【縁切り相談】

私どもでは、縁切り相談をお受け致しております。縁を切りたい相手との縁切り祈願、別れさせたい二人、離婚させたい夫婦など。縁切り成就・縁切り成功に必要な祈祷や儀式の実施、方法の伝授などを行っております。その他にも、私たち祈祷師が、祈祷をもって貴女の心願成就にお力添えいたします。まずは、一人で悩まず、抱え込まずに、ご相談くださいませ。

【 ご 相 談 は こ ち ら 】
(祈祷師・紗季)
AD
呪い・呪い代行、あるいは呪術代行とひとくちに言っても、
その請負内容は多岐に渡ります。

【縁切り祈願】

■復縁・恋愛成就
この類のご依頼は「祝事」と分類しております。
人形(ひとがた)を用いて、対象者両名の姓名を性格に筆書し、
神火(じんか)に照らします。最後には神木の根に埋めます。


■縁切り
自分と誰かの間の縁を切る、あるいは
他人同士の縁切りを祈祷するものです。
可能な限り対象者両名(あるいは複数名でも可)の
正確な情報を得られることが望ましいです。
  ・姓名(漢字)、読み方
  ・だいたいの住所(●●町程度まで)
  ・生年月日
縁切りについては、出来るだけ正式な「七回祈祷」をお願いしております。


■宿命変更
文字通り、ご自身の宿命を変更します。
呪術・祈祷よりむしろ、それ以前の聴聞(カウンセリングのようなものです)を
重視しています。
人の宿命とは、ビリヤードの球の如く、
一度「原因」が発動した後の「結果」は原則として変えることができません。
ビリヤードで手球を打った後、どんなに目で追っても最後の結果を
変えられないのと同様です。
しかし、ビリヤードの球に「触る」など、何らかの外力が加われば話は変わります。
つまり宿命変更とは、その人の魂(霊)に対して何らかの外力を加えることを指します。
AD
【縁切り祈願】
今も昔も、もっとも多く寄せられるご相談は、呪い殺す「呪殺」の祈願です。

【縁切り祈願】

もともと「呪術」というモノ自体、「殺したいほど憎い相手」に対して神仏の力を借りてでも、何らかの影響を与えてやろうという目的で様々な手法が確立されたものでございます。
呪殺祈願とは「本来の呪詛である」と言うことができます。

ただし、生命の根源である「生」と「死」という部分に直接影響を与えますから、当然ながら生命の持つ【生の維持】という根本的な力に対抗するためには相当の効力を要します。
呪詛の効力を効果的に伝えるには、大きな力を一度に送るのではなく継続的に一定の効力を与え続けることが良いとされます。
すなわち、大勢の祈祷師が一斉に儀式を行うよりも、3~4名程度の少数精鋭をもって持続的に呪詛をかけ続ける方が、早期成就につながるということです。

しかしながら、対象者によって【生の維持力】には大きな差があります。これは、体格が良いからその力が強いとか、逆に小柄だから弱い、ということでは一切ございません。
もっと根本の、人間の本質に関わる力です。

効果がもっとも早く表れる例では、約90日程度で成就したケースもございます。
中には数年を要する例もございますが、平均して1年弱を要するのが現状です。
当然、呪術を行うからには一日も早い成就を望まれるのは私どもも理解しておりますが、前述のとおり「強力な呪詛を一度に送るから早く結果が出る」わけではありませんので、「継続性・持続性」ということを念頭に置いて頂き辛抱強く成就を祈願して頂くことが重要です。

呪術代行の業者の中には、期間ごとに祈祷料を取る例もあるようです。(例えば、結果が出るまで毎月いくら、とか)。
しかし、そうすると依頼者(祈願者)の方もいつ結果が出るのか不安になります。
また経済的に余裕が無くなってくることも考えられ、ますます不安要素が増えます。
そのため結果を焦って自分自身で呪詛的な行為を行ってみたり、
呪い返しの影響で自分自身が鬼のような形相になってしまったり、祈祷師に不信感を抱くようになります。
これではとても期待するような効果が得られるとは考えられません。

そこで私どもでは「呪殺」を請け負う際には【効果保証】を致します。
つまり、成就するまで責任を持って儀式を継続するというものです。
また、祈祷料は最初にお納め頂く金額のみとし、以降は本件に関して一切追加の祈祷料をお申し受けいたしません。
安心してご依頼頂けるように配慮しております。

依頼者様には、儀式の期間中に「護符」の使用して頂くなどそれなりのお手間をお願いしておりますが、これも「覚悟」の一環と考えております。

善人が馬鹿を見るようなご時勢ですが、決して泣き寝入りしてはいけません。
法的に手を下せない相手に対しては、迷わず呪詛の力を頼っても、それは間違いではないと思います。

【縁切り祈願】
AD