船上伴奏

テーマ:


儚い セピア 物置小屋 探して
古いピアノの音を鳴らして 鳴る

辛い ソプラ 織物小屋 奏でて
音楽家達は子供の背中を見守った

光を鳴らそう 新しいピアノの音
そんな顔しないで 笑ってほしい

光る鍵盤のピアノ 君の指を誘う
その笑顔が続いて 明日も笑って

砕き散らす その夢 君の想いは
その鼓動に 熱さ 滾る 命の音

迷うことなく生きて 大空を翔る
街と街に結び合える 軌跡の行方

YOUTUBE FILE : Shipboard_accompaniment
Copyright:CFL


- 参照記事 -

警官の警棒をスタンガンに替えれない理由に・・「小さな電気ショックでも突然死する人がいる場合がある」から。

船上戦闘では、火力を最小限に押さえ込んだ装弾数1kg範囲の改良銃(シャイア)を扱う。そうすると8歳~のお子さんがプロフェッショナル顔負けの射撃手に変貌しきれるは、船上戦闘育成過程にある。

ファルコン射撃の土台を経過した後にファントムのコードを踏ませ、ナックルスタンガンを扱えるようになれば・・訓練された海軍兵士も瞬間に殺害される対象でしかなくなる・・

ナックルスタンガンの場合は、球体と拳でトレーニングをつませるものの・・射撃と拳をあわせても、基礎体力と応用力が伴っていれば3ヶ月以内のトレーニングで・・

現時点の所長の動きなど、ゴミかすになし得るは、庇う障害もなくファルコン及びファントムへ至れるコードを脳に刻まれしは・・その速さ、ビデオ2倍速の連係。

軍の射撃演習ならず・・映画のシーンもまた・・空想の範囲であるということが良く理解できる・・重い銃器を乱射するよりも、技術と応用で小型自動拳銃を扱えるようになったほうが殺傷能力は軍人1000名に匹敵するは・・当時のベトナム戦争時の少年ゲリラ育成過程・・は、当時の国際テロリストコードが対グリーンベレー,青少年兵ゲリラ戦略の歴史にある。

このことからも、
歌とは、人と人とが合わさって一緒に歌うこと。唄は、個人で唄うこと。詩とは、漢字・ひらがな・カタカナで詩を書くこと。

詩を唄う。

歴史の背景に、唄の伝統とは「知識・経験・技量・真心・発声」の五つをまとめるは・・曲とは「詩に心を込めるべく呼吸方法」である。呼吸を合わせる=リズムを合わせる。

そして、大陸武術継承に及ぶ、呼吸方法の基準は、漢詩にある。文字数がしっかりと揃うは、漢詩も同じである。歴史に遺された漢詩に過去の武術継承における呼吸方法が込められているは・・あんた等、中国大陸の老師羅も含め・・かなり中国武術の伝統から逸れたことを世の中に教え込んでいた曰くが・・

お年寄りが運動するコトよりも危険な体(二分脊椎症及び脊髄空洞症等)で動いたのんちゃんの動きさえ出来ない老いぼれたちは・・

「歳をとったから、」と言い訳しているありさま・・歳をとろうが・・中心軸、スケートで言えば・・スピンなれしてれば・・年取っても、スピンは出来るだろう・・その感覚はジム・トレーニング(筋力トレーニングor外功)の範囲にない。忘れない記憶ゆえんが、脂肪ぽちゃぽちゃになった某の女性スケーターゆえども・・スピンは回れるが当然。バランス感覚から刻まれた情報は、角度や速度によって「重さ」を軽く出来る性質は、力の流れが見えていれば「二分脊椎障害者」でも各敬称技術を繰り出せるに至る・・熟練度の差だね・・

元大陸武術継承者記述
(隠し味は・・あなた方、門派の未公開技法や情報を現大陸武術継承者側からネット上に暴露させる手法も、のんちゃん究極奥義=中国武術伝統系列崩壊性論文)にある・・

所長の隠し味は、まだまだたくさん揃っている・・何度も打ち込める・・「壊すことは誰にでも簡単に出来る・・それは、5歳の園児だろうとも・・」

「大切な真心を維持することの方が難しい。・・そんなことくらい解れ・・バカモン!」

「働いていないお子さんから拳でお金をとるのはやめよう。」

武道家とは、誰しもが「人生の修行者」であるは・・修行者が指導者に成り代わるは・・既に武道にあらず、ビジネスなのだよ・・ワトソンくん。

それも、大の大人が「拳を教える理由に働いていないお子さんから指導料としてお金を巻き上げて、おまんまを食らうか」・・

あんた等は、常に・・その命が途絶えるまでに恥さらし者だな・・

所長が扱える伝統経路・・コードは、100万種を越える技量(技術量)の維持に対し、あなた方の技量の維持は・・たった数百ぽっち。グリコのオマケ。昭和時代は・・ブリキのオモチャは50年前。ブリキのオモチャ相手が関の山。

大陸武術(インド・西洋・中国・日本)と全般の継承系列を受け継ぐに対し、元最高技術管理者が、あなたがた各門派の老師たちをしかろうとも、それは当たり前のことである。

なぜならば、「叱られることを、何時まで立っても続けて、やめようとしないから」・・

日本国内では、公共福祉を前提に表現の自由が認められている。だが、公共の福祉に反した表現の自由も、胡散臭い妄想も認められちゃいない。

あなた方が、伝統を受け継いでいるとするなれば・・バウ探偵事務所所長(のんちゃん)以外の「二分脊椎症障害者」に、あなた方の各門派の拳や兵器を指導しきれるかね・・

東洋医学も熟知せず、意識の循環を受け継がずは、歴史に遺された呼吸法も、ありすぎる漢字の数の意味さえも知らされちゃいない。なぜならば・・「継承系列」にしかわからんことだからな・・ドジ..-.-。

「要件は、働いていない子から拳でお金とるのやめよう」・・あなた方の行動は既に「公共の福祉に反している」。マジで・・

暴力団とさほど代わりが無い。
八極門⇒公共の福祉に反した同じ意志のあつまり。その根拠は、その身内で「暴力行為を働いていないお子さんからお金を巻き上げて教えている」にある。

子供から払いますと告げられても、断ることこそが「武人」である。以上。

そんなの当たり前・・

バウ探偵事務所所長 - 記述 -
- 22:03



追記:働かないでバカ真似している所長が羨ましいとか思い込んでる奴は、ロクデナシに等しい・・何処の世界に、二分脊椎症障害者で、こんな動きをする人がいるのか・・それでなくとも、「健常者でさえ、物凄い痛みを被るは、所長のスケートの動きも足首だけじゃなく、内臓・骨格とも、各国の特殊部隊員らでさえままならない現実が、その辺にある」・・それを、二分脊椎症障害を踏まえて繰り出すということは、「実際は、それ以上に痛い」ことをくらい解れ・・バカモン。

何が・・うらやましいんだ・・障害者を羨ましいとか思い込むアホたらしい思考は、「楽をしている」と言う自己中心的な思い込みに他ならない・・のんちゃんが、他の障害者の様に「ラクな生き方をしてきたのであれば・・これらの動きは出せない」・・日本国ならず、世界中の誰よりも・・痛い思いをしてきた所以は、LYFのスケーティングが証明してくれる。なぜならば、世界各国のプロスケーターたちが、成人過ぎてからスケートを始めた障害者の動きさえままならぬは、「感覚差」にある。

のんちゃん⇒心を込めて滑る=飾らない。(人間的な動き)
皆さん⇒飾りまくり、心を込めて滑られない。(ロボットの様な動き)

この違いだな、やっぱ。

世界中のどのようなみなさんが所長のスケートを下手だと罵っても中傷で終わる。なぜならば、テレビの映像は、レールカメラやカメラワークで一押し場面をカッティング(切り替えている)に過ぎない。その点、のんちゃんはナチュラル。して、皆さんのスケートを「へたくそ」とのんちゃんが主張しても中傷にはナラナイ。何故か?「ありのままを正直に主張している」だけだから。ふむ。


ついでに、死を選ぶは「障害者ゆえに選ばざるを得ない。」それゆえは、健常な遺伝子であれるならば・・脳みそに動作を流し込めば、ある程度の不老に至れる・・それでも、伝統系列の技法だけでは、300年が関の山だな・・以上。

参考動画:このアプレットの秘密を探る

動画・・中盤は、NGのままです(動画⇒おと、歌詞⇒ピアノ)・・だって。
のんちゃんに完璧を追求するコトそのものが過ちである。
AD

所長の日記

テーマ:
2008/01/17

「腫れてるねぇ~。」
「スケート控えます。一応、明日、病院行ってきます。一月は、もうやめておきます。」
「うん、そうした方がいいよ。」

2008/01/18

「今よりもっと痛くなりますよ。」 .... 整形外科医
「今よりもっと痛くなるの?これ・・」

2008/01/19

月寒体育館で滑走
「前よりもっと痛くなっちゃった.(T▽T;),,」

もう、しばらくは何処にも外出しません・・いや、何処にもいけません。このくらいまでいってこそ・・「もう滑れません」と主張できる・・その一線を越えると下半身麻痺で終わっちゃうもんね..・.・.。

j働かないんじゃなくて、障害が重なり過ぎて、そうそう思い道理には働けないんだ・・仕事と言うのは、定期的にこなさなければならない。現状の様に、好き放題、安静にしてるって訳にも行かないだろう・・その点で、フィギュアスケートの場合、角度と速度は、予め二よし即しつつ、それぞれの障害に合わせた滑走だからこそ、滑れるだけであって、日常生活、でたらめ勝手に動けるわけではない。荷物運び、棚卸といった不規則に体を動かしたり、定期的に座り続けたり、その場で気絶ってわけにも行かないだろう・・

自宅で副業?、「毎日、同じ時間道理に働く経過、運動面をおそろかにすれば、骨格の周囲の筋力が衰え、背骨の骨の変形が進行する。」だけに、トレーニングと両立し、その上で働ける基準を持っていかなければ・・

「どこの会社で使えるというのか?かつ、仕事ならば幾らでもある」と思い込んでる割には、皆さんは・・現状をしらない・・仕事は幾らでもあったならば、働く人は、あらゆる業務に対応できるほどエキスパートで無くば、仕事が色々あっても就職は難しい。それを「個々の能力差」と称する。どんなに仕事があろうが・・それらの業務を適切にこなせるだけの責任を終えるのか?社会人としての責任を負い、お客様を丁重におもてなしできるのか?また、会社へ奉仕できるのか?

それを問えば、今ののんちゃんが、迂闊に就職に転じても、いかなる会社にでも「足手まとい」で終れることは、現実的である。つまり、思うようにスケートがままならない現時点では、他のどのような業務にせよ、思うようにはままならない。その性質は「役立たず」で終わってしまう。それならば、のんちゃんが働くコトよりも、「働け!」を主張しているあなた方が、頑張って、もっと働きまくれば、日本のためになるんじゃないのか?のんちゃんよりも働ける体であり、何の障害も無ければ頑張れる体なんだから・・

その点、のんちゃんが無理すると・・、のんちゃんが1回病院行くだけで・・国は2万円~4万円の税金の赤字を被る・・はらな・・無理して働いて、100回通院してみろ・・200万円~400万円の赤字じゃないか・・1年中入院しちゃったら・・国は・・600万円以上の赤字を被る羽目になる・・このことから、

のんちゃんを無理やり働け!とオイツメルよりも、「働け!」と主張している方々が、今よりも頑張った方が税金の黒字へ繋がる..・.・.。

それもまた、現実的である。あなた方、庶民は「いつしも非現実的な空想を描いては、相手を傷つけることしか脳がないようだ・・」・・これだから、日本の赤字は拭えない・・

のんちゃんは、なるべく病院にかからないように、慎重に頑張っている・・急がせると、また救急車で運ばれて、入院で終わっちゃうじゃないか..・.・.。そうすると、国民の負担も増えるんじゃないのか?何せ、幼少のlころ厚岸の町立は・・1億円近くの赤字を出したほどだ..・.・.。それを問えば、のんちゃんの人生には、日本国からの福祉保障により「3億円以上つぎ込まれたことになる」・・

あなた方が、「しねしね」とやっていると・・日本国民が「3億円以上も投じた命」をドブに捨てることになる・・それこそ「税金の無駄」に等しい。それ以上の価値観を生み出せるように、赤字分を拭うべくに、「のんちゃん頑張れ」って応援した方が・・理にかなっていないか?

その辺が、「庶民の思考は、いつしも短絡的で矛盾する」から・・ただ単に相手を傷つけて押しまいになる。だが、傷つけた相手がのんちゃんじゃ・・「意味不明に報復されて終わってしまう」..・.・.。それもまた、お約束の一つ。

あなたがたの誰かが・・約3億円の福祉浪費を日本国政府に呈して、それから「しねしね」なり、「いなくなれ」なり「消えろ」なれば、わかる・・そこでの負は消えてしまっているから。だが、福祉にかけられた「3億円以上もの赤字」分をそのままに殺してしまったら、日本国政府及び厚生労働省そのものが、「3億円の無駄遣いをした」と言う結論へ至れる。

だって、そうだろう・・一人の障害者にこれほどまでに税金がつぎ込まれた所以は、「頑張って生きて欲しいから」ではないのか?それぞれに、それぞれの障害者に対し日本人として頑張って生きて欲しいからこそ、医師や看護婦及び福祉課なり、その中に光が芽生えれば、将来的に何かをやってくれる可能性も見出せるわけだ・・

その点を踏まえれば、簡単に・・
「しねしね」とかやってしまっている方たちは、あなたたちこそ・・「税金の無駄」で終わらせようと、日本国憲法に反した日本人らしくない生き方をしてしまっている。その性質は、そういう打ち込みをした人こそが、「日本から消えてください。命を尊重しない方は、日本にいる必要はないです。どっか他所の国に国籍を代えて、日本国からいななってください。あなた方こそが、社会のクズです.・.・.。」だが、前にも打ち込んだように・・それらの行動はクズであるものの、それらの命はクズではない。

のんちゃんよりも価値があるは、未来はわからないからだ・・でも、わかってる人、2名・・国際に存在してるんだけど・・あれは、除外。そう、あなた方の未来は、1年でも保てれば「それは、希望にかえられるだけの価値がある」は、あなた方の物語は、終わっていない。何故か?終わっていたならば、とっくの前に・・国際側から始末されているさ・・

終わっていないからこそ・・まだ「地球上で生きる権利を有している」だけに、くだらない行動がやがて「希望を生み出す行動へ歩める」ことを信じている。何故か?その深層心理・・あなたがtの方が、のんちゃんよりも「死ぬことを恐れてしまっている」からに他ならない・・その深層心理の反映は・・もっとも自分が好んでいる相手に言われたくない言語を他者にぶつけるコトで、深層心理に快感を及ぼすに至れる。

その性質は、自分が言われてもっとも傷つきそうな言葉や態度を第三者に向けることで、自分の深層心理にある「傷つけられたくない性質より優位を占めそう」という経過へ至れる。様は、そう打たざるしかほかならない状況であったことくらい所長にわかっている・・その場で、打ち込みやすかった文字が「死ね」かつ、脳に快感と自己防衛本能の両方に左右し、自身を「優位に立たせようとする故意たる行動」は、欲求に抑制が利かなかった。

云わば、自分の行動を抑制しきれずに、相手を傷つけてしまった性質は、国際犯罪心理学において「犯罪者候補」と称される。以上

のんちゃん - 記述 -
-19:59



さらに..・.・.。犯罪者候補たちが犯罪を犯した場合「犯罪者」・・国際で犯罪を犯してしまえば・・それぞれの国家から「テロリスト」として追われるのは・・90年代当時、ある国の工作員もまた、テロリストに祭り上げられたよな・・その名称、

昔のハッカーとは、PCの最高実力者の地位を意味していた・・テロリストもまた、従来は「国際政策のスペシャリスト」を意味していた。だが、時代が伴うにつれ、どちらも「犯罪者を祭り上げるべくに、ゴシップがより凶悪そうな犯罪者達を重大な罪を犯した印象付けに使う世になった」のは、テロリストという言語も、ハッカーという言語も共通点がある。

国際において、それぞれの政界ファンタらの内に・・「自分の行動を抑制しきれずに、相手を傷つけてしまった性質」を犯罪者候補に少人数たる秘密結社およびレジスタンスがリストアップし、犯罪性のある国家公務職に対しブラックリストを形成するは、どこぞの国家も似たようなもんさ・・犯罪者候補は、結社やレジスタンスの領域の範囲内でリストアップされるは、中には「犯罪者候補が重大な犯罪を犯しそうになる前に始末された国家元首もザラじゃない」・・それだけに、秘密結社とはわかりにくい組織ゆえンに、なぜに・・一般に公開された結社らが・・秘密結社と言えようか・・少なくとも、一般に公開されちゃ・・工作員も暗殺者等も世間暮らしを余儀なくされるか、或いは死刑で始末されちまうかの選択肢に・・秘密結社が明るみに出ちまったなれば、秘密じゃなくなるだけに、ただ単に、「意志を強調しあう結社」での維持が続くに終わる。それらを、どの組織がどのように応用されるは、のんちゃんの知ったこっちゃない。知りたくも無いです。

つまりは、あなた方が自分たちでドジを踏んで、「犯罪者候補」としてリストアップされちまった場合・・それって、積み重ねた努力も財産も全て失えるだけに、アホの極み。..-.-.。

国際社会は、正しく生きた者達こそに実権を与えられる。それが国連であると、のんちゃんは信じている・・のんちゃんは、「平和」と言う言葉だけではなく、環境そのものに憧れを抱いている・・何故か?スケートリンクで、足元、ギゴギゴ、フンバフンバにキツイジャンプ技術をする荒さを公共施設で平然とやりこむスケーターを月寒体育館で去年から一本調子に目撃してりゃ・・平和的に穏やかにスケーティングを楽しむ人を見てみたくもなるさ・・全く。

誰かいないのか?
まともに温かい滑走を見せてくれる人は..・.・.。

まるで、氷にストレスをぶつける様な滑走は、やめておけ・・まるで、ノルマン派・・ジプシーのオババの様な滑り方だなぁ~。そんな滑り方を指導しているあんた等もまた、「ババくさい滑りしかできないから」だろう..・.・.。所長が月寒スケーティングクラブの指導員等を中傷している?

本当のことをありのまま打ち込むことが中傷といえるのか?プロフェッショナルから指摘されないように、公共施設を正しく使えばいいじゃないか・・だが、あなた方の場合は、中傷していると指摘するコトができる。何故か?

  ・のんちゃんがデタラメ4ニ滑っている。
  ・のんちゃんが危ない滑りをしている。
  ・のんちゃんが・・・その他

と、「フィギュアスケートのエッジにデタラメが通用しないことは、あなた方こそが理解しているはずだろう・・」さらに、のんちゃんよりスピードを出しまくるあなた方のお子さんのすべりのほうが、ストップ技術が6種類以下だけに危険すぎる・・かつ、のんちゃんは、あなた方の指導するお子さんよりも速度を抑制しつつ、ストップ技術の最低基準値3000種を踏み切っている経験のさから、あんたらの方が危ないことをしているは現実である。

ほらな、そういうのを中傷って言うんだ・・思い込んで相手に根拠のないことを言いふらすは・・対立しか生じんのだよ..・.・.。公共施設は、何のためにあるのか?市民全体がスポーツを楽しむためにある。その基準からはみ出た行動が・・ギゴギゴ、フンバフンバ・・って滑り方・・ホッケーのダッシュに、スピードスケートの後から急接近する滑り方・・して、あなた方が有しているスケーティングのストップ技術は6種類以下が関の山、のんちゃんは、3000種の他に、その他11800種のストップ技術を扱える・・は2割・・5割の能力を発揮した際は・・200000種のストップ技術がその環境に合わせて冴える(マジで)・・ただ、複雑なストップ技術を扱った場合、その日のうちに両手両足が聞かなくなり・・路上でへばりつくは・・3回経験している・・4回目は・・ちょっとコリゴリだ・・

いいか・・プロフェッショナルが、その公共施設でそれ以上の速度を出さないってことは、それ以上の速度を出しちまえば、危険の度合いが桁違いに巡る。その環境で、のんちゃんよりも速度を出しているスケーターに対して速度を落とすように指示しない管理者たちは・・まだまだ青い。それ以上の速度を出している場合、3000種類+ 11800 種のストップの融通ゆえども、ストップの融通が利きにくいことを意味する。それって?たった6種類ほどが関の山のアマチュアらが、公共施設で・・それもあれだけに人がいる状態でダッシュとか・・ギゴギゴ、フンバフンバしちゃ・・

のんちゃんよりも」危ない滑りをしている人を注意せずに、ほったらかしていた」が、証明される・・

そのくらい解れ..・.・.ウリウリ..。

のんちゃんは、「平和を守ってくれる人が大好き」なんだ..・.・.。

それって?のんちゃんは、警察組織も防衛省も・・それなりの軍(治安を守る人たちとか)も大好きです。ゆえに、国連も大好きです。

でも、正しく平和を守ってくれない人は、大嫌い..-.-.。

のんちゃん - 追記 -
-20:56

AD

学校教育指導方針(義務教育版)

テーマ:
数人が授業サボり「連帯責任」で児童全員ビンタの是非
 11日、神奈川県横浜市の市立山田小学校で5年生の臨時担任を務める女性教諭(54)が、児童38名の顔を平手打ちしていたことがわかった。..........≪続きを読む≫

いいか・・子供達に連帯責任をとらせる場合・・、よっぽどの限り・・つまりは、ビンタするってコトは、あくまでも「子供達全員が共犯であり、その一部の実行犯が確定した時、或いはある子の命を粗末しにしかけるなどの重大性のある悪さをした場合、命を心配していることを印象付けるために頬を叩くは、問題ない・・それは、教育にとって必要不可欠な要素を問える」・・

だが、共犯が確定せずに、一部の少人数の生徒が、不登校あるいは授業に参加しなかった場合・・その時に連帯責任を取らせるのはペケだ。何故か?全く悪いことをしていない子らまで、意味不明にぶったたけば、マインドに傷を残す。児童の立場に立ってみれば、

「成長しきれずに社会性の責任を負えないからこそ、義務教育と言う課題を日本国憲法で与えられている。」

それは、「協調性を養うための連帯責任は必要。なぜこんなことがニュースになるのかわからない」と言う場合、高校生ならばわかる。社会の一部分を理解していない小学生は、自分の意志での登校ではなく、「法律の義務で登校している」ことを覚えておけ・・つまり、その「協調性を養うべく連帯責任の教育としてのありかた」は、暴力や体罰または叱責にあらず・・エポック博士ならば・・多分・・

それが、野外活動のテーマなれば・・その連帯責任は「野外で宿題を課したはず」・・そう、学校教育の立場からして、連帯責任は教育で負わせるべくは、感情任せの「暴力」ではなく、「宿題を出す」が正しい。或いは、子供の体力を考えて、マラソンさせる。腹筋させる。腕立て伏せは、ペケ(近年の児童の食生活に運動不足じゃ、骨折を招く生徒もいるから)。かつ・・

LYFなれば・・のんちゃんと良い子に対し、連帯責任として「花の飼育をさせた」..・.・.。少なくとも、育成過程の際に叩かれはしなかった..・.・.。何がいけなかったのか?原因は、のんちゃんの迷子にある・・勝手な行動をすると・・その責任を負わせられる良い子の方が「私より年上なのに、何を考えてるの?」って・・今だから打てる・・「わざとやったんだ」..・.・.。

なぜ?そうする必要があったのか?悪いと思ったことを「悪いと注意できるか?」・・それが年上だろうとも、育成者であろうとも、間違っているならば間違っていると主張しきれるか?が、学び舎だった・・だからって、なぜに?のんちゃんまで連帯責任を負うんだ・・ナメまくってた・・が、「育成する立場の者は、育成する子に対し・・その育成する子の責任を負う」にある・・つまり、同じく責任を連帯することで、悪いことをした育成者も叱られることで「悪いことをしていたら、それが例え指導者であっても、「いけない」とケジメを付けられる学び舎をマインドに染み込ませられる」が教育でもある。

LYF→二人に責任を負わせる
育成者→(いけないということをいけないって言えるように仕組んだのに何で?)
育成過程→(この人が勝手に動いて、そのせいで迷子になったのに何で私まで?)

その反映は、育成者の立場は、育成した児童の責任を常に負っていることを自覚することを学ぶ。育成過程の方は、いけないことはいけないと速やかに対処できる判断力を学ぶ。

ほらな。教育の立場での連帯責任と言うのは、「憎しみや憎悪」を翻しては何の意味も無い。常に「お互いに学び合える連帯責任のあり方が求められる」・・しいて言えば、二人そろって、まんまとLYFにハメられたって感じか・・それも・・当時10歳の子供に・・

そういった面では、日本の教育者は「経験がなさ過ぎる」・・教育者であっても、自らで学ぶ立場であり、児童と学びあう立場であることを踏み外せば、けっきょく「ビンタ」で終れる・・かつ、のんちゃんは、教師になるつもりは無い・・

「自分たちの子供の面倒は自分たちで見るべきである。」

近年の保護者と教育者が連係しあってこそ、そういった問題の解決に繋がる・・つまり不登校や授業放棄のお子さんは、予めに保護者を呼んで野外授業に参加させれば、みんなの前で恥をかくのが嫌だから、馬鹿みたいに我侭言って「やらねぇ~よ」とかやってしまえば、クラス全体から嫌われてお陀仏・・もう少し「社会人としての報復をすべき」だな・・

子供にとって、学校に親を呼ばれて授業を受けるは、過酷なり・・しいて言えば、不登校する児童は、学校に保護者を予備だし、保護者が義務教育を受けさせる義務の怠りを指摘しつつは、教育放棄に至れる・・「子供から学校行きたくない」は、法の範囲ではなりたつものの、「どうして行きたくないのか?」と言う正統な理由を問い、保護者の方が学校へ行かせる義務を怠れば、教育放棄で憲法を問える。つまり、学校へ行きたくないという子供の主張では、子供は裁かれん・・しかしながら「親の教育の義務」について、日本国憲法の方針に従えない親への法的手段は、学校側が問えねば「義務教育が成り立たなくなる」ゆえに、学校側は、親を教育放棄の範囲で問題点を問えるはず・・さすれば「学校に親を呼び出すことは可能である」・・そういう近代的なケースワークを発展させぬは、何時までたっても教員側の不祥事が相次ぐ・・

決め手は、ある一定の不登校を続けた場合、その児童は親と一緒に学校へ登校し、別の教室(クラスで受けると恥をかくから、傷が残る・・)で3人の特別授業を一定期間の割合で予約制っぽく設ければ、徐々に学校に登校する子も増えるだろう・・

児童のマインドの傷口を緩和しつつ、登校させるは基本的なケースワークにある。だが、のんちゃんだったら、嫌味で母親と父親を呼び込んで・・二人に教科書を開かせて、3人ともに授業を受けてもらうけどな・・母親も父親も机に向かって勉強している姿勢を、その児童のマインドに定着させるためだ。嫌味、言えども・・後に、その傷が過去の傷を消し、児童が思春期の前に乗り越えやすいマインドの感覚に置き換える。

そうすれば、少なくとも勉強はしてくれるよ..・.・.。

連帯責任がどうのこうのじゃない。「それが、義務教育過程にふさわしい教育のありかたか?」を問えば、その教育方針は、「ハイスクールの段階」であり、「小学校」及び「中学校」の義務教育過程にはふさわしくない。かつ、そのハイスクールは、「私立=強い社会自立を望む生徒のマインドに限られる」たとえば、「俺は、ボクシングで生きたいんだ!」と部員の一人が馬鹿マネやると、部員の全体が責任を負うのは、野球部も相撲部も同じ・・つまり、その教師が自分の受け持つ子らに及ぼした連帯責任は「ジュニア&ハイスクール」の私立及び、公立のハイスクールの部活動の範囲で扱われるにふさわしいものの・・

野外観察で、その連帯責任を負わせちゃ「教育にならなくなる・・」、つまり、観察と言う課題から生徒の心が離れ、その野外観察を二度としたくなくなったら、けっきょく教育からはみでるもんな・・なれば、そこは「野外観察のテーマをより強調する連帯責任でなくば、教育にならん」・・バカモン。..・.・.。

教員が責任の問い方を誤れば、その反抗が児童の非行につながることも、基本的な学校児童心理学で学ばぬは・・その責任そのものが「教育」ならず、「成長」を阻害するに至れる・・が、その「意味不明な行動」にある。云わば・・

 1.「良く考えずに児童をひっぱたいた」
 2.経験が浅かった
 3.自分の生徒をしっかり把握していなかった。
 4.自分のクラスをまとめきれなかった。
 5.ストレスを子供に向けた。
 6.子供達が受けるべく、野外観察の教育を阻害した。


6.子供達が受けるべく、野外観察の教育を阻害した。
いいか?少なくとも、他の子供達は野外観察を受けられる権利があった。だが、教員は・・本来は教育を受けられるべく子供たちの権利(授業)を、自己中心的な思考(教育をしなければならなかった教師が、その課題の教育にならないことをし、授業を受けるべく権利を有した子供たちの授業を実行せずに、子供達を処罰し、授業を進めなかった行動)で阻害したことになる。教育者自らがだ・・それって?何もしていない子供が「連帯責任」という性質で、義務教育を受けられる権利を迫害されたにある。その点から、その教員は・・

26条 _ [ 教育を受ける権利・教育を受けさせる義務 ]
国民は誰であっても法律に定めるところによって、その個人の能力に応じて、平等に教育を受ける権利を有する。国民は誰しも法律の定めるところによって、その保護下にある子供に義務教育を受けさせなければ、ナラナイ。..・・.。義務教育は、無償とする。

これに違反しちまったことになる。云わば、それが保護者であっても、ある子の保護者が学校授業中にいきなり現れて、他の子供達の前で自分の子供をひっぱたいて、授業を中断させた場合、他の子供達は怖がって授業を受けられなくなる。云わば、その性質も「その時間と空間で、教育を受ける権利を迫害される」は、何も悪いことをしていない子供たちの保護者を含め、子供達が安心して教育を受ける権利を守るべくに、その保護者は裁かれる(社会責任)ことは「適切な処置」である。

そのくらい解れ..・.・.。

しいて言えば・・連帯責任にしろ・・ビンタするにしろ・・「その教育が終わった後にしかるべきだな」・・それを心がければ、教育が終わった後に改善点を指摘し、もう少し冷静な指導へ至れる・・ビンタするにも・・放課後にしとけば、日本国憲法には触れなかったと思うが・・それでも・・放課後は、保護者の教育の問題であり、それは保護者が叱らねばならない・・

つまりは、「教員が怒るよりも、保護者に怒らせた方が手っ取り早いよな・・」保護者が怒ってくれない?その時は、市役所の児童相談所及び、教育委員会に相談を持ち欠けるべきだ・・自分ひとりで解決しようとせずに、

保護者&教頭&校長&担任&PTA&教育委員会

みんなで考えるのが筋だろう・・一人のために?
「ひとりひとりの子供たちのために、あんた等がいるんだろう?違うのか?」

故に、担任だけに背負わせず、担任がコミュニティーで相談しあえるように、問題の対象になっている子供たちの情報を、病院ネットワークの様に連係させ、問題を解決していく「学級対策連絡チーム」を形成すれば、そういう問題も速やかになくなりそうだな・・

そう、子供達に連帯責任というより・・それらに類する問題は、学校組織に対しての連帯責任が問える・・何せ、教育者が日本国憲法に接触しつつは、そのまんま..・.・.。

ドジ..-.-.。
何・・やってんだか?

バウ探偵事務所 所長 - 記述 -
- 20:49



花の飼育の結果..・.・.。
のんちゃん → 芽が出ない。
良い子 → 咲いた

ナメまくってる(T▽T;)。
(いちご vs トマト
・・両方とも食えると思ったから・・素直に従ったのに..-.-.。)


その植物にあった種の植え方や肥料及び水の量を間違えると、芽が出ない&枯れる等によって、花が咲かず、実りもしません・・飼育の前には、よく飼育する植物の情報を確かめてから種まきしましょう..・.・.

くそっ。( ̄へ  ̄ 凸
AD

NOTE_0452 テロ文章

テーマ:
対北海道大学病院及び北海道知事 - テロ文章 -


整形外科・・
「荒木さん私たちにできることは、これ以上はないです。」

・・ふむ。確かに・・痛すぎたら、やっぱり安静しかないもんな・・日本ならず・・どこの整形外科医だって・・首、背骨、足首の骨格3種に・・脊髄空洞症の手術痕に、首の脊髄空洞症がいっぺんに重なってしまえば・・手の打ちもなしか・・そういう手の打ちようもなしってのは、痛いときは「体を休めて安静にしていることこそが、もっとも適切な方針だからでもある」・・そういった意味で、

「荒木さん、どうすればいいのか自分でわかっていますよね?」

との疑問詞だっただろう・・病みが引くまで安静と・・そこまで痛くなるぐらいの痛みを控えて、ギプスを着用しつつ、痛みが引くまで安静にするは、もっとも優先すべくだった・・それを、言うこと聞かずにスケートしていたのは自分である・・それにかかわらず・・診てほしいときに行けば、見てくれるは・・邪険&たらいまわしの経験が多かっただけに・・だいぶ助かったといえる・・足に貼るシップ薬が・・背骨にも使えたとは・・「先に言ってくれ」・・飲み薬や痛み止めで痛みをとらずに・・背骨にシップを当てることで、痛みが緩和するは発見だったな・・

のんちゃんは、極端すぎるだけだ・・ゆえに、同じ二分脊椎症と思い込んで、ほかの障害者が、のんちゃんの真似をしてスケートをすると両足を失っちまう・・二分脊椎には・・少なくとも六大因子から細分化して6×8に48を見出せる・・その中で、合弁する骨格の変形や内蔵(血管系を含む)に神経と、人それぞれに異なる。二分脊椎症障害者は、誰もが同じではない。誰もがことなるからこそややこしい・・人体が連結しあうメカニズムの異変は、関連しあう臓器・骨・神経の異常が多々に食い違う。それぞれの合弁を解いて、一人一人異なったケースワークが必要になる。つまりは、「同じ二分脊椎症」なんてもんは、存在しない・・似ている症例であって、同じというわけには行かない。その辺が基本でもある。

脳神経外科
脊髄空洞症ではなく、首からくる因子・・で、思ったことは、歯のかみ合わせ・・虫歯が原因だろう・・北大の脳神経外科に受診したときに、気づいたのは・・歯の噛み合わせの悪さは・・首に負担をかける・・首の骨格の問題とのつながりは・・スケートでの上半身固定で口元に力が入るは・・首に負荷がかかり、両手に痺れ感を及ぼしていたことに気がついた・・根拠は、スケートをしないでしばらくとまっていると、日常生活では痺れ感をさほど生じない・・

 ・スケート
 ・歯のかみ合わせ
 ・首への負担
 ・首の骨の変形
 ・手の痺れ感

なれば・・バイオピースを作ってもらうしかないだろう・・これを口にはめてスケートを滑走すれば・・通常の3分2の首へかかる負担が緩和するは・・今後の滑走で両手のしびれ感覚は以前よりも治まるだろう・・


小児外科
出血を止めてほしいときに・・無理言って何度も止めてくれたな・・一時的・・その一時的でも、「力を出し切れる生き方」・・そんな生き方こそ、精一杯生きている実感があった・・出血の度に止血してくれたゆえんが、そのときに出したいときに力を出し切れた・・何よりだ、今後は、看護婦と医師のアドバイスに従い、フランジを、今よりもやわらかい素材に変え、スケートの滑走を控えることにする。

また・・20万種×3ジャンル(スケート&射撃&格闘=3)=60万種ステップパターンのうち、出血しやすい動き方を頭が理解している。出血しにくく、おなかに負担のかからない動きと意識の循環をすでに手に入れてある・・もう一度、止血してもらい・・

  ・素材の変更
  ・おなかを意識した動き
  ・こすれない排便食生活

これを基準にすれば・・出血の問題は取っ払える・・何よりも・・ものすごく臭い奴を・・拒まずに診療してくれたのは・・助かった・・大学病院だからって言うマインドじゃなかったな・・その点が、「いつもありがとう」って感じで受診できたといえる。

外科
腸閉塞だったのかは、わからないけど・・腸の動きが止まったことは確かだ・・一時期カテーテルを鼻からねじりこむのは・・拒否したものの・・下劣に痛ければ・・突っぱねる気力さえなくなる。あれ、やらなかったら・・多分・・死んでいたんじゃなかったのか?と、思わさるは・・その状態で・・糞便が出た矢先に、「自主退院」じゃ、主治医も「沈黙」で終われる・・痛みが消えれば動ける・・それ以上、そこにいる必要は無い・・それだけだ・・でも、やっぱり・・、こう・・ありえなかったはずの社会が・・ありえるような社会になったって雰囲気を感じた・・そう、地位や名誉にかかわらず・・生活保護&障害年金生活の国家の虫食いゆえども・・そこでは、助けてほしいときに「できる限りは、助けられる暖かさをくれる」・・そういう医師がいたってことは事実である。

泌尿器科
膀胱に機能障害があっても、働けないわけじゃない・・それは確かだ・・しかしながら・・現状の社会環境では・・逆流と麻痺による漏れが伴えば・・ stepcode や時間差の訓練で、一時期、膀胱が健康であるかのように、見た目健康そのものに見せることができたとしても・・3時間というタイムリミットと、尿がたまると逆流のおそえがあるは・・一般に社会の業務で・・3時間おきに仕事を切らしちゃ・・仕事とになるのか?その「3」の悪夢から、逃れられないでいる・・その3を、+1に引き上げれば、ウジャウジャしている葛藤が消える・・だが、薬治療ってもな・・北大の泌尿器科じゃ・・現状の維持に1ヶ月おきの定期的診断が関の山なのか?という疑問がぬぐえない・・

のんちゃんは、水分周期を把握して、24時間の指定時間に水分を指定量にそって補給することで、その時間での尿の出を測ってみたものの・・問題は、「思うように尿量排泄抑制運動」が成せない。この6年間・・ずっとやってみたんだ・・もんだいは・・膀胱がかたい点にあることと、膀胱に貯められる尿の量が少ないと・・50cc差でアンバランスがある・・この手違いが、逆流=腎臓へのダメージに結びつくは・・スケートで何度か熱を出して理解している・・スケート場では、製氷の合間・・1時間30分置きに導尿せざるを得なかった・・手厳しいもんさ、3多分・・この膀胱は・・2/3の尿が溜まる前に逆流しちまう・・また、1/3溜まる前に・・ステップを踏み込んだ場合・・8割のステップが踏み込めない状態だった・・いわば・・札幌に来て・・皆さんが目にしていたのんちゃんのフィギュアスケートのステップ技術は・・2割程度の浅いもんしかみちゃいないってことだな・・止むをえない・・自立を目的に、腎臓を壊さない範囲で、極力熱を出すことを避けながら滑走していたのだから・・は、どうでもいい・・

この逆流の問題は、逆流を抑制すべくくに・・そのつながりをよじる手術が必要になるが・・日本国内ならず・・現時点での医学では・・人間の手動では不可。デジタル回路の基板のように・・3Dで奥行きをスキャンして、コンピュータで正確な距離と角度を測定しながらの手術になる・・いわば、その機材が、現在の時代にはない・・つくったとしても・・コストは300兆円の代物になる・・これじゃ・・ロックフェラーも破産だよな・・ふむ。3Dスキャンの発展は・・そうだな・・防犯カメラの犯人追跡プログラムが完成しさえすれば・・それを臓器に応用できる・・国際じゃ・・まだ実験段階だ・・現状じゃ、どうにもならんのさ・・

基準としては・・

  ・膀胱のイメージトレーニング
  ・クンダリニーヨガ
  ・非公開
  ・非公開
  ・スケート/STEP CODE & SYSTEMCODE
  ・意識の循環(武術)

だな・・しんどい・・これだけ一生懸命に障害に向き合っても・・遊んでるってのが世間の頃合さ・・だが、のんちゃんの障害を知っている人は・・のんちゃんの体を見て・・だれも、遊んでいるとは思っちゃいないだろう・・遊んでいるからだか?アスリートの体か・・二分脊椎症でアスリートの体を維持しつつは、日々「痛みがあるは、堪えている証拠」・・ジムトレーニングが継続できないこと・・マラソンは、もがき苦しむだけ・・どのように筋肉を鍛えているのか?それを問えば、骨格&神経&内臓の障害を伴いつつも、その動ける範囲で、痛みを堪え続けるは・・耐える心で偲んだ筋肉とも言える・・だが、どんなに努力しようとも・・時間がかかるもんは時間がかかる・・どれも、これも難しいから、一度に一気にと言うわけにはいかない。


 ・医師の技量の発展
 ・デジタル医療の発展
 ・マインドの調整


もまた・・時間がかかるだろう・・肝心な医療の問題点が止まったままだと・・患者の病気に何が成せようか・・医学の発展を心から願う。それと同時に、自分も自分の体を知ることを怠らずに・・それらの経験をもとに医療へ貢献できるように努力することは、やめない。障害者は働くことよりも、真っ先に「自分の体を知って、自分自身と向き合い自分の障害を越えてこそ、自立を兆す」は、福祉六法を理解しろ・・何を、どのように働けるのか?働きながら、自分の体を悪化させるは・・福祉制度に何の意味があろうか?

「障害者の体にあった仕事を与えられる社会の形成」

厚生労働省に、それを問う・・あなた方のお仕事でもある。障害者が社会に合わせて仕事をしなさい!では、福祉という基盤に意味をなくす。社会が障害者に合わせた仕事を用意することに福祉に筋が通る。

防衛省における災害対策食料保存計画及び国際における食料不足に対する缶詰製造工場の建設及び、障害者が防衛省で働ける制度を設けろ!それならば・・数多くの障害者が国家制度及び救済と言う重要な目的なもとで一生懸命に働くこともできるだろうに・・つめもんなら・・以前のように、食中毒問題も回避できそうだし・・

こうやって、さまざまな知恵を振り絞り、障害者の知識が浅かろうとも・・均一的な力で国際社会に貢献できるお仕事を、日本国政府の皆さんが増やしてくれると・・のちのち生きがいを失ったホームレス問題及び、自殺者問題も・・「国際貢献」の意義のもとに解消されていくと思うんだけどな・・

いつになったら・・まともに機能してくれるのか・・あなた方、厚生労働省及び・・防衛省は・・あなた方があなたがたの環境による妄想(思い込み)を抜け出せない限りは、あなた方がまとも(社会貢献に発展しゆる歴史)と言う律に近づけやしまい・・

のんちゃんは、常に自分のできる範囲のお仕事をしていた・・給料は?仕事をしたら金をもらって当たり前と言う考えは・・あなた方の腐れた視野にある。原点は、日本円である。あなた方が働いた金銭もまた・・国のメカニズムにあるは、税金も働いたお金も最後は、国家と国際に吸収されるは、あなた方の税金は福祉制度に・・あんまり回っていないのが現実ってもんだ・・そんなことも理解せずは・・障害者は国民の税金の無駄では・・それ以上に税金の無駄遣いをしているは?厚生労働省及び文部科学省たちであった・・それ以前に、北海道の市町村である。

機会があったら・・対市町村テロ文章を打ち込もう・・どのように税金を扱えば・・北海道が隅々まで潤うのか・・だが、はるみちゃんらの領分は、庶民の「のんちゃん」がでしゃばりたくない。仕事をくれれば・・各市町村に赤字対策及び、発展案を打ち出さなくもないが・・ひとつの島の発展くらいどうとでもなる・・

高度な経済発展を望むことよりも・・北海道の自然のバランスを維持しながら、島と言うマインドを残さねば・・世界遺産が世界遺産でなくなりし時が・・北海道は切り札を失ってしまう。

硝子の小公女

テーマ:


凍る 氷 冬の巴里は凍えて
寂しさを紛らわす 孤児たち

街は とても美しい 迷路で
夢と童話を辿って 星を見た

青色のパラソルを回しながら
たくさんの夢を弾ませ そう

何度も 何度も 信じた 銃

あの街は廃れたまま オペラ
香る花が芽生えても 枯れて

パパ ママ 仮面をつけない
子守唄 流れる 朝 眠った


youtube file:A_Little_Princess_of_the_glass.wmv
Copyright:CFL