Lovelyz 新曲「Now、We」について期待と苦労を語る

テーマ:

 

 

 

ガールグループLovelyzが正規2集リパッケージ「今、私達」で音楽番組初の1位を獲得したが、カムバック当初は大統領選挙などで音楽放送が次々欠放され、大衆により頻繁に顔を出せないことが続き、活動的には大変苦労した。

 

 

過去の活動曲「WoW!」よりも期待しました。

 

歌も良く振り付けも良く早くファンの方々にお見せしたかったのですが、機会が頻繁に来ていないので残念です。

 

でも幸いなことに反応が良くてうれしい。

 

 

以前は片思いの曲だけをしたが、今回の愛がハッピーエンドなので、Lovelyzは先の活動曲「Destiny(私の地球)」では、愛が行わできない絶望感、「WoW!」で、なぜその愛が行われるかを説明している今回のタイトル曲「今、私達」では恋が叶う「ハッピーエンド」をテーマに方向を引き続き私が目を引いた。

 

 

 

 

華やかで独特の振り付けも絶賛を得ている。

 

ひざまずく部分が多く見大変です。

 

ダンスをするとき大丈夫終わってから病気ですよ。

 

アザも出来たりして大変です。

 

それでもみんな「新鮮な衝撃である」としてくださるなんて感謝してます。

 

これからもっときれいに見せしたいです。

 

歌詞の中で「もうろう気持ちのことを」部分に太陽熱を受けて動く人形を表現振付師のに、このような点を注意深く見守っていただければ、より感謝すると思います。

 

 

今、私達」はユン・サンが主軸になったプロデューシングチーム1Piece(ワンピース)作曲、作詞家で書かの曲だ。

 

Lovelyzと代表的に浮かぶ定番曲「さようなら(Hi〜)」、「Ah-Choo(アチュ)」を誕生させたチームだけに、「ラブリーズXユン・サン」のコラボで完成された今回の新曲にに対する関心がさらに集中している。

 

これまでのLovelyzの曲に比べてBPMが最速エレクトロニックダンス曲でクール編曲と高い音域で最初から最後まで、エネルギーあふれるメンバーたちの歌唱力を惜しなく見せて音楽ファンを魅了させた。

 

 

 

 

ユン・サン先生と私たちだけのケミストリーがあるようです。 他のグループとの差別化されているヨリヨリしおぼろげな感じといいましょうか?

 

明るいながらも切なくて悲しい感じが特徴ですので、私どももカムバックを準備するたびに「今度はどんな作曲家様曲ですか?」と最初に聞くことになります。

 

ユン・サン先生にいつも感謝します。

 

次のアルバム作業も一緒にするといいですね。

 


少しずつ認知度を高め、ファン層を拡大しているLovelyzは、ファンの感謝も忘れなかった。

 

 

 

 

最近応援の声がますます大きくなって、ファンサイン会で新たなファンの方々に会って「ああ、私たちは少しずつ成長して人気が増えてきているんだ」を感じます。

私たちのファンカムを待っている方もいましたよ。

そんなコメントを確認するたびに胸がいっぱいで、よりよくなければと決意しています。

 

 

 

 

一方、「今、私達」で3部作の最後の話を広げたLovelyzは、音楽番組初の1位を獲得して今後の音楽放送など、様々な活動を益々活発に展開する計画だ。

 

Lovelyzとユン・サン先生

 

Lovelyzとラブリナス

 

Lovelyzは周りの人たちに支えられてここまで来た

 

Lovelyzの恩返しは、素晴らしいステージをファンに見せること・・・「ドショ」の涙はファンは一生忘れないでしょう。。。

 

 

音楽番組1位獲得以前の記事を一部編集しています。。。

 

 

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国女性アイドル・アイドルグループへ
にほんブログ村

AD

コメント(10)