ただ一つの物語~あなただけのドレスを~

ミシンを踏んで30年。お直し(サイズ調整)からドレスまで。元パタンナーのドレス製作日記です。

子どもの頃から何か作ることが大好きで。

綺麗なドレスが好きで。

既製服のサイズが微妙に合わない。

自分の欲しいものは自分の手から生まれ来るものだと

いつのまにか知りました。
Myウエディングドレスから我が子の水着まで。

自分で縫えるものは何でも自分で作ってきました。



テーマ:

社交ダンスドレスではなく、お色直しのときや演奏会などで着用される、ドレスのお直しをしていて。

まず、丈詰めから、と裾を持つと手に何か当たった?

裾をめくってみると、縫い代の上に、共布でくるまれた10円玉くらいのものが。。。

はい、裾の錘(おもり)でした。

 

 

スカート部分に生地をたっぷり使って、ボリュームを出したデザインの場合、スカート部分のシルエットを保つために、裾に錘を縫い込むというのは、よく使われる手法です。

ダンスドレスは、裾が翻るくらい軽くしたいので、錘は無縁ですけども。

それから、錘を入れるのは足捌きをよくするためでもありますね。

布の多いドレスは、慣れないと足に絡み付いて歩きづらくなってしまうことも多いと思われるので。。。

 

 

 

 

 

fin

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在お作りしているドレスの装飾用に、ビーズフリンジ作ってます。
ほとんど、内職の世界。。。coldsweats01

 

 

そういえば、もう何年も前に、とあるメーカーさんの下職をしていた頃、やはりこんなビーズフリンジを作るお仕事がきたことありました。
あの時は、何本作ったのか、もう思い出せないのですが(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fin

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので、気がつけばもう7月
一年のちょうど半分、というのはある意味わかりやすいせいか、季節の節目をすぐ忘れてしまう私も、この折り返し地点だけは、割と覚えているようです(苦笑)

6月末の夏越の祓、お宮に行って茅の輪くぐりをしたり、とかまではなかなかできないけれど、「水無月」は忘れないで、作って食べています

 

忘れずに作るのは、小さかった息子の好物だった影響も大きいかもcoldsweats01小豆がみっしり詰まったお菓子にときめく(!)のは私も同じですけどもw

 

そして今日は来るべき夏に備えてsign02横浜中華街にある台湾料理のお店で、カメラ繋がりのお友達と、薬膳冷麵を食べてきました。
せっかくみんなで集まったので、前菜から各種料理、そして〆に薬膳冷麵というコースで。

 

 

薬膳冷麵は7/1~8/31までの期間限定なので、それまでにもう一度くらいは食べておきたいですねー。
最近は、中華街に行くこともめっきり減ってしまったので、行く機会を作ると言う意味でも。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。