お砂場日記

長野発、東京・名古屋を活動拠点にして
類稀なる生命力で活動を続ける3ピースバンド、
砂場のVo.G担当者による日記。


テーマ:

わたなべよしくに(ソロ)

 

音楽的には去年の紹介で書いたことが結構気に入ってます。

http://ameblo.jp/jubileeshoes/entry-12096001781.html

 

 

一言で妖怪。

天才と紙一重の妖怪。

 

寝泊りは野宿をすることが多いというよしくにくん。

ホテルをとっていると言って会場を後にして、

実は野宿だったということを知ることもしばしば。

行動が読めなすぎる。

 

去年のサーキット後も公園で寝て起きて、

飲みかけの缶ビールに手を伸ばしたら

なめくじが這っていてもう飲めなかったなんて記録を見つけて、

胸を抓まされるような気持になったから今年が心配。

 

 

何気なくで聞いてみたら、今年は翌日が早いから

大阪に帰るということで安心。残念だけど安心。

でも、しれっと打ち上げに残っていたらそういうことだと

理解してよしくにくんとたくさんビールを飲みたいと思う。

 

上がってた中で選んだのはこのMV

砂場が一緒に共演させてもらった時のライブ映像。

出会ってから、なんだかんだ長くなってきたから

依然掴みどころのないままのよしくにくんが

これから先も続けていけることを願う。

 

やめてしまうほうが楽なことたくさんある。

やめたほうがダメージは圧倒的に少ない。

わずかなプラスのためにそんなマイナスを背負うなんて

どうしてだろうって、僕だってそう思う。切実に。

 

答えが見つかったらやめられるのか、

見つけたらやめられなくなるのかわからないけれど

胸の中を無性に掻き毟りたくなるような衝動に駆られた

彼の音楽の確かな感動を、また味わいたいと思うから

みんなで支えていってほしい。

ただただ希少価値。保護すべき対象です。

でも、野生だから逃げるかもしれないけど。

 

 

やめるよ/わたなべよしくに(ソロ)

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

Mona Monica

 

こちらも去年も出演してくれたバンド。

超絶ざっくりした紹介の仕方をすると

金髪ショート女子がフロントマンのギターロックバンド。

属性ってなんとまあ軽薄なものだろうか。

 

去年観たときはバンドがまだ始まったばかりで、

探りながらの試行錯誤中という感が見受けられたものの、

そこからどんどんと練度をあげていて

楽曲の印象もより洗練されてきているように思う。

仄暗い感傷を突き刺すように歌うハイトーンボーカルを軸に

ひとまわり大きくなったバンドサウンドのスケール感。

端的にカッコよくなってます。

 

今後どこまで行けるか。

どうせならどこまでも行ってほしい。

 

 

花嵐の季節に/Mona Monica

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

muuka

 

去年に引き続いて2回目の出演。

詳しくは去年のブログも見てみてもらえたらなと思う。
http://ameblo.jp/jubileeshoes/entry-12095997560.html

 

砂場のライブではかなりの高確率でドラムのもっちーくんが

遊びに来てくれていたんだけど、今年はわざとか!

と思わせるくらいにライブがかぶってたりしてて、

一時期ほど会わなくなってたんだけれど、

また一緒にやれたら、と今年もオファーしました。

 

隙間なんて無いと思ってた心の繋ぎ目からも、

不意に染み込んでくるような外くんの歌、

パルル会場の暖かさで観てみたいと思っていたから

どういう映え方をするんだろう。楽しみです。

 

 

岬にて/muuka

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

MILKBAR

 

MILKBARは京都のバンド。

良質のポップミュージックを磨き上げた楽曲を、

優しさを何重にも重ねたような歌声がハイトーンでなぞってゆく。

 

去年のサーキットにも出演してくれていて、個人的に

その時の会場の熱狂が今も記憶に新しい。

CDで感じられる楽曲の洗練された優しさとは対照的に

ライブではよりバンドのアンサンブルが誘う高揚感が強くなって、

身体を揺らしたくなってしまう。

 

今年はその感覚を思い出したくて、

ハートランド会場のトップでお願いしました。

ぜひ、トップギアでこの日を始めてほしいです。

 

君に涙、僕に涙/MILKBAR

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

macico

 

日向文として活動していたaya、

ハチミツシンドロームとして活動していたtom

その二人によるユニット。

 

個人的には日向文を経由して知ることになったからまずはそこから。

等身大の感傷を溢れんばかりに塗りたくった歌と言葉に

シンプルなアコースティックギターを添えて、

それこそ溢れかえるくらいの数多がうごめく

弾き語りギター女子というカテゴリーに存在を余儀なくされていた彼女。

その真っ只中で中指を立て、凛として歌い放つ姿勢に

女性リスナーの共感が多く寄せられていたことは

今になって尚、よく理解できる。

 

そのスタイルの正反対を行くようなユニットとして生まれたmacicoは

男女ボーカルデュオ編成。

思春期が終わったと告げられて休止したソロ活動から

春を思わせるような音楽が生まれた。

目を閉じたら体感温度も春に向かいそうな軽快なポップスを

ベースとした音楽に二人のハーモニーがどこまでも心地よく響く。

 

影も光も、熱も冷たさも、纏わせる属性でここまで世界が変わる

その純度の高い声は、天性と言うべきなんだろうな。

 

ソロの活動もひっそりと再開されたという報も聞こえてきた。

これからはその両輪で彼女の歌を聞ける機会があること

楽しみにしていたい。

 

 

MUSIC/macico

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。