伯母

テーマ:

今日は伯母のところへ毎月恒例の食事に行って来ました!


私の母の姉なんですが、

子供がいないため、私たち兄弟にとっては

伯母夫婦は自分達の親といっても過言ではないほどです。


本当によくしてもらってます。


会うのはよく会ってるんですが

月に一度、おいし~いお肉を食べさせてもらいに

行ってます。


我が家では到底、手の出ないような

霜降りのスーパーでは並んでいないようなお肉なんです♪


まぁ、お肉もめちゃくちゃうれしいのですが

やっぱりこうやって行き来したりして

うちの子たちも、自分達の孫のようにかわいがってくれて

元気でいてくれることが何より嬉しいかも。


伯母はいつも口は悪く、悪いというかあけっぴろげというか

その口の悪さも人を嫌な気分にさせるというのではなく

爆笑を誘うおもしろさ。。。


で、伯父はとっても穏やかでいつもニコニコしていて

そんな伯母をすべて受け入れているんですよ。


伯母は伯父にめちゃくちゃなこと言い放ってますが

伯父は「はいはい」と言いながら

笑って受け流してる。


伯母夫婦と一緒にでかけた時も

伯父が運転で疲れたため

パーキングで一服していると

気の短い伯母は、休憩することすら

許せないらしく(笑)

伯父に

「はよ、行かんかい!このだんご汁がっ!」と

意味不明の中傷・・・


伯父が運転中に何かいうと

いきなり

「ええ~い!このやぶれ心臓がっ!」と

でかい声で笑いながら言い放つ・・・


だけど、伯母はとっても心が優しくて

人一倍お世話好き。


校区の婦人会やらなんやら役を持たされては

いろんなボランティアをしたり、

習い事をしたり・・・


真冬でも暑いといいながら

赤のタンクトップ一枚で家にいたり・・・(笑)


とってもお洒落さんで

明るくて裏表がなくて・・・


今までこういう風に伯母のことを

誰にも話したことがないんだけど

私は伯母が大好きみたい(笑)


いつも兄弟で話のネタに

伯母のことをおもしろおかしく話してる存在なんです。

(っていうか、実際におもろすぎるんだけど・・・)


私たち兄弟やそれぞれの子供のこと、

そして自分の妹である母のことを

気にかけてくれています。


言いたい放題の伯母に

「おばちゃんさぁ、ストレスとかある?」と聞くと


「あはははは~♪

 ストレスとかない!(きっぱり)

・・・・

 っていうか、ストレスってだいたい何ね?」


とすっとんきょーな返事が返ってきます。


「みんな『ストレスがたまってさぁ』とか言うけど

 だいたいどんなのをストレスって言うとね?」

と、本当に幸せな伯母(笑)


私も伯母みたいに生きたい(笑)


だけど旦那に言いたい放題いってる私って

年々伯母に似てきてるともっぱらの噂(笑)


なんだかんだといいながら

きちんと家事もこなしてる伯母。

お風呂も掃除したり、積極的に家のことを

している伯父。

伯母を泳がせているようで、だけどきちんと

立てるところでは伯父を立ててちゃんと

妻をしているようだし。


私は、もしかすると伯母夫婦みたいな

関係に憧れているのかもしれないなぁ。


伯母も伯父も元気で長生きしてほしい!

AD

父が倒れた!!

テーマ:

父が倒れました。


・・・と、いっても翌日退院。


ん?

なんかどこぞのブログ でこんなネタ見たことあるぞ!



うちの父の場合は、もう13年ほどまえになりますが

胃癌のため、胃をすべて 摘出。

その後、元気がとりえだった父は病院と気っても切れぬ仲になり、

腸捻転を2回おこしたり、骨を折ったり・・・

死にかけてははいあがってきます(笑)

まぁすべて笑い話になってしまうので、いいことなんですが。


木曜日の夜遅くに救急車で運ばれ、

血圧も普段は上が150くらいあるものが60まで低下。

体温も34度と、ほとんど死人じゃん!という状態。


何度か意識を失って倒れたため、母が救急車をよんで

即入院。

とりあえず検査したCTやレントゲンではどこも異常が見られず。

翌日から精密検査のため入院になりますとのこと。


しかし、翌日の精密検査ではどこも悪いところがみられず

本人は昨日の状態が嘘のように、いつもどおりに元気ピンピン。


どこまで不死身なんだ・・・(;´Д`)


金曜日は長男の保育参観だったため、次男を実家に預けるはずが

この騒動で次男も連れて保育参観へ。

ビデオ撮影&カメラ撮影は次男の邪魔により困難を極めていると、

母から

「お父さんが退院になった」との電話。。。


参観後、クラスのお母さん達とランチの予定だったのですが、

父の容態が気になるためランチも行かないつもりだったのですが、

そんなわけで急遽、参加。

しかし、次男は眠くてぐずりだし機嫌が悪く手をつけられない状態・・・


まぁ楽しくランチをして、長男が幼稚園バスではなく

お迎えにきてほしいとのリクエストだったため

そのままお迎えへ。


家に帰り、とりあえず父の様子を見に実家へ。。。



行ってみると、


昨日のあんたは一体なんだったの・・・?って状態。


いつも通りじゃん。



まぁとりあえずよかった。

みんなに心配かけたけど、下手したら今日はお通夜になるんじゃないか

ってなくらいの様子だったから、安心しました。


おそらく、今飲んでいる薬とそのときの体調なんかの具合で

ああいうことになったのだろうという病院からの説明。


それにしても、夏にも

意識を失って倒れたため入院したんだよね。

そのときは、けっこう大変な肺炎だったけど

1ケ月で治ればいいけど

症状から言えば2ケ月は見といてくださいとのことだった。

だけど、驚異的な回復力でわずか10日で退院。


うちの父の数々の伝説。

何度死に掛けても絶対に死なない。

なんだろね。

こういうのって『命と縁がある』っていうのかな。


若い頃に、仕事で右手を機械にまきこまれ

右手4本、切り落としてしまったり・・・

右では親指一本だけどそれでボールも投げるし

お箸も持つし、字も書くし、右手が親指だけとは

家族すら忘れているような状態。


またしても若い頃に、

グツグツと煮立った釜に落ち込んでしまい

体の三分の二は愚か、ほとんど全身を大やけど。

誰もが「もうダメだ」と思っていたにもかかわらず

奇跡的な回復をはたし、

やけどの跡なんてまったく残っていないし。


普通の人だったら、18回は確実に死んでるね。


あぁ、今日はこんなに父のこと書くつもりじゃなかったのになぁ・・・

仕方ないから、家族ネタとしてこのあたりできりあげよう。

AD

長男の脳波検査結果 その②

テーマ:

先日の息子の脳波検査の記事 の続きです。

 

舅ファンの皆様、おまたせいたしました。

(おるか!そんなもんっ!!)

 

毎日元気がありあまるくらい元気な長男。

特に心配はないと思うのですが、

3月に脳波の再々検査を行うことに。。。

 

脳波の再検査に行くことは、旦那の両親にも話していました。

 

しかし、検査の前後や、検査結果を聞きに行くと言っていた前後にでも

電話の一本もかかってきません。

まぁ、どれだけ熱があっても、「具合どう?」の電話すらかけてこないんだから

こんなもんだろうな。

 

そして、1月15日の日曜日。

週末のお決まりのごとく、旦那の実家へレッツゴー。

せっかく旦那が休みで家族水入らずですごせる貴重な日なのに

毎週毎週、休みの日に会うことを強制するなよ、くそじじい!!

 

13日の金曜日(不吉だわ・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ)に、長男の

脳波再検査の結果を聞きに行ったばかりでした。

 

で、旦那の実家へ行ってしばらく雑談するも、

一言も長男の脳波について出てこない・・・

 


心配やないんかい?!おんどりゃ~!!(▼へ▼メ)

 

 

 

 

私から何も話さないのもアレなので、口火をきりました。

ちょうどその時旦那は外で車をあらっていたので

部屋にはいなかったのです。

姑が対面キッチンに立って何かしていました。

私は舅とこたつを挟み向かいあってすわり、私の隣には

長男と次男が座って遊んでいました。

 

「脳波の検査結果行って来ました。」

「どうやった?」

(どうやった?って聞くくらいなら最初から聞けよっ!!)

 

「脳波って1時間くらいするじゃないですか?それでその中で

 ちょっとだけど一箇所、右側の脳波がちょっと波があるってことで

 2ケ月後にまた検査しようってことになりました」

 

姑は「あらぁ~」と心配そうな顔をしながら話を聞いていました。

「それで何か影響があったりするわけじゃないみたいだけど

 ちょっと気になるからもう一度だけ検査してそれで

 何もなかったら終わりにしましょうねってことでした。

 だから、体や頭に何か影響があるとかはないみたいですけど

 やっぱり心配で・・・」

「ほんと・・・心配やねぇ・・・」

 

そんな感じで報告をすると、

向かい側に座っていた舅が、

 

ちょっとホクソエミながら

「じゃあ・・・いつか、これ、」といいながら、

私の隣で遊んでいる長男を指差し

いわゆる、クルクルパーの動作をして、

(右手で舅の頭の横で人差し指をくるくるまわし、手をパーに)

「・・・に、なると?」

 

 

脳波の検査の結果を話したら、

舅は私の隣で遊んでいる長男を指差し、

 

 



特に心配はないけど、もう一度検査をしましょう

って言われましたと 報告したら、

私の隣で元気に無邪気に遊んでいる

長男を指差し、

 


 

じゃあいつか、

 

 

 

これはクルクルパー

 

 

  

になるのか・・・ と。

 

 

 

 

 


 

 

頭が

 



おかしくなるのか

 



と・・・

 

 


 

 


 

 

 

 



 

「そんなのなりませんよ!」と私はそう言い返すのが精一杯でした。

 

 

あまりの悔しさと悲しさ、実の孫を目の前にし

長男の前でよくもそんなことが言えたなという

驚きが私の中で渦巻いていました。

 

あいにく、その状況を姑も見ておらず、旦那も見ていない。

どちらかがそこで見ていたなら

舅は何か言われていたと思うのですが

その場で私が誰かに言いつけるわけにもいきません。

 

その後、旦那が部屋に入ってきて、「帰ろうか」といい、

帰る準備を始めると、

舅がオレンジを袋に入れて

「はい、judyちゃん」と私に渡しました。

下を向いて「ありがとうございます」とつぶやくのが精一杯でした。

 

舅の顔をみたら、今まで我慢してきたことも

一気に吹き出てしまいそうだったから。

 

それにこんなバカで非常識な人間に何を言っても無駄だって

気持ちも強いから。

 

舅はあんなことを言っても、悪びれる様子もなくケロっとしています。

そう、本人は罪悪感がまったくないのです。

自分の言葉がどれだけ人を苦しめているかまったく気づいていない。

 

私のことを何か言われるならまだ我慢はできるのですが

子供のことを、ましてや、病気のことをそんな風に言われるなんて




 

我慢ならんっ!!

 

 




 

私たちが車に乗り込むとき、舅は長男に

「○○、また今度遊ぼうね~」とほざいていました。

誰が会わせるかよ!!

 

帰る車の中で、といっても車で1~2分なんですが、

私の様子がおかしいことに気づいた旦那が

「また何か言われたのか?」と察してくれました。

家に帰るなり、私は泣きながら旦那に話しました。

 

私が泣いていると、長男がやってきて

「お母さん、大丈夫?泣かんでも大丈夫よ♪」

と声をかけてくれるもんだから

余計に、涙があふれてきます。

 

 

なんかね、日が経った今となっては、

腹立たしいという気持ちもきれいさっぱりなくなってしまいました。

ただただ呆れるばかり。

そんな言動があの場でよくできたな・・・と。

ある意味関心します。

だって思いもつかないようなことを言ったりするんだもん。

 

これで、私の気持ちの中からきれいに旦那の親は消えました。

いつまでも考えていても気分悪いしね。

今まで言われたりしたこと、ブログにあまりかけなかったんですよ。

なんていうのかな、なんだかんだいって他人じゃないでしょ。

旦那の親なんだから。

だけど、こうなったら今までのことを記事にして残してやろうかと・・・(笑)

そのうち、テーマに「舅」が追加されてるかもしれません。(爆)

AD

長男の脳波検査結果 その①

テーマ:

さぁ、そろそろ語ろうか・・・(JUNON風に・・・)

 

4歳の長男は今までに熱性痙攣を5回も起こしました。

3回目は去年の11月上旬。そして4回目と5回目は11月の下旬に

同じ日に2度も起こしたのです。

群発して痙攣が起こったため、救急車で運び、即入院。

CTやMRI、脳波の検査もしました。

(そのときの記事は→コチラ

 

脳波の結果は2週間ほどかかるらしく、

12月中旬に私ひとりで検査結果を聞きにいきました。

 

「てんかんなどの異常はみられません・・・ 」とのこと。

ホッと一安心。

 

続けて先生が

「ただ、一箇所だけ右側の脳波に少し波があるんですよ。

 これが原因で痙攣が起こってるのかはわかりませんが

 長い検査の中で一箇所ではありますが

 異常ありという結果がでているんです。

 おそらく、あの日は1日に2回も痙攣をおこして

 解熱剤や痙攣止めの薬もつかっていたので

 その影響だと思いますが、

 脳波の再検査をしたいと思います」 と。

 

家に帰るまで私の頭の中は

心配でたまらない不安と、

続けておきた痙攣や薬のせいだからきっと大丈夫と

自分に言い聞かせるかのように考えていたり、

長男の顔が浮かんでは、元気で遊んでいる姿と

救急車で運ばれたときの苦しそうなかおが交互に

浮かんだり・・・

なんとも言いようのない気分で家路につきました。

 

きっと大丈夫!と自分に言い聞かせ

長男は脳波の再検査を受けました。

またその2週間後、検査結果を聞きに私一人で病院へ。

 

先生から

「何も異常はありませんでした!大丈夫ですよ!」という言葉を

言われると期待し、診察室へ入りました。

 

こんにちは~と挨拶し、椅子へ座ると先生が

ゆっくりと説明を始めました。

 

「長い脳波の中で、少しだけなんですが右側にちょっと波があったんです。」

 

え?

 

どうなるの?

 

一瞬、頭が真っ白に。

 

「1時間という長い脳波の中でほんとに一瞬なんですが、

だからといって、どうのこうのという心配はないと思います。

本人は元気ですよね?

大丈夫だと思うんですが、

もう一度、3ケ月後に脳波を検査して

それで終わりにしましょう」

 

大丈夫だって言われても・・・

 

だけど、本人はいたって元気だし、

特に何か様子がおかしいってこともないし。

 

大丈夫だよね・・・?

大丈夫!大丈夫!絶対、大丈夫!!

 

そんな思いがずっと頭の中から離れません。

 

うちの母も、

「大丈夫!!絶対大丈夫だから!」と

不安がる私の支えになってくれ、

毎日近所のお地蔵さんにも、

「何かあるならば私が代わりになりますのでどうぞ

元気で健康な体にしてください」とお願いしてくれています。

 

本人は、本当に普通で元気がよすぎるくらい元気で、

あれから一度も風邪もひくことなく

走り回っているんです。

 

だけど、病院で言われることって本当に心配になりますよね。

もちろん、旦那も、私の父も姉兄も伯母も伯父も長男のことを

気にかけてくれて、

検査結果が出るころには、電話をしてきて「どうだった?」と心配してくれています。

そんな風にみんなに気にかけてもらって

長男もとっても幸せだなぁと思います。

 

さあ、ここからいよいよ話は本題に入ります。

長くなるので、続きは次回・・・(llllll´ー`llllll)ニヤリ

 

ちなみに、次回いよいよ舅が登場です(笑)

先日、旦那の財布を盗み見しました(;´Д`)

すると、マッサージの会員証が!!!


しかも2件!

マッサージといっても、健全な方ですのでお間違えなく。


こっ、こいつ、私にはマッサージに言ったとか

一言もいわないしっ、キッーーーーー!!<`ヘ´>



私がどれだけマッサージ好きか一番知ってくせに。

でも、お店に行くのも高くつくし、子供もいてなかなか

行けないの一番知ってるくせに!



はは~ん、どうりで

「腰もんでやろうか?」とか言って

私にマッサージしてくれてたわけだ!

後ろめたさがあったからだな。なるほど。。。


ちょっと前に、会社の人がマッサージに言ったらしいとか

話してたもんね。

店の住所から行って多分その人たちが前回言って

すごく気持ちよかったってとこに行ってるはずだから

会社の人たちと一緒に行ったんだと思う。

まぁ、いいんだけどね。

だけど、内緒でいようってのが許せないのさ。



昨日も会社から旦那が帰ってきたとき、

私は子供たちを寝かせて、一緒に布団の上でゴロゴロしていました。


「ただいま~」

部屋に入ってくるなり、子供たちの頭をなでなでし

それから私の腰をマッサージ。


やっぱり、こいつ自分だけマッサージにいって

後ろめたいんだ。


マッサージをやらせるだけやらせた後に

私はちょっと小芝居。



「仕事で疲れてるのに、

マッサージしなくていいよぉ~。

ホントなら私が

マッサージしてあげなくちゃいけないのに

ごめんね」


すると旦那

「うっ!どうした?

そんなに優しい言葉が聞けるなんて!

おまえの口からそんな優しい言葉、久しぶりに聞いた。

すっごい感動で涙でそうやん!」


まんまとひっかかってやがる・・・

あまりにも

「うれしい」だの「優しくて感動した」だのいうので

少し腹がたった。



「あんまり調子にのんなよ、ヴォケ!」



旦那「あっ・・・、元に戻った・・・(悲)」



「えらく腰マッサージしてくれるけど

なんか後ろめたいことでもあるんじゃない?」


旦那「ないよ!」



旦那はまさかマッサージに言ったくらいで

私が弱みを握ったかのように思ってるなんて

知らない・・・。




旦那はご飯を食べた後

「腰もみあいっこしようか!」



と言ってたけど、9割の割合で

私の腰をもませてやった。

旦那がマッサージに行ったあとって

プロにもまれた感覚をそれなりに

覚えてるから、けっこう上手なのよねー。



はぁ、今日も早く帰ってきて腰もんでくれないかしら♪

風邪ひいたぁ~

テーマ:

ども。放置プレイ中真っ只中のjudyです。

11月まだ一度も記事書いてないじゃん・・・(;´Д`)

だめだこりゃ。


先月、スクラップブッキングを教えていただきました。

以前から興味があって、アルバムにシールや飾りでそれっぽく作ったり、

クラフトパンチに興味があったりしたものの

スクラップブッキングとはつながらなくて、やったことなかったんですが・・・

はまりそう(llllll´▽`llllll)



なぜか道具もいくつかは持ってたりしていたのと、

道具も徐々に買い揃えたりで、スクラップ始動開始か!と、思いきや、

先週は長男→次男で風邪をひき、

昨日から私にそれがやってきましたΣ(|||´■`|||;;Σ)ガーン!!!


長男にいたっては、3度目の熱性痙攣を起こし、

怒涛の1週間でした。

やっぱり、何度見てもいやなものです。

痙攣止めのダイアップを入れ、少し落ち着いたものの

眠いのもあったみたいでボーっとしつつも、すごい汗!

なので、夜中に救急病院に連れて行き、点滴を受けてきました。


数日後、かかりつけの小児科に行ったのですが、

そこの先生は熱性痙攣には何もしない派で、

「痙攣が起こっても5分以内でおさまるなら何もしないのが一番」と言われました。

ダイアップを入れて痙攣がとまらない場合、

病院に連れて行ってさらに痙攣止めを入れるときは

注射で注入するらしいのですが、これが分量が極めて難しいらしいのです。

体内にどれくらいの痙攣止めが残っているかわからない状態なので

様子を見ながら注入するのですが、量によっては呼吸が止まることがあるそうで

甦生しながら注入することもあるとか・・・。

なので、痙攣止めに関しては医者任せにした方がいいということらしいのです。


その先生、以前はこども病院で医長をしていたこともあり

評判もすこぶるいいのですよ。


だけど、自宅で痙攣がおきることを考えると

ダイアップはとても心強い見方なんです。


まぁ、そんな長男もすっかり復活したわけですが、

昨日から私、喉が激しく痛い。


つばを飲み込むのも辛くて、食事もほとんど取れません(>。<)

まぁ、ダイエットと考えればちょうどいいのですが、

昨日は夜も眠れないほど痛くて・・・。

挙句の果てに耳の方まで痛みがまわってきたので

中耳炎になっとるんじゃないかと、耳鼻科に行ってきました。


中耳炎までにはなってないけど、気管支の奥まで赤くなって

そうとう腫れてるとのこと。

鼻・喉に直接、薬をしてもらい、

その後は、鼻・口に吸入しお薬をもらって帰ってきました。


風邪で耳鼻科に行ったのは初めてなんですが、

意外といいかも! (≧∇≦)b

内科に行っても、喉の痛みがあっても患部に薬を塗ってくれることなんて

ないし、ただ薬もらって終わりってパターンなんだけど

なんだか充実した診察だったわ~。


そして、処方箋を出しに薬局へ行ってみつけたのが

「飲む点滴・レバコール」


250mlで2000円くらいなんだけど、これを毎日飲み続けたら

風邪ひかずにすむかな~と購入してきました。

子供用もあったので試しに1本購入~。


この4年は出産・育児に追われ、免疫力もかなり落ちてるみたいで

風邪をひきやすくなってしまいました。

運動とかしたいんだけど、子供が小さいうちは難しいかな~と思ったり。


それにしても、喉が痛い。

激しく痛い!

まだ本格的な冬にもなっていないというのに

今からこんな状態じゃ先が思いやられるわ・・・。


冬の間はハワイあたりに住んでいたい・・・


合言葉はジンギスカーン  の記事から消息不明だったjudyです(笑)


今月は息子たちのバースデー月間。

長男は15日で4歳に、次男は20日で2歳になりました!


長男の誕生日は山笠の追山と重なっていた為、

疲れ果てた私は、ケーキを買ってきてやるくらいしかできなかったので

昨日の次男の誕生日に二人の誕生祝をしてあげました。


そこに登場したのが、

長男のためのウルトラマンケーキ

ウルトラマンケーキ

これ、私の手作りです。。。


そして、次男のためのアンパンマンケーキ

アンパンマンケーキ


二人とも大喜びでした。

えがった、えがった・・・



17日から夏休みに突入した長男。

17日は家族でちょろっと買い物に行き、

18日は、甥っ子のサッカーを見に、篠栗のかぶとの森公園へ。

競技場の上の森には、カブトムシの形をしたアスレチックがあって

子供たち大喜び!

かぶとの森


19日は、幼稚園のお友達のおうちにお呼ばれしてたくさん遊んできました。


20日は、次男2歳の誕生日!

だけど、朝から二人とも歯医者さんで定期健診。。。

虫歯になりかけの歯があって、長男はこの日だけで治療完了。

次男は22日にまた行かなくっちゃ。。。

もちろん二人とも大泣き。。。

誕生日なのに、ごめんねぇ、次男よ。

それから友達がハウステンボスのお土産にチーズを買ってきてくれました!

チーズ大好き♪

チーズのお供はオロナミンCでしょ!やっぱり!

何を隠そう、私はオロナミンCがだぁ~いすき!
(どのくらい好きかはコチラ から)

そして、ベランダで息子二人の水遊び。
私はそれからせっせせっせと、ケーキとちょっとしたおごちそうを

手によりをかけて作りました。


あぁ、夏休みあと1ケ月以上もあるよ・・・(泣)

一緒にいれてうれしいような悲しいような・・・(笑)


旦那の夏休みにちょっとおでかけでもしようかと

計画しています。

そのために、オークションがんばんなくちゃ~と

思ってはいるんですが、なかなか・・・

なので、ブログの更新が滞ってしまってますが

私は元気に生きておりますので、

お時間のあるとき、皆様のところに遊びにいきますので

よろしくお願いしまーす。


だって、某一族のB次郎のその後が気になるし・・・

昨日料理を作りながら、「炭水化物祭り」なんて言葉が頭をよぎるし・・・

ディズニー行きたいなぁ~、懸賞で当たらないかなぁ~、

そういえばどこぞの強運さんがディズニー当ててたな、

強運といえば、会社の名前バッチ落としてそれを知り合いが拾うなんて

ありえないよなぁとか・・・

(詳しくはコチラのブログ でどうぞ)

ホークス買収???

テーマ:
日曜日、車中で野球中継のラジオをききながら
旦那が
「ホークス勝ったよぉー!」と言った。


それから、くるくる寿司を食べに行って
マンガ倉庫に立ち寄って帰る途中、

急に長男が口を開いた。。。



長男「おとうさん!ダイエーホークスかったと?」


旦那「ホークス?うん、勝ったよ」



ちょっと待て。
長男と旦那の会話に微妙にずれがあるぞ!
「かった」のアクセントが微妙に違う二人・・・


長男「今日買ったと?」


旦那「うん、今日勝ったよ~」


あんた、ソフトバンクから買収する気かいっ!
だから、長男は購入したかと聞いてるんだってば!


すると・・・



長男「おうち帰って、
  ダイエーホークス開けてみる!」



(;´∀`)・・・うわぁ・・・


「ソフトバンクホークスやろ?」


長男「ソフトバンクホークス、
  おうちで開けてみる!」




ソフトバンクホークスでもあけてみる気ですかいっ。



「お店で買ったんじゃないよ。
  野球で勝ったんだよ。
  勝ち負けの勝ちだよ」




長男「おうちで
 勝ち負け開けてみる!」



いやぁー、いくら旦那の抜け毛が増えてきたからって、
孫正義ほどではないぞ!長男よ。
え?そういう問題ではない?(;´∀`)


家に帰ったらすっかり、ホークスのことをわすれていたので
助かりました。。。


自宅でホークス開けて見れたら楽しいのにね♪

痴漢撃退!

テーマ:
あれは私が中学1年の夏休み・・・。

私と母と姉で夜8時くらいだったでしょうか、
ちょっと出かけるために家をでて1分くらいの出来事でした。



1台の自転車が向こうからやってきていました。

自転車が私たちとすれ違うやいなや、as soon as・・・

姉がくるりと後ろを振り向き突然、


「胸さわられたぁ~!!」


今、思えば、貧乳代表みたいな姉の胸をつかむのもさぞかし
技がいったろうに・・・(笑)


姉は顔が真剣っていうかひきつってます。

母の顔も見る見るうちに鬼の形相に・・・


大事宝にそだててきた娘が目の前で
痴漢にあったのですから、
母親の怒りは想像を絶した域にいってました。


当時、姉は年頃の24歳。私は中学1年。
私は学校へ電車やバスで通っていましたが、痴漢とは
さらさら無縁の幼子でした(笑)

なので、身近でそんなことがおこってしまい、
私はどうしたらいいのかわからずただおろおろ・・・


気が付けば、
姉と母は自転車を追いかけて行ってます。

姉・母「こらぁ~!またんかっ!」


私も後を追いました。


追いかけてまもなく、
姉がくるりとふりかえって10歩ほどのところで
姉は自転車の
荷台をつかんでいました。



母と姉が自転車から、
痴漢を引き摺り下ろします。



地べたに倒れこむ痴漢・・・。


かなり酒臭い。



もう怒りが頂点の母と姉は
痴漢をまくしたてます。


「あんた今私の胸さわったろうがっ!」

痴漢「さわっとらん!」

「さわったろうが!今すれ違いざまにさわったろうが!」

痴漢「しらん!」


「おまえ、今こげんしてさわったろうが!!」

母が痴漢の胸を強くさわりました。
すると痴漢、

痴漢「イタッ・・・イタッ・・・」


母も姉も、もう女の領域ではありません。。。
血の気が多い家族ですみません(^^ゞ


痴漢「酒飲んで酔っとうっちゃけんよかろうもん」

「酒のんどったら何でもしていいとかっ!!」


「嫁入り前の娘にきさま、なんてことしたとかっ!」



痴漢「さわるくらいよかろうもん!」




開き直る痴漢に、さらに怒りはエスカレート。


父親も
 さわったことがないとに
 なんでお前が
 さわるとかぁー!




ちょっと待て!!

父親がさわったことがある方が
よっぽど問題だろ!






「きさま、ただじゃすまさんぞ!」


痴漢「ガタガタいうな!ちょっとくらいよかろうもん」


「おまえがガタガタいうなっ!」


「きさま、
 手も足も
 バラバラに
 してしまうぞっ!!」


オイオイオイ、まるっきりヤ○ザやな・・・(;´∀`)



母と姉にまくしたてられ、痴漢も観念してきました。


痴漢「出来心でさわったったい・・・」


「きさま、こげんして娘の胸ば触ったろうが!!」

またも、痴漢の胸をまさぐる母。。。

痴漢「イテッ・・・やめろ、やめろ・・・」


「やめろじゃないったい!
  あんたが今そうやってさわったっちゃろうが!」



痴漢「・・・」


すると、痴漢泣き出しました。


痴漢「すまん・・・」

「すまんで済むと思うなよっ!」

すると痴漢泣きながら土下座してます。


その痴漢、よく見れば、この辺に住んでるるおっさん。

生活保護をうけながら、
競艇やパチンコにあけくれる生活しておりました。

「きさま、○○のアパートに住んどうもんやろうが。
    この辺に住まれんごとしてしまうぞ」


もうね、ホントにこうやって文字にすると
まるっきりヤ○ザですやん・・・(笑)


「大事に娘を育ててきて、どこの輩かわからん奴に
  なんで胸ばさわられらないかんとか!
  なんか文句あるならうちまで来い!
  そこ曲がったとこの△△たいっ!」



騒ぎを聞きつけ、近所の人たちもゾクゾクと出てきます。

近所の人たちも腕を組み、痴漢を取り囲み
攻め立てます。


近所の人A「そら、あんたが悪かろうもん」


もう、こうなると、痴漢もどうしようもありません。


泣きながらひたすら土下座。



「二度とするなよ。
  次したら、本当にこの辺に住めんごとするけんね」



痴漢はやっとのことで開放され帰っていきました。
あの 後姿が物悲しいこと!


母の話によれば、その痴漢、
昔この辺に母子家庭で知能障害の少女がいて、
その母親が仕事にでるのを見計らって、家に忍び込み、
少女にいたずらを繰り返していたそうです。
その少女は妊娠してしまい、中絶。。。

そんなことをしでかしてたんです。
なので痴漢行為もきっと日常茶飯事だったのかもしれません。


さらに、その痴漢、

おっさんで双子!

もう一人はまじめな性格らしいのですが、

うちの姉への痴漢事件以来、
この辺ですっかり姿を見なくなってしまいました。。。


こういう時にはうちの母、普段のトボケキャラから
一気にヤ○ザになってしまいます(笑)


痴漢行為はれっきとした犯罪です。

しかし、
「父親でも
 さわったことがないのに・・・」

って当たり前やんっ!(笑)

お雛様

テーマ:
我が家は息子二人。

なのでお雛様とは無縁です(;つД`)


しかし、実家の母は毎年お雛様を飾ってくれています。

博多のひな祭りって4月3日なんですよ。

だから、4月までは飾っておきます。

最近は、こんなこと知ってる人のほうが少ないのかも。。。





私の初節句の時に、12歳年上の姉と私にと、
買ってもらってものですので
かれこれ30年ですね。

小さなころは、お雛様を出してもらうのがうれしくて
ワクワクしていました。


そして、今年は、その隣に
母と伯母のお雛様も飾っていました。



昭和初期のものです。
すごいなぁ~。
年代ものですね。

「お雛様=女の子の節句」
 ということで昨日は
実家で寿司食べまくってきました。

と、言ってもお持ち帰りの100円寿司(笑)



そうそう、この前、トリビアで三人寛恕の真ん中に座ってる人は
人妻だっていってました。

確かに、彼女だけ眉毛がないんですよね~。

で、男の人たちなんですが、
お内裏様と、もうひとり、
眉毛の上に丸い「マロ」系の眉毛があるんです。
ほかの人たちは自分の眉毛だけなのに。。。

これってどうして?
この秘密知ってる人教えてくださーい。