ジュゲン 小森社長のブログ

創業60年 神奈川県 戸塚にあります
健康食品会社 ジュゲン(株)代表取締役 小森拓也です。
【食養生】を月に2回書いています。

食養生とは、医食同源
病気にならないための食生活
日本人の体質にあった食と健康の話です。


テーマ:

小森です。

ダイエットのシリーズは今回で一旦終わりです。

 

食養生43 脂肪をしぼーる!ダイエットの季節です 
/jugen1957716/entry-12259474229.html

食養生44 カロリーオフ(人口甘味料)が、お太り体質のもと⁉︎ 

/jugen1957716/entry-12265747541.html


春は、冬の寒さをしのぐために蓄えた体内の不要物をデトックスする季節。


旬の山菜など(たけのこ、ふき、わらびetc…)

は解毒・デトックス作用があるので、積極的に摂りましょうね

 

さて、ここ数年ブームなのが

糖質制限ダイエット


{E8BBE682-2297-46B1-A7CB-69F12EEE8C34}



プライベートジム➕この糖質制限ダイエットを徹底してやることで、短期間で数十キロもシェイプアップできるとCMでも評判でしたよね。


{5282DE7C-BD0E-4019-9573-4AFC8FF526EF}

{C6227F10-EBBB-460F-B068-453FFFADA543}

 

「糖質制限ダイエット」とは文字通り

糖質の摂取を低く抑えることで血糖値の上昇を抑え、糖質から変化して蓄積される脂肪を減らし、痩せるというダイエット方法です。

 

簡単に言えば主食を抜いて

おかずをメインにする食事療法。

 

抜く必要がある主食とは、米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類、砂糖の入ったお菓子類など糖質が主成分のもの。

 

食べて良いものは肉、魚、乳製品などのたんぱく質や脂肪はよいし、アルコールもビールや日本酒はダメだけど、ウイスキー類はOKとのこと。

 

つまり気を使わなければいけないのは、糖質の摂取量なので入門編の人で1日100~140g程度に。


ガッチリやる人で1日30~60g程度に制限すれば、あとは肉でも魚でも油脂料理でも食べたいだけ食べられるので


カロリー制限ダイエットに比べて、イライラせず、ストレスになりにくいところも魅力かもしれません!

 

糖質は脳をはじめ体の活動の大切なエネルギー源ですが、体内に糖質がなくなると


体内では脂肪を燃焼させて、ケトン体というものを産生して糖質に変えるため


その結果、脂肪分が減っていくというのが、この「糖質制限ダイエット」の嬉しい理論なのです。

 


しかしこの糖質制限ダイエット、よいところばかりではない点が危惧されています。


それは、

① 先のケトン体は超酸性物質なので、酸血症 (めまい、吐き気、意識不明) や体から異臭がする。 

 

② 糖質制限食をすると、肉食や脂肪食が過多になりますが、それらはすべて酸性食品なので、血液を弱アルカリ性に保つために体内の骨のカルシウムを動員して酸性を中和させるために骨が逆に脆くなる。



③ 肉類などのタンパク質の消化・分解は、糖質に比べて2倍のエネルギーを消耗する。その代謝過程で消化酵素を浪費したり、アンモニアや尿素の処理腎臓や肝臓に負担がかかり続ける。


  

④ 肉類を消化する過程で胆汁が分泌されるが、それが腸内で毒素(ニトロソアニン)を発生させ、欧米人より腸が長い日本人の大腸ガン発生の原因になっている。体臭、呼気、おならも臭くなる。


つまり「万病の元は腸」と言われるが、腸内環境が悪くなる。

 

⑤胃腸などの消化器系が弱い人はタンパク質や脂肪の消化に時間と負担がかかる。

 

成長盛りの青少年は、三大栄養素をはじめ、ミネラル・ビタミン・酵素のバランスが崩れ、特に少女が行うと生理がなくなったり、生殖器系の疾患(子宮内膜症など)になるという報告もある。


以上のような警鐘を鳴らす専門家も多く

特に若い人たちの生活習慣病状況をみると
聞き流すわけにはいかない注意点だと思います。


この糖質制限食は、糖尿病や肥満、メタボリックシンドロームの人には、一時的に有効な食事療法と言えそうです。



{A5FCCE3D-F682-4B30-9717-497F7C871DA6}



食養生的には、「糖質制限ダイエット」や「糖質制限食」は、根本的に日本人には合わず


長期間続けることは

かえって大きなリスクがある食事法といっていいかもしれません。


{1D9DE862-7538-47E8-A55A-E4512DAAF5A9}

{22E429F3-FA17-4102-8C84-AF35F860E3C1}



日本人は本来、米を中心に糖質をエネルギーとして摂ってきた民族。歯から食性をみても32本中20本が穀物を食べる穀菜食が基本です。


若い人をはじめ、かつて見られなかった生活習慣病が蔓延しているのも、急激に変化した食生活習慣が無縁ではないでしょう。


自然の摂理である身土不二や一物全体食を守った食事を省みて、先人たちがしてきた風土の食生活習慣も大切にしていきたいものです。


次回の食養生は、5月15日にUPしますパー


読者の皆さま、素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。それでは、また。


{C6E0153D-4172-4FD7-88F6-AE900E2A6AAA}




 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(1)

小森社長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。