馬術稽古研究会

従来の競技馬術にとらわれない、オルタナティブな乗馬の楽しみ方として、身体の動きそのものに着目した「馬術の稽古法」を研究しています。

ご意見ご要望、御質問など、コメント大歓迎です。


テーマ:



 乗馬を習い始めて、「軽速歩」がだいたい出来るようになり、駈歩を習い始める頃になると、座ったままの速歩、すなわち、「正反撞(せいはんどう)」を習うことも多いでしょう。

 立たずにただ座っていればいい、のですが、一度軽速歩で立つバランスを覚えてしまってからだと、ほとんどの方は、ポンポンと高く放り上げられて、お尻は痛いし、鐙は外れるし、拳はぐらぐらと定まらないしということで、とても長くは続けていられないという方も多いと思います。


・鐙上げが一番?


 そういうとき、そんな風になってしまうのは鐙に頼ってしまうのが原因だ、ということで、「鐙上げ」の練習を試みる指導者も多いと思います。

 「鐙上げ」は、鐙そのものを鞍から取り外したりして、鐙を履かないで速歩をするという、ちょっと拷問のような練習方法です。

201603050931480bd.jpg

 これを経験した方の中には、「とにかく苦しくて、耐えるのが精一杯だった」というような方も多いと思いますが、それでもある程度有効なものであることは、間違いないようです。

 鐙を履かないことで、鐙から足が浮くことを気にすることなく、姿勢やバランスの維持に集中することが出来ますし、初心者の方はこの練習に耐えることで、なんとなく自信がついて、走っている途中で鐙が外れたりしても落ち着いて対処できるようになる、というような効果も期待出来ます。

 またこの時に、上体をやや後傾させて身体の力を抜き、下から突き上げてくる鞍の動きにに逆らわずに一緒に腰を動かし、坐骨を前に逃がすような動き方を覚える
と、あまり鞍から放り上げられずに座っていられるようになり、馬の背の動きを身体で感じることができます。
{E7BBBF6D-1EAE-4EE3-992E-7FA2677660EF}




  これは、駈歩を初めて習う前の随伴の練習としても有効です。



 しかしながら、この方法で覚えた乗り方だけで、「正反撞の乗り方」としてそのまま使えるかというと、そういう訳でもないように思います。

 というのは、このように鐙を外して覚えた、後傾してお尻で全体重を支え、お腹を凹ませて反撞を抜くような身体の使い方では、いざ鐙を履いて乗ってみると膝が浮いて鐙が外れてしまったり、鐙に乗ったバランスがとれず、軽速歩もうまく出来なくなってしまったりすることがあるからです。




・「鞍付き」幻想

 「あの人は『鞍付き』が良い。まるで鞍にお尻が吸い付いているようだ」、とか、「乗馬は『坐り』が第一だ」とかいう話を耳にするうちに、お尻が鞍から離れないように座りたい、鐙があってもなくても同じように乗れるようになりたい、などと憧れる方も多いでしょう。

 その気持ちはわからないではないのですが、「鞍付き」が良くてお尻が鞍から離れない(ように見える)、というのは、鐙の使い方も含めた、全身での随伴の巧みさの結果として現れる形であって、 お尻を鞍にくっつけて乗れば上手に乗れる、ということではありません。

 一流選手などの見事な「座り」も、全身を使って鐙の上に重心を載せたバランスを保つよう動いていてこそ実現出来るものであり、鐙を外してしまったら、ある程度速く走らせたりということは出来たとしても、競技同様のパフォーマンスとまではいかないだろうと思います。

 ですから、あまりに迷信めいた「シート信仰」には、惑わされない方が良さそうです。


 馬が走る時、騎手が感じる揺れの大きさは、馬の背骨のスイングや各関節の伸縮の分だけではなく、馬の蹄が地面を蹴って飛び上がる上下動や、馬の重心が空間を移動する幅、それらの加速度によって生じる慣性力などを合わせたものになります。

 騎手が鐙を外して坐骨だけで体重を支えた状態から、上半身の動きだけで吸収できる動きの量はわずかですから、ベテラン練習馬の地を這うような速歩ならばともかく、ある程度元気のいい馬の動きとなると、鐙に乗りながら股関節や膝などの伸縮も使ってしっかり随伴してやらなければ、とても「座れている」感じにはならないでしょう。

 「鐙上げ」は、初歩的な姿勢やバランス、根性や自信を身につけるための練習には効果的ですが、それだけでは、馬の動きに対して充分な随伴の動きを覚えることは難しいと思います。



・馬場鞍なら座れる?

 馬場のレッスンなどでは、「正しい姿勢」として、前述した後傾姿勢とは違い、股関節を内捻し、太ももの内側を鞍に密着させ、膝やつま先を真っ直ぐ前に向けて乗るように、とか、胸を張れ、拳を下げろ、というようなことを言われることがよくあると思います。

 そうしたアドバイスをなんとなく統合して、多くの方は、胸を張り、腰を反らし、膝を締め込んで鞍の後ろの方にお尻突き出して座る
ような姿勢を、「良い姿勢」としてイメージしているのではないでしょうか。
{6644AF96-29EB-4261-A1F9-66F0B077CE74}



 そのような姿勢で騎乗すると、脚が下に向かって伸びてきれいに見えますし、鞍にしっかり膝や内腿が密着して何となく安心感があります。

また、胸を前に張り出し、拳を鞍の前の低い位置に置くような感じにすると、拳が勝手に上がってくるような初心者の姿勢に比べると、ずいぶん安定しているようにも思えます。


 そういう「カッコいい」姿勢が取りやすいですよ、とクラブのスタッフに勧められるまま、「馬場鞍」を購入した方もおられることでしょう。

 それで、縦に長いあおり革の形状に合わせるように太腿を密着させ、前述したような、腰を反らして骨盤を前傾させ、お尻を突き出すような形で、鞍壺の後方に座っているような方も多いのですが、この形はそれまでの初心者の乗り方とは違う感じで、上手くなったような気がする反面、いざ馬が動き出すと、お尻を突き上げられやすく、正反撞にはかなり苦しい姿勢です。

 その上、馬に引っ張られたりすると簡単に上体が前のめりになり、しっかりブレーキをかけられないばかりか、馬の尻っ跳ねや横方向への動きに弱く、簡単に落馬しやすい、というような難点もあります。


 またこの姿勢で、鐙を長く伸ばして正反撞を行うと、恥骨から鼠径部の辺りにまともに衝撃を受け続ける感じになりますから、人には言いづらいところを強打したり、擦り剥いて出血たりして、かなり痛い思いをする人もいます。


  それから、股関節を内旋して、腿で鞍を挟んで体重を支えることで、馬の背中の動きを邪魔して推進扶助に対する軽い反応も得にくくなり、そこで強い脚を使おうとして、鐙が外れたり、馬の反抗を招くようなことになったりもします。


  馬場鞍は、違う呼び方では「技術鞍」とも呼ばれているもので、鐙を長くして脚を自在に使い、複雑な扶助操作を行う技術と、その必要がある人のために進化した、本来上級者向けの鞍です。

 鐙に立った2ポイントの姿勢で、自在に馬場を走り回れるというくらい馬の動きに一致した随伴ができる人でなければ、馬場鞍の長い鐙で、鐙に乗ったバランスを保つことは出来ないでしょう。


 馬場鞍は、お尻が安定して座りやすい、という「楽な」鞍というよりは、どちらかというと、馬の上でしっかり動ける人が「人馬一体」の動きを楽しむための、とてもアクティブな鞍だと言えます。

 その特異な形に惑わされ、無理に鞍の形に合わせた「いい姿勢」を作ろうと固まっても、あまり良い結果は期待出来ないと思います。



・正反撞の揺れ方

 それでは、正反撞で坐骨を馬の動きに上手く随伴させるには、どのような動きをすればいいのか、ということについてですが、 まずは、馬が速歩で走る時、その背中に乗っている鞍がどのような動きをしているのか考えてみたいと思います。

 常歩では、左後→左前、右後→右前というように左右の肢が前に出る動きに合わせて、馬の背中は左右の半身ずつ、持ち上がっては前に出る、というような動き方になり、それによって鞍は、横に倒した8の字を描きながら前に進むような揺れ方になります。

 速歩では、身体の使い方の柔らかい馬や側対歩の馬では、常歩の時と似た感じの揺れになることもありますが、通常は、斜対の肢の動きがまったく同時になって、四肢が同時に空中に浮く瞬間があるため、、鞍の揺れ方は、縦揺れに、前に進む動きが加わって、さらに推進力の源である後肢の動きによって、後喬の方から持ち上げられ、うねるような動き方をします。

 以上のことから、馬が速歩で前進するとき、騎手のお尻は、後ろからくる波によって突き上げられるような力を受けることになり、それと同時に、上体は慣性力によって後ろに引っ張られます。

 このことが、初心者の方にとって速歩の随伴が難しい理由なのだろうと思います。

 前進によって生じる慣性力に対抗しようと前傾すると、お尻を突き上げられて放り上げられ、突き上げてくる力を躱そうと後傾すれば、移動する馬の動きに置いていかれてしまう、というような感じになってしまうわけです。

 ですから、正反撞の随伴を上手く行うためには、反り腰の「きれいな姿勢」で固まるのではなく、後傾姿勢でお腹だけを凹ませて反撞を「抜く」だけでもなく、馬の移動による慣性力で置いていかれようにバランスを保つことと、馬の背中のうねるような動きに合わせて坐骨を随伴させることを両立させるための工夫が必要だということになります。

 そのためには、坐骨を突き上げてくる馬の背の動きに合わせて、いわゆる『腹にひと皺(しわ)』の形になるように股間をややは前に突き出すような感じにしながら、同時に胸から
鳩尾辺りを前に突き出すようにしてやるようにする、という合わせ技が有効だと思います。



  ご存知の方は、『ど根性ガエル』のピョン吉にみぞおちを引っ張られるようなイメージで上体を動かしてやると良いかもしれません。


{C09E291E-8393-44E1-8860-CF4B4D705129}


  膝を締め込むと、鐙から足が浮いて外れてしまいやすくなりますから、見た目分からない程度のガニ股に構えるくらいのつもりで、楽に股関節を開いて、重心下に置いた鐙を足先で踏み、股関節から下の部分の重みだけをそこに載せておく感じにすると、鐙が外れてしまうようなことも少なくなると思います。







・拳の問題

 次に、正反撞で乗るときに、拳が揺れて手綱がブラブラしてしまう、といったことへの対処方法を考えたいと思います。

 正反撞の練習は、調馬索などを使って、手綱につかまらないようにして行われる場合も多いのですが、実際に正反撞が必要な場面では、手綱ブラブラよりは、ある程度のコンタクトがあった方がやはり安定しやすいものです。

 
 「手綱を張ろう」と考えると、普通は手綱を短くしようとするでしょう。

 しかし、手綱を短くして腕が伸びきり、棒のようになってしまうと、拳は身体と一緒に上下に揺れてしまいますから、手綱の張りを保つことは難しくなるでしょう。

 そこでここでは、手綱を張ろうとするときの「力の方向」を、少しだけ変えてみることを提案したいと思います。

 まず、腕が棒のようにならないように、腕を軽く曲げて肘の先を下へ向け、肩を落とし、腕を柔らかく保ちながら、拳を身体の前に構えます。

 馬が口にくわえているハミを、馬の下あごの方向にではなく、極端に言うと馬の耳の方へ向かって少し吊り上げてやるような感じで、口角に当てるようにします。

 そうすると、自然に肘が曲がり、拳が立って、ハミに乗っている馬の頭の重みを拳で感じることができると思います。

 それまで手綱がブラブラだったところから急にこうなると、拳にかかる重みによって、身体が前に行きそうになると思いますが、このときに膝で鞍を挟んで手綱を引っ張ろうとすると、簡単に上体が浮き、前に行ってしまいますから、膝で挟むのではなく、腰を割り、鐙に重心を載せて、拳にかかる重さが足先の鐙にかかるようにします。

 腰を反らさず、みぞおちをやや後ろに落とすようにしてやると、米袋を抱えて腰に載せて支えるときのような感じで、拳にかかる重みを全身で支えることができるようになると、馬の重みによって前のめりになることもなく、逆に正反撞が安定しやすくなります。


 手綱への入力方向を上方向に変えて、重みを感じることで、速歩の際の上体の上下方向の揺れと逆に拳を動かしながらも、手綱の張りを保つことが出来やすくなると思います。

 ただし、この方法を試すときに、馬の頭が上がると、正反撞どころではなくなりますから、いわゆる「ハミ受け」ができている馬か、矯正馬具などによって、ブレーキをかけても頭を上げてしまわないような状態で行うことをお勧めします。



・「ヒゲダンス」

 速歩をするとき、身体が上下に揺れるのに伴って拳も揺れてしまうのを抑え、拳を静定させる方法としては、肘関節の曲げ伸ばしによって拳を身体の上下動と逆に動かし、揺れを相殺してやるのが有効です。


 反撞による身体の上下動と拳の動きを分離独立させるための練習方法として、ずいぶん昔に流行った、ドリフターズの『ヒゲダンス』の動きが有効です。(知らない方は検索して下さい。)
{2F091577-3C1E-4420-BE1B-EC15C31A3109:01}


 この動きを行うことによって、拳を体幹の動きから独立させて動かす感覚をイメージしやすくなります。

①足を肩幅くらいに開いて立ちます。

②肘を曲げ、両拳を揃えてお腹の前辺りで構えます。

③足先に重心を載せ、踵を少し浮かせて、膝を少し曲げて構えます。

④膝と股関節を伸縮させて、身体を上下に揺らし、腰が上に浮き上がるタイミングで、構えていた拳を、肘を伸ばしてストンと下に落とすようにして、拳を身体の上下動とは逆に上下させます。

 これを、足が浮くくらいの高さのスツールなどに跨って、拳に合わせて膝も一緒に下に落とすような感じで股関節を動かし、座j骨を少し浮かせてやると、速歩で馬の背中の動きに坐骨を随伴させるときの動きに近い感じになります。


 正反撞を、ただ苦行のようなものとして考えるのでなく、ヒゲダンスのテーマでも口ずさみながら、「人馬一体」の動きを目指して楽しんで頂ければと思います。
   
ニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(1)

hoketsuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。