拙著読者の方からの質問への返信

テーマ:

久しぶりに投稿いたします。

参考になるか、わかりませんが、わたしなりの後輩育成に関する

質問をお応えしております。


1.最近の若者は叱られた経験がないので、会社で叱られるとキレたり、拗ねたりすると言われています。

  そこで叱られ方の研修を行うことを考えていますが、ディズニーランドではどうしているのでしょうか。

★ディズニーでは特に「叱られ方の研修」は行っておりません。

 ただし、ディズニートレーナーは、指導方法を研修で習得します。

 「ケーススタディ」を基にロールプレイングを行いました。

2.最近の若者はマニュアルどおりやるので、メモをとらない、質問をしないので、教育を行う必要があります。

  研修ではなく、OJTで教育すべきなのでしょうか。

★OJTで無条件でもメモをとる、質問をさせるトレーニングが必要と思われます。彼らは、その習慣がないと思うのです。ですから習慣づけすることが大事です。 メモや質問の重要性は事前に説明することが必要ですが、実際にデビューした後は、自身肌で大切さを感じるはずです。

 ただし、デビュー後も先輩がよく見てください。そして徐々に指導を減らしてください。

3.仕事の基本の研修は行わないのでしょうか。

★仕事の基本中の基本は、研修で行います。全員が同じ知識や技術を身につけなければならないものですね。

 「接遇」や「接客マナー」等はその例です。

 また、「仕事とは」を研修で伝えるべきだと思います。

 著書に出てくる「ミッション」や「行動指針」もこの「仕事とは」に含まれます。

これからも健康に留意され、ご活躍ください。

★ありがとうございます。先月○○県で講演いたしました。

 1日だけで生意気なようですが、○○が好きになりました。

  (○○県ですか?間違っておりましたらご容赦ください)

 季節の変わり目で体調を崩しやすいと思います。

 ○○さまもお身体をご自愛くださいませ。


ご参考になれば幸いです。福島文二郎

AD