競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します

便利なメルマガ登録
nan-reg@chihou-keiba.netに空メール送る

twitter 好調馬 呟きますのでフォロー宜しく
https://twitter.com/nankan777

テーマ:

国内最長距離のG1となる天皇賞・春。
古馬の頂点を決めるにふさわしい中長距離のトップホースがそろった。
昨年の年度代表馬でディフェンディングチャンピオンのキタサンブラックに、
昨秋のGPホースサトノダイヤモンド、
一昨年の有馬記念覇者ゴールドアクターに上がり馬シャケトラなどが、
古馬長距離王に挑みます。



天皇賞・春調教採点

1位 シャケトラ S



 身体能力の高さを感じさせる抜群の動き。力強さを増した

2位 サトノダイヤモンド A



 軽めの調整だが追われたら弾けそうな雰囲気。出来充実

3位 ヤマカツライデン A



 前半からある程度飛ばしながらラスト11秒6。スタミナ豊富


現時点の注目馬

■シャケトラ

■シュヴァルグラン

■キタサンブラック


<天皇賞・春>

 過去10年間を参考にする。

★人気 1番人気は【0・0・1・9】で、勝率連対率ゼロ。
複勝率10%と全く信用できない。
逆に2番人気が【5・1・1・3】で、
勝ち数、勝率50%、連対率60%、複勝率70%ですべてトップ。
【1・4・1・4】の3番人気が続く。

★前走 勝ち数では日経賞組、大阪杯組、阪神大賞典組が3勝ずつでトップタイ。
だが、この3レースを率で比較すると、【3・3・2・10】の
大阪杯組が、勝率16・7%、連対率33・3%、
複勝率44・4%で断トツだ。

★種牡馬 ステイゴールド産駒が3勝でトップ。
今回唯一のステイゴールド産駒レインボーラインには好材料だ。
次いで今回の出走メンバーの父で見ると、【1・0・1・3】の
マンハッタンカフェ産駒、【0・3・3・7】の
ハーツクライ産駒などがよく馬券に絡んでいる。
逆にディープインパクト産駒は【0・1・0・9】とやや不振。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

天皇賞

■キタサンブラック武豊「有馬忘れてない」


天皇賞・春(G1、芝3200メートル、30日=京都)の追い切りが26日、
行われた。
史上4頭目の連覇と宿敵撃破へ、キタサンブラックが自信の仕上げだ。
栗東Cウッドで6ハロン82秒0-12秒1。3歳未勝利のペイバックを
2馬身追走して半馬身先着した。「去年から間違いなくパワーアップしてる」。
そう目を細めた清水久師は「有馬で負けてますからね。
何とか逆転したい」とサトノダイヤモンドへの対抗心をあらわにした。
コンビ8戦目の名手、武豊騎手も「有馬は非常に悔しかった」と無念を忘れてはいない。8度目の天皇賞・春制覇も狙う“平成の盾男”は
「キタサンブラックらしい走りをさせて、北島(三郎)オーナーと表彰台に上がりたい」と必勝を誓った。

■ルメール、キタサンブラック意識「近くに」


天皇賞・春(G1、芝3200メートル、30日=京都)の
追い切りが26日、行われた。
サトノダイヤモンドが静かに態勢を整えた。
Cウッド4ハロン53秒2-12秒0でプロフェット(古馬オープン)と併入。
促されることなく自ら加速して、滑らかな走りを見せた。
池江師は「仕上がっているんで半マイルで短め。
ちょうどいいぐらい。今のところ青写真通り」と目を細めた。
手綱をとったルメール騎手は「いい感じ。リラックスしてた」と高評価。
キタサンブラックへの意識を隠さず「一番のライバル。
マークしたい。(相手は)直線で止まらないので、近くにいきたい。
中山は4コーナーで忙しかったけど、
京都はちょうどいい」と、返り討ちに向けてぬかりはない。


■シャケトラ3頭併せで最先着、抜群の動き
日経賞を制した新星のシャケトラ(牡4、角居)が最終追い切りで抜群の動きを見せた。26日の栗東Cウッドで3頭併せを行い最先着。
辻野助手は「ラスト重点の追い切りだったが反応は良かった。
以前はソエなどで脚が痛かったけど、今年になって不安がなくなっている」と
確かな進化を感じ取っている。
まだキャリアは浅いが、その分未知の魅力がある。
2強を倒す可能性を秘めるダークホースだ。


■シュヴァルグラン成長を実感する軽快な動き
シュヴァルグラン(牡5、友道)は栗東坂路で追い切られた。
水を含んだ馬場を軽快に駆け、4ハロン53秒5-13秒1。
友道師は「もともと調教でそんなに動かなかった馬だけど、しっかりと動いてくれた」と成長を実感。サトノダイヤモンドに次ぐ2着だった阪神大賞典から逆転を狙う。


■プロレタリアト3頭併せで好気配
プロレタリアト(牝6、小島茂)は美浦ウッドでイエローマジック(3歳500万)、
オーロラエンブレム(3歳未勝利)を追い掛け、直線で最内に入って併入した。
手綱を取った杉原騎手は「動きはかなり良かった。
3200メートルでも折り合えるし、京都は持ち味が生きるコース」と話した。

■サトノダイヤモンド青写真通り最高の状態
4連勝中のサトノダイヤモンド(牡4、池江)は
Cウッド4ハロン53秒2-12秒0でプロフェット(古馬オープン)と併入した。
手綱をとったルメール騎手は「とても良かった。
今日でトップコンディションになった。すごく楽しみ」と手応えを口にした。
池江師も「もう仕上がっているので半マイルで。
速くならずに良かった。今のところ青写真通り」と満足げだった。


■ゴールドアクターは単走で力強い走り
ゴールドアクター(牡6、中川)は美浦ウッドで単走で追われた。
先々週、先週と2週続けて初コンビを組む横山典騎手が追い切りに騎乗しており、
この日は調教助手が乗っての最終追い。
力強いフットワークでゴールを駆け抜け、好調をアピールした。
中川師は「馬なりだったが、動きは問題ない。
体が締まったね。毛づやもいい」と話した。


■ディーマジェスティは首差先着
皐月賞馬ディーマジェスティ(牡4、二ノ宮)は美浦ウッドで最終追い切りを行った。
蛯名騎手を背に角馬場で入念に体をほぐした後、
ワールドレーヴ(古馬1600万)を3馬身追走し、直線は内から目いっぱいに追われると、最後はパートナーに首差先着した。
二ノ宮師は「今日も強いところをいっぱいにできた。
これで変わってくれれば。状態は非常にいいので、全能力を発揮してもらいたい」と
笑顔で話した。金曜朝に京都競馬場へ移動し、土曜の朝に馬場入り予定。
始動戦の日経賞は6着に敗れており、師は「気性的にカリカリしているところがあるのでゆっくり調教しながら環境に慣らせたい」と万全の構えで巻き返しを誓った。


■アルバート、パワフルな動きで大駆け狙う
アルバート(牡6、堀)はウッドで単走追い。
1週前に併せ馬で負荷をかけており、5ハロンから15秒7とゆっくり入った。
直線も馬なりのまま、ラスト13秒3。
時計は目立たないが、前肢のかき込みが強く、実にパワフルな動き。
森助手は「1年前に比べると体がひと回り大きくなった。
それでいてあばらも浮いている。いいところに筋肉がついた。
長距離では結果を出しているので」と大駆けを狙う。


■連覇狙うキタサンブラック折り合いつき併入
連覇を狙うキタサンブラック(牡5、清水久)が26日、
栗東のCウッドで追い切られた。
タイムは、6ハロンで82秒0-12秒1。
3歳未勝利のペイバックを2馬身追走し、半馬身先着した。
手綱を取った黒岩騎手は「動きは良かった。
本当に折り合いがついて(余裕があって)フワフワしてるくらい。
長丁場を走るならこれくらいの雰囲気でいいと思う」と、
リラックスした馬の精神状態を感じ取った。
レース本番は武豊騎手が騎乗する。追い切り後は、
清水久師と武豊騎手が談笑する場面も見られた。
サトノダイヤモンドとの2強対決へ、調子は万全だ。


■ワンアンドオンリーもたれなければ距離合う
和田騎手とコンビを組むダービー馬ワンアンドオンリー(牡6、橋口)は
Cウッドでカレンラストショー(1000万)と併走し1馬身先着。
やや頭の高い走りながら、しっかりと首を使っていた。
橋口師は「動きは良くなっているし体調もすごくいい」。
前走の阪神大賞典は終始内にもたれていた。
「返し馬の時からもたれていたほどで競馬にならなかった」。
今回はハミをトライアビットに変更。
「もたれなければ距離は合うと思うので」と師は期待する。


■タマモベストプレイ2年ぶりの春盾楽しみ
タマモベストプレイ(牡7、南井)は、栗東Cウッドで僚馬2頭と併せで追い切られた。6ハロン85秒0-11秒9の走りに、南井師は「今日はしまいだけ。
先週もビシッとやってるから。順調としかいいようがないよ」と笑顔だ。
3000メートル以上で過去7走している経験が強み。
14着に敗れた15年以来の天皇賞・春で、強豪に立ち向かう。

■スピリッツミノル2、3番手なら走るかも
スピリッツミノル(牡5、本田)が、15年菊花賞以来となるG1に挑む。
栗東Cウッドでタガノポムル(3歳500万)、
メイショウマトイ(3歳未勝利)を追走。
ポムルに半馬身遅れ、マトイと併入も素軽い走りを見せた。
本田師は「あの馬にしたら悪くない」と及第点。
「すんなり2、3番手でいつでも動けるようにすれば、
案外走るかもしれない」と、スムーズな競馬を望んだ。


■9歳せん馬ファタモルガーナが意地を見せる
9歳せん馬のファタモルガーナ(荒川)が意地を見せる。
栗東Cウッドで、6ハロン82秒0-12秒4をマーク。
荒川師は「先週もしっかりやったけど、今週も長めにやりました。
良かったですよ」と淡々と動きを見届けた。
昨春の天皇賞では16番人気に反発するように、0秒5差の7着に食い込んだ。


■アドマイヤデウス見せ場をつくる競馬を
転厩2戦目のアドマイヤデウス(牡6、梅田)が本領を発揮する。
坂路で馬なりのまま4ハロン52秒6-13秒1。
荒れた馬場を力強く駆け上がった。
梅田師は「出来は前回より全然いい。
前走は(転厩初戦で)手探りのところがあった。
キタサン相手に(昨秋の京都大賞典で首差2着と)あれだけ走ってるし、
見せ場をつくる競馬を」と意気込む。


■調教駆けるヤマカツライデンしまい11秒6
調教駆けするヤマカツライデン(牡5、池添兼)が今回も絶好の動きだ。
前半から飛ばし直線でさらにスパート。
6ハロン81秒0-11秒6をマークした。
「先週しっかりと追ったので今日は余裕残しだったが動きは良かった」と
池添兼師は高評価。数年に1度、逃げ馬が穴をあける天皇賞・春で、
今の体調ならチャンスはありそうだ。

■菊花賞2着馬レインボーライン長丁場合う
昨年の菊花賞2着馬レインボーライン(牡4、浅見)が長丁場で実力を見せる。
いつものパターンで坂路4ハロン56秒6-12秒8と脚慣らし程度。
若松厩務員は「週末の動きも良かったし、いつも通り。
前回も悪くなかったけど、上積みもありそう。
心肺機能が高いのでは。でないと3000メートルで走れない」と期待を寄せる。


■ワンアンドオンリー、ハミ替えて期待
天皇賞・春(G1、芝3200メートル、30日=京都)の
追い切りが26日、行われた。
和田騎手とコンビを組むダービー馬ワンアンドオンリーは
Cウッドでカレンラストショー(古馬1000万)と併走し1馬身先着。
やや頭の高い走りながら、しっかりと首を使っていた。
橋口師は「動きは良くなっているし体調もすごくいい」。
前走の阪神大賞典は終始内にもたれていた。
「返し馬の時からもたれていたほどで競馬にならなかった」。
今回はハミをトライアビットに変更。
「もたれなければ距離は合うと思うので」と師は期待する。


■ゴールドアクター新コンビ横山典で逆転劇
天皇賞・春(G1、芝3200メートル、30日=京都)の追い切りが26日、
行われた。

1番人気で12着と大敗した昨年の雪辱を狙うゴールドアクターは、
美浦ウッドで単走追い。初コンビの横山典騎手が先々週、
先週と2週続けて騎乗しており、この日は調教助手を背に最終追い。
力強いフットワークで5ハロン67秒2-12秒6(馬なり)の好時計を計時した。
中川師は「先週で仕上がっているので馬なりで。
体が締まって毛づやもいい。使いながら良くなっているね」と目を細めた。
始動戦の日経賞は5着に敗れた。「最後は気持ちで走る馬」(篠島助手)が前を抜けず、後ろに差される消化不良の内容だった。陣営は馬に刺激を与える意味も含め、横山典騎手との新コンビを決定。「新しい味を見せてくれたら。
ジョッキーがどう乗るのか」(同師)。
ナリタブライアンとマヤノトップガンの2強対決だった96年、
サクラローレルを勝利に導いた名手に手綱を託す。

■シャケトラ猛ラップ、ラスト重点11秒4
シャケトラが追い切りS評価となった。Cウッドのラスト1ハロン。手綱を押されるとぐいと抜け出し、外のエルビッシュ(古馬1000万)に半馬身、真ん中のハッピーモーメント(古馬オープン)に1馬身半先着。ラストは11秒4(6ハロン83秒3)という猛ラップだった。「ラスト重点の追い切りだったが、反応は良かった。ここまで順調にきた」と辻野助手は満足げだった。
骨折やソエなど脚部のトラブルが多く、デビューしたのは昨年の6月12日。
それからも体質の弱さに悩まされたが、今年になって「
体調に不安がなくなった」(同助手)。日経賞の快勝は体質強化の成果だった。
 初の3200メートルにも楽しみの方が多いと陣営はいう。
「折り合い面に不安がない馬。父のいいところを引き継いでいるし距離はもちそう」。
父マンハッタンカフェは02年の天皇賞・春を制した。息子にもチャンスはありそうだ。




 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JRA 有力馬次走

 

■青葉賞に登録のあったキングズラッシュ(牡3、久保田)は回避し、
7月2日福島のラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)に進む。

■マイラーズC2着エアスピネル(牡4、笹田)は武豊騎手で
6月4日東京の安田記念(G1、芝1600メートル)へ。
4着ブラックスピネル(牡4、音無)も同レースへ。
9着アクションスター(牡7、音無)は
5月13日京都の都大路S(オープン、芝1800メートル)へ向かう。

■アンタレスS5着のアスカノロマン(牡6、川村)は
和田騎手で5月20日京都の平安S(G3、ダート1900メートル)へ向かう。

■福島牝馬S6着のギモーヴ(牝4、池添学)と
7着のクロコスミア(牝4、西浦)は放牧に出される。

■ フローラSを制したモズカッチャン(牝、鮫島)は和田騎手で、
2着ヤマカツグレース(牝、池添兼)は横山典騎手で、
5月21日東京のオークス(G1、芝2400メートル)へ向かう。

4着タガノアスワド(牝、五十嵐)、16着ピスカデーラ(牝、池添学)は放牧。
6着アロンザモナ(牝、西浦)も放牧。
秋は9月17日阪神のローズS(G2、芝1800メートル)から始動予定。

■難波Sを制したハクサンルドルフ(牡4、西園)は
都大路S(オープン、芝1800メートル、5月13日=京都)へ向かう

■オアシスS7着のベストマッチョ(牡4、手塚)は
5月27日東京の欅S(オープン、ダート1400メートル)に向かう。

■マイラーズC3着のヤングマンパワー(牡5、手塚)は安田記念に向かう

■大阪杯10着のディサイファ(牡8、小島太)は
6月4日東京の安田記念(G1、芝1600メートル)に向かう。

■16日中山の春雷S2着のキングハート(牡4、星野)は
5月13日東京の京王杯SC(G2、芝1400メートル)を視野に調整する。

■22日東京の未勝利を快勝したディーマジェスティの
全弟ディーグランデ(牡、二ノ宮)は26日に放牧に出される。
復帰は夏の北海道の予定。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

天皇賞 情報



■ワンアンドオンリー新コンビ和田で復活期す
二人三脚でワンアンドオンリー(牡6、橋口)が復活を目指す。
この日のコース調整を含め、
中間は新コンビの和田騎手が付きっきりで調整。
しまいまで頭を沈める走りを目指してきた。
橋口師は「今までこんなに乗ってもらったことはない。
先週の追い切りがすごく良かったし、
人馬のコミュニケーションという点ではばっちり」と
手応えをつかんでいる。

■ディーマジェスティここ目標にだいぶ絞れた
日経賞6着のディーマジェスティ(牡4、二ノ宮)は25日、
美浦南角馬場で体をほぐした後、ウッドを軽く1周半流した。
動きを見守った二ノ宮師は「ここ目標にやってきて、
だいぶ絞れてきたな」と笑顔で話した。
昨秋はセントライト記念を快勝後、
菊花賞(4着)とジャパンC(13着)で敗退。
師は「ジャパンCの頃が疲れのピークだった。
いいリフレッシュができたし、1回たたいて順調ですよ」と巻き返しを誓った。

■紅一点プロレタリアト直線勝負に懸ける
紅一点のプロレタリアト(牝6、小島茂)は
美浦の角馬場から坂路に入り、63秒7-15秒0で駆け上がった。
馬体は引き締まり、状態は良さそう。
小島茂師は「(3走前に)京都で勝った時よりいい。
距離、コース適性も申し分ない。
ただ、さすがに相手が強い。
自分の競馬でどこまでやれるか」。
直線勝負で1つでも上の着順を狙う。


■シャケトラが2強初対戦でひと泡吹かせる
シャケトラが驚異の成長力で2強にひと泡吹かせる。
わずかキャリア6戦ながら、前走日経賞で初の重賞制覇。
23日は栗東坂路で4ハロン52秒9-12秒6。
上村助手は「良くなるのは秋ですよ。
まだまだやることも体も子供」と言うが
「ここまでは順調にきすぎるくらいきた」と笑顔を見せる。
キタサンブラック、サトノダイヤモンドとは未対戦。
「田辺騎手も2頭を見ながら競馬してくれるんじゃないかな。
競馬場ではすごく集中する」。未完の大器が、能力を全開させる。

■ゴールドアクターに新コンビ、横山典合格点
ゴールドアクターは新コンビの横山典騎手が2週連続で追い切りに騎乗し、
順調に仕上げられてきた。
1週前の20日には美浦ウッドで6ハロン80秒3-12秒8をマークし、
鞍上は「不安はない」と合格点。中川師も
「休み明けを使われて体が締まってきた。たたいた効果はある」と
日経賞5着からの巻き返しを期していた。


■打倒横綱、シュヴァルグラン初G1取り気合
シュヴァルグランが、初G1奪取へ勝負気配だ。
昨年は優勝したキタサンブラックの3着、
前走阪神大賞典ではサトノダイヤモンドの2着。
2強に屈してきたが、津田助手は
「あの2頭は横綱だけど、相手を倒すためにやっている。
着を拾うために出るんじゃない。春はここに全力ですよ」と力を込める。
スタートからの行きっぷりが良化するなど、着実に力をつけて大一番に臨む。

■レインボーライン長丁場得意で一発の魅力
レインボーライン(牡、浅見)は日経賞4着からの巻き返しを狙う。
4カ月ぶりの前走はガス抜きにもなった。
「前走はレースでも調教でも力んで走っていたから。
今は落ち着いているし、前走より折り合いやすい」と浅見助手。
昨年の菊花賞ではサトノダイヤモンドから0秒4差の2着。
ステイゴールド産駒らしく長丁場は得意で一発の魅力は十分だ。

■ゴールドアクター新コンビで昨年の借り返す
ゴールドアクター(牡6、中川)は軽快に坂路を1本流した。
4ハロン68秒3、しまい16秒8と軽めも、
篠島助手は「体が締まって、いい感じでスイッチが入ってきた」と目を細めた。
今年初戦の日経賞は前を捉えられず、
後ろにも差されて5着。「とにかく違うジョッキーが乗って、
馬がピリッとすることを期待」(同助手)との理由で
横山典騎手への乗り替わりを決めたという。
新コンビを背に1番人気で12着に敗れた昨年の借りを返す。


■蛯名騎手がディーマジェスティに「力ある」
ディーマジェスティも上昇気配。2週前はやや動きが重かったが、
蛯名騎手が乗った19日の1週前追い切りで美浦ウッドで
6ハロン79秒9-12秒5の好時計。
併せた相手を直線だけで3馬身切り捨てた。
「少しずつ軽くなっている。前走時よりもいい。
力はあるし、何とか目覚めさせたい」と話した。


■今年も8歳せん馬ラブラドライトが波乱使者
ラブラドライト(せん8、斉藤崇)が波乱の使者になる。
この日はCウッドで調整。
良好な仕上がりに斉藤崇師は
「順調にきてます。すごく充実している。いい状態で出られる」とうなずいた。
今年に入り万葉S、ダイヤモンドSと3000メートル以上の距離で連続2着。「長距離は得意ですから」。昨年13番人気で
2着に入ったカレンミロティックと同じ8歳せん馬が、今年も不気味な存在だ。

■レインボーラインはいい状態 菊激走再現だ
レインボーラインが、淀で波乱を起こす。
23日は栗東坂路で4ハロン52秒9-12秒8をマーク。
若松厩務員は「いつものパターン。
動き、時計的にも良かった」と納得の調整ぶりだ。
「常に一生懸命走る馬。前走後は短期放牧に出して、
いい状態です。菊花賞のいい出来に、どれだけ近づけるか」。
9番人気ながら2着に食い込んだ昨年菊花賞の激走再現を期待した。


■成長顕著のトーセンバジル、狙うは番狂わせ
トーセンバジルは前走阪神大賞典がサトノダイヤモンド、
シュヴァルグランに続く3着。久保助手は「2頭が強い中で頑張った。
ただ、あれくらいは走れる。阪神より京都の方が脚を使えると思う」と好感触だ。G1初挑戦の昨年ジャパンCは11着に敗れたが、そこからの成長は顕著。
「自分のリズムで走れる位置で」。
スムーズに走って番狂わせを狙う。

■トーセンバジル好感触、京都の方が脚使える
トーセンバジル(牡5、藤原英)は前走阪神大賞典がサトノダイヤモンド、
シュヴァルグランに続く3着。久保助手は
「2頭が強い中で頑張った。ただ、あれくらいは走れる。
阪神より京都の方が脚を使えると思う」と好感触だ。
G1初挑戦の昨年ジャパンCは11着に敗れたが、
そこからの成長は顕著。「自分のリズムで走れる位置で」。
スムーズに走って番狂わせを狙う。


■ディーマジェスティ上昇気配、力はある
ディーマジェスティ(牡4、二ノ宮)も上昇気配だ。
2週前はやや動きが重かったが、
蛯名騎手が乗った19日の1週前追い切りでは美浦ウッドで
6ハロン79秒9-12秒5の好時計をマーク。
併せた相手を直線だけで3馬身切り捨てた。
 鞍上は「少しずつ軽くなっている。前走時よりもいい。
力はあるし、何とか目覚めさせたい」と話した。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フローラS 
芝2000m 

 

 

桜花賞から中1週で、トップクラスは不在。
オークストライアルと言っても低調な組み合わせになることが通例ですが、
それでも、チェッキーノ、デニムアンドルビー、
サンテミリオンなど、本番で勝ち負けになる馬がちょくちょく輩出されています。
レベルはともかくとして、レースの性格としては
オークスと共通する面が少なくないのでしょう。
今年の桜花賞は豪華メンバーでしたが、
こちらもオークスを展望する上で見逃せない一戦です。

 

最終追いきり情報


陣営コメント

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。