千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、県警松戸署捜査本部は17日にも、荻野さんのキャッシュカードで現金を引き出した窃盗容疑で逮捕した無職、竪山辰美容疑者(48)を強盗殺人と現住建造物等放火の疑いで再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、竪山容疑者は昨年10月21日、荻野さんの胸などを包丁で刺して殺害し、22日に放火した疑いが持たれている。県警の調べに、竪山容疑者は荻野さんを包丁で刺し、部屋に放火したことを認めており、経緯を記した上申書を提出している。

 また、捜査本部は供述に基づき現場近くで荻野さんのものとみられるTシャツなどを発見。シャツに付着した血痕のDNA型が荻野さんのものと一致したうえ、遺体の首にあったストッキングの遺留物と竪山容疑者のDNA型が一致したという。【神足俊輔】

【関連ニュース】
千葉大生殺害:窃盗容疑で男再逮捕、カードで現金引き出す
千葉大生殺害:遺体のストッキングから無職男のDNA型
松戸女子大生殺害:ATMの男27日にも再逮捕 窃盗容疑
千葉大生殺害:前日、現場の部屋で1泊…関与認めた男供述
千葉大生殺害:「放火し窓から逃げた」ATMの男供述

<GWG買収>韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)
国交省でも独自に調査=トヨタのリコール問題(時事通信)
予算案、26日衆院通過目指す=与党(時事通信)
女性20m引きずり死なせた職安職員を懲戒免職 大阪(産経新聞)
続投に国民の厳しい評価、小沢氏は強気の姿勢(読売新聞)
AD