恵比寿 小顔・巻き肩改善レッスン研究所

施術家セラピストあい式セルフケア・セルフマッサージレッスン開催中!【小顔作りレッスン】【巻き肩改善レッスン】【大好きな人にしてあげたいタイ古式マッサージ講座】ご参加お待ちしています❤︎

こんにちは。セラピストあいです。

これからご縁でお目にかかれる皆さまへは初めまして☆今までお世話になっている皆さまへは改めまして☆、私セラピストあいの自己紹介をさせていただきます。

【セラピストあいプロフィール】


アイドルタレントさんの姿勢美人作り講師として、TVにレギュラー出演した初めてのタイ古式マッサージセラピスト


内閣総理大臣認証NPO法人日本タイマッサージ連盟副理事長、セミナー事業部本部長、チーフセラピスト。

タイ古式マッサージ施術歴10年、国家資格柔道整復師(整骨院の先生の免許)を取得。



タイ古式マッサージ師としてメディア登場多数。

地上波TV出演:TBS「GIゴロー」、「週刊AKB」、「ポケモン☆サンデー」、「発掘!あるある大事典 Ⅱ」等多数。「GIゴロー」出演の際、番組より大勲章授与される。

●雑誌取材:有力健康雑誌「日経ヘルス」、「はつらつ元気」、「雑誌安心」、日経ヘルスムック本「楽しんごと一緒に学ぶセルフマッサージ」、雑誌安心ムック本「股関節の激痛を自力で治す本」、単行本執筆及び監修「タイ古式マッサージガイド vol.2」等多数。

●新聞:「朝日新聞Digital」取材多数

●DVD:タイ古式施術DVD出演

レギュラーTV番組出演:【女子力アップ教室 タイ古式マッサージで姿勢美人づくり】の講師として半年間の出演。

この出演をきっかけに、キレイになることに積極的な女子のための美容セルフマッサージを広めたい!と決意。その想いが、「
美人セルフマッサージ講座」開催へと繋がる。




 
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

【セラピストあい来歴】


<<体が弱かった10代>>

10代の頃、呼吸器系に心身不調の症状があり、いつどこで発作が起こるか分からず、ひとりで外出することが出来ない時期が1年ほどありました。両親は、自立した社会人になることは不可能かもしれない、一生この子の面倒を見ようと覚悟したということです。


18歳頃に入退院を繰り返し、症状が完全に消える8年間はカラダの不調が常にありました。例えば、処方薬を飲むうちに副作用で手の震えが起こり、コップに注いだドリンクをこぼすなど‥。


<<タイ古式との出会いのきっかけ>>
「あいの不調は東洋医学や、民間療法があっているのかもしれない。」
タイ国駐在経験のある父の勧めで、タイ古式マッサージ施術を受けることになりました。


初めて受けたタイ古式マッサージの施術者は、子供の頃からお婆さんにマッサージを仕込まれ、家族へマッサージする事が当たり前の環境で育ったというタイ人のY先生。Y先生は、ワットポー寺院(タイ古式マッサージの学校)でマッサージのプロになる為の勉強をしたということでした。


タイ古式マッサージは、受けた直後に心身が爽快になったことが分かる、ということに一番驚きました。タイ古式マッサージを受けると自然と笑顔になるし、楽しくて好感を持ちました。


Y先生の施術を定期的に受けるうちに、タイ古式マッサージへの興味と関心も持つようになり、タイ人特有の朗らかさにも徐々に惹き込まれていきました。


同時に、
呼吸器系の心身不調の症状も次第に薄らぎ、発作も出ないようになってきた自分に気が付きました。


画像;タイ・チェンマイ郊外の治療院にてP先生の治療を受けているセラピストあい

<<タイ本場でタイ古式マッサージを学ぶ>>

今現在は、日本人などの外国人がタイ国でタイ古式マッサージを学べる施設は沢山ありますが、1990年代頃は、ワットポー寺院(タイ古式マッサージの学校)で直接交渉をして、寺院の片隅でマンツーマン指導していただくスタイルだったそうです。

そんな折、タイバンコクのワットポー寺院が、海外からの受講生受け入れを始め、日本からもタイに渡って、タイ古式マッサージを勉強する、という流れが徐々に出来始めた時期でした。

そして、知人のエステオーナーがたまたま同寺院で、タイ古式を学びその経験談をしばしば聞く事もあいまって、自分もタイでタイ古式を学び、そしてそれを仕事にしたいという夢が膨らみ始めました。



家族や、周りの人達にこの夢を話すと、やりたいと思ったら行動を起こす事だ!と、家族や前出のエステティックサロンオーナーから背中を押され、前進開始です。




画像;タイ・バンコクでムエタイマッサージ(スポーツマッサージ)を学ぶ
 

こうしてワットポーの門を叩いてから、足掛け3年に渡り、タイ国のメンターの下で、タイ古式マッサージのバンコク式やチェンマイ式の技術の研鑽を積み、評判のタイ人施術者のところで体験を積んだり、タイ古式マッサージ店でお手伝いさせて頂く日々でした。


<<NPO法人日本タイマッサージ連盟設立>>
他方、タイ古式マッサージも非常に効果的な健康法と言えます。タイ国では、タイ伝統医学の一環として捉えられ、政府の援助でタイ古式マッサージを医療に活用しようというプロジェクトもあるくらいです。(日本では、タイ古式マッサージを医療に使うことはできませんが・・・)

まだまだ、日本では知られていないこの優れた健康法をどうやって広めていったらよいかと考えた時、NPO法人化して普及運動に取り組むのが一番良い、という結論に至り、そこで2007年3月7日内閣総理大臣認証のNPO法人を設立し、副理事長に就任し、今日までお仕事をさせていただいております。

<<国家資格柔道整復師を志し、夜学に通う>>

タイ古式マッサージの施術
経験を積み6年経った頃、タイ古式マッサージを極めるには、骨と筋肉の基礎知識の必要性を感じ、タイ古式セラピストのお仕事を続けながら、柔道整復師の夜学へ3年間通うことにいたしました。


画像;柔道整復師学校の実習室での一枚


夜学へ通った3年間は、月曜から金曜まで毎日18時から21時半までの通学です。
お仕事は週6回22時から朝5時までのシフトで、タイ古式マッサージ施術をしました。

帰宅後、午前中に勉強を2~3時間して睡眠をとり、再び通学する。それを繰り返した3年間になりました。

学校は3学期制で、各学期に中間・期末試験があります。この試験に合格しないと
国家試験を受験できないので、必勝ハチマキをつけて勉強するくらいの空気感がありましたね。

これらの不規則な生活や、プレッシャーからくるストレスなどで、急性低血圧で倒れ、半日入院した日もありました。

しかし、会社の皆の応援や、同じ境遇の学生達から受ける刺激や協力、受験に役立つことを教えてくださる先生や図書司書の方々‥といった、バックアップ体制があり、通学生活が危うい時もありましたが、何とか乗り切り2014年春の国家試験受験、合格につながりました。



現在は、柔道整復師免許を取得したという喜びよりも、通学して学ぶ目的であったタイ古式マッサージをよりよく施術するための、カラダのつくり・しくみを理解できたことが大いなる喜びです。


【セルフマッサージを愛好する理由】


夜学へ通う3年間、ボディメンテナンスを受けに行く時間的余裕が無かった事から、自分自身の疲労回復やコリを自分でメンテナンスをする習慣を、自然と身につけました。


自分自身にマッサージをするのは、日々のお風呂タイムを利用します。カラダを洗う時に素手でマッサージを取り入れます。疲労回復やコリほぐし目的のセルフマッサージでも、毎日続けるうちに、学校の同級生や、お仕事のお客様先で、「お顔がスッと細くなったね。」と複数の方に言われるようになりました。


老廃物の滞りをスッキリと流せると、小顔効果がある事を、身を持って実感したのは、その時でした。


10代の頃は、肩も首もかたく偏頭痛持ちでしたが、毎日少しづつ続けるセルフマッサージのお陰で、今では肩首コリ知らずで過ごせるようになりました。


国家資格柔道整復師免許を持つタイ古式マッサージセラピストとなった今後は、施術と講師のお仕事に邁進する所存です。

image
画像;美人セルフマッサージ講座レッスン風景


【私の夢と信念、ミッション】

施術を行うセラピストとして、「コリをほぐし、不調も治せる施術」が、わたしの信念です。


美人セルフマッサージ講座の講師として、「コリをほぐし、老廃物を流して、身体が軽くなる&見た目スッキリ美人セルフマッサージ」を、多くの受講生様に広め、健康美へお役立ていただく事がミッションです。




どうぞよろしくお願いいたします。



AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。