競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します

便利なメルマガ登録
nan-reg@chihou-keiba.netに空メール送る

twitter 好調馬 呟きますのでフォロー宜しく
https://twitter.com/nankan777

テーマ:

日経新春杯調教採点

 

1位 ヤマカツライデン S

 

 

大きな体を柔らかく使い、完歩の大きさが目を引く。
好仕上がりを印象づけた

 

 

2位 シャケトラ A

 

 

僚馬を7馬身ぶっちぎり。
軽く促しただけで抜群の反応を見せた

 

 

3位 ミッキーロケット A

 

ラスト2ハロンのラップは11秒8-12秒3と秀逸。
調教駆けする相手(レッドラウダ)に首差先着した。
走りもスムーズ

 

 

京成杯調教採点

 

1位 イブキ A

 

 

美浦ウッドで古馬1000万を追い掛け、ゴールでは1馬身先着。
先週とは違いシャキッとした感じ。反応も良かった。


2位 アダマンティン A

 

古馬500万の内をコンマ1馬身遅れで追走して、
素軽いフットワークで楽にかわし1馬身先着。
もう少し先のレースも考えたが、
使わない手はないと師がGOサインを出した。

 

 

3位 ガンサリュート A

 


3歳500万の内から半馬身差まで追い詰める。
少し遅れたけど動きは上々。
道中の折り合いと距離克服が鍵

 

 

愛知杯調教採点

 

1位 シャルール A

 

坂路で4ハロン52秒1-12秒2の好時計。
折り合いをつけた上で右肩上がりのラップを刻んだ

 

 

2位 ヒルノマテーラ A

 

 

馬なりで坂路4ハロン53秒5-12秒6。
余力をたっぷりと残しつつ、キビキビとした走りが目についた

 

3位 アンジェリック A

 

馬なりのまま坂路でラスト1ハロン11秒9をマークした。
牝馬らしからぬ力強さが印象的。格下とはいえ侮れない

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

シンザン記念調教採点

1位 タイセイスターリー S


GOサインが出るとあっさりと抜け出し、併せた馬に3馬身先着。
ラスト11秒6と反応が鋭い

 

 

2位 アルアイン A

 

少し仕掛けられただけで加速。
身体能力の高さを感じさせる

 

 

3位 トラスト A

 

 

Cウッドでラスト12秒0。
しまいは気合を乗せられると、力強い伸びを見せた

 

 


◆フェアリーS調教採点

1位 メローブリーズ A

 


3日の美浦坂路で4ハロン52秒8-12秒3を計時。
力のいる馬場でラップを落とさず、登坂した。


2位 アエロリット A

 

 

菊沢師が騎乗し美浦坂路で馬なり調整。
時計は目立たないが加速スムーズ。好気配。

 

 

3位 スノードーナツ B

 

岩部騎手が騎乗(レースは松岡騎手)し、坂路で抜群の伸び。
しまい重点でラスト1ハロン12秒1。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中山金杯調教採点

1位 ストロングタイタン A

 

3日は微調整程度の内容だったが、昨年末の追い切りが熱の入った調教。
状態はさらに上昇中

 

2位 クラリティスカイ A

 

しまいは時計要したが、長めからびっしりと追われて負荷は十分過ぎるほど。
変わり身ある

 

3位 ドレッドノータス A

 

余力たっぷりにCウッドでラスト1ハロン12秒0。
追えばもっと切れたはずで、好気配

****************

京都金杯調教採点

 

1位 エアスピネル A

 


昨年末に出した栗東坂路50秒8-12秒2は圧倒的な動きだった

 

2位 ブラックスピネルA


この中間、ハードに乗り込まれ、動きはパワフル

 

3位 マイネルハニー A


動きに活気があり、身のこなしがシャープ。好調維持
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阪神C調教採点

1位 シュウジ S

 

 

前半から速いペースで入りラスト11秒8。
脚力を見せた

 

2位 ミッキーアイル S

 

 

前半はうまく抑えがきき、4ハロン52秒3-12秒2。
動きが俊敏

 

3位 イスラボニータ S

 

 

3頭併せで強めに追われ、直線でGOサインが出ると馬体を沈めて
最内から2馬身半先着。5ハロン68秒8-12秒2。
素軽い動き

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝日杯FS調教採点 注目馬

 

朝日杯FS調教採点

1位 ミスエルテ S

 

 

 軽く仕掛けられただけで鋭く加速。ラスト11秒6は速い

 

 

2位 クリアザトラック A

 

 

 栗東芝コースでの追い切りとはいえ、スピード感抜群

 

 

3位 タガノアシュラ A

 

 大きく迫力のあるフットワーク。身体能力の高さを感じさせる


<朝日杯FS>

中山から阪神に移行されて今年で3回目とデータは数が少ない。
ただ、場所は替わったが、年末の施行時期は変更されていない。
過去10年のデータを参考にする。

★上位人気が強い 単勝1番人気は3勝2着2回の5連対と微妙な数字だが、
勝ち馬9頭は1~5番人気の上位馬だ。
例外は12年の7番人気のロゴタイプだけ。人気上位を素直に信頼したい。

★重賞善戦組が強い 連対馬20頭中、前走が重賞だった馬が14頭。
その重賞を勝ってなくてもいいが14頭中13頭が4着以内と善戦していた。
重賞の内訳は東スポ杯2歳S=5頭、デイリー杯2歳S=3頭、
京王杯2歳S=5頭、新潟2歳S=1頭。

★一発なら抽選突破組 抽選を突破し連対した例は3頭いるが、
07年ゴスホークケン、12年ロゴタイプ、
14年ダノンプラチナとすべて優勝馬だった。
ちなみに過去10年で抽選があったのは8回。
8分の3で抽選突破組が優勝しているのは見逃せない。
今年は月曜時点で400万円組が7分の4の抽選待ち。
この中に勝ち馬がいる?


◆阪神競馬場が改装されて、外回りのマイルコースが新設された
初年度の阪神JFの勝者がウオッカ。翌年の日本ダービー馬でした。
それ以来、阪神JFの勝者はトールポピー、ブエナビスタ、アパパネと続いて、
いまや「阪神の2歳GIは東京2400mにも通じる
スタミナと底力が要求されるレースである」という認識がすっかり浸透したと思います。2歳チャンピオンを決めるにふさわしい舞台に、
朝日杯FSも移動してきて、今年で3年目になります。
昨年までの勝者は、ダノンプラチナとリオンディーズ。
両馬とも残念ながら古馬になって大成はできていませんが、
2頭ともその時点では将来性豊かなチャンピオン候補で、
直線が長い阪神だからこそ、
その潜在能力を発揮できた馬だったと思います。

◆実績よりも将来性・伸びしろ最優先

 

◆モンドキャンノ 注目馬

 

◆タガノアシュラ 注目馬


最終追い切り情報

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。