戦車兵のブログ

元陸上自衛隊の戦車乗員である戦車兵のブログ
北海道在住でマニアックなメカとしての戦車じゃなく、戦車乗りとしての目線から自衛隊や戦史、戦車を見る!!。
ブログの内容・文章・画像を許可無く無断転載を禁じます。
悪質な場合は著作権侵害となりますのでご注意下さい。


テーマ:

戦車兵のブログ 「金正恩はなぜ太っているのか」

人の体形を太っていようが、禿げていようが大きな御世話で笑うべきじゃないがも北朝鮮で肥満は権力者の権威ある印のようだ。

以下産経ニュースより転載



 【ソウル=黒田勝弘】北朝鮮の20代の新指導者・金正恩氏についてその肥満ぶりがあらためて国際的関心を呼んでいる。「貧困と飢餓の国の指導者がなぜ?」という疑問だが、ソウルの専門家たちの間では「普通の人とは違うという他者との絶対的差別化で“貴種”をイメージ付け人民に君臨するため」というのがもっぱらの分析だ。

 脱北者たちの多くは金正恩氏の肥満について「1人たらふく食って何だ、とかえって反感を買うだろう」というが、研究者たちは「“金王朝”といわれるほど伝統的な考え方が強く残る北朝鮮では、肥満は依然、権力と富と権威の象徴であり、指導者への信頼と忠誠をもたらす手段だ」という見方をしている。


戦車兵のブログ
過去2代の金日成・金正日父子も肥満で知られたが、金正恩氏もその「肥満の統治学」を遺訓として受け継いだというわけだ。

 その意味で金正日の死にはナゾが残る。3年前に脳卒中で倒れた後、急に痩せ、それまでパンパンだった腹が引っ込みスリムになりながら、晩年はまた太っていたからだ。

 年配者の肥満は禁物だ。とくに脳や心臓系に問題がある場合はそうだ。医師たちは肥満の危険性を繰り返し指摘し、ダイエットを助言したはずだが、結果的には肥満がぶりかえし心筋梗塞で急死した。肥満が命取りになったかもしれない。



戦車兵のブログ



医師たちは肥満の危険性を繰り返し指摘し、ダイエットを助言したはずだが、結果的には肥満がぶりかえし心筋梗塞で急死した。肥満が命取りになったかもしれない。

 金正日の肥満へのこだわりも「最高指導者として最後まで権力と権威を誇示し、人民の信頼と尊敬、忠誠をつなぎとめようとしたのではないか」(専門家筋)というわけだ。

 金正日はかかとの高い靴や髪の毛をかき上げたヘアスタイルなど、小柄な身長をカバーするのに苦心したフシがある。この“体格コンプレックス”があったため後継者・金正恩には“帝王学”の一環として生前、肥満の政治的効用など“見栄え”の重要性を強調していたかもしれない。

 “肥満指導者”が貧困社会の北朝鮮で依然、忠誠と信頼を得るのか、それとも今度は民心離れにつながるのか「北の変化」の一つの目安として注目される。

(産経ニュース)


戦車兵のブログ


まぁ御国が変わればいろいろ違う文化があるし、笑い者にしてもバカにしても始まらないね。

この国の流儀だから。


共産主義を世襲制にするやり方、きっと中国もロシアもやりたくてもやれないでいる分、共産主義国では先進国なのかもね。

いいね!した人  |  コメント(6)
PR

[PR]気になるキーワード