玉田圭司

テーマ:

書きたいことは山ほどあるのに、

理性が邪魔して書けませんjudyです。



さて今日は育児ネタを。。。


うちの長男も次男も水が大の苦手。



長男はようやくお風呂でシャンプーハットを使えるようになり

次男はシャンプーハットすら拒否するので

赤ちゃん抱っこで髪を洗っています。

少しでも顔にかかろうもんなら、

泣き喚く始末・・・


水に関しては下の下のレベル。



何か習い事を・・・と思っても、

長男に拒まれ、今まで一度も何も習わせたことがありません。


体力のつくものを何かさせてあげたいけど・・・


そうなると人気習い事であるプールが必然と浮かんできます。


もう2年近く、スイミングも拒まれ、

長男は幼稚園で月に2回、プールの授業で

近くのスイミングへ行ってるだけです。


園児たちはプール授業で、レベルに合わせ4つのクラスに振り分けられるのですが、

もちろん、長男は一番下のみどり組


それでもようやく、プールの授業では

頭からバケツで水をかぶることができるようになってきました。

1年がかりで・・・(遅っ)


プールの授業は親も見学にいけるのですが、

先日行ったときに目に入ってきたチラシ。



10月は1ケ月間

無料体験実施中




キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



早速、その日のうちに兄弟二人分

無料体験を申し込んで来ました。


最初はいやいやながらプールへ行っていたのですが、

昨日までで3回、体験を終えて、


なんと、長男、


もぐれるようになりました!!



奇跡・・・\(゜□゜)/



次男までもが、昨日の時点で


もぐってました!


奇跡・・・\(゜□゜)/




やっぱり、幼稚園の授業の中でのプールと

習い事でのプールは違うんだと痛感。


このまま継続して入会させようと思います。

兄弟二人同時だと、金銭的に厳しいのですが

子供たちのためだ。。。


で、私が書きたかった本題はこんなことじゃないんですよ。


昨日も、そんな感じで見学にいくと、

隣によそのお母さんが座っていました。


うちの長男よりも大きい子だったので

「年長さんですか?」と話しかけてみました。


すると、私の方を向いたそのお母さん。

顔を見ると・・・



男?

お父さんだったの???



「はい、年長さんです♪」




うおぉぉぉ、女だったぁぁ。

よかった。。。



だって、なんだかごつい顔してるんですもん。

決してブサイクとかそんなんじゃなくてね。

お化粧も、ファンデーションのみみたいだし・・・。



なんで男と思ったかというと、

そのお母さん、

めちゃくちゃ、




玉田にクリソツ。

          (↑死語(^▽^;))




11―玉田圭司オフィシャルブック/伊部 塁




色々とおしゃべりして仲良くなりました。

玉田は月曜日にスイミングだそうで、

まだ曜日を決めていないと私が言うと

「月曜日にしようよ!」と言ってくれました。


実際、月曜日が一番子供の数も少なくて

いっぱい練習できそうな感じ。

月曜日に習わせることにしましたが、


見れば見るほど、




玉田にクリソツ。

          (↑死語(^▽^;))

    本日二回目。。。



11―玉田圭司オフィシャルブック/伊部 塁







玉田熱も冷めてしまった今、

まあ、玉田にお熱を上げていた頃だとしても

決して、タカラジェンヌ憧れる少女の気持ちに

なっていたとは思えませんが、

玉田が女だったら、すごいゴツイんだなぁと実感。



色々書きましたが、

玉田似のお母さんを発見したということを

書きたい今日のブログでした。

AD

昨日は次男の誕生日でした

テーマ:

昨日は、うちの次男の3回目の誕生日でした。


まぁ想いとしてはいろんなものがあるんですが

あえてここでは述べず・・・




先日の長男の誕生日のケーキは

チョコレートショップでのキャラデコ。

ケーキ



そして5日違いの次男の誕生日のケーキは

オペラで予約しました。

オペラ




次男のリクエストで

ウルトラマンマックス。

ウルトラマンマックスケーキ



正直言って、

キャラデコは

チョコレートショップより、オペラの方が

上手だし、味もおいしかった!



チョコレートショップのキャラデコ用の

ケーキって手抜きか何かしてるのかなぁ?

いつも食べてるようなおいしさはなくて

旦那も

「チョコレートショップってこんなもん?!」と

首をかしげるほど。


その点、オペラは

いつものオペラのケーキの味と同じで

おいしくて、

絵も上手だったので、

来年もキャラデコ頼むとしたら

オペラに決まりかな。

AD

我が家の7月15日

テーマ:

昨日、7/15は博多祇園山笠フィナーレを迎える

追い山でした。



夜明け間に

博多の総鎮守お櫛田さんからスタートし

博多の街を勢い良く駆け抜けていきます。


もちろん、我が家も

がんばってきました。


山笠


写真は次男の後姿です。

次男は知らない人にも

評判が良く、かわいいかわいいと言われ

写真を何枚も撮られていました。

さすが、次男!w (←親ばか)


長男も出てがんばりました!

長男は、この追い山の日が誕生日で

5歳になりました。


そんな長男の今年のケーキは

チョコレートショップ で注文したキャラクターケーキ。


ケーキ


ウルトラマンメビウスです。


入り口の看板には

お誕生ケーキを注文した子の名前が

書いてありました。

これってケーキ屋さんでよく見る光景ですが

けっこううれしいもんなんですよね音譜


生まれて5年。

なんかいろんなことがあったけど

無事にここまで元気に育ってくれてよかった!

今年も病気や怪我をせず

元気に成長してほしいです。




まぁ、無事に山笠も終わり、

ちょっと一安心といったところです。


AD

うちの次男は2歳10ケ月。

身長92センチ、体重14.2キロ。


特別小さくないと思うのですが、

たまに会う義姉が次男のことを「小さいよね~」と笑います。


3500gで生まれて生後一ヶ月では5.4キロ。三ヶ月健診では7.3キロと

大きめだったのですが、動き始めるのが早かったせいか
(生後9ケ月と7日では14歩 歩けるようになっていました)

途中からごく平均的サイズに落ち着きました。


決して今でも小さい方だとは思いませんが

大きめでもありません。

長男はずっと大きくてクラスでも後ろから2番目なんですが、

次男はそれでも、同じ学年の子たちの中に入ると、

それなりに大きく見えるんです。

というか、決して小さいとは思わない。


よく、「大きいね~」と声をかけられたりするのですが

まぁ、大きい方ではないかもしれないけど、

決して小さい方ではないと。


それに、母親って妙な心理があって、

子供のこと「小さい」って言われるのに抵抗ありませんか?

ホントに小さくて悩んでいる人もいたりして

「うちの子小さいんだよね~・・・」と友達が言うと

必ず私は

「そうかな?一人一人成長も違うし他の子と比べなくていいんじゃない?」

といって、その子のいいところを言ってます。

たとえば、「言葉がちゃんと出てるよね」とか

「しっかりしてるよね」とか・・・

そういわれることで安心感みたいなのってでますよね。

それにそれは本当のことだし、

体の大きさなんて個人差があるんだから

それを気にさせたり気にするのはちょっと嫌。


大きい子に関しては「うちの子大きいんだよね~」って

笑い話ですむのですが、小さい子を持つ親にとっては

それはけっこう神妙な話題だったりすると思うんです。

だから、体の特徴については私は絶対に人に言わない。

うちの子たちは割りとまわりから「大きいよね!」って

言われるからそれで安心感はあるんだけど

「小さいよね」って言われたらいやだろうなって思うんです。


だけど、平気でそういうことをいう人がおりまして・・・


義姉なんですが、たまに会うと次男のことを

「小さいよね~」と笑います。

お友達の子がうちの次男と同い年で

1ケ月違いらしくその子のことを

「△△は2歳なんやけど○○(次男)と同い年よね?」と

言いながら、バカにしたように笑い

「△△の方が女の子やけど大きいよ。

○○の方が絶対赤ちゃんに見えるよね」と。


正直いい気持ちはしません。

もちろんうちの次男よりも大きな2歳児はゴロゴロいますが

なんでわざわざそんなこといわれなくちゃいかんの?


同じことを今まで何度言われたことか・・・


言い返すのもばからしいし、私は実際にその子を見たこともないので

「そうなんだ」ってしか返してませんでしたが、

先日、姪っ子のお遊戯会でその子も来ていました。


すると、義姉が

「この子よ!○○と同い年の子。

○○より大きいやろ!」と笑っていました。


でも見る限り、そんなに変わらないじゃん。

その後たまたま、うちの次男とその子隣に並んだのですが

っていうか、うちの次男のほうが背も高いじゃん!


うちの次男は、言葉が遅くてまだはっきりとしゃべれません。

色々おしゃべりはするけど、はっきりと言葉にならないから

他の人には何を言ってるかわからない状態。

それが気がかりだけど、長男も割りと言葉が遅かったけど

今では「もういいよ!」ってくらいおしゃべりもするし、

時期が来ればお話もするようになるんだから・・・と

開き直っています。


一昨日、夏休みに開催される人形劇を子供をつれて見に行こうと

メールが義姉からきたので

一緒にチケットを頼みました。

次男は去年、その人形劇では私のひざの上だったのですが

長い時間ひざの上に座らせておくのも私も辛いので、

次男の分もチケットを頼んだんです。

すると、「3歳未満は膝の上って書いてあるよ」とメールが。


ちょうどその人形劇があるころには

次男も3歳なので、私も膝の上じゃ辛いし次男の分も

席を確保しようと思ってたのですが、

まぁ1枚チケット買わなくていいならラッキーだし

膝の上に座らせるかな~と思いながら

義姉に返信。

「見に行く頃は3歳だけど、いいかな?

じゃあ私と長男の分2枚でお願い!」


するとまたメールが。

「小さいから2歳で通るでしょ」だって。


もうこれでカッチーンときましたよ。

今まで嫌なことを言われても我慢してたけど

思い切って反論メールを。

「そんなに言うほど小さくないよ。平均より大きいよ」と。

あぁ、これが私にとって精一杯の反撃でしたしょぼん

しかも、平均より大きくないし(;´∀`)

悔しかったのでちょっとうそついたりして・・・。


その後メールはなし。

怒らせたかな?(;´∀`)


兄のお嫁さんなんですが、私が小学生の頃から知っていて

とってもかわいがってくれました。

感謝してるんですよ。

だけど彼女、歳を重ねるごとに

きつい性格になっていってるような気がして

嫌なことズバズバいいます。

それが原因で一度大喧嘩したことも。

最近は、当たり障りなくつきあっていますが

相変わらずだなぁ・・・と思うのと

なんだかくやしい気持ちで・・・。


ついついここで愚痴っちゃいました。

長男の歯

テーマ:

先日幼稚園で歯科健診がありました。

長男は、虫歯があります。治療をしてください。

のところにチェックマークがしてありました。


去年の歯科健診では虫歯ゼロで好調だったのにな~。


もともと、長男は虫歯ができやすいらしく、

2歳になったころから、虫歯が大量にできては治療、

次の健診で虫歯が発見されては治療・・・の繰り返しでした。


私も虫歯に関しては神経質になっていて

仕上げ磨きも頑張っているつもりで、

本人も、歯磨き粉やデンタルリンスなどをつかって

頑張っていたというのに・・・


なので、長男と次男を連れて

車で10分くらいのところにある小児歯科に行ってきました。


前回は、近所の歯医者にいったのですが、

なんだか高いような気がするのと

もうちょっとしっかり見てほしいな~という感じだったので

前行っていた小児歯科に復活です。


次男も健診してもらったのですが

以前していたシーラントがとれているので

シーラントをしてもらい、軽い虫歯が一箇所すこ~しあるので

その治療ということになりました。


長男は、虫歯のオンパレード・・・(;´Д`)


おやつもお菓子や甘いものは控えているし

歯磨きも結構頑張っているのにな・・・



長男は治療の間、全く泣きもせず、

別の治療台で泣いていた次男に

「大丈夫よ!!」と励ましたりしているし・・・


あれだけ、歯医者に来ると泣き喚いて大変だったのに

成長したなぁとつくづく実感。


そして、気になることが・・・。


長男のレントゲンで、余計な歯を発見。

いわゆる過剰歯というやつで、

5歳すぎたらオペで歯を抜きましょうとのこと。

どうも前歯に2本あるらしく、一本は下にむいているけど

もう一本は鼻のほうに向かっているとか・・・。


手術したら1週間くらいは食べ物もやわらかいものや

細かいものくらいしか食べられないっていうし・・・。

痛いのかなぁ。

あまりの痛さに熱とかでないのかなぁ。

熱がでたら、長男お得意の

熱性痙攣とかまたおこしちゃわないかなぁ・・・


母の心配はつきることがありません。


長男は癒合歯もあるし、

接端咬合だか反対咬合だかどっちだったか・・・

それも言われてるし・・・。

虫歯は絶えないし。


おまけに、過剰歯かい!



次男は何も心配ないのに・・・

なんでだろ。


まぁ、噛み合わせは永久歯が生えてくれば

なおることもあるみたいだから

まだ様子見の段階だけど・・・。

甥っ子も小さい頃は噛み合わせで同じこと言われてたけど

11歳になった今は自然にちゃんと治ってるしなぁ。


今日もまた歯医者いってきま~す。。。

あぁ、財布の中もどんどん淋しくなる・・・

本日2つめの記事・・・。

量産ですかい!・・・(;^_^A



まぁ、愚痴なんですよ、愚痴。

たびたび私のブログに登場するMちゃん。


何度も言いますが、決して悪い人とかじゃないんです。

どちらかというとイイ人。

ただ、場の空気が読めないというか

気を使いすぎて逆にまわりに気をつかわせてしまったり

子供の遊びに口出しばかりしたり

過保護だったり、

人にいい顔をするのが上手だったり・・・


私の友達には絶対いないタイプ。

というか、友達になれないタイプ。


そうです、

私は毒舌腹黒。

世渡り上手な人や、八方美人はどうもいけすかない・・・



で、今朝の出来事。



朝、幼稚園バス待ってる間に

同じマンションのMちゃんの長男(年長さん)の子と

うちの長男が戦いごっこを始めました。


できるだけ、その子とはかかわってほしくないのよね・・・

何かと面倒だから・・・


まぁ、子供には子供の世界があるし

誰と遊ぶななんて言うつもりもないのですが

またMちゃんが何か言い出すのかな・・・なんて思いながら

様子を見てました。



するといつものごとく、Mちゃんが

「まねっこよ!まねっこ!」

といいながら子供たちについてまわっています。


あんた、幼稚園に入る前に一緒に行ってた未収園児の

サークルでは、自分の子供まったく見ないから

私が自分の子とあんたんちの子を見てたじゃない。

Mちゃんはというと、ほかのお母さんとのお話に夢中。。。

八方美人まるだし。

そのころ、これくらい見ててほしかったもんだわ。



うちの子とMちゃんちの子はお互い笑いながら遊んでます。


子供ながらに二人ともそれなりに加減とかしてるのに

Mちゃんはず~っと口をだしてるし。


子供の遊びにそこまで関わるなよって言いたいくらい。

心配なら、家から出すなよ



私は思い切って、思ってることを言ってみました。


「子供同士の遊びだし、

ちゃんとお互いわかりながらやってるみたいだから

大丈夫じゃないかな?

エスカレートしてきたらとめなくちゃだけど」



Mちゃんは

「ほんと~?でもなんたらかんたら・・・」

なんか言ってたけど忘れましたよ(;´∀`)


で、私が笑いながらうちの長男に


「どっちがどっちの役なん?

二人ともウルトラマンなんじゃない?(笑)」


って言うと長男は


「○○くんがイーヴィルティガ(悪役ウルトラマン)で僕がティガ!」


Mちゃんの長男くんも何も言わず笑いながら

戦いごっこを続けてます。



すると、それを聞いてMちゃんが


「多分、自分より年下だから何にも言わないんだと思う。

同じ年長さん同士だったら自分が怪獣にされたら嫌がるよ」



はぁ・・・(-""-;)
子供同士の遊びの配役まで口を出すのか~?


イーヴィルティガって知らない人のために説明すると

ウルトラマンの姿形をしている悪役で

怪獣ってわけでもないんだけど・・・。


多分うちの長男も考えて言ったと思うんだけどさ。


なんか毎回毎回こんな感じでもう疲れる・・・。

朝からどっと疲れが・・・


ようやくバスがきて

無事に乗り込んでくれました。


あぁ、バスさんよ、お願いだからもっと早く来てくれ。

朝の5分が1時間にも2時間にも思えてしまうんだよ(;´Д`)



子供たちを送ったあとMちゃんが


「子供が遊んでたら口出さなくていいのかな?」

っていうから、


「私たちが見てないところでも幼稚園なんかで

きっと戦いごっこしてるし

子供って遊びの中で

自分たちでいろいろ考えてやってるんじゃない?

ひどくなりそうだったら

それはとめなくちゃいかんやろうけど」


って言いましたが、それはそれで私の考え方だし、

向こうには向こうの育児方針があるだろうから

あんまりいろいろは言わないけど、

毎回毎回もうまじで疲れちゃいますよ。


私、これが嫌で一時期送迎バスやめて

直接幼稚園まで送り迎えしようかって

マジ悩みました。


別にMちゃんが嫌いとかじゃないはずなんだけど・・・。

ただね、疲れるんだ、これが・・・(^_^;)


Mちゃんの長男君も人前ではすごくいい子なんだけど

うちに一人で遊びに来たりしたら

そりゃあ、わがまま放題でびっくりしちゃいますよ!

ほかの子はここまでないから。


人の振り見て我が振り直せ。

いい勉強させてもらってるのかな。

今日は長男の通う幼稚園で入園式のため

長男はお休み。。。


年少の時のクラスみんなで遊ぼ~と連絡が来たのですが、

今日は先日長男が受けた脳波の検査結果を聞きに

病院へ行って来ました。


検査結果がわかるまで2週間くらいかかるとのことで昨日

病院に問い合わせたら結果が出てるとのこと。。。


電話じゃ教えてくれないんだよね~、ケチ。。。


うちの両親も心配していて

一緒に病院についてきてくれました。


11月末に、熱性痙攣を続けて起こし救急車で搬送され

そのまま入院。

群発して熱性痙攣がおこっていたため色々と検査をした結果

脳波の検査で、少し気になるところがあるとのことで

再検査。

再検査もまた少しひっかかってしまって再々検査。


そして3度目の正直といわんばかりに結果を聞きにいったら・・・





異常なし





あ~、よかった~!!

多分大丈夫!と思ってはいたものの

やっぱりはっきり先生の口から大丈夫といってもらわないと

落ち着かなくて・・・


この数ヶ月、長男の脳波のことばかりが気になって・・・


これで安心!!

ご心配していただいた皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

そのうち、ちゃんとみなさんのところへお礼参りいきますんで(笑)



それから、宗像の方へ足を伸ばし、

鎮国寺というお寺に行ってきました。

ここは季節ごとに色んな花がさいていて

なんだか心温まるお寺なんですよ~。

なんかね、あったか~い気持ちになれる感じ。


そこでスタンプラリーがあっていたので、挑戦!

お寺でスタンプラリーってのもピンとこないけど、

鎮国寺は観光にも力をいれているようで

玄海の町をアピールしてるイベントの一環みたいなのでした。

山道をどれくらいあるいたんだろう・・・

7つのスタンプを集めてプレゼントがもらえるとかで・・・


で、もらったのが、子供用のお数珠。

健康祈願なんて書いてあって、

特に長男にはとってもいいプレゼントになったかも!

昨日は、次男のキッズクラブ開校式。

長男の通う幼稚園に週1回、3時間お弁当を持って通うことになります。

つい最近生まれたばかりだと思っていた次男。

いよいよ、親元を離れ、一人の時間を持つことになります。

次男は長男に比べ、肝が据わってるから安心なんだけど

やっぱり、親としてはドキドキ♪


そして今日から、幼稚園!

春休みが終わり、長男は年中さんになりました。

クラスがえで、当の本人よりも親の方が

ドキドキしてたりして・・・(笑)


長男が幼稚園バスで帰ってくる前に

お友達のお母さんからメールが。

どうやら同じクラスになったらしい。

年少さんで同じクラスだった子で

今度も同じクラスになった子も教えてもらい

ちょっと一安心。


長男が帰ってくると

新しいおたよりちょうや、雑費袋。

雑費袋を見ると、なんだかドヨ~ンとした暗い気持ちに(爆)


そうこうしてると何人からかメールをもらったりして、

幼稚園に行く前に通っていたキッズクラブで

同じだったお友達2人と同じクラスに!!

これはかなりうれしい♪


担任の先生は、社会人2年目の先生。

だけど・・・

どうみてもそんなに若くは見えないのよねぇ・・・(^_^;)


うちの旦那はその先生を見たときに

「幸、うすそうよね・・・」と。


あまりにズボシな表現で、本当に

サチうすそうな感じ(笑)


でも、去年新人だったけど

しっかりしてそうで好感もてるし、

なんだか落ち着きがあってよさそう。

年中のスタートとしてはまずまずかな。


去年の今頃は、幼稚園でお友達ができるかどうか・・・って

すごく不安だったよねぇ。

だって、年少さん80人いて、知り合いはたった2人。

しかも、別のクラス。

本当に心細かった。

だけど、1年経ってたくさんお友達も増えて

今度の遠足は去年の何倍も楽しめそう!


幼稚園で喜んでるのは子供だけじゃない?!(笑)


年中さんから入ってくる子や

お母さんは不安だろうなぁ~。


やっぱりなんだかんだいってこの1年っていうのは

すごく大きかったし、

それなりの結束力もできてるし、

その中に入ってくるんだから勇気がいるよね。

新しいお友達も増えたらいいな♪

今日は、長男の脳波の再々検査に行って来ました。

11月末に1日に二度も熱性痙攣を起こし

救急車で運ばれ、そのまま入院した長男。

(詳しい記事はコチラ


今まで5回、痙攣をおこしているため

検査をすることになったのですが、

ちょっと気になるところがある・・・ということで

再検査。


そしてそれもまた、一箇所だけちょっと気になるので

もう一度検査しますとのことで


本日3回目の脳波の検査をうけてきました。


うちの母は、毎日近所のお地蔵さんにお参りに行っては

なんともありませんようにとお願いし、

もし何かあるならば全部私にやってくださいと

孫のことで本当に一生懸命になっています。

有難いです。


検査結果は2週間後なのでなんともいえませんが

元気だし、特に異常があるようにも思えないし見えないし・・・。


とにかくなんともないことを祈るのみです。


そんな中、ばったり病院で

旦那の両親に遭遇。


舅は

「どうしてこんなところにいるんだ」


というので、

「脳波の検査で・・・」と答えると、


「脳波の???

 なんでここの病院にいるわけ?」と


まったく、孫の病気のことに

関心がない様子。


あれだけみんな心配してたのに

あんただけなんでそうなわけ?


まぁだからあんな発言もできたわけね。

(詳しいことはコチラ



今日の脳波検査が終わって結果を聞くまでは

心が休まりません。

どれだけハラハラしながらこの数ヶ月過ごしてきたことか・・・


で、今日は姑の診察で病院に来てたらしいのですが

舅が席をはずしたときに

姑に

「お義母さんにはなしておかないといけないことがあるんです。

お義父さんに言われたことが引っかかってて

どうしてもそちらに足が向かなくて・・・

お義母さんには申し訳ないけど・・・

だから旦那に、お義母さんは、

最近judyちゃんの様子が変だって思ってると思うから

話しといてっていってるけどなかなか話してもらえないみたいで」

と思い切って言いました。


すると姑は

「うん、何かおかしいって思ってた」と。


まぁ舅が原因だと伝えられただけでもよかったかな。


そう話してると、舅が戻ってきたので話すこともできす、

姑は

「お義父さんが仕事でいないときに行くから」と言ってくれました。


とりあえず、先日のクルクルパー騒動と

今まで言われてきたことも話そうと思っています。



で、長男は、

1時間くらいある脳波の検査で、指を動かすことすら

ダメなのに、手を動かしたり、変に力を入れたり・・・


だけど無事に頑張って検査も終了。


この検査で最後になってくれることを願っています。


ひなまつり発表会

テーマ:

危ない危ない・・・

ブログ更新し損ねるところだった。

気がつけば、まもなく23時30分ですよ!

魂ラジですよ!

(※魂ラジ・・・ニッポン放送での福山雅治のラジオ番組)


さてさてさて、昨日の記事にも書きましたが

今日は、長男の幼稚園で

「ひなまつり発表会」がありました。

色々とすったもんだがあったのですが、

なんとか無事に終わりました。


七夕発表会で初めて挑戦したメロディオン。

今回もメロディオンを弾いたのですが、

年少さんはどのクラスもだんぜんうまくなってる!!

ちゃんとメロディーにのって演奏してるんですよ。

改めて子供の成長を感じさせられました。

感動で、胸がいっぱいですよ、奥さん!


で、幼稚園の今日の対応なんですが、

保護者席につめさせるだけ詰めさせて、身動きもとれないような

状況になって、

クラス毎の発表の時には前列をクラスの保護者の方にお譲りください


なんていいやがる。

もちろん、それは言うべきなんですよ!

今までそんなこと一言もいわなかっただけ

私がそのことも抗議したからかどうかは

知りませんが、

席の移動を促した・・・まではよかったんですが、


優先席みたいなのをはじめから用意してるわけでもなく、

最初から前列に座っている人たちも

動こうにも動けない状況で・・・


バカだよなぁ、幼稚園・・・

そんな状況わかりきってることじゃないか!!


で、なんとか最初のクラスの保護者が前のほうに座って

始まりました。


まぁ、何クラスか交代するうちにスムーズに

席も交代できるようになってましたけど、

だんどり悪すぎ。。。


で、最初の移動の時に、

理事長先生が、

「おじいさまおばあさまは右か左に座ってください」といきなり

のたまいやがった。


まるで 邪魔だと言わんばかりで・・・


どういう意味で言ってるのかわからないけど

別に、おじいちゃんおばあちゃんたちが

席を独占してるわけでもないし、普通にみんなと一緒に

それぞれいるだけなんですがね・・・


あれでカチンと来た人絶対いると思う。


前のほうは移動があるので、動かれるのも大変でしょうから

横の方に座っていただけましたら大丈夫です


とかさ、そういう言い方あるだろ?



そして、昨日子供達が持って帰ってきたプリント、

やっぱりあれにもカチンときているお母さん達が

結構いました。

そりゃそうよね。

なんの前触れもなくいきなり逆ギレみたいなプリント

持たされたらさ。


ほんと、成美さん

電話かけて抗議してくれないかしら・・・(爆)



で、肝心の発表会では、拍手もたくさんありました。

先生が節目節目で拍手を促すアナウンスを入れていた

効果はでてました。

だから、言ってただろうが!

もっと園側も改善すりゃあ、保護者も協力するんじゃ、ボケッ!!



全部の発表会がおわると、

今度は教室で、一年間お世話になった担任の先生と

役員さんにお礼の品物と子供達からのメッセージカードとお花が

渡されました。

先生も感動して、泣いてました。

思わず、お母さん達も涙が・・・


担任の先生は本当によく頑張ってくれました。


厳しいタイプみたいだけど、

何より、子供達が「先生大好き」というのだから

それが一番です。

子供は人間性を見抜きますからね。

どんなごまかしもきかない。

真っ白な目と心で見てるから

どれだけうわべだけ繕ってもダメだし。


クラスのお母さん達もみんないい方ばかりで

年少さんは4クラスあるんですが、

一番まとまりがあったんじゃないかな。

みんな仲良くて、グループとかそんなのがなくて

それぞれがそれぞれと仲良くしていて

みんなとても気さくで協力的でとってもいいクラスでした。

年中さんもこのままクラスが持ち上がりだったらいいのにな。

わずらわしいと思っていた幼稚園ママのイメージも

このクラスになれたおかげで

ふっ飛びましたもん。


まぁ、色々あった発表会でしたが、

子供達が元気に一生懸命やり遂げたこと、

これが何よりの成果です。


まもなく、年中さん。

1年って本当に早いなぁ。