競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

フェブラリーS  狙い方


ダートのGIは、JRAで二つだけ。
二つしかないビッグレースなのに関わらず、
フェブラリーSには近年、すべてのスターホースが集結しない傾向が強まっています。
その理由は、ドバイワールドカップの存在です。
今年の場合は、JBCクラシックの勝ち馬アウォーディーと
東京大賞典の勝ち馬アポロケンタッキーがドバイに向かったため、ここを欠席しました。また、川崎記念からの間隔も微妙に短く、
施行時期的にもコース形態的にも、いろいろと問題が少なくありません。
GIだからといって、
必ずしもダート王決定戦と言い切れない面があります。

■意外と差しは届かない

■4歳馬対5歳馬

■スペシャリストのためのレース

以上を踏まえると、狙い馬は数頭に絞れます
 
 
最終追い切り情報
 
 
陣営コメント
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フェブラリーS調教採点
 
 
フェブラリーS調教採点

1位 モーニン S


朝一番の坂路で自己ベストを更新。
後半2ハロンで11秒台を連続で計時する豪快な動きを披露



2位 カフジテイク A


格下僚馬相手に坂路で先行先着。
今回、手戻りの津村騎手とのびのびした走りを見せた



3位 ゴールドドリーム A


Cウッドで併せ馬。M・デムーロ騎手の合図にも瞬時に反応し、
大きなフットワークで僚馬に1馬身半先着


<フェブラリーS>

過去10年を参考にする。

◆上位人気を信頼 1番人気の勝利は08年ヴァーミリアン、
10年エスポワールシチー、11年トランセンド、
15年コパノリッキーの4頭。昨年のノンコノユメは2着だった。
2番人気は1勝2着2回、3番人気は2勝2着2回。
連対馬20頭中12頭は、1~3番人気の馬が絡んでいる。

◆伏兵の台頭も 上位人気が強いG1だが、
7番人気以下の穴馬も3着以内に7頭絡んでおり、
3連単10万超えは3回。14年は最低人気のコパノリッキーが勝ち、
94万9120円の大波乱となった。

◆追い込み注意 脚質別成績を見ると、逃げ=1勝(2着なし)、
先行=6勝(2着4回)、差し=2勝(2着1回)、
追い込み=1勝(2着4回)。先行有利だが注目すべきは、
4角10番手以降からの追い込み。
昨年のノンコノユメは12番手から上がり最速34秒7の脚で2着に食い込んだ。

◆馬連は波乱含み 馬連の平均配当は、
14年に8万4380円の高配当が出たため1万1848円と高い。
3桁配当は10年の890円、16年の680円の2回。
万馬券は3回出ている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フェブラリーS

■サウンドトゥルー集中して単走

サウンドトゥルー(せん7、高木)は15日、
坂路を単走で追われ、4ハロン54秒0-12秒9をマーク。

頭の高いフォームながら最後まで集中して駆け抜けた。
川崎記念(2着)から間隔が詰まっているが、
高木師は「最近は使った後に反動が出ない。今日は確認でさらっと。
調教でそんなにビュッと動く馬ではないが、順調に来た」と話す。
鞍上未定のままだが「あまり癖のない馬。
決まったら金曜日に少し感触を確かめてもらう」と万全を期す。



■ノンコノユメ3頭併せで2馬身先

昨年の1番人気ノンコノユメ(せん5、加藤征)は15日、
ウッドで3頭併せ。エクストレミティー(古馬1000万)、
ハートリッチ(3歳未勝利)を従えて6ハロンから加速。
首を下げて気合を表に出すと、直線は3頭の一番外へ。
リードを保ったままゴールでは2馬身先着した。
調教駆けするタイプではなく時計はかかったが、
先週、先々週としっかり負荷をかけた。加藤征師も「
あまり精神的ストレスをかけないように(3頭の)先頭を走らせた。
状態は少しずつ上がっている」と及第点を与える。去勢後は4、6、4着も、
減った馬体が戻り切らなかった影響もある。そのため、
前走後は美浦近郊のムラセファームに短期放牧。
追い切り後も450キロ台をキープしている。

今回は【4 1 1 0】の東京が舞台。「
ワンターンのマイル戦は走りやすいと思う
。結果を出したいね」と師。輸送対策で金曜日に東京へ入厩。
昨年と同じくらい(454キロ)の体重で出走できれば、
自慢の末脚が復活する。


■ キングズガード(牡6、寺島)の心肺機能が高まっている。

栗東Cウッドでスプリングボックスに1馬身先行。
相手に合わせてスピードを上げ、楽に頭差先着した
(6ハロン84秒4-12秒3)。

寺島師は「上積みがあるし、行きっぷりもいつも以上。
間隔が空いた前走とは反応も違うはず」と好感触だ。


■JRA・G1初挑戦のニシケンモノノフ(牡6、庄野)は坂路で単走。
しまいにしかけられラストは12秒1、全体4ハロンも52秒2と時計が出た。
庄野師は「馬場状態も良かったね。ただ真っすぐ走れていたし、
動きはいい。コンスタントに使いつつ、状態を維持している」と
出来に太鼓判を押した。


■デニムアンドルビー(牝7、角居)の心身は整っている。
朝一番の坂路でエルビッシュ(古馬1000万)と併走。
4ハロン53秒1-12秒0で伸びやかに半馬身先着した。
辻野助手は「体調は確実に良くなっている。
初ダートで久々のマイル。甘くはないけど、
芝スタートでうまく加速すれば」と大仕事を狙っている。


■14、15年の覇者コパノリッキー(牡7、村山)は精神面がポイントになる。
坂路で軽く気合をつけられて4ハロン52秒8-12秒3。
ザイディックメア(古馬1000万)に3馬身の先着を果たした。
村山師は「うちの厩舎にしては(当週も)やってるし仕上がっていると思う。
最近はまじめに走ってない。気持ちが乗ってくれば」と
武豊騎手にバトンを託す。


■ケイティブレイブ(牡4、目野)は坂路でトラキチシャチョウ(古馬オープン)と
併走し、半馬身先着を果たした。
タイムは4ハロン53秒0-12秒6。新コンビとなる幸騎手は
「良かったですね。強めぐらいの感じで楽に動いて、
息の入りも良かった。素直で難しいところもないし、乗り味もいい。
枠によっては、先手を主張してもいいかもしれませんね」と
好感触を得た様子だった。


■一昨年の2着馬インカンテーション(牡7、羽月)は、
坂路でワンダーオブテール(古馬500万)を追走し1馬身半の先着を果たした。
4ハロン54秒2-12秒5。
羽月師は「最後の2ハロンが25秒0だし、いいと思います。
先週は好時計が出たので今週はあえて余裕残しだったけど、
いい状態をキープしています。ここまでは計算通りの調整。
あとは結果が出れば」と期待していた。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
京都記念調教採点

1位 ヤマカツライデン A 
 


 栗東Cウッドで76秒3はかなり速い。スタミナ強化か

2位 マカヒキ A
 


 ゆったりと登坂し4ハロン53秒6-12秒4。大物感漂う

3位 ミッキーロケット A
 


 大幅に追走して併走遅れもタイムは4ハロン51秒2。好調持続



共同通信杯調教採点

1位 スワーヴリチャード A
 


 栗東Cウッドの3頭併せで最先着。道中折り合いがつき、直線の加速鋭い

2位 エアウィンザー A



 栗東Cウッドの3頭で重賞馬フルーキーなどに先着。ラストの伸び力強い

3位 ムーヴザワールド A
 


 栗東坂路で古馬と併入。しまいだけ伸ばす調整で、脚取りは力強かった
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
きさらぎ賞調教採点

1位 サトノアーサー A



追われてからの反応が鋭く。栗東Cウッドでラスト11秒4

2位 スズカメジャー A
 


朝一番の栗東坂路とはいえラスト11秒9は優秀

3位 ダンビュライト B
 


アメリカズカップより重い騎乗者を背負い併入。走りがパワフル
 
 
最終追い切り情報
 
 
陣営コメント
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。