【親子ピラティス】母&息子(6年生)編

 

~ブレないカラダにブレないココロ~をテーマに、演奏家・パフォーマーをはじめ さまざまな方のために横浜市青葉区でピラティス人気教室を展開しているピラティス・ボディデザインの主宰者 西 章江(Akie)です。

 

夏休み特別レッスンとして「親子ピラティス&コンディショニング」を行っております。

 

本日は12歳の野球少年とお母様の親子レッスンでした。

 

6年生で軟式野球をしているKくんは、普段から、本や動画を見て体幹トレーニングをしているそうです。今回は日ごろのトレーニングが正しくできているかの確認の意味も含めて、お母様と一緒にレッスンを受けてくださいました。

 

このぐらいの年齢の男の子になると、お母さんと一緒になにかをする、という機会もだいぶ少なくなっていると思いますが、Kくんはお母様といっしょにトレーニングをするのが嬉しそう!ん~まだまだ素直でかわいいです♪

 

 

テニスや卓球・ゴルフなどと同様、野球は左右差が大きく出るスポーツのために、意識して左右のバランスを整えていくことがポイントになります。安定した軸を獲得することで手足に無理な力がかかることなく、パワーをボールに乗せることができます。成長期にあたる小中学生は筋肉を増やすような負荷のかかる筋力トレーニングは成長を妨げたり、ケガのもとになる可能性があるので避けなくてはいけませんが、カラダのしくみを知ってどう使うのか?カラダを動かすときにどう意識をすればよいか?ということは小学5年生や6年生でも十分理解できます。

 

その辺りのポイントも含めて、普段の体幹トレーニングでのコツや野球をした後のカラダケアの話もさせていただきました。

 

 

とても頑張りやさんのKくんは、12月に行われるNPB 12球団ジュニアトーナメント のベイスターズジュニアの選考にただいま参加中です。明日も第三次選考会があるそうです!

 

レッスンの最後に、「骨盤ドレナージュ」で股関節周りの筋肉もゆるめて可動域を広げました。

 

施術後のKくんの第一声

「足がなんでこんなに軽いんだ!」

とびっくり。

 

明日は、軽やかにフィールディングができそうですね!選考会、ぜひ楽しんでのびのびと普段の力を出せることを願っています。

 

ご好評いただいている親子ピラティス&コンディショニングクラス。

 

*スポーツキッズのカラダ作りの基礎とケガを予防するためのカラダケアを知りたい!

*姿勢の悪さが気になるお子さまのコアトレーニングをしたい!

*演奏家プログラムをお子様に受けさせたいが、どんなことをするのかまず親子で受けて

 知りたい!

*お子様と一緒にカラダを動かすのを楽しみたい!

 

という方、ぜひお子様と一緒にレッスンを受けてみませんか?

 

 

 

ピラティス・ボディデザイン ホームページ

ピラティスプログラム プライベート

ピラティスプログラム セミプライベート

ピラティスプログラム グループ

演奏家プログラム

骨盤ドレナージュ

コア・ハーモニー

体験・レッスン予約

お問い合わせ

AD