パステル画家・暦師J.T高木のブログ

様々な活動をしているパステル画家・J.T暦師高木のブログです。
お誕生日の暦を読み解く個人鑑定は数千人以上させていただきました。
パステルボランティアは2010年5月より続けています。
2017年11月にはベルギーアントワープでパステルアートの展示会をしてきました。


テーマ:
小原先生の福岡講座を受けて
昨日北九州若松MISAさんちで分かち合いしました!
以下はMISAさんの記事のコピーです。
*時間は生きている。流れている。

*死んでいる時間で物事を見ない。

*大局を見る。広く見る。

*自分を演じない。

*生きていることそのものがシンクロとテレパシー。

 体感する、感じる。

*12:60はピラミッド型で、お金・モノに向きやすい。

 →考えなくなるロボット。

  心の制限・思い込み→自由度が失われる。

*引き寄せるではなく起こっていることに気付く。

 つながりをみる、みつける。

*体でわかっていないと落とし込めない。

 頭だけの情報はつまる。

 体を自然な状態にする。

 →体の凝り・心の凝りから自由になる、柔らかくなる。

*決めつけない。

*キーワードに縛られない。

*知ったうえでどうするか。

*伝わらない人にはハイヤーセルフに伝えておく。

 

難しいことは何もないのです。

ただ、自分の感覚に正直に生きる。

直観でいい。

基本を踏んだ上で、自由でいい。

 

この12:60の世界は取り込もうとする力が働いている世界。

恐れを発信して、あおって、根拠のない安心を売る世界。

 

安心も幸せも豊かさも、全部自分の中にある。


13の月の暦は自分を自由に導く暦。

自然と調和して生きるための暦。

 

自分勝手とか、わがままとかとは違います。

自分本来のあり方を見つけることで自由になるということです。

 興味のある方は、どなたでも始めることができます。

気づいたことを進められます。

 

 

次の我が家の集まりはツォルキンの始まり、KIN1の日!

スペクトルの月23日。

G暦5月24日。

 

新しい銀河スピンの日に、いろいろなことを分かち合って

楽しみましょう!

 今日もいつもありがとうございます。

(以上MISAさんのブログより。)


それから

小原先生のブログ記事です(≧∇≦)

http://happykulika.blog91.fc2.com/blog-entry-930.html


小原先生の新刊出版記念ということで
天神の書店で1日目開催でした。
{91C46259-5B80-485B-ACBF-4EF54C9B1AFB}
新刊の本そのものについては、今回の講座には
間に合いませんでしたが
それについて濃いお話しがきけました。

1日目2講座目
心が自由になる『13の月の暦』では

江本勝氏との共著
『銀河のマヤ、聖なる時の秘密』の内容に則しながら、
『13の月の暦』のソース情報である『ドリームスペル』と『マヤ暦』の関係…
その”本当の意味”と”活用方法”についてお伝えいただきました。
{75C32E99-0823-4D95-891B-B128E2D227EF}

{6ECEEBE7-76A0-492F-AC5D-237BFDFA0111}
シンクロニシティが当たり前(!)となる「自然時間」は、
”心の自由度'と深い関係があります。

なるほどね!
{B75F693C-9440-4CC9-A04E-50CAF76D8005}
その次の日
小原大典先生に

志賀島の喜多乃家さんにて
「13の月の暦基礎」
まったく初めての人も安心!
{D28CC7FB-52A1-4BFB-B4CA-843B76677B67}

そして
切り口も
面白かった〜

午後

天真体道瞑想クラス」
{A53F6971-1A29-4F72-ABAC-34A7503A358B}
「天真体道瞑想」をたっぷり実践!

美しい志賀島の海の目の前で!
{3F8C6A9D-3D88-4534-AF9D-D43A69506FE3}

体を整え
柔らかくすると

心も整い
柔らかくなるんですね!

ホゼ博士も
暦が入り口ですが
その暦から
宇宙のエネルギーをカラダや脳で
どう感じるのか

まあ、最初からホゼ博士は
ツォルキンとDNAの絡みを研究していたわけで

その流れは
当然と言えば
当然ですよね!

最後に「春分の円卓」

銘板、その他シェアや質疑で応じていただけました!

絶対拡張キンって?
ホゼ博士の著書では、そう!
コーランとからんでましたよね!
その辺の話も
みんなでシェアできて良かった!

鏡の向こう?
とか、それは、ドリームスペルのどこを
切り取って出てきたのか
その他
大元がどこにあるのか
他にも質問は
いろいろ出て

はじめての方は

「いつになったら、そんな質問ができるようになるんですか?」と懇親会で
話しが出たほどです。


ホゼ博士の13の月の暦は
日本にある「マヤ暦」とよばれているものの大元だから

ちょっとした疑問を調べると
すぐに深い学びを得るものです。

13の月の暦は
壮大な銀河の叡智の入り口だから
それぞれの気づきから
好きなように深めていける
楽しいツール!



暗記とか
マニュアル探しは
やめて
自分にとっての銀河!
自分にとっての暦を見つけて欲しいなあ〜

面白いよ〜♪



「ツォルキンと易」については

そう、春分の円卓のときに質問させていただきました。
まず、ツォルキンと易との絡みは
20の銘板というものの1部であり
それ以外に出どころはなく

それは、
まず、
期間限定のワークであり
すでに
終わったもの
しかし、それに今でも
こだわるのも
それぞれ
各個人の自由意志

でも、20の銘板全体の成り立ちも知らず
一部である
それを取り出すこと
それは、いかがなものだろうか
その
判断も各個人の自由意志

毎日のKinに易を当てはめて
試してみるのも
それは、自由意志。

誰かさんが
言ったことを鵜呑みにするのは
そもそも
この暦の目的からは
大きくはずれる

という内容のことを

この20の銘板
日本語版製作スタッフ代表であられた
小原大典先生は
おっしゃってましたよ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

パステル画家・暦師J.T高木・パステルボランティアチーム代表さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。