ジュラ オラクル・タロット魔法のマルチカードリーディング

厚木在住
多ジャンルのオラクルカード、タロットMIXして マルチカードリーディングしてます
今あると良いメッセージ、魂の願いお出しします
インディゴ クリスタル エンパスさんもどうぞ

オラクルカードの不思議な点


なんで、丁度のカードがでるんだろう?
 

 
自分で自覚するようなチャネリング、透視などは今のところない状態です。
カード全体から、では個別に何を告げているのか?
でリーディングする形です。
 
そして最近、リーディングさせて貰って思ったこと
 
詳細聞かない、完全遠隔で、自分が思うままにカードを引き、カードからのリーディング結果をお渡ししました。
 
まさに、「鏡の自分みせつけられているかのよう」
なんて感想いただきました。
 
何故鏡?
 
鏡と言えば、他者は自分の鏡
 
もしくは、あなたは私であり、私はあなた。
それぞれが、それぞれの可能性を選んでいった。
でも遡れば大本は一つ。
目の前にいる人は、別の可能性を選んだ自分で、その鏡。
それによって別の可能性を見ることができる。
 
そして引き寄せ
 
自分の潜在意識で求めているもの(ポジティブ、ネガティブ関係なく)実現してほしいこと
 
そういう思いが波動、波長として発信されている
 
それに感応した人、波動・波長キャッチした面で、人や事象が目の前にあらわれる。
 
 
お金欲しいな~ → お金がまだ手に入っていない状態が欲しいのだな
と潜在意識が認識
波動発信~~~。  無事引き寄せ~~。
 
もっと優しくなってくれたらいいのに → 優しいのでなく優しくなろうとしているのが良いのだなと潜在意識が認識
 
で、まさにその状態が目の前に現れる、引き寄せる
波動発信~~~。  無事引き寄せ~~。
 
これ、ラジオに周波数があって、その周波数がぴったり合ったから聞こえるようになる。それと同じなんでしょうね。
 
波動・波長の同調
 
で、オラクルカード(そしてタロットカード)もまさに、潜在意識が発している物事、その他何かを、シンボライズするものが、波動・波長があって、鏡として、量子的に引き寄せられでくるのだろうな~。
 
表層の顕在意識よりも潜在意識の望みや思いの方が、波動として強いのかも・・・

 

あるいは、集合無意識などに繋がった、より根が張ったところからの波動となっているのかも

無意識であるからこそ、集合無意識に繋がり根っこがしっかりしている。
 
 

西欧文明がベースのモノ

 

ところで、タロットも、オラクルカードも西欧・西洋圏発のもの

 

西洋・東洋の違いはちょうど男性性・女性性の違いとも似ているそう。

 

西洋圏は東洋圏に比べて、自然環境が過酷。

このため、自然は友にあるモノでは無く、乗り越えたり、対応が絶対に必要な、敵対的なもの。

 

西洋圏の住居なり、領域に明確に壁を作るのも、自然から身を守るため。
 

すると、自然であるかそうでないか、壁の内側の存在か、そうでないかの明確な区別が必要。

 

区別、個性化、そのためのラベル付け、定義が必要になるそう。

 

自然と宗教も、自分の側、そうではない側と区別しやすい、一神教がなじみやすい。また一神教のため、順列をはっきりさせる必要が出てくる。

 

このあたりで、タロット的なシステムが欲しくなる。

 

また、個別に利く、オラクルカードが欲しくなる。

 

というか、そういうあり方が必然となってくる。

 

という辺りが、ベースにありそうです。

オラクルカードの歴史・用途・意図
 
オラクルカードは歴史が浅く、また天使や神などをベースとしてプログラムされている。
 

それで、おっかない、怖い、不安、そういうのにはなりにくい。
 

また、用途も向き不向きが絞られる。
 
タロットカードの歴史・用途・意図、意義
 
一方で、タロットカードは、非常に汎用的に文法や世界がしこまれている。
ほぼ、どんなものでも対応が可能。
カード自体が世界を持っている。
 
すると、集合無意識などにはとてもセンシティブなのではないか?
また、タロットカード自体に歴史がある分、逆にその歴史にひっぱられるのでは?
 
結果、元々の用途であったと言われたりもする、政治など未来を見通すツール、占い部分が強くなってしまう。
 
現在よりも古い歴史では、個人が自由に自分の生き方を選択できない歴史がある。
だからこそ、先を予め知って、その中で最良の選択をしたい。
可能であれば抗いたい、回避したい。
そういう使われ方が多かったのではないか。
 
その見通しによる、決断、判断に人生がかかるくらい。
 
となれば当たる、当たらないはとても大事。
そこが違っていたら人生おしまいの勢い。
 
そういう時代、歴史はタロットは積み重ねているのでは。
 

異端廃絶、魔女狩りとのリンク

 

また、タロットはキリスト教などの異端廃絶、魔女狩りなどともリンクしているところがあるよう。

マルセイユタロット、

ラングドッグのカタリ派などでは、そういう異端廃絶に触れないように、シンボルや視線、構図、色、配分などとしてタロットカードの中に秘教的に教義を埋没させているらしい。

 

これだと、カード自体が純粋なエネルギーでなく、暗喩、回避、逃れる、隠匿、秘教、秘密とリンクしてしまう。

 

そういう背景をきちんと知らなければ、寧ろ異端廃絶、魔女狩りなどとの集合無意識とリンクする方が正解なのかも

 

そういうややこしさがあるのではないか?

 


集合無意識とリンクする方が正解であるのだとしたら、いわゆる過去世や受け継ぐDNAの血脈などで、異端廃絶、魔女狩りなどとの体験のリンクが強くある可能性があるのでは

 

その可能性が低いならば、タロットカードに怖さを覚えることが無い

或いは、当時の時代で、既に覚醒していて、魔女狩りに恐怖を覚えるよりも寧ろ歓喜で身を捧げ、カルマは解消してしまったなど


 

ライダー・ウエィトでの刷新

 

それ故、ライダー・ウエィトなどは、秘教では無い、もっとオープンなものにしたい、と言った意図があったのでは?

 

しかし、タロットの構造・システムを全く作り直すとはいかず、解釈・定義の塗り替え、更新に留まったのでは。

 

 

 
オラクルカードの意義
 
一方、オラクルカードは政治ではなく、個人の気づき、アファメーション、癒しがもとで作られている。
 

ドリーンバチュさんなどは、カウンセリング・セラピーなどもやられていたので、カウンセリング・セラピーに役立つ・補助補完することをを強く意図していると思われます。

 

また、歴史が浅い。
集合無意識とのリンクも薄いと思われる。
 
その分、素直に個人の鏡として映りやすいのではないのか。
 
オラクルカードの限定性
 
ただし、用途は絞られる。逆に、用途が絞られるから、向かないとこに使うと、なんだか、明後日の方向の示唆がでてしまう。寧ろそれで良いのかもしれない。
そういうときは、マルチカードにするなどすれば、ある特定の側面のメッセージ、示唆であったことが分かる。
 
人間って多面的だから、自分の中にも外にもいろいろな思いやメッセージあるんですよね。
オラクルカードはフォーカスする部分が特定的。チューニングの幅が狭い。
 
タロットカードの汎用性
 
逆にタロットは、汎用性が高く、また不安・恐怖、見通す、そういう点での集合無意識の影響が大きいのではないか?
 
個人がきちんとチャネリング能力なり、透視能力を開いていれば、集合無意識からの影響は多少薄められるのではないか?
 
また、タロット独自の文法・世界に引っ張られることも少なくできるのではないか?
 
カードは引いているのではなく、問いや、設定に応じた物事の波長、周波数にあったものが量子的に同調して、引き寄せられて、出てきているのだろうな~。
 
タロットは、タロットの世界観、文法、また歴史、集合無意識とも強く結びつく。
 
オラクルカードは、タロットに比べたら、カード自体の限定プログラムによって、より個の一部にフォーカスしやすくなっている。ただし、その分問いに合う適切なカードが必要になってしまう。
 
鏡として引き寄せ、各々の面を象徴するカードが同調して引き寄せられる
 

オラクルカードはそれが得意で、マルチカードでもリーディングが出来るなら、精度はあがるのだろうけど、手間もかかりすぎる、なんてとこあるんじゃないか?
 
そんなことを最近感じています。
 
システム内包での体系強化
非体系による開放系

 
 
あと、タロットカードは生命の樹を内包している。マルセイユ版であれば更にツインソウルシステムも内包している。システムとしてある状態で、カードデッキとしてアカシックレコードと繋がっている。
 
一方でオラクルカードは、システムの体系化はそこまでなく、守護存在の範疇でキーワードや絵が合うといった、デッキよりはカード毎で、アカシックレコードと繋がっているのではないか?
 
カードはアカシックレコードと繋がっており、また、鏡として、丁度波長、波動が合うものが、量子論的に必然的に引き寄せられている。
 
 
そんなイメージを持つと、鏡としてカードが来てくれやすいように思います。
 
ただ、鏡なので、顕在意識が拒否、否定などで受容できていないと、どうにも分からないカードになっちゃうみたいなんですよね~。
 
かなり個人的な思いつきなんですが、よろしければ、そんなイメージもってもらうと、
出てくるカードの意味、意義、なんでそれなの?
なんて解釈のお役に立つかも。
 

 
同じことを、色々な人に見てもらいたい人というのは、潜在意識の声を無視して、顕在意識の希望どおりが見たい。それだと、いつまでたっても、自分がわからないまま。そして、それこそを引き寄せ続けるのでしょうね。
 
ただ、こういう場合もマルチカードで丁寧に浮かび上がらせられると、また違うのかな~とは思えたり。でも手間が~~~、ですね。
 
 と、それぞれの歴史背景、ごく軽い表層を見ての、今の個人的な見解でした。
 
 

いや~従来のタロットが、やっぱりどうにも苦手。
ネガティブ要素がどうにもやりづらい。
 
OSHO 禅 TAROT やサイキックタロット、ロー・オブ・アトラクションタロットあたりだと、
タロットよりはオラクルカード的に使えて、馴染めるんですよね~。
 
そういう、自己弁護、言い訳だったり~。
 
2017/03/09 追記
 
新しい占い 古い占い?
 
実は2016年に、従来の占いスタイルって、今後どこかで行き詰るのかも?などと、ふと思えた時がありました。
 
どうしてそこまで、わかってしまうの?
 
その、相談者は分からないけれど、占者は判る。
その信憑性、優越性、権威性で先生的なポジションからの診断となっている場合。

スピリチュアル界隈だと、チャネリングは本来誰でもできるもの。
そのやり方が上手く行かないような世の中の仕組みになってしまっている。
手順等しっかり踏んでいくと、誰でもできるようになっていく。
そういうのが、あちらこちらでなんだか見かけるのですよね。

それで本当にチャネリングが普通になったら、「幼少より霊感が~」と言った辺り、どうなってしまうのだろうか?と。
 
もしも本当に誰でもそれなりのチャネリングが出来たら、うんうん、それは分かるんですよね~。それで、その先なんですよ~、とか・・・。
 
もしもそうなったら、

あなたは、こうでこうだから

こんなよね

それには、こういうのが良いですよ。

 

と言った先生、コーチ的な立場

 

そういうのは、もう受け入れられなくなっちゃうのではないか?

 

友人、癒し手、受け止め役、アドバイザー的在り方

 

 

それよりも、細やかな紐解きをしての心理的、潜在的納得。

肚に、腑に落ちる。

その上で、検討していく。

その先に進めていくための、アドバイスと言ったやり方にシフトしていくのかも・・・。
 

そうなると、先生・コーチ的であるよりも

寧ろ、気のおけない友人、メンター、

カウンセラー、ヒーラー的、アドバイザー的なあり方の方がしっくりするのかも。



先生の言うとおりに従うよりも、選択可能なヒント

 

言われたままに~、などより、自分なりに選んでやってみて、気づく。

そういう方が、納得感や、自分自身の糧としやすいですしね。

 

 



体系を持った占術
 
コンピュータが MS-DOS,Linux,MacOS,Windowsのどれで動いているのか?
どのようなOS【オペレーティングシステム】で動いているのか?

システム体系を持つと、そのシステムにマッチしないものは変換してじゃないとやり取できない。
システムをスムースに活用するには、そのシステムに精通して、ルールに則らないとならない。

でも、そのシステムが絶対であるのか?と言ったらそんなことはない。
 
タロットカードなどはおそらく、システムを内包してる故に精度高い。けど、縛りもある。

出来の良いシステムほど、使う人を呑みこんで行っちゃう。
使っているようで、使われていた~もあるんじゃないかな~とか。
 
かなり強引なんですが、
Windows ≒ Tarot くらいに捉えて見ちゃうと、どうなってくるのか。
 
Windows は ビジネスでは必要だけど、コンシューマでは iOS か Android。
でもその基盤はLinux なんだとか。
 
iOS か Android くらいで、そこに必要な時に必要なアプリとっかえひっかえすれば、それなりにいけちゃうのかも。
 
オラクルカードは、まさにアプリになっちゃうかも???
 

従来の世界観を一掃、塗り替えられないのか?

エンジェル、フェアリー、大天使、ガーディアンエンジェルのタロットって何で企図されたのか?
 
立ち入った、込み入った個人的な相談、お悩み、また経営的な相談など。それらも、オラクルカード的な世界観、やり方でどうにかできないのか?
 
でもオラクルカードではカバーしきれない、相談、問い合わせ合ったのでは無いか?
 
そうなると、汎用的な判断に使えるシステム、体系化が欲しい。
 
そこで、あまりにも独自な物作ろうとするよりも、タロットのシステム取り入れた方が良い。
 
では、如何に従来のタロットから逃れるか?
 
マルセイユ、ライダーウェイトと言った、歴史や過去からの集合無意識が繋がりやすい世界観から切り離してしまえたら?
 
すると、オラクル的世界観に沿った、オラクルカードと相互に有機的に生きるタロットにできる!と言ったあたりなんじゃないか
 
世界観をぐるんと変えてしまうようなタロットで、気楽にタロット~~
なんてのも良いのじゃないかな~とか。

量子的引き寄せやすさのそもそもを、塗り替えることができたら?

問題を、問題視するからますます問題にフォーカスして、量子論的に問題を引き寄せる。
 
なら重くしないで、軽く、楽しく、サクサクと、気持ち良く、豊かに、美しく上向きで。
 
そういう性質・状況でタロットが使えたら?
 
この世はマトリックスみたいな、囚われを体験できる壮大な設定世界、なんて解釈も最近見かけられます。
 

だったら、従来のタロット(MATORIX)に捕らわれず、自分が惹かれる気分にマッチするタロット使ってあげれば、全然違うんじゃないのかな~
 
なんてのも。
 
天動説が地動説に変わっちゃったように、
そのうちそういう方に、グルんと変わっちゃたりとか。
 
オラクルカードは、問題にフォーカスよりも、ねぎらい、癒し、励まし、前向きを特徴にできていますし。

タロットも色眼鏡ごしでなく、ニュートラルに客観的に、冷静に使えれば良いのでしょうけれど。
 
敢えてコワサ出るようにしてあったり、集合無意識引き寄せるような部分あるでしょうし。
 
なら、そうじゃない、根本的に陽気でポジティブなタロットが多くなったら?
その方が逆にカオスだったり~~。
 

 

以下は未確認の完全に想像なんですが

 

 

因習・慣習・囚われから離れたタロットカード

 

という訳で、あえて従来のタロットを大きく踏み越えた、因習、慣習、などに囚われない、独自の体型にしてしまう

 

という意図のタロットカードも出て来て良い訳ですよね

 

 

この辺りそうなのかな~

 

The Sirian Starseed Tarot The Sirian Starseed Tarot
3,259円
Amazon

 

 

 

 

The Good Tarot The Good Tarot
1,914円
Amazon

 

 

 

 

また逆に、用途や意図を限定することで、因習・慣習から逃れる

なんてのもあるのかも

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

julalaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。