Daraja -from Kenya-

✡皆様のHappyのスパイスになるよう祈りを込めて✡

Handmade African goods...
Kenyaのママ達から布を買い、日本で沢山の人達にAfricaの素晴らしい顔をしっていただき、Africa市場の活性化を小さくとも少しずつ広げたい。そんな気持ちではじめました。


テーマ:

こんな話、特別公の場ですることでもないのですが、、、

年末の決意表明で書いていたので、応援していただいていた方にきちんとご報告を。と思いまして。

 

終わりとはじまり。 ”End” is where we always start from.

生きるって、この繰り返しなんですが。


今まで生きてきて、自分の動物としての直感、自分の嗅覚と心と魂の反応を元に、神様の声を聴いて動いてきました。

その結果、本当にすばらしい巡り合わせに恵まれ、あり得ない経験を沢山させてもらった。必然の巡り合わせが沢山でした。

 

彼と出会ったことは私の中で本当に大きな存在で、私がアフリカに魅了された原点がすべてそこに集約されていたといっても過言ではない。

 

見たかった、感じたかった、還りたかった。この思いをすべて満たしてくれた人と場所。
そこに出会えたからこそ、日本に戻ってこれた。日本人として生まれたのに大きな違和感を持ち生きてきた私が、日本人になるための必要過程を与えてくれた人と場所。

 

アフリカに魅了された17歳から12年経ち、一つの区切り。

 

この数カ月、彼には想像もできない世界のことを沢山話して、大変な決断を迫っていたと思う。最後は私もムキになっていたと思う。

一緒にいたからこそ、この日本社会のスピードを押しつけると彼がどれだけストレスになるかも理解していた。

理解しよう、落とし所をお互いにみつけようとケニアにいる時と全く状況は変わらなかった。さすが、穏やかな彼らしい気遣いがたくさんあった。


本当にケニア人なのか?日本人なんじゃないか。と思うほど繊細なココロ。

ただ、ずっと村で生きてきた彼のライフスタイルからはやはりどうしても現実味を帯びてこない日本のライフスタイル。
 

最近は、お互い話題にすると電話でも伝わるほどの重い空気が流れてた。

 

彼の携帯はいつ壊れてもおかしくないようなボロボロだったので、いつからか唯一の日々のツールFBのメッセンジャーでの会話もなくなり、電話しても途中で切れてしまう。

頑張って買ったスマホで「オンラインで話せるよ~!」とテンション高めにWhatsAppで連絡来たのもつかの間、バイクタクシーに乗っているときにスマホを落とし、それも水溜りの中。というドンくさい彼。笑

 

基本的にはあまり気にしない私も、さすがにそもそも遠距離なのに連絡とれないのはもどかしかった。

で、数週間前の電話が途中で切れて、それからは携帯が完全に繋がらなくなった。完全に故障したのか、はたまた。。。理由はわからぬまま。

 

まぁ、こうなって悲しくなるのが普通なのかもしれない。でも、私もやっぱり神様に委ね、受け入れる人なので、その時に全てを悟って、ストン。と心に落ちて、今まで何度か感じてた自分の心の声と作りだす思考の不一致をきちんと受け入れたのでした。

 

付き合おう!ともいってなければ、別れよう。とも言っていない。

 

というか、私が勝手にこれまた判断しているだけなんですが。

そうでもしないと前に進まない、待てど暮らせど先見えないアルアル。笑

 

なんだか自然と始まって自然と終わって、、、面白い。

 

嫌いになったわけでもなんでもない。タイミング、生きるべき場所が違うだけ。

 

何度も何度もブログに書いていることで、私は幼い頃からの環境もあってか、基本的に、個人で物事を見ることが多い。


それぞれの生きる使命と生きるべき場所を尊重したいからこそ全てを受け入れる。無理に一緒の場所にいる必要はないと思っている。

 

もちろん、一緒にいたい気持ちはあるけれども。私の中での優先順位が違う。

 

その時、その時居るべき場所は変わるし、アンテナの差す方向も変わる。

 

関係を断ち切るとか、突き放すのではなく、お互いの心と魂が最大に解放されて一本の光がとおっている状態であってほしい。

 

彼との出会いがなければ、私は今日本で大切な場所に巡り合えなかっただろう。私になる前の私の記憶、やり残してきたことをやりきらしてくれた事にただ、ただ、感謝です。

 

アフリカのとある村の人の考え方はなかなか?ほとんど?日本社会の考え方からは理解してもらえないことが沢山なので、説明するのも大変なので、、、ここら辺で割愛します。


私は全くもってHAPPYです^^次のステージにワクワクしています。

 

また、きっとタイミングが与えられれば、何かの形でつながるでしょう。

 

いつか、また会えますように。

 

インシャアッラー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。