こんにちは。温か相続プロデューサーの友田純平です。

 

先週、2月17日(金)には、民事信託セミナーに参加してきました。

講師は、実際に案件を受注している国内では数少ない方。しかも2名!

 

 

講義の中では、単なるテクニック論だけではなく、

実際に案件を受注している先生だからこそ言える『生のお話』をたくさん

お話いただきました。

 

ここで少し私のお話をさせていただきたいと思います。

私自身、当ブログにて信託に関する記事を多く投稿していると思っています。

関連する書籍も複数購入して読み、知識もそれなりにあります。

 

しかし、案件を受注できるのかという不安も持っておりました。

 

1番の理由は、

私自身が「信託制度を使いたい!」と言うお客様に

直でお会いしたことがないことです。

 

勉強会や購読をした書籍、また高齢者が増える社会状況から

「ニーズはおそらくありそうだな」という印象は持っています。

 

しかし、

お客様の生の声を聞いていないため、本当に求められているか不安。

もしもやりたいという人が現れたときでも、

従来の司法書士報酬から比べたときに高い報酬金額を受け入れてくれるかも不安

をそれぞれ持っておりました。

 

プレセミナーの中では、これらの不安を解消できるくらいの情報をいただけました。

 

「興味が無かったお客様に対して、必要性を気づかせるために使えるチェックシート」

 

「高額な報酬でありながら、それでもお客様から『やりたい』を引き出す仕掛け」

 

そして、何より現場で生じているお客様の生の困り事を聞くことができました。

 

「自分が育ってきた実家が、空き家となり廃れていってしまう危険」

 

「家族という近い関係だからこそ、言い出しずらいお金の話」

 

「経営権を引き継ぐことについて、現制度では柔軟にやりづらい。

結果、後回しになっていること」など

 

また、お客様は『やりたい』と言ったけど、受注をしなかった案件のワケも

お話しいただきました。

 

プレセミナーを受けて、自分でも受注につなげられそうなイメージが持てました。

もしも、受注出来たら先生方に知恵をお借りして進めていきたいと思い、

これから初受注を目指し、動いていきますビックリマーク

 

 

もしも、興味がある人は3月27日(月)に東京にてあと1回だけ開催が決まっているようです。

詳細情報はコチラをご覧ください。

 

※司法書士法人ソレイユのセミナー紹介ページ:

http://votre-soleil.com/information/1194/

 

お読みいただきありがとうございました。

 

温か相続プロデューサー

友田純平

 

AD

コメント(2)