ケイジの異常なノリっぷりが笑える


たくお 「この映画はヒーローと悪の境界線、そしてその根源をたどった作品だと思う。人の心の中に眠るものはなにか。人々の心に眠る闇や野心がヒーローになることもあれば、悪党になることもある。それが正義と悪の本質を鋭くえぐり、胸を打つドラマとして昇華され・・・・・」


てるお 「何をワケの分からんことをゴチャゴチャ言っとるんじゃ。撃って、撃って、撃ちまくれ! 殺って、殺って、殺りまくれ! ヒット・ガール、最高にクールだぜベイベ~!だろ


たくお 「ベイベエ~って(笑)。いやあ、でも燃えまくったね! 燃えた、萌えた(笑)


てるお 「痛快度120%、カタルシス度200%! これほど笑ったバイオレンス映画は久々


たくお 「アメコミ映画は苦手、という人もとりあえず観るべきだね。そういう映画じゃないから」


てるお 「観る前は親子ヒーローがヒーロー願望をもつひ弱な少年を鍛え上げていくドタバタ調のコメディかと思ってけど、全然そうじゃない。ストーリーもしっかりしてるし、ヒーローとはなにかと問うテーマもある


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「ストーリーの浅いアメコミ・ムービーでもない」


てるお 「けっこうドギツイバイオレンス描写もあるんだけど、笑っちゃうレベルなんで後味も悪くない。『マチェーテ』と同じ」


たくお 「首チョンパ、腕チョンパは当たり前。さらに電子レンジでポン!(笑)」


ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「バットマンまがいのニコラスが出てきた時は場内爆笑だったよ


たくお 「あそこは大笑いだね! バットマンに憧れるただのオッサンにしか見えないんだもん(笑)


てるお 「アメコミ・マニアのニコラスだけに力の入れようがいつもと違う。ティム・バートン版スーパーマンにキャスティングされておきながら実現しないまま終わったウップンを晴らしたかのよう」


たくお 「スーパーマンになり損ねた男がバットマンもどきを演じている(笑)。ニコラスが好きだったアダム・ウエスト版バットマンへのオマージュなんだそうな」


ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「どーでもいいボンクラ映画では死んだ魚のような目をしているニコラスなのに、本作では水を得た魚のようにメチャ輝いてる(笑)」


たくお 「バットマンは悪党にも情けをかけるが、こっちのバットマンは容赦なく瞬殺!」


てるお 「まさに復讐に燃える黒い“バッドマン”だな」


たくお 「でも悪党側も極悪非道(時にはマヌケ)に描かれているから、殺しまくるビッグ・ダディに対してさほど嫌悪感は抱かない。むしろスッキリさせられる」


てるお 「敵ボスのマーク・ストロング、怪演してたね~。『ロビン・フッド』のゴドフリーよりも全然好き


たくお 「『シャーロック・ホームズ』では首つり、『ロビン・フッド』では顔面に矢が貫通、で、今回は空中爆死。昨年で最もハデな最期を遂げた俳優(笑)


ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「ビッグ・ダディが防弾チョッキを着た娘を平気で撃っちゃうところも爆笑(笑っていいのか?)。父親が小さな愛娘を撃っちゃうあり得ないシーンをコミカルにさらりと描いてるのもすごいよ


たくお 「『よし、あと2回だ』って(笑)」


てるお 「日常生活ではなんら変わらない父娘なのに“お仕事”となるとバッサバッサと悪党を斬りまくる!」


たくお 「その滑稽な対比描写が作品に抜群の効果を生んでる


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「娘を復讐の道具にしちゃってる父親って笑うに笑えないところがあるんだけど、それでも重苦しい感じにはなってない」


たくお 「ヒット・ガールは父親の悪党成敗の生活に自ら進んで助ける。むしろ楽しんじゃってるよね」


てるお 「アーロン・ジョンソン演じるデイヴがモテない男友達といっしょにつるんでオタク話をしてるシーンも共感があった


ブルーレイ&シネマ一直線


たくお 「僕の高校生時代もあんな感じだったもんなあ。ヒーローに憧れてたところとか、オ○ニーばっかりしてたとことか(笑)」


てるお 「俺も映画オタクの友だちと『マクレーン刑事かっけえ~!』とか『ロボコップかっけえ~!』とかそんな話ばっかり。学校が終わったらいつも家で仲間を呼んでレンタルビデオ鑑賞してたよ(笑)」


たくお 「誰でも一度はヒーローに憧れる男子の心情をうまく描いてる。小学校の時、家裏の竹やぶで近所の友だちとよく戦隊ごっことかやってたもんなあ」


てるお 「で、デイヴが『なぜ誰もヒーローになろうとしない?』と自問自答して、出した答えがネットでスーパーヒーローの衣装を買ってコスプレ」


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「現実を考えずに理想のままでヒーロー活動に繰り出すから大変なことになる」


てるお 「いきなり暴漢にナイフで刺されるし、車に轢かれるし・・・・」


たくお 「あのダボダボなグリーン・スーツが全く勇ましいヒーローに見えない」


てるお 「むしろダサいし、そのカッコのまんまで外を歩かないだろ。なのにコイツはフツーに歩いてる。どう見ても暴漢よりお前の方がヤバイ(笑)


たくお 「からっきし弱くて全然カッコよくないキック・アスが、本物のヒーローに変わっていく姿が感動的だね


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「原作者のマーク・ミラーは本作を自伝的な作品だと語っている。彼もコミックにハマってた地味な高校生だったらしい」


たくお 「地味な主人公がスーパーヒーローに変貌していくのはマーク・ミラーの“願望”でもあるんだろうな」


てるお 「ミラー原作の『ウォンテッド』の主人公もそうだった。何の取り柄もない男が最強の殺人者へと変わっていく」


たくお 「レッド・ミストもまたイイ」


ブルーレイ&シネマ一直線

てるお 「ワルパパを愛してはいるんだけど完全な悪には染まっていない」


たくお 「オヤジを殺されてしまいレッド・ミストも“復讐者”と化して、『次は俺の出番だぜ』とジョーカーのキメゼリフを吐いて映画が終わる


てるお 「父親を倒されてスパイダーマンに復讐を決意するゴブリン2世を思い出した」


たくお 「続編じゃもっと大暴れしてくれそう。楽しみやね」 ※『キック・アス2』は2012年公開を目指して製作が決定している




ブルーレイ&シネマ一直線

オジサンたちのハートをわしづかみにしたクロエ


てるお 「で、世の男性をトリコにしたのはヒット“クロエ”ガール!


たくお 「主人公はキック・アス、ビッグ・ダディじゃなくてヒット・ガールだった


てるお 「いきなり出てきたと思いきや、悪党に向かって『このオ○○コ野郎!』だもんね。11歳の少女にそんなこと言わせちゃうなんて・・・・」


たくお 「頭の固いPTAの親や文部省が観たらしかめっ面するようなシーンの連続。でもヒット・ガールは中指立てて『クソっくらえ!』。めっちゃクール! めっちゃシビれる! で、めっちゃカワイイ!(笑)


てるお 「まさしく脳天を“ヒット”された気分」


ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「撮影時、クロエの母親からは1回だけ放送禁止用語を言わせてもいい、とお許しが出たらしいよ」


てるお 「いい母ちゃんだ(笑)」


たくお 「そもそも小学生の女の子が卑猥な言葉を連発して相手をバッサバッサ斬りまくる映画なんて、これまでほとんどなかったもんね。『レオン』のマチルダだってそこまでしなかった」


てるお 「配給会社はこの過激な内容に難色を示し、ヒット・ガールなしでPG-13なら配給してやってもいいと条件を出した


たくお 「でも監督は断固としてそこは折れなかった」


ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「全くその通り! ヒット・ガールがいなければここまで話題にならなかったはず」


たくお 「まさしくヒット・ガールで成り立ってるようもんだし


てるお 「キュートなクロエがあんなこともこんなこともしちゃうなんて・・・・」


たくお 「・・・・・・・・君が言うとなんかイヤらしいんだよ」


てるお 「こんなピュアな娘があんな大胆なエッチをするなんて!・・・・という俺のAV持論と一緒にするなよ」


たくお 「だからそれがエロいっつーの!」


てるお 「クロエは9割のアクションシーンをスタントなしでやったとか。すげえわ


たくお 「ジャッキー・チェンのスタント・チームと一緒に7カ月もトレーニングに励んだとは恐れ入りました」


てるお 「あと毎晩70回の腕立て伏せと懸垂も欠かさなかったらしい」


たくお 「ナイフさばきもイカしてた。本当は両手でできるらしいけどスタッフからやりすぎと止められたとか


ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「クロエになら刺されてもいいわ、俺」


たくお 「バカか、君は」


てるお 「カワイイんだけど正当派美人というわけじゃない。でも11歳らしい小生意気な感じがヒット・ガールの魅力を引き出してる」


たくお 「敵を斬りまくるクールさは『キル・ビル』のザ・ブライドを超えてたし、2丁銃で敵を一掃するクライマックスは『マトリックス』のネオも真っ青」


ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「小さい体でピョンピョン跳ねて敵を倒していくのがカワカッコイイ!


たくお 「相手に銃をくわえさせて容赦なく撃っちゃう非情さもシビれる」


てるお 「キッチンに追いつめられてちょっと半ベソになるところは『ニキータ』っぽくて、観ているこっちはヒット・ガールを応援しちゃうんだよね


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線
ブルーレイ&シネマ一直線

たくお 「敵ボスが少女とはいえ徹底的に痛めつけるシーンは思わず目を覆いたくなるけど、キック・アスが彼女の危機を救う鮮やかなエンディングは拍手しちゃったよ


てるお 「ジェットパックを背負っていきなりロケッティアになってるし(笑)」


たくお 「ヒット・ガールを抱えて空を飛ぶシーンは胸が熱くなった。これぞカタルシス!」


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線


てるお 「ヒット“クロエ”ガールを見るだけでも本作を観る価値は十分にある」


たくお 「上映開始時はわずか4館だけだったけど口コミ人気で年明けから拡大上映されてて、2月には全国50館ぐらいになる」


てるお 「ただ一部のデジタル上映館では画質の悪さが問題視されてるようだけど」


たくお 「さすがに『キック・アス』の興行で全ての劇場でコストのかかるフィルム上映というのは厳しいだろう」


てるお 「別にデジタル上映でもいいんだけどさ、やっぱりいいクオリティで観たいよ」


たくお 「ちなみに僕らの観たシネセゾン渋谷ではフィルム上映だった。連日チケット完売で立ち見が出るほどヒット。映画館があんな盛況だったのはホント久々だよ。なんか嬉しくなったね」


てるお 「でもそのシネセゾン渋谷も2月いっぱいで閉館。ショックだよ」


たくお 「渋谷から次々と映画館が消えている。シネコンは便利でいいけど、僕は単館系やアート系劇場の方が味わい深くて好き。渋谷はもう若者文化発祥の地というイメージじゃないんだろうな」


てるお 「劇場で観られない人は、DVD、BDが3月18日にリリースされるのでぜひチェックしてほしい


たくお 「早! もう出るのか。予約しとこ。その前にもう1回劇場で観たいな」


ブルーレイ&シネマ一直線



●『キック・アス』満足度料金

てるお  1400円

たくお   1500円



『キック・アス』  ★★★★★




ブルーレイ『キック・アス』は3月18日リリース!

BDのみ124分の特典を収録した特典ディスク(DVD)付きの2枚組!

トレカ4枚のうち1枚を封入する。5985円。

DVDは本編ディスクのみ。3990円。発売は東宝。



キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)/アーロン・ジョンソン,クロエ・グレース・モレッツ,クリストファー・ミンツ=プラッセ

¥5,985
Amazon.co.jp



おまけ! スペシャル・フォト・ギャラリー
クロエ・モレッツに夢中❤


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線


ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線 ブルーレイ&シネマ一直線

ブルーレイ&シネマ一直線



キック・アス (ShoPro Books)/マーク・ミラー
¥2,310
Amazon.co.jp

Music from the Motion Picture/Henry Jackman
¥1,836
Amazon.co.jp

Kick-Ass 12 Inch Action Figure Hit Girl/メズコ
¥6,200
Amazon.co.jp

Kick-Ass 12 Inch Action Figure Kick-Ass/メズコ
¥6,200
Amazon.co.jp


AD

たいむぽっかんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

14 ■>ゴッサムさん


面白いのでぜひ観て下さい。

TSUTAYA限定で
BDレンタルが3/4から開始です。

レンタルで観てみるのもいいかもしれません。

13 ■>カズ&トモさん


遅いところではDVDリリース後の公開地域も
あるようですね。

でも大スクリーンで観たほうが楽しいかもしれません。

観て損はないと思いますよ!!

12 ■>柏木 小夜子さん


いやあ、楽しかったですよ!
小夜子さんもぜひ観て下さい。
DVDでもいいので。

ニコラス・バットマンはもう爆笑っすよ。

クリーミーマミ、懐かしいなあ!
僕も姉がいるので子供のころに
一緒に観てた記憶があります(笑)。

11 ■>通りすがりさん


次のブログでも書きましたが
国内盤のこの仕様はないですよね!!

しかもベラぼうに高い。
こんな値段だったらUS盤以上の
仕様でないとだめですよ。

それかヒットガール・フィギュアぐらい
付けろといいたいですwww。

10 ■>珠子さん


クロエ・カットを
サービスさせていただきました(笑)。

彼女の魅力で成り立ってるような映画ですもんね。

9 ■>KLYさん


ぼくも萌え燃え~でした(笑)。

続編は今年撮影、2012年公開を
予定してるみたいです。

できればU-15でお願いします(笑)。

8 ■>saramanka90さん


ほんと全国ロードショーすべきですね。
配給会社がメジャーじゃないので
配給力もあるとは思うんですが。

7 ■キック・アス

キック・アスまだ観てないんですけど面白そうで観てみたいです。BDで買うと高そうですけどレンタルの方にしようかそなまま買っちゃた方がいいのか考え中です(笑)。

6 ■無題

お正月映画一番の期待作!
ですが、まだこちらでは公開されていません。
1か月遅れの公開になってます。
なので、このネタバレ有りの記事は読めませんが、
評判通りの高評価で、期待値は上がるばかりです。
(*^ー^)ノ

5 ■こんにちは!

こんな楽しげな映画があるなんて!

観たいです☆(o^∀^o)
キラキラかがやく瞳のニコラス・ケイジがみれるなら♪

やはり男子はヒーローに1度は憧れるのですね…

私はクリーミーマミになりたかったですが…(笑)

4 ■無題

国内盤BD ロッシー音声・1層収録 5,985円
と残念仕様の見本ですね・・・

3 ■無題


私も見ました!

クロエちゃん、超イカす≧(´▽`)≦!!
こんなに画像がいっぱいでうれしいわ!!

DVDもう出るんですね!
私も予約しちゃいましたよ!

2 ■無題

おお!クロエちゃんいっぱいだ~~!
良かったですよねぇ。
久々に萌える&燃えるアクションヒロイン登場ですよ。続編やるみたいですが、早くしないと彼女が大人になっちゃいます。(笑)

1 ■最高の映画ですよね

全国公開して多くの人に観てほしい映画です。
マザーフ●ッカー最高!!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。