将棋の元名人加藤一二三さん(70)が野良猫に餌を与えたため悪臭などの苦痛を受けたとして、近隣住民らが餌やりの中止と損害賠償を求めた訴訟で、加藤さんは26日、取材に対し、餌やり中止と計約200万円の賠償を命じた東京地裁立川支部判決を受け入れ、控訴しない考えを明らかにした。加藤さんの敗訴が確定する。
 加藤さんは理由について、「判決はわたしの行動を、野良猫の総数を減らそうという地域猫活動の精神に沿っていると認めており、内容に大きな不満がない」としている。 

【関連ニュース】
将棋最高齢の有吉九段が引退
羽生が3連覇=将棋名人戦
将棋元名人に餌やり中止命令=集合住宅野良猫訴訟
羽生が3連勝で「王手」=将棋名人戦
「もう一花、全盛期の将棋を」=旭日双光章の内藤国雄さん

鳩山首相、普天間合意「現行案に戻っていない」(産経新聞)
「HIV検査を受けに行こう!」蒼井そらさん厚労省で訴え(産経新聞)
自転車専用通行帯に路上駐車相次ぐ 利用者からは不満の声(産経新聞)
老齢加算廃止、2審も合憲(産経新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏らの公認発表(産経新聞)
AD