上げmanゲイ椎名の「開放なさい」

歌手、そしてメンタル心理士の椎名竜仁の活動お知らせ。
そして日々の思いを綴るブログです。
世間からしたら「こんなやつでも生きてるのね」
と思われても、おけら虫けら椎名さん、
頑張って日々の想いをここに綴りながら
生きていきます。





テーマ:
ローマ法王が
今までキリスト教がやってきた弾圧を
同性愛者に謝罪すべき、とコメントを
発表した。

やっとまともな人が法王となった。と言うか、今までの人の中でも個人的には思ってても言えなかったんだろうけど。

アメリカに住んでいた友達は同性愛者と言うだけで軟禁され、悪魔払いをされたことがあると。

そして近くの州のキリスト教が強い
田舎では同性愛者と言うだけで殺され
金網にさらされた未成年もいたと。

それがこの世の中の現実。しかも数十年前ではなくここ10~20年くらいの。

先日の同性愛者のクラブを狙った乱射事件。
たぶんキリスト教がそこまででなくとも
同じようなことをしてきた教徒がいたことを
痛感させられたのかもしれない。

日本は昔から同性愛や性別をかえ演じることが文化の中や武士の生活の中にもあったことなので、キリスト教がそれほど勢力がないからもあるけど、良かったのかもしれない。

アメリカは拓けてる!ゲイがオープンだ!と言われることもあるけど、その友達の話を聞いてみると本当に思うのは「主張しなければ殺されることもあるから真剣に声をあげてる」ということ。都会でもゲイが殴られる話なんて頻繁にあるらしい。

もちろん、その友達も宗教はキリスト教だ。
そしてゲイのキリスト信者や神父様も知っている。

本当にキリストが神様であるなら命あるもののしかも罪のない命を誰かが奪っていいと本当に言うだろうか。
子供でもわかる話。
その人個人の罪を罰せられることはゲイでも何人でも仕方ない。でも生まれ持ったもので対応されたり命を奪われたりすること、
それを差別と言う。

価値観の合わないことが問題ではなく、
相手の努力ではどうしようもないものを攻撃することが問題ではないかと思う。

よく「わたし毒舌なの」と言う人がいるが、
ただ相手の弱点をついたり言う人がいる。
それは毒舌ではなく差別。
本当の毒舌はみんなが思ってるけど言いにくいことを先人をきって言ってくれる人。
さらにそれが相手の努力やアドバイス後の行動で変えられる部分をつくことが毒舌ではないかと思う。
ただ悪口を言う人と肝っ玉姉さんの違いくらいあると思う。

ぜひ個人の罪を指摘はして、
差別をあおることをしない、そんな宗教の在り方であってほしいと願う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。