長谷川京子と、ポルノグラフティのギタリストが結婚しましたねぇ。




と、いってもあんまり興味ないネタですが・・・(;´▽`A``






ワイドショーでは、長谷川京子のコメント映像が流れておりました。





それを見ていたうちの母。













ポルノ女優 がなんで


わざわざ 


こんな挨拶してるのか・・・」







と、あまり良い印象でない雰囲気・・・







いやいやいや、




長谷川京子、


決して


ポルノ女優 では


ありませんから!


ヽ(;´Д`)ノ






AD

福岡市でおこった、

市職員による飲酒運転追突3児死亡事故



胸がはりさけそうで・・・




ちゃいぶ☆さんが私の知り合いではないかと

心配してくれて・・・

感謝しています。



今回の被害者の方は直接の知り合いではないのですが

お住まいが私の実家近くということもあり、

同じ年頃の子を持つ親としての気持ち、

山笠にでて手一本をうつ子供たちの姿、

そして、あの橋を通って志賀島方面へ行ったり

自分の姿とシンクロしてしまって

胸がはりさけそうです。



何年か前にラーメン屋さんをされていたんですよ。

何度か私も行ったことがあって、

トンソクや鶏の醤油煮がおいしくて

よく買っていました。

お店は何年かで閉めていたのですが、

つい先日もおうちの前を通りながら

ラーメン屋さんもリフォームして

完璧な住宅になったんだな~と思ったばかりでした。

そういえば、プールが出ているのを見たことがあります。



そして、葬儀の行われた葬儀場。

私が通っていた保育園跡地にできた葬儀場なんです。


しかも、数年前には

福岡の一家殺人事件でなくなられた松本さんご一家の

葬儀も行われたところです。

一家殺人でなくなられた奥さんは姉の同級生だったり、

松本さん宅と伯母宅が近所だったり、

私が出産した病院で松本さんの奥さんが出産していたらしく、

次男は事件があった半月後の出産だったため、

そういう話になって知ったり、

遺体が沈められていたところは、結婚前に

私が旦那とよくデートの帰りに、

車を止めて夜景を見たり、色々と話しをしたりケンカをしたりと

思い出深い場所だったりして

そんな身近で起こった凶悪事件にショックを受けたものでした。



そして、今回の事故。


その松本さんたちが沈められていたところの橋をすぎて

人工島を通り、雁ノ巣へと続く橋。



車が落ちた辺りの海では、

時期になれば潮干狩りでたくさんの家族連れが訪れます。



あまりにも身近すぎる事故。



インタビューを受けているお父さん。

一見、落ち着いているように見えますが

きっと、夢の中にいるような感覚なんじゃないかな。

現実でおこっていることがまだ

実感がわいていないんだと思います。


でも、憔悴しきったような目をしていて、

それでも淡々と答えている様子は

考えてしゃべっているような感じでもなく

ただ、口からポロポロとでてきているだけのような。



今はまだ、葬儀やマスコミ対応などでバタバタと

非日常的な時間が続いているため

実感があるようなないような状態なんだろうけど、

これが時間が経てば経つほど、

嫌でも現実と向き合うことになり

どれだけ苦しまなければいけなくなるんだろう。。。



被害者にも加害者にもならないように

当たり前の決められたことをちゃんとやれば

こんなことは起きなかったのに。



きっと両親は、

あの日、あの時間に、

カブトムシを取りにいくなんて言わなければ・・・

あの橋を通らずに三号線とおってれば・・・

もう少し時間がずれていれば・・・

自分たちを責め続けるんだろうな。



もっと一人一人が当たり前のことを当たり前にやってれば

こんな悲劇はおきなかったはずなのにな。


子供たちに「安らかに眠ってください」なんて

あまりにかわいそうでそんなこと思えない。


運命と言われればそれまでなんだけど

なにか歯車がひとつでも違っていれば

今も元気で、夏休みを楽しんでいたはずなのに。

来年も元気に山笠にでて頑張っていたはずなのに。


お父さんやお母さんにいっぱい甘えて

抱っこしてもらえたのに。。。



加害者の親も不憫でならない。

息子が起こした事故とは知らずに

子供たちの救助をしていたとか・・・


犠牲というにはあまりにも大きすぎるものを

一度になくしてしまって

なんというか・・・

うまく言葉がでてこないんだけど・・・




AD

追い山ならし

テーマ:

博多の町は山笠で盛り上がっています。


昨日は、追い山ならしでした。


恵比寿流れ

(今年の一番山笠・恵比寿流れ)




追い山ならしとは

7月15日の『追い山』のリハーサルといえるもの。


追い山とほぼ同じコースを走ります。
追い山は午前4:59にスタートですが、

追い山ならしは午後3:59にスタートするので

時間帯は異なりますが、いよいよ追い山に向けて・・・と

いったかんじでますます気持ちがひきしまってきます。



昨日は、長男の幼稚園で

7月生まれの子のお誕生会がありました。


誕生月の子の親も招待されるので

長男が7月生まれのため、

私も行ってきました。


次男は朝から、私の実家にお預かり。

そして、私の実家では

父や、兄家族が山笠にでる準備を

すすめていたところ、

やはり、うちの次男も

山にでるといいだし、しっかり準備していました。


私は、長男の幼稚園が終わってから

博多部へ向かい、次男やうちの両親と合流。


長男は、この日、

山に出るつもりがないらしく、

山笠の準備も一切せず、ただ見てるだけ・・・。


次男は今月で3歳になりますが、

全行程をはしるのは無理なので、

一区間をうちの兄が連れて走ってくれました。


今日、13日は集団山見せです。

山笠が博多の町から、福岡へ入ります。



追い山まであと少し。

参加してる男衆がみな、怪我などせず

無事に山を奉納できますよ~に。

AD

B妻さんに続き、成美さんまでも

アメブロ卒業・・・


なんだかぽっかりと心に穴が開いてしまった

judyです。


博多の町は、山笠でにぎわっています。

生まれも育ちも博多のjudyとしましては

ウズウズしないわけがございません。


今年も、

うちの父親、兄と兄の子供たち、

うちのチビ二人、そしてうちの旦那も

元気よく、山に出ております。


まぁ、出る方も大変なんですが、

縁の下の力持ち、

女たちもたまったもんじゃございません!


博多では

山笠にでる人たちを支える女性たちのことを

『ごりょんさん』といいます。


時代の流れか、

昔は、山笠の衣装、締め込みや水はっぴなどを

女性が触ることもできなかったのですが、

最近では、女性が洗濯したり、

女性出入り禁止だった、各詰め所なども

女性も出入りできるようになってきました。


男女差別とかなんとか・・・そういう問題も絡んでいるようですが

差別というか、これは伝統なのだから

そういうしきたりも必要なんじゃないかな~と

思ったりもします。


最近、驚くのは、

山の詰め所で、女性たちが酒を片手に飲み食いしている姿です。

まぁ、お疲れ様というねぎらいの思いもあるのでしょうが

はっきりいって、あんまり見た目がいいものではありません。


本来、女性が立ち入ることもできなかった場所で

女性たちが、つまみ片手にビール飲んでる姿ってのは・・・ねぇ。


各町内毎に、詰め所があって

そこそこで方法なんかも違うのですが、

そんな詰め所の前を偶然通りかかったりしたら

なんだかなぁ・・・って気分にさせられます。


あくまでも、女性は縁の下の力もちでいるのが

美しい山笠の在り方なんじゃないかな~と

個人的には思います。



まぁ、そんなこんなで、

昨日は、筥崎宮へお汐井取りへ行ってきました。


お汐井取りとは、

山笠の期間中、安全にすごせるようにと

祈願された清められた砂(これをお汐という)を

テボという竹製のカゴなどに入れて持ち帰ってくる

行事です。

普段、山笠の掛け声は「オイサ、オイサ」なんですが

お汐井取りに行くときは、

「オシオイ、オシオイ」という掛け声なんですよ。


この「オシオイ、オシオイ」という男集の掛け声が

筥崎宮から海へまっすぐと伸びた参道に響きわたり、

鳥肌が立つほど、幻想的です。


一番山笠から七番山笠まで順番に

お汐をいただきにいくのですが、

お汐をいただいた流れが帰るときに、

今からお汐をいただきにいく他の流れとすれ違うとき、

終わった流れの人たちは

他の流れを拍手というか、手拍子で送るんです。

これがまたカッコイイ!


もちろん、♀の私は出れるわけもございません。

旦那やうちのチビ、父、兄、甥っ子、姪っ子の写真撮影や

ビデオ撮影に、走り回りそりゃあもう、大騒ぎです(笑)


これで、いよいよ、山笠は15日の追い山に向け、

静から動へと動き出します。

山がおわると、博多の町は夏を迎えることになります。

サッカーW杯、日本vsブラジル戦。


これを見るために、ちょっと早めに就寝。


旦那は飲み会だとかで、帰ってきたのは遅かったみたい。


そして、3:30私の携帯のアラームがなり、

嘘のようにシャキーンと目覚める私。。。


リビングに行き、ゴロゴロとしながら

サッカー観戦。


ゴロゴロとしながらも、

足に力が入る入る!(笑)


「ブラジル戦は起きて見る」といっていた旦那でしたが

帰りも遅かったので、

起こさずに私一人で見ていました。




そして、待望の

玉田のゴール!!!



ゴォォォォーーーール!!!




そこで私のテンションも一気に急上昇!



ピッチを駆け回る選手ともはや一心同体少女隊(古っ!)


リビング隣の和室で眠る旦那のところへ

走って行き、



「やったぁぁぁぁぁ!!!

ゴォォォォール!!」



と雄叫び。


カズダンスでも披露すべきだったかな。

ちょっと後悔。



爆睡していた旦那もこれには驚き、

泥棒でも入ったかのように

慌てふためく。



まさに

( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚アワワワワ・・・

(°Д°;≡°Д°;)

みたいな状態。



っていうか、はっきりと言ってたからね。

アワワワワって。(爆)



玉田のゴールにも感動したけど、

この旦那のビビリようにも感動。




先制点を入れてうれしいのと、

旦那のリアクションがおもしろいのとで

私のボルテージも最高潮!



これが、何もないときに突然

夜中にびびらせたりしたら

めちゃくちゃ起こられるんだろうけど

さすがW杯。


無礼講万歳!




そして2010年にむけて

ロナウジーニョを帰化させよう!

絽今爺如、バンザイ!

(まだ言うか!)

さあ、切り替え切り替え!

2010年に向けてがんばろう日本!!


サッカーW杯は残念な結果になってしまいました。

私とヨリが戻った玉田 のゴールで1点を先制したものの、

健闘むなしく4-1の惨敗。


まあブラジル相手に1点でもとれたことは

すごく大きな意味があると思います。


今回も、国歌斉唱の時のロナウジーニョ、

唇を嘗め回し、

食ってやるぞ!って感じで怖かったけど・・・(笑)





試合終了後のヒデを見ていて

私も思わず号泣してしまいました。


すごく厳しい言葉でチームに激を入れ続けてきた男、

中田英寿。


自分にもとても厳しくて

W杯で日本の中で一番動いていたのは

ほかの誰でもなく彼だったのではないでしょうか。


負けが確定しそうな試合の最後、

ほとんどのメンバーが失意喪失でいる中

彼だけは相手にプレッシャーをかけ続けていた。


練習でも一人で最後まで残り

シュート練習をし、

試合でも何本もゴールを目指し

シュートを打った。


このW杯で代表を引退すると伝えられていた分

どれだけの思いがあったことか。


試合終了のホイッスルがなると、

彼はピッチの上でひっくり返り

長い時間、動けずにいた。


顔を交換したブラジルチームのユニフォームで覆い

何を思っていたんだろう。


最後はピッチにひっくり返った

彼の目は真っ赤になっていて

目から涙がこぼれていました。


23人のメンバーの中で一番

チームを愛し、全力を尽くしてきた男。


その言葉は時に厳しく、批判もうけることもあったが

チームのことを人一倍考えていたから

常に前を見ていたんだと思う。


厳しい言葉はチームメイトだけでなく

それは彼自身への言葉でもあったと思う。


前にも書いたが、私は彼の考え方が大好きだ。

その証拠といっては何だけど

私の持つレプリカユニフォームと

マフラーは7番。

サッカー選手として、私は彼が一番好き。

まぁ、その他もろもろとなれば

玉田とか、巻とか、玉田とか、小野とか

満男とかになるんだけど・・・

(って誰でもイイんかいっ!ヽ(;´Д`)ノ )



ヒデの涙を見ていると私もたまらない気持ちになった。

代表引退もささやかれていたが、

メディアによれば、代表引退も白紙にもどるかもしれないとのこと。

まだまだ彼はやれると思う。

ぜひがんばってもらいたい!


そして2010年のW杯へまた行けるように。。。


そこで、私の提案がある。

日本が世界の王者となるためには

どうしたらよいか。


今日のブラジル戦を見ながら

私はこれしかない!と思った。




それは・・・






ロナウジーニョが


日本に帰化すればいい!


(●´ω`●)ゞ








ロナウジーニョの本名は

ロナウド・ジ・アシス・モレイラ


三都主の本名は

アレサンドロ・ドス・サントス



ということは、

ロナウジーニョは

モレイラ・ロナウドとして帰化すればイイ!

でも、ロナウジーニョで親しまれているから

やっぱり、

モレイラ・ロナウジーニョなのかな。


絽今爺如と書いて

ロナウジーニョ。

なんだか戒名みたい・・・Σ(・ε・;)

(今=NOW=ナウ)



なんなら、

アドリアーノあたりも帰化させる?



アドリアーノ・レイテ・リベイロなので

リベイロ・アドリアーノで、

亜土利嗚呼野。

(漢字に意味ナシ)


これで日本の決定力不足も解消されるだろう。

姉さん、大変です。詐欺が横行しています。

(ホテル、高島風に・・・w)



実家の隣のおばちゃんが金曜日の夜に

私の実家にかけこんできたそうで・・・


「どうも私だまされてるんじゃないかと思って・・・」と。



買い物に出かけたら、

すれ違いざまに、男性が会釈をしてきたので

顔に見覚えはないが、知り合いだったら失礼なので・・・と

思い、会釈で返しました。


すると

「奥さん!わたしは、奥さんば、よぉ~知っとう~!!」

(訳:奥さん!わたしは、奥さんのことをよく知っている)


しかし、見覚えのなかったおばちゃんは

「いや~、私は知りませんけど、どっかであったんですかね?」


「ほら~、奥さん前勤めよんしゃったやろ?!

その時に私は奥さんよう見よったけん、

よう知っとうとよ~!ほら!私、吉村ですたい!!」

(訳:ほら!奥さん前にお勤めしていたでしょ?

   その時に私は奥さんをよく見かけていたので

   よく知ってるんですよ。ほら!私は吉村ですよ!)


「奥さん、前仕事しよったじゃなかですか!」

(訳:奥さん、前にお仕事されていたでしょ?)


「私は、前○○にある、△△で仕事しよりましたけど」


「そうそう!自分は運送業しよったけん、

それでよう出入りしよったですもん!△△には!」


「あぁ~!そうなんですか!!」



そこまでの流れをうちの母に話すと

うちの母が話をさえぎるように口を開いたそうで・・・


「奥さん!それ海老持ってくるけん

 1000円貸してって言われたんじゃないですか?」


すると隣のおばちゃんが

「奥さん~!!何で知っとうと?!」

かなり驚いてうちの母に言いました。


「うちの姉もね、去年同じ男に同じこと言われてだまされて

 1000円取られとうとですよ」



隣のおばちゃんは

「あら~!同じやん・・・」

と話の続きをはじめました。



「奥さん、どの辺りに住んじゃ~と?」

(訳:奥さん、どの辺りに住んでるんですか?)

などとうまい具合に、言葉巧みに色々と聞き出し、

住所や電話番号は教えなかったものの、

だいたい住んでいる場所や、

以前の勤め先などをしゃべってしまったらしい。


すると、そのおやじが

私は今、魚などを扱う仕事をしていて自分は社長をしている。

明日の朝8:30に××(おばちゃんの自宅付近)に海老を

持ってきてやるから!

と言い出しました。


「もうね、その海老がぷりっぷりしとうとよ!

海老を明日持ってくるけん!」といいながら


「今、そこの友達の家に行ったけど

 友達が留守でおらんかったとですたい。」

といいながら

「その友達がおらんけん手元にお金がなくて

どうしようもないとですよ。

明日返すけん、1000円貸してもらえんやろうか・・・」


なんだかおかしいな・・・と思ったおばちゃんは

「今日は1000円だけ握って買い物にきたから

 私も持ってなくて貸せないとですよ。すみません」


といいながらスーパーに向かおうとしても

ずっとついてきていたので

気持ち悪くなっていたら、

そこに救世主登場。

郵便局の場所を尋ねてきた人がいたので

これで助かった!と思い、

その人と郵便局まで歩いて行ったら

海老オヤジはいなくなっていたそうで・・・。


そして、おばちゃん曰く、

「私も欲があったとよね~。

 ただで海老がもらえると思ったけん、

 ただでもらうのも申し訳ないと思って

 お返しにミカンでもやろうと思ってミカンを

 買ったとよ~」


おばちゃん、まだ見ぬ

海老のお返しに、ミカンまでお買い上げ。



しかし、そのミカンが意外と重かった。

これを下げて家まで帰るのも辛いなと思いながら

店をでると、

先ほどの海老オヤジが店の前で待っていたらしく・・・


おばちゃん、気持ち悪さがピークに達し、

意を決して近寄り・・・


「ちょうどよかった!!

 あなたに明日やろうと思ってミカン買ったとですよ。

 重いけん、ちょうどよかった!

 これやるけん持って帰って!!」


海老オヤジ、1000円もらえずともミカンをゲット。


それでおばちゃん帰ってきたらしいのですが、

なんだか気持ち悪くて・・・と

うちの実家に駆け込んできたということらしい。


翌朝、10:30に出かけるはずだった隣のおばちゃん、

海老オヤジとかちあったら嫌なので・・・と

7:30から出かけていったらしい・・・。


うちの母親は、8:30前後に、

その海老オヤジが海老を持ってくるといっていた

場所を何度も偵察。


しかし、とうとう海老オヤジは現れず。



で、先ほどの話に戻りますが、

この海老オヤジ、

うちの伯母 も同じ手口でだまされ

まんまと1000円を渡しているのです。

伯母もその後、近所の人に話したら

「あんたそれ騙されとうばい!!」と

みんなに言われ、実際に海老オヤジの被害にあった

人もいたとか・・・


1000円くらいだしという感覚と、

警察にわざわざ届けを出しそうになく

騙されやすそうな年配の女性を狙っているようです。


実際に警察への被害届けはでていないようで・・・。

こういう詐欺も横行してるようなので、

みなさん、気をつけてください。

今テレビを見てたらジーコジャパンがスーツに身を包み

ドイツへ向かため空港にいる姿が流れました。


小野やヒデ、俊輔、巻、そりゃあ好きですよ。

小野とヒデは特に好きだったし。

今ももちろん好きですよ。


だけどさぁ・・・

玉ちゃんを素通りするのやめてくれる?

(;´Д`)


映った!!

と思ったのもつかの間。

後ろにいた俊輔にカメラがポン!!


あ~あ・・・



ニュースでジーコジャパンの合宿の様子をいつもチェックし

っていうか録画してまでチェックしているのですが

私がチェックできた番組で、玉田に触れたことって・・・

(TωT)


いつも画面の隅にチラっと映るところを逃さず

チェックするくらいでしたからね・・・。


あまりに映らないから、本当に合宿してるのか

不安さえ覚えますよ(笑)


そんなことしてるから、

私の玉田熱も下降気味・・・(;´∀`)


新曲発売やプロモーション活動頑張ってるましゃで

頭の中がいっぱいですよ(笑)

いや、玉田熱が上がったとしても

ましゃで頭の中がいっぱいなのは変わりないが・・・

玉田は別腹ということで・・・(;´∀`)


しかし、スーツ姿の巻もかっこいいね~!!

昨日は色々とドキドキしまくりの1日でした。


ましゃのいいともに始まり、

サッカーW杯ドイツ行きメンバーの発表・・・


いいともでは終始テレビの前でにやけっぱなし・・・

最高ですたい!!

ましゃは最高ですたい!!

塩ちゃん(元いいとも青年隊)、子供生まれたんだね~。

塩ちゃんは何事も一生懸命する人だし

きっと子供もすごくかわいがってるんだろうな。

しかし、塩ちゃんの現況をましゃの口から聞くなんて

思ってもみなかった!(笑)



そして、ドキドキのドイツ行きメンバーの発表。



私の私感で代表メンバーを紹介しましょう(笑)


土肥 洋一   特になし
川口 能活   うちの旦那に似てる。タイプじゃない。
楢崎 正剛   ちょっと青ヒゲくん。
田中  誠   人がよさそう。仕事人のイメージ。
宮本 恒靖   かっこいいけど、エラが気になる。
加地  亮   けっこう好みのタイプ。
三都主     日本人じゃない。
 アレサンドロ
坪井 慶介   仏顔。無邪気そう。
中澤 佑二   ゴスペラーズ(代表入りの会見より)
駒野 友一   アゴ。サッカーより野球人って顔。
中田 浩二   嫌いな顔。
福西 崇史   意外と長身。あっさり顔が結構好き。
小笠原満男   なんでいつも伸びかけの坊主頭なのか。
        でも好き。
小野 伸二   坊主前は一番好きだった
         アレックスと見分けがつかない時がある。
中田 英寿   プレースタイルも冷静さも好き。
         この人がいなくちゃ。
中村 俊輔   たれ目。
        4年前の代表落ちの時の髪型がいただけない。
稲本 潤一   たれ目。
遠藤 保仁   エンドゥー。妖怪顔。

玉田 圭司   大好き(〃∇〃) 。
        玉田なら抱かれてもイイ。
        いやむしろ抱いてやる(笑) 
        口の横のホクロは気になるものの、
         プレー中のあの魅力はたまらない。
         かなり色白。
         試合後ユニフォームを脱ぐと
         思わず「白っ!」と突っ込んでしまう。
柳沢  敦   女癖はどうなのさ? 
        (^^)(←わかる人はわかるはず(笑))
高原 直泰   うちの兄ちゃんそっくり。身内の気分。
大黒 将志   奥さんがなんかすごそう。
巻 誠一郎   いいね~!
ジーコ、最初の記者質問でキョロキョロしすぎだろ(笑)
どこでしゃべってるのかわかんなかったんだけど、
その様子がめちゃくちゃツボにはまってしまった。

何はともあれ、頑張れ!ジーコジャパン。
みんなかっこいいぞ~!!
ドイツ行きたいなぁ・・・(ボソ)
なんか改行がヘンだけど、もういいや!

福岡西方沖地震からまる1年がたちました。

地震発生の10:53には一斉に消防のサイレンがなりました。


最近は地震もほとんどなくなって

地震とはまた距離のある感覚になってきました。


が・・・

やはりあの恐ろしさは経験した人は誰もが

忘れられないでいるようです。


今日も、お友達と会っていると、

「ちょうど1年だね~」とかそんな話に。


あれで死者が1人だったというのは、奇跡的だよね・・・


お友達がそういってたけど本当にその通り。


被害が最小限に抑えられたため、

県外の人たちの記憶には

福岡での震災というのは忘れられた

存在になっているんだろうな~と思います。


震災後、PTSDになって

夜も眠れず、本当に心の休まらない日々が続きました。


だけど最近、地震について忘れがちになってしまっているかも。

もう一度、もしもの時のために

よく考えなおさなくちゃと思った1日でした。