犬までもが・・・

テーマ:


ペアルックでパチリなのです。

意味のないツーショットだけど・・
ちょっとかわいいかな?って思って・・・汗

このふたり、昨日からちょっと具合が悪い
次から次へと倒れていくのか?!

夜、突然ドリーは壁に向かって本気で吠えていた
ジュジュに何か居るの?と聞くと・・・

”じいじがいる”
と応えてくれた。
霊感ワンコ&キッズとしてペアでTVに出れるかな?
稼いでくれると親としてありがたいんだけど・・・

クリスマスプレゼント、考えてくれえてありがと(^~^)v
まだまだ大募集してます。

男の子は10歳で、
女の子は5歳です。
みなさま、お間違いのありませんよう・・・(^^;)よろしくね


AD
santa&juju
いつもいく湘南のショッピングモールへ

そこにいた動くサンタとパチリ。

でも、とーっても怖かったので

帰り道もおうちに帰っても寝る前も
何度も何度も怖かったの。サンタ・・・怖いと
いっていた。
ち、ちがうのよ。あのサンタさんは・・・
(ま、いいか?!)


ちょっとドライブしたら
ドリーは車が苦手らしく
ぐったりしていてかわいそうだった
レオンはドリーが動くたびに
うぅ~!!!
と怒っていた

昨日、親友のラブちゃんとドリーで三角関係の末
レオンはラブちゃんのガブリとやられたせいで
今日はゴキゲンななめ

ジュジュにまで
”レオン、オコッチャダメ!”と
言われていたレオン。くやしくて

ジュジュの布団にオシッコをまいてあげた(><)!

戦いはつづく・・・
AD

みなさんのおかげ

テーマ:
最近、人の温かさにふれることが多い
保母さんであったり、捨て猫をボランティアで面倒みている方、
ドルチェをひきとっていた動物病院の先生、里親募集のHPのえつこさま、
会社のお友達などなど・・・
いろんなことがあった一年だったけど
素敵なひとたちの出会いを大切にしたいなと思った。そうそう、メル友やブログ友も忘れてはいけない・・汗σ(^◇^;)


だんだん元気O(*^▽^*)Oになってきたジュジュ


ケーキつくってのリクエストにおこたえしてつくりました



結婚記念日のケーキもかねています。
ゆうべ、食事できづいた旦那・・・
仕事で休出。
寝るのは3時。かわいそうだよね。
過労死しちゃうかなぁ・・・

うちは同居している母のおかげさまのところがかなり大きい。
彼女がいなければ
病み上がりで保育園にもあずけられないので
仕事もストップするところだ
ひとりっこのわたし。
昔からのお友達も離れたところに住んでいる

長生きしてね、お母様ぁ~!!!!!!


もうすぐクリスマス
遠くに住んでいる親友のこどもに
毎年クリスマスプレゼントを贈っている
でも・・最近あってないし大きくなってきたのでねた切れ(なにをプレゼントしたらいいの?)

そこで・・・ブログに遊びにきてくれた
みなさまから、プレゼントのアイディアを大募集します!!

小学4年生の男の子。
ゲーム好き(ゲームソフトはやめておきたい)
今年5歳の女の子。
この子が赤ちゃんの時以来会っていないので・・・
わからないのよね。。。ふぅ~(><)!

予算はひとり3、4千円まで。

よろぴくでーす( ̄□ ̄;)!!


AD
今日はうん回目の結婚記念日である。
たしか旦那もこの前までおぼえていたはず。
でも息子の入院と日ごろの忙しさで
それでなくても記憶力に悪い彼は
どこかに吹っ飛んでいるのであろう。

今日もいつものように遅いご帰還。といっても残業だが・・・明日も仕事。

こーんなメニューなら気づくかな?


もし、気づかないなら、
PCはいつものようにつけたまま・・・
このブログをあけっぱにして寝るしかないかな。
この、鈍感男ぉ~!

昨日がカオちゃんのお誕生日だったので
うちで御祝いをしようかな?と話していたけど
ジュジュが病み上がりなので、遠慮してくれた。

7時ごろ、駅にカオちゃんを車でむかえにいき
おかず&お赤飯のおすそ分けを差し上げる。
ついでにアパートまでおくってあげた。

気をつかったカオちゃんは、ジュジュにおみやげを買ってくれていた。。。

すまないねぇ~(T_T)



お土産をみて
小躍りした病み上がりのジュジュなのだ

外泊許可

テーマ:
今日、外泊許可がでた
火曜日に再入院なのだが、
わたしも風邪をひいいているため
かなり楽になる。

本人も大喜びだ!

ジュース&お菓子天国で飲み放題、食べ放題
遊び放題だった。

お昼寝をしている間、掃除機をかけ拭き掃除までして
念入りにほこりをとる。
今日はホットカーペットをしいた。
犬もジュジュも大喜びだったO(*^▽^*)O

このまま再発しないといいなぁ~
今日は点滴がはずれ力いっぱい元気O(*^▽^*)Oにとびまわっていた。

1ヶ月違いの男の子がちょうどいて
そのこも点滴がとれたので
一緒にビデオみたり遊んだりした。

昨日はベッドの上で親子で固まっていたので
メチャ疲れたが・・・

今日はなんと風邪で調子悪いの(^^;)に
疲れが違う。

そのママといろいろお話できたし、他の患者さんの母親とも情報がきけて
とってもよかった。

明日はおきにいりの看護婦さんが別の病棟。
実習生さんたちもこない。
えええええ!!!
ドキドキだよね。また、大看護婦登場かしら!?

7時の面会時間終了前に
ジュジュを抱っこして廊下のほうへいくと

な、なんと!

保育園の担任の先生他3名が立っているではないか!


忙しいのに、バスをのりつぎ、一生懸命お見舞いにきてくれたのだ!(T_T)
なんとうれしいことだろう・・・

重病でもないのに、こうしてやってきてくれる先生方・・・
本当にジュジュは幸せものだね

トーマスのぬいぐるみとブランケット、ブーブーのシールブックをいただき
とーっても恐縮だ。

ほとんどの入院している子達は保育園児。
うちの子だけだ・・・先生が3人もお見舞いにきてくれた子は。

本当に、本当に感謝

ちかごろついてないことばかりだったので

なんだかとーっても救われたような
気持ちを温かくしてもらった出来事だった
病室に入ると雰囲気ががらりとかわっていた
空気が違う、その一言だ

おもちゃもたくさんでていた

そしてジュジュも笑顔
表情が断然違うのだ

もちろん、メチャクチャ喜んだのはかわりないが・・・

なんだか若い看護婦さんが増えたと思えば・・・

実習生たちだったのだ!

そして担当看護婦さんたちも・・・・
若くて美人でやさしくて

なんだこりゃーぁ~!!!!

違う病院にきたようだぞ!

やっぱ同じみてもらうんだったら
若くて美しくてやさしいことにこしたことはないか・・・オヤジのようだけど

オヤジの気持ちわかる気がする

能書きや自分のキャリアに自信があって
初心忘れるってよくないんだな
勉強になるなって・・・

でも・・・今日いらした
年配(といっても40くらい)の看護婦さんは
とてもやさしくて
笑顔の素敵な
いいかただった・・・

こ、このメンバーでお願いします
心でそうさけんでしまった。
パーっと明るくなったのはこのせいか。

実習生さんと先生が挨拶に来られた
こういうの、いやがる患者さんもいるので同意書をかいてくれと
いわれたが

”うちは保育園などで若い先生方にお世話してもらってます
だから、とーっても助かります。
きてくれて、本当にありがとうございます!(涙)”

と、大げさだけどいってしまった。

だって、本当に心からうれしんだもん。親子でね・・・

来週の金曜までいてくれるらしいので、ジュジュがいる間は
しのげそう。
9時から面会時間までたーっぷり面倒みてくれる
看護婦の卵さん!
よろしくね。

入院2日目

テーマ:

今日は面会時間の開始3時より少し早めに着いた。


廊下まで響く泣き声・・・。

聞くと、早めに着いてしまった家族がとおるのをみて

いっせいに子供達は泣きに入ったらしい。。。。(T_T)


今日も高いおり(ベッドの柵)ごしに

私を見つけると

ジュジュは狂ったように泣き

点滴の右手をふったが

柵に右手を結わかれているので

あぶない


ハジメてみた看護士が

質問を受け付けるといってきたので


面会時間の前のオモチャは与えてもらえないのでしょうか?


と聞いたら


ヒステリーっぽい目つきで


(看)夜は寝るのでしまいます。


(私)夜のことじゃなくて、面会時間までの間ですが?


(看)食べているときはしまいます。


(私)寝ているときや食べているときではなくて、看護士さんたちも忙しいでしょうから

見てられないときのことなんですが・・・?


(看)お昼寝してるのでかたづけてあります。


(私)・・・・・・。(話にならないので、話題をかえて)

水分がとれているか心配なんですが・・・?


(看)息子さんは口がきけますよね?

お茶の見たいときはいうから大丈夫ですよ。


(私)??????


おいおい、こどもは2歳だぞ。

ましてやこの病室2日目で、初対面のオバチャン相手に

やれ茶ぁもってこい、やれ、新聞だ!などといえますか?え?え?


でも、言わない。言えない。

だって、人質とられているようなものだから。。

笑顔をひきつらせながら、ハイ。。。。の繰り返し。


(看)マグマグを持ってくればベッド内においておけますが


(私)(早くおしえてよ)


ピーピーピー

後ろで点滴がなる


(看)点滴の管をふまないように気をつけてください


(私)スイマセン


なんどかこの会話がくりかえされ、

切れ気味な看護士は

手をなるべくふらないように


5、6回繰り返された間、

(看)日があたっているからかな?

カーテンしめます


その後、点滴がなることはなかった。


え?怒られていた私と息子って?

あんたそんな調子で小児科の看護士よくやってられるわね?

忙しくても

こども相手に

決め付けた言い方、どうにかなりませんか?


グットガマン・・・


親のいないときに吸入すると

ジュジュはちゃんとやるらしいが・・・


親がいると

暴れて拒否する。


最後には点滴の管が途中でとれてしまって


年配の(昨日のオバチャン看護士)大柄な看護士がきて


(私)すいません、暴れてしまって・・


というと


(大看)暴れないようにしてくださいよ!


れれっれ---------------------------------????


それ以降、こんな言い方はしないようにしているのだが


(私)ほら、暴れないで。また怒られるよ!


と繰り返しこどもにいった

大看護士は聞いちゃいないだろうが・・・


1週間程度だからいいけどさ、

若い看護士以外、ものたずねても

ムキになった言い方するし(これじゃぁ、よくいる女医とおんなじだ!)

小児科なんだから

親もはじめてに入院だしさ

もうすこし

やさしい

対応できないのかな?


そしてつらい夜のお別れになりました(T_T)



救急でかかったわりにはすぐに受け付けてくれたのは
紹介状持参でいったから。
しかも主治医が電話で手配してくれていたので
かなりスムース。
ありがたやぁ~

主治医は女医さん。
わたしの女医さんのデータ(悪い)を覆すような
ちょっときれいで、良い感じの方だった

最初の発作なので急変する可能性が高いこと、
一週間から10日は入院することになることなど
説明をうけた。

(う・・・バザーの係りもキャンセルしないとダメかな?)

レントゲンをとりにいくと

とたんにジュジュは泣いた

私もそうだが、設備とか部屋の雰囲気が怖い性質なのだ。
しかも・・・
わたしは出るように言われた。
廊下で待っていると
ぎゃ-ぎゃ-泣く声が響いていた
すぐに終わった

中に入ると
おなかはネット、
腕は縛り付けられ泣いていた。
かわいそうだけど・・・
ちょっと
笑ってしまった

悪い母親・・・

こんなふうに縛られるのって怖いよね。
わたしだっていまだに泣いちゃうかも・・・なのになんでうけちゃうの?

そのまま病棟へ。
看護士さんとお話。
離乳食の時期は?はじめて歩いた時期は?
の質問は全て答えられない。なんという記憶障害?
歩いたのは・・1歳前です。だと思ったな・・・みたいな
予防接種も3つも受けてないのがあったことに
驚いた

そして迎えにきた看護士は
大柄のオバチャン。怖いと言う感じ
案の定、見たとたん泣いたジュジュ

そのまま別室へと連れて行かれた
ドア越しできいていると

泣き喚いていうことをきかない息子に対し
怒っている。
明らかにヒスはいってない?オバチャン!
え?ひどい。
小児科なんだからもっとやさしい看護士いないの?

いつも保育園の保母さんたちが優しいので
耐えられないだろうな。。。。呼んできたいな、まったくもうぉ~

幼児や痴呆老人など、何されても家族に言えないから
怖いよね!!!!

別の看護士さんに
このまま子供と会わないで帰ってくれといわれ

入院の準備に自宅へ帰った

母と再び病院へ
お部屋をのぞくと・・・

面会時間(開始時間)を10分ほどすぎていたので
周囲は家族がやってきていた
その光景を

ボーっと
うらやましそうに
放心状態で
見ていた
こどもがいた

あんな寂しそうな顔、みたことない。
右手は点滴のためグローブをされて
ちょこんと座っている姿に・・・

母と私は
哀しくなった(T_T)

私達をみると

火がついたように
泣いた

帰りもつらいだろうなぁと思いつつ

持ってきたおもちゃで遊ぶ

斜め前の子のオモチャのピストルを欲しがった。
明日、買ってあげようかな。

休出していたパパもかけつけ、
3人はスライド式で帰ることにした

母と私は6時前に
用事もあり、消えた。

パパは面会時間終了までいたが、
帰るときは寝ていたので泣かれなかったみたい。

明日から、別れの地獄が毎日まってるんだよなぁ・・・(T_T) (T_T) (T_T)
                                 ↑   ↑   ↑
                                パパ  私  

今朝、ジュジュは入院することになりました。

金曜日、保育園から帰ってきたらカラセキがひどかった。
夜はゼーヒューと気管がひどくなり、就寝前は呼吸がかなり苦しそうだった。
わたしもアレルギー性気管支炎で苦しい思いは知っているので
あ・・・もっとひどくなれば危ないなと思っていた。

今朝、苦しいよ、苦しいよ、と言ったかと思うと
吐いてグッタリしてしまった。

かかりつけの小児科に行くと
初めての発作なので夜はチアノーゼなど危険な状態になるかもしれない。

ということをいわれ、すぐに紹介状を書いてもらった。

自宅から10分ほどの総合病院はかなり古くてあまり入院したくない
施設だがしかたない。
待合室で待っているとき、バギーに乗ったジュジュが立ち上がる格好で
”こんにちは~”と笑顔で挨拶を何度もしていた。
最初は気づかなかったけど

その方向に目をやると

誰も

いない・・・・(^~^)

誰かいるの?

”うん、変なおじさーん”

あ・・・またか

看護婦さんに言っておいたほうがいいのかなぁ?

去年も母が入院した同じ階に入院することになった。

帰りは腰の辺が重い・・・。

しょ、しょってかえっちゃったかな?

てなわけで・・・
明日からは

入院日記となります。