鳩山由紀夫首相は24日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を、現行案と同じ米軍キャンプ・シュワブ沿岸部のある同県名護市辺野古付近とする方針を表明したことについて「住民の安全はもちろん、環境面に徹底的に配慮する新しい形を何としても作り上げたい」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

【首相の一問一答のことばを読む】普天間「覚悟を決めて臨んでる話」4月15日

 首相は、辺野古への移設を否定してきた自らの発言との整合性を問われ「批判は甘んじて受ける。辺野古ということだが、現行案ではない」と説明。「現在の朝鮮半島、アジア情勢を考えた時、日米関係をしっかりとした信頼関係の上に乗せることが大事だと判断した」と述べた。【青木純】

【関連ニュース】
普天間移設:首相「辺野古」を初表明 「混乱招きおわび」
普天間:辺野古移設 「つける薬ない」 裏切りに沖縄怒り
<ニュースがわかる>基地の島・沖縄が揺れている 不安と負担
【写真特集】問題はどこに 普天間基地を写真でみる
普天間移設:キャンプ・シュワブの代替施設、自衛隊も共用

裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感―横浜地裁(時事通信)
<普天間問題>首相、環境面に配慮徹底…「辺野古」移設で(毎日新聞)
<「猫に餌やり」訴訟>加藤元名人、控訴を断念(毎日新聞)
<性犯罪>市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」(毎日新聞)
傷害罪の成否カギ シー・シェパード元船長、きょう初公判(産経新聞)
AD