1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009-02-28 13:00:19

ゲイフォビアのない街をさがして

テーマ:メキシコシティ編
フチタン・デ・サラゴサという、メキシコのグァテマラ国境付近にあるネイティヴ・アメリカンが住む町の名前を、初めて目にしたのは3年前だった。

ゲイ差別のない街をさがして-1

フチタンとは、メキシコ・マチスモ(マッチョイズム)が色濃くゲイフォビアの厳しい国民性のメキシコにあって、「カミングアウト」という概念もないぐらい、当たり前にゲイやレズビアンやバイセクシャルやトランスセクシャルの人々が受け入れられている町だという。

当時僕はAll About[同性愛]のガイドになりたてで、必死で記事ネタを探しネットサーフィンをしているうちに、そんな情報に出くわしたのだった。フチタンでは、ゲイはただ単に第3の性として認識されているに過ぎない。。。。この一文に、僕の胸は踊った。ゲイ・フォビア(ゲイ憎悪)がほとんどないなんて想像もつかないような町で、ゲイ達はどんな風にして暮らしているんだろう。


ゲイフォビアは、世間にも自分の中にも、いつだって当たり前にある。どんな国でも程度の差こそあれ、ゲイフォビアはあるものだ。アメリカでは、ゲイ達は圧政やヘイトクライムなどと闘いながら力をつけ、今日がある。つまり、常にゲイを嫌う力と平等を訴える力とのせめぎ合いの中にいるのだ。ヨーロッパの多くの国でも、それは同じだろう。

イランなどでは、同性愛行為は死刑。このことを知ったときには、戦慄を覚えずにはいられなかった。日本に亡命しようとしているイラン人・シェイダさんは「国に殺されるよりも先に、親に殺される」と、語っていた。そのくらい、ゲイフォビアが圧倒的な力で国の隅々まで浸透しているのだ。

中国や韓国などでは、カミングアウトなんてできるゲイはごく稀だ。インドネシアでは大統領が、「外国の要人であったとしてもゲイには入国してほしくない」と公言した。あのゲイにやさしいタイですら、まったくゲイ・フォビアがないわけではない。「アタック・ナンバーハーフ」のような映画が出来るからには、ゲイフォビアと無縁ではないのだ。

日本では、堂々とケンカを売ってくるやつは少ないが、集団との一体感からはじきだされてしまうようになる。「それくらいナンだ」と思う人もいるかもしれないが、集団との一体感が日本人のアイデンティティを支える重要な要素なので、多くの日本人にとって、それはつらい。


ところがフチタンでは、そんなゲイフォビアが一切ないという。奥さんがフツーに「あ~あ、一人ぐらいゲイを産んどきゃ、よかったわよ。ゲイはやさしいし、親孝行だし、働き者だし、ゲイが家にいるのといないのとじゃ大違い。お隣はいいわよねぇ、ゲイが二人もいるんだもの。」な~んて、ため息まじりにつぶやいちゃったりするらしいのだ。

3年前、すぐにでもフチタンに行ってみたいと思った。
しかし3年前は、僕がNYから帰ってきた直後に9.11テロ事件があり、肝を冷やした記憶の新しいツレちゃんが

ゲイ差別のない街をさがして-2

と叫んだので、メキシコ行きは見送りとなった。翌年はパレードの実行委員をやったため、パレード終了後は疲労困憊して腐乱死体のようになっており、とても旅行どころではなかった。
今年も、ホントは行けなさそうだった。夏にゴージャス・タイ旅行に行ってしまったため、よぶんな金は全然なかったのだ(アパートの更新と車検もあったし)。
しかし胸に手をあてて考えてみると、昨年や一昨年よりもフチタンに行きたい気持ちは薄らいできている。夏は、フチタンよりもタイを選んでしまったぐらいだ。今年フチタン行きを見送ってしまったら、来年までフチタンへ行くモチベーションが持続しなさそうに思える。そうなれば僕は、ゲイフォビアがほとんどないというその町を見ないまま一生を終える事になるかもしれない。

行こうか行くまいか 迷いに迷ったが、「倉の財よりも心の財」と自分を説き伏せた。決心が揺らがないうちに飛行機の手配をするため、HISへ向かうワタクシなのでありました(またまた老後資金の切り崩し)。

HISでは、フチタンのあるオアハカ州までの航空券を手配する事が出来た。
航空チケットの代金は、総額15万円。う~ん、痛い出費。タイ旅行ではラグジュアリーホテルに泊まってのオホホな旅だったが、タイほど物価が安くないメキシコ(日本よりちょっと安いぐらい)ではそうもいかなそう。タイ旅行は「とことん自分を甘やかす旅」だったが、今回のメキシコ旅行は「自分にムチ打つ旅」である(Mだったらよかったのに)。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-02-27 13:05:47

実はフチタンて、けっこう危険!?

テーマ:メキシコシティ編
ホテルの手配はパセラ・メキシコ観光というメキシコ専門の旅行会社にお願いした。
今回の旅程は、

11月15日
成田→米ヒューストン(乗り換え待ち4時間)→夜に首都メキシコシティに到着して1泊
11月16日
メキシコシティ観光の後、夜に空路でオアハカ州の中心街・オアハカへ移動(深夜に到着)1泊
11月17日
オアハカ観光・オアハカで1泊
11月18日
オアハカ観光のあと、午後にバスでフチタン(移動時間約6時間)へ移動 3泊
11月21日
フチタンからオアハカに戻り、夜8時の便でメキシコシティへ移動 1泊
11月22日
早朝、メキシコシティからヒューストン(乗り換え待ち1時間)、ヒューストンから成田へ
11月23日
夕方に成田着

・・・・・・となる。
ほとんど誰も知らないような町であるフチタンでのホテルが予約できるかどうか心配だったが、パセラ・メキシコ観光ではちゃんとブッキングできた(もちろんゲイに関する現地情報などはなにもゲットできなかったが)。さすが、プロ!


あんまり余裕がないとはいえ、激安の木賃宿は避けた。
20代のうちなら泊るところなんてどこでもよかったが、30代も後半となると、湯が出ないとか泥棒が出るとかエアコンがつかないとか、そういうことにイチイチ対処している体力や時間がもったいないと感じるようになってくる。贅沢になったのではない。弱くなったのだ。
特に今回は、ホテルを転々としなければならない、自分にとっては苦手なタイプの旅。ホテルについたらキュ~ッと眠って、効率よく疲れを取り除きたいのだ。


また、サントドミンゴ教会などの世界遺産があることで有名なオアハカ州の中心街には、ホテル・カミノレアルという修道院を改装した厳かなる石造りの高級ホテルがあると聞いた。せっかくメキシコまで行くのだから、1泊ぐらいはそういうホテルに泊まってみたい。なので、奮発して予約した。ああ、楽しみ楽しみ(なんだかんだいって、お金を使うワタクシなのでありました)。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-カミノレアル

------------★------------★------------★------------

さてさて、旅の手配が済んだら、次は現地情報をゲット!である。


しかし、メキシコの超田舎町であるフチタンの情報なんて、日本語のサイトは勿論のこと、英語のサイトでもあんまりない。
フチタンに関する本が1冊だけ日本語に翻訳されて出版されているのを読んだが、訳が直訳に近くて読みづらい上、ゲイに関する情報はトランスセクシャルと大いに混同されていて(著者がノンケの女性だからねぇ)、あんまり役に立たなかった。

タイ旅行の時はあっちこちのサイトにゲイ関連の情報でもエステの情報でもなんでもあったし、Shigeさんやおすぎさんという現地のゲイスポットに超詳しい方々にガイドをお願いすることもできた。しかし、今回はそういうわけにはいかない。ほとんど情報がないまま、言葉も通じない場所に飛び込んでいかなくてはならないのだ(ああ、自分にムチ打つ旅)。


かなり焦って、Google検索の隅から隅までを覗いてみる。
出発の時点でわかっていたことは、フチタンでは女性が、経済においても政治においても家庭においても実権を握っている(宮崎駿のアニメ映画「もののけ姫」で、そういう国がでてきました)とのこと。町の中で必要なものは殆ど自給自足されており、他の都市から独立した流通機構が整備されていること。言語はおもにサポテカ語(なんだよ、サポテカ語って!辞書なんか売ってねぇぞ)であるが、8割以上の人がスペイン語を話せるとのこと(英語を話せる人はいるんだろうか)。


そして、まっ蒼になるような事実も発覚した。フチタンは、チェ・ゲバラをリスペクトする人々のゲリラ活動の重要拠点になっているらしい。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-危ねんじゃん

偶然見かけたスペイン語サイトに掲載されていた写真は、ライフルを肩に掛け、覆面をした男達の群れである。こんな奴らに銃でも突きつけられたら、いくらワタクシでもちびってしまう。突きつけるなら、別の銃にしてぇ~ん。ツレちゃんにこのことがバレると行かせてもらえなくなるので、ひた隠しにする。もう出発をためらってもいられない気持ちなのだ(危ない場所だとわかると、余計コーフンする)。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-ゲリラ

出発前には友人達に「殺されちゃったら、さよ~なり~。」と、珍しくシリアスな気持ちでメールを送信したのであった(バカか)。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009-02-26 13:08:44

そして、出発 まずは首都・メキシコシティへ

テーマ:メキシコシティ編
さて、いよいよ出発日。
まずはメキシコの首都、メキシコシティに向けて出発である。
フライトは、エア・コンチネンタル便で米ヒューストンに行き(所要時間約13時間)、4時間後に同じくコンチネンタルのメキシコシティ行き(所要時間約3時間)。20時間もかけて行くなんて、はじめての経験。2週間にわたる禁煙訓練と、しこたま買ったニコレットで、万全のニコチン禁断症状対策。飛行機の中では眠れないタチ(コーフンしてしまうのだ)なので、文庫本もたくさん買い込んだ。


今回の旅行に関しては、いろいろと武器を用意した。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-BOWS

まず、摂取したアブラを体外に流しだしてくれるというBOWS。なんでも、湾岸戦争で重油が海に流れ出てしまったのを処理した薬剤と同じ働きを体内でしてくれるらしい。
メキシコでは、さぞアブラっぽい食べ物の応酬だろうから、ハラに肉がつくのを恐れてコッペパンばかり食べてしまわないように、ツレちゃんがプレゼントしてくれた(どうせ食いまくっちゃうだろうから気休めが必要だったので、ありがたかった)。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-CYBER SHOT

レンズをひっくり返せて、自分撮りが出来るデジカメ(SONY サイバーショット)。二人並んでセルフで撮れるぐらいの広角レンズ・アクセサリーも買いました。これで、「すいません、シャッター押してくださ~い」と知らない人に頼まなくてもすむのだ。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-printer

そして、デジカメで撮影した画像をその場でプリントできる、ポータブル・プリンター。
スペイン語がまったくわからない自分だが、ちょっとでもメキシコのゲイ達とコミュニケーションをとりたい。一緒に撮った画像をプリントしてあげたら喜んでくれるのではなかろうかと、奮発して買いました(金もないくせに)。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-折り紙

和紙の千代紙。僕のちょっとした必殺技・ゴージャス折り鶴は、すこぶる外国人ウケがいいので、海外に行く折りには必ず持っていっています。日本人がめったに行かないところが目的地なので、フチタンの人になにか日本のものをあげたいけれど、撮影機材やらiBookやらでスーツケースはいっぱいいっぱい。折り紙だったら荷物にならないのでイイ感じです。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-リッキー

歌。リッキー・マーティンの「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」を、スペイン語で歌えるように練習しました。「僕の名前は、ウタ(ウタガワもタイジも外国人には発音しづらいようなので、そう名乗っている)です。ウタとは日本語でカンシオン(歌)という意味です。」と、スペイン語で自己紹介した後、「♪リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ~~♪」と熱唱して腰を振り笑いをとろうという、こすい戦略。いつも旅行な関してはポカばかりやらかすくせに、こういうところだけは用意周到なワタクシなのでありました。

------------★------------★------------★------------


11月に成田に来たのは初めてだったが、混んでいてびっくり。
しかし、今回はゲイっぽい人には遭遇しなかった。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-空港

8年ぶりに第2ターミナルからの出発だったのだが、第2ターミナルにはゲイが少ないってことはあるのだろうか(ねーよ)。各種施設やショッピングモールの配置などなど、第1ターミナルで慣れてしまっているので、たまに第2だと戸惑ってしまう。結局まずくて高い寿司を食い、円をドルに両替してはやばやとゲートイン。免税店でタバコとコロンを買ってコーヒーを飲み、さっさと搭乗してしまう。


ほぼ、満席の機内。通路側に座る僕の隣は、新婚旅行とおぼしきカップルでありました。
ダンナの方は、けっこうイケメン。13時間のフライト中、彼はほとんど眠っていたんだけど、足をぴたっとつけてきたり頭を僕の腕にもたれかけてきたり、ペンを貸してくれと甘えてきたり、夫婦でまったく英語が話せないので英語が必要なシーンでは子供のように頼りにしてきてくれたりと、何かとサービス精神旺盛なイイ奴でありました(ヌハハハ)。

【漫画】♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です-機内

アテンダントは、日本人は2人しかいなくて、僕らの席の担当はブロンドヘアのアメリカ人女性。といっても、UAやNWによく見られるイノシシのような凶暴なおばさん(でかいケツで体当たりしてくるから大嫌い!)ではなくて、痩せていて濡れた猫のようにしょんぼりしたおばさんでした。

13時間といえば、僕のフライト歴の中では2番目に長い(NYからの帰り便が台風で着陸できず15時間飛行機に乗りっぱなしになり地獄を見たことがあった)。たぶん、修羅場のようなフライトになるだろうと思いきや、スキンシップを積極的にしてくれるノンケのイケメン君のおかげで、快適なフライトでございました。ふひひひ、エロは偉大ぢゃ(オンナ連れだっつの)。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。