ギャラリー SHUGEN Since 2016 Miyagi, Murata, 49er's

” 美しい日本の原風景には 美しい日本の心がある ” (^^
(時には(^^; 中英仏独西 5カ国語短文の紹介を添えて)
東北~関東~甲信越~北陸、北海道、西日本~九州
美的日本の名景 原風景の記憶 歴史を
Global IT Worldの片隅で・・皆様と語り合う!!


テーマ:


 スマートフォン向け情報ブログです。 →

 ギャラリー SHUGEN  

 インスタグラム(10/1 開設)です。 →

 インスタグラム(10/1開設) 

 仙台ゆかりの京都紀行 1
 
 独眼竜伊達政宗 七男宗髙
 終焉の地~京都~

 
 伊達宗髙 (1607年~1626年)

 (以下、敬称略)


 伊達宗髙菩提寺の宮城県龍島院で、

2016年5月に開催された没後390年イベント

パンフとポスターです。 (^-^)/


 (今回からの画像の設定では、

 パソコンでは、画像上にカーソルで、

 拡大ありと拡大なしがあり、拡大率も

 変化があります。

  スマホ、タブレットでは、タップする

 と、拡大ありと拡大なしがあり、

 タップから入る画像閲覧は、全画像が

 ピンチアウトでさらに拡大できます。)
  









 
 伊達宗髙 (1607年~1626年)は、

独眼竜伊達政宗の7男として仙台青葉城で

生まれ、1613年、父政宗より、現在の

宮城県南西部にあたる柴田刈田3万石を

拝領した初代1代限りの村田伊達氏です。

 1624年、現在の宮城県と山形県境の

蔵王山の噴火を鎮める命を伊達政宗より

受けて、藩主名代として中国人占術者を

伴って刈田岳(標高1758m)山頂

(現在の刈田嶺神社奥宮付近)へ

実際に登頂して祈祷を行い、その際に

命を賭す命願として、竹筒に息吹を

吹き込んで埋めたと伝わります。


 1626年江戸で徳川2代将軍(大御所

となった)秀忠、3代将軍家光に謁見し、

徳川秀忠の絶頂期といえる

同年旧暦(うるう年)9月6日(西暦

10月25日~5日間)の後水尾天皇の

二条城行幸にあたり、

上洛する大御所秀忠、追って3代将軍家光

の大軍勢に、父伊達政宗、兄仙台藩2代

藩主の忠宗とともに随伴して同年6月に

京都へ初上洛して、

上洛中に従5位下へ叙任された。



 当時の参考に


 二条城行幸図屏風  



 京都滞在中に、不明な経緯で、深刻な

流行病であった疱瘡(天然痘)に罹患した

とされ、同年旧暦(うるう年)8月17日

(西暦10月7日)当時寺町二条にあった

要法寺で逝去しました。





 故郷、宮城村田の散り椿




 京都の散り椿





 京都の散りもみじ




 微笑みの小地蔵




 現在の要法寺(左京区三条通北)は、

1708年京都大火により現在地へ移転

した建造物で、本堂は1774年、鐘楼堂

は1737年の再建とされており、

1626年伊達宗髙が客死した寺町二条の

要法寺は、現在の京都市役所北方にあたり、

豊臣秀吉が京都改造で、聚楽第造営と共に、

寺社を寺町通りに集中移転させて以降、

同所に所在しました。





 現要法寺(左京区三条通北) 鐘楼堂




 雨中の要法寺 本堂




 雨簾(すだれ)の本堂




 近くは高瀬川の木屋町二条の一之舟入が

所在します。

高瀬川は、1611年角倉了以、素庵父子

により、京都伏見間の恒久運河として開削

され、一之舟入は舟荷揚げ降ろしのための

舟溜り(舟入)の北の基点でした。

1920年まで300年以上水運に

用いられ、後の琵琶湖疎水(1890年~

1912年開削)と合わせて近代まで

琵琶湖~京都~伏見宇治川を結ぶ水路を

形成しました。





 桜咲く一之舟入
 



 桜散りゆく一之舟入




 宗髙の上洛は、旧暦6月(西暦7月頃)

とされ、上洛中に二条城、京都御所へ参内

した他に、古来有名な清水寺、八坂の

五重塔、旧暦6月7日、14日(西暦7月)

の祇園祭などにゆかりがあっただろうか。





 八坂の塔にかかる満月

 



 京都御所 左近桜
 



 紫宸殿




 京都御所 右近橘


 

 御所に咲く桜





 旧暦7月16日(西暦8月)の

起源不詳ながら江戸時代から続く盂蘭盆会

の京都送り火(大文字)は、

後水尾天皇の二条城行幸随伴のため父政宗、

兄忠宗とも京都にとどまり、あるいは、

兄は帰国した後に、

近臣や近習に見守られて病床から見送った

だろうか。





 東山大文字より市街を望む
 



 大文字 中心点の火床
 



 東山大文字の遠望


 



 2016年豪雨の中の点火
 



 豪雨(スコール)のにじみ大文字

 


 伊達政宗は、かねてより戦勝祈願として

愛宕信仰に篤く、1615年大阪夏の陣に

先立って片倉小十郎重綱(後に重長)に

戦勝祈願させた。戦後に、

“奉納立願 成就の処”と銘されて、

見る者を圧倒する巨大絵馬が奉納された。





 京都市内最高峰の愛宕山
 山頂の愛宕神社本山 山門




 1615年大坂夏の陣の戦勝後、
 片倉小十郎重綱(重長)が夢見たと伝わる
 猪に乗り法衣をまとった烏(からす)天狗




 “火除けの片倉絵馬”

 大阪夏の陣後、愛宕神社へ奉納された巨大絵馬
 (現存の絵馬は、焼失した後、子の3代
 片倉小十郎景長により再び奉納された

 奉納立願 成就の処の文字の一部、小十郎の名前
 がかすかに確認される



 参考に


 京都愛宕研究会 



 2部作 近日~
 みちのく宮城紀行 1
 噴火蔵王山へ登った3万石領主 


 今後~
 仙台ゆかりの京都紀行 2
 独眼竜政宗の愛した地~京都~ 


 構想~
 みちのく宮城紀行 ?
 サンドイッチマン伊達サン
 (政宗と近系で少し血を引く) 



 宮城県龍島院と宮城県と山形県境の

日本100名山 蔵王山、さらに、

伊達宗髙の影響を受けて冬の刈田岳に登り、

世界的に有名な蔵王の樹氷写真を撮った

菩提寺龍島院の先代住職について、

2部作として近く紹介します。



 
 皆様、ぜひ読者登録お待ちしています。




 ★日本の名景 "ここで見れる" ハイライト
 1 富士山,箱根,大観山
 2 熊野,那智の滝
 3 御嶽山,御岳
 4 北アルプス,黒部源流,雲ノ平


 ★全国の名景 "ここで見れる" ハイライト
 1 富士山,箱根,乙女峠
 2 静岡県,伊豆半島,西伊豆 (準備中)
 3 茨城県,日立海浜公園
 4 秋田県,秋田駒ヶ岳
 5 仙台,伊達政宗公,騎馬像


 ★日本原風景 "ここで見れる" ハイライト
 1 奥会津,只見線,第1鉄橋






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)