ご訪問ありがとうございます。
記事へのご意見ご質問などのコメント、メッセージ大歓迎です。

メールでのご連絡は、
左上のメッセージボックスへどうぞ。
  • 26 Mar
    • 脚の「入れ方」の稽古

         馬のおなかを足で「キック」したり、圧迫したりすることで、馬に前進、歩度の増大の指示をする、「脚(きゃく)」の扶助は、乗馬を始めて一番最初に習うことの一つでしょう。  ですが、足を使って馬体を強く圧したり蹴ったりするというのは、普段の生活ではあまりやらない動きだけになかなか難しいものです。  脚を大きく振ってキックしようとすれば鐙が外れたり、バランスを崩したりしますし、ふくらはぎで挟む、などと言われても、うまく力がはいらないことも多いと思います。  脚を使ってみても馬の反応が今ひとつで、効いているのかどうかもよくわからないために、少しでも早く反応してもらおうとだんだん力が入れるうちに、かえって馬の反応が悪くなっていく、というようなこともよくあることしょう。  それだけに、たまに軽い反応が得られたりした時には気持ちいいもので、そういう状態を「脚が入った!」というように表現する方もいますが、その気持ちはわかる気がします。  そこで今回は、その「入った」感じを体感することができるような脚の使い方やその稽古法について考えてみたいと思います。・脚の使い方 ①ふくらはぎで圧迫  一番軽い使い方です。  膝を内向きに締込んで、太腿で鞍を挟んでいたのでは、ふくらはぎが馬体に接しにくいので、 股関節を楽に開いて太腿を少し外捻し、膝をやや外に向けるようにしてやることで、膝は少し鞍から離れるかわりに、ふくらはぎやアキレス腱の内側辺りが馬体に触れるようになると思います。 踵は踏み下げている感じの方が、ふくらはぎで挟んで圧迫している、という感覚は得やすいようです。②踵や拍車を使って圧迫  たいていの場合は、ふくらはぎだけでは足りなくて、踵の内側辺りを使って圧迫することになると思います。  踵や拍車を使うときには、相撲の「蹲踞」のようなイメージで、股関節を外捻して膝を軽く外に向けるようにしながら、鐙を坐骨の下に置くくらいのつもりで構え、足先で体重を支えるようにしてやると、ふくらはぎの筋肉が緊張して、踵が少し浮く感じになり、踵の内側や拍車の先が、自然に馬体に触れるようになります。  坐骨の下に置いた足先で体重を支えることでお尻が軽くなり、馬の背中の動きを妨げにくくなることによって、脚に対する馬の反応が軽くなります。  踵を踏み下げ、鞍をガッチリと挟んだ、いわゆる「基本姿勢」に比べると、「ガニ股の爪先立ち」みたいな感じで、なんとも不安定な気がするかもしれませんが、その不安定さこそが、随伴の動き出しの軽さに繋がるのです。  実際にやってみると、馬の動きを妨げないことで、馬が軽く、元気よく歩くようになることが感じられると思います。 また、踵を少し浮かせるようにしてふくらはぎや足首辺りが適度に緊張した状態で馬体に触れてやると、足首を脱力させて踵を踏み下げたりしているのに比べて、足の「遊び」が少ないため、馬に力が伝わりやすくなるという効果もあります。   ③『キック』の練習  上記のように圧迫する方法とは別に、足を振って踵で馬のお腹をノックするように使う「キック」も、上手くできるようにしておけば、色々な場面で役に立つでしょう。   まず、鐙を外し、膝を内向きにして、腿の前側を鞍につけて座ります。  すると、膝から下が馬体から離れた形になると思います。  そのまま、腿の裏側の筋肉を使って、踵をお尻の方へ引きつけるようにしてキックしてみると、 踵は通常の位置よりもずっと後方の、お尻の下辺りに当たるでしょう。  脚を使うとき、このように膝で鞍を挟んだ状態のまま、膝を曲げて足を後方に持ってきて、つま先を外に向けて踵をこすりつけるような使い方をされている方も多いのですが、この方法だと、膝や腿で鞍を強く挟んでいて、鐙には体重が乗っていませんから、鐙がズレたりしやすくなります。  鐙に乗れていないためにお尻の随伴が重くなり、馬の動きを妨げてしまいますから、力を入れて脚を使っても軽い反応は得にくく、そうして知らず知らずのうちに、強く脚を使い続けた結果、拍車で馬体を傷つけてしまったりします。   逆に、踵を踏み下げたまま、爪先だけ外向きにする方もみられますが、これも足が前に行ったり、踵が下がり過ぎたりしてうまく馬体に当たらないことが多いと思います。   キックするとき、鞍につけていた膝を浮かせて、踵が馬体に当たるときに、踵の内側だけで馬体に触れるようにしてみると、足が後ろに流れることにもなく、通常の位置の近くで使えると思います。  この動きを、鐙を履いて、より小さな動きで行います。  踵を踏み下げずに、足先に軽く体重をかけるようにしながら行うと、鐙もズレにくくなり、力も伝わりやすいと思います。④タイミング 馬の動きに、脚を使うタイミングを合わせることによって、馬の歩幅を増大させやすくなります。基本的には、後肢が地面を離れる時に合わせ、その脚と同じ側の脚でお腹を軽く刺激します。  常歩では、馬の左肩が出た時に右脚を使い、右肩が出た時に左脚を使う事になります。 軽速歩で手前を合わせて、座るときに脚を使うようにすると、ちょうど馬の外方後肢の踏み込むタイミングに合わせて、脚を使う感じになります。  駈歩では、常歩や速歩とは少々異なった使い方をします。 駈歩の第三節目の直後、即ち内方前肢が着地して外方後肢を踏み込むタイミングで外方脚を使い、更にその直後に内方脚を使って軽く刺激します。 というと随分複雑に感じられるかも知れませんが、随伴の重心の動きに合わせて自然に外、内と脚を使えば、だいたいそういうタイミングになるでしょう。   この感じを養うための方法としてなかなか面白いのが、馬に乗らずに練習する稽古法です。  まず、床の上にやや足を開いて立ち、パカタン、パカタン、と唱えながら、「タン」のタイミングで片足立ちになるように体重移動する、という動きを繰り返します。  そこに、「パ」のタイミングで軸足のふくらはぎを反対の足の踵で軽くキックする動きを加え、また素早く戻して「タン」、という動きを繰り返してみます。  駈歩の動きをイメージしながら、右手前、左手前というように軸足を入れ替えながら足を動かししてみると、駈歩の随伴の動きの中で脚を使う練習になると思います。 馬術稽古研究会@jq2abv 『レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術』 https://t.co/7xR3JzY4L6 馬術稽古研究会2017年03月20日 15:32レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      NEW!

      65
      1
      1
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 乗り方のパズル

          これまで、乗馬の姿勢や随伴の方法、鐙や坐骨への荷重の掛け方や、手綱の使い方、腰の張り方、脚の使い方など、様々な角度から身体の使い方を考えてきました。  それらをお読み頂いて、既に感じられている方もいらっしゃるかもしれませんが、そうした身体の使い方のひとつひとつは、実は互いに深い相関関係にあり、連動しています。  例えば、初心者のレッスンでよく言われるような、踵を踏み下げて、膝を真っ直ぐ前に向けて、内腿をしっかり鞍に密着させて、胸を張って、拳を下げて、というような姿勢は、鞍の後方に座り、股関節を内捻して内腿を鞍に密着させる、腰を反らして骨盤を前傾させる、拳を馬のキ甲の辺りに置くように低く保ち、手綱を下向きに抑えるように保持する、膝で体重を支えるようにして鐙に立ったバランスを保つ、ふくらはぎで強く挟んで馬体を絞るように圧迫する、膝を曲げて足を後方に持ってきて、足首を捻って爪先を外に向けるようにして拍車を使う、脇を締め、肘を上体につけて固定しながら、腕や背中の筋力を使って手綱を引き、膝で鞍を挟んで馬の力を受け止める、といった身体の使い方と相性が良く、これらは同時に現れることが多いものです。それに対して、相撲や剣道の『蹲踞の姿勢』のようなイメージで、股関節を内向きに締めこまずに、膝を楽に外を向くくらいの感じで座り、足先を坐骨の真下に置くようなつもりで踏んだ鐙の上に身体の重心を置く、というような姿勢の場合は、鐙に載せた足先で荷重を支え、軽くした坐骨を馬の背の動きと一緒に動かすような随伴や、股関節を外旋して膝を少し外向きにしながら、足先を支点に踵を引き上げるようにして馬体に触れる、というような脚の使い方、 手前変換や駈歩の随伴で、膝や太腿で鞍をホールドせず、骨盤を左右に分割して動かすことで瞬時に構えを差し替えるような動き、肘を曲げ、拳を起こして、馬の『口角を上げる』ような手綱の張り方、骨盤をやや後傾させ、胸を軽く引っ込めて、拳にかかる馬の頭の重さと自分の腰の重さの釣り合いによってバランスを保つようにする『腰を張った姿勢』、  筋力ではなく、全身の骨格を使ってハミにかかる馬の力をダイレクトに鐙に伝えることで、馬自身の気づきを促して後肢を踏み込ませ、バランスを改善するようなブレーキ操作、といったことを行うのに向いている、ということになります。このように、身体各部の使い方と、ひとつひとつの扶助操作の感覚とは、互いに深く繋がっています。  ということは、指導者の何気ないアドバイスによって一部でも身体の使い方が変わると、それが全体に影響を及ぼすことになる可能性があります。  例えば、「蹲踞なんて、そんなガニ股の爪先立ちみたいな乗り方はありえない、乗馬は内股で太腿で体重を支えようにして乗るのが基本だ」というようなアドバイスを受けて、座り方を変えてみたとします。  内腿荷重の座り方になると、鐙に載っているというような感覚はあまりなくなり、体重は、鞍を挟んでいる膝から上の内股部分に集中する感じになります。  坐骨より前にある内股部分に荷重をかけるために、骨盤を前傾させ、鳩尾辺りを前に張り出すような座り方になります。  拳の位置も低く下げてキ甲の上に置くような感じの構え方となり、ブレーキをかけるためには、上半身をうんと反らして肩を後ろに持ってこようとしながら、膝を強く挟んで馬の力に堪える必要があります。   内腿で強く挟むと、鐙にはあまり体重は乗らなくなり、踏みごたえがなくなりますから、外れないようにするには、踵を踏み下げるようにする方が安心感があるでしょう。  膝が鞍に密着して、踵が下がっていることで、踵や足首の辺りは馬体に触れにくくなりますから、脚を使うには、膝を曲げて足を後ろにもってくるか、脛の内側あたりで圧迫するために鞍ごと挟みつけるような脚の使い方になっていくと思います。  また、膝でホールドして下半身が鞍と一体になれば、手綱を開くような操作をする場合には、腰を捻って肩を回すような感じの方がやりやすいかもしれません。  乗り方には人それぞれ合う方法があり、どちらが正しい、というものではないのだろうと思いますが、一部だけを変えようとしても、それが別の部分に影響して、違和感なく乗れるようになるまでには、結局全体的にやり方を修正するのにかなりの時間が必要になったりします。  このあたりが、乗馬が上手になるのにとても長い時間がかかる、ということの理由の一つでもあるように思います。  逆に、ごく稀にですが、一つのきっかけで、それまで上手くいかずに悩んでいたことが一気に解消される、というようなこともあります。  これはひょっとすると、場当たり的なアドバイスなどの影響でちぐはぐな乗り方になっていたのが、探していたジグソーパズルのピースが見つかるように、他の部分と相性の合う動きが見つかり、全体の整合性がとれるようになった、というようなことなのかもしれません。  悩んだ時には、自分の身体の使い方のタイプと現在の乗り方との相性とか、身体各部の動きや一つ一つの扶助操作の整合性がとれているかどうか、ということを見直してみることで、出口が見つかるかもしれません。馬術稽古研究会@jq2abv 『レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術』 https://t.co/7xR3JzY4L6 馬術稽古研究会2017年03月25日 15:32レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      37
      4
      1
      テーマ:
    • 鐙に乗る〜馬が軽くなる座り方

       乗馬のレッスンで初めに習う「基本の」姿勢というのは、たいてい、上体を反らして拳を低く下げ、太ももや膝を鞍にピタッとつけて、踵を踏み下げる、という感じの姿勢でしょう。 こうすると、騎座が鞍にしっかりハマって、下半身が安定した感じがしますから、馬の動きに合わせた随伴やバランスの維持が難しい初心者の方は、この姿勢を覚えることで、とりあえず、落馬のリスクを減らすことができる、とされています。  しかしながら、この姿勢が唯一正しい、という訳でもないように思います。  というのは、この姿勢には、騎手の身体が硬くなり、動き出しにくくなって「居ついて」しまう、という欠点があるからです。  股関節を内捻し、膝や太ももの内側を鞍に押しつけながら、踵を踏み下げる、というのは、ちょっと考えてもなんとなく不自然な、しんどい姿勢であるような感じがします。  実際、踵を踏み下げようとして、脚に鐙を自然な位置よりも前に踏み込むような力が入ると、その力が、腰が前に随伴するのを止めるブレーキとして働き、尻を突き出したような「へっぴり腰」の姿勢で固まるような乗り方になりやすくなります。  鐙をしっかり踏んでいるという実感はあったとしても、鐙に重心を載せることができていませんから、太ももでしっかりホールドして鞍と一体化した腰が重石となって、馬は背中の動きを邪魔されて、動き出しにくくなります。  その結果、 脚に対する軽い反応が得にくくなる上に、膝で鞍を挟むことで、脹ら脛や踵が馬体に触れにくくなりますから、余計に強く脚を使おうとして鐙が外れたり、馬の反抗を招くようなことになったりします。  また、足を突っ張って膝で挟みつけ、鞍の後方に座るような「へっぴり腰」の姿勢は、3点支持で安定しているように見えるのとは裏腹に、膝が支点となるためにお尻が馬の反撞で突き上げられやすく、実は最も前のめりに落馬しやすい姿勢でもあります。  これでは、当初の目的である「安定」ということからも逸れたものとなってしまいます。・腰を割る相撲の用語で、腰を割る、という言葉があります。相手を押すときに、膝を真っ直ぐ前に向けて、お尻を突き出したような形で前傾するのではなくて、股関節を外旋して膝を外に向けて、腰を前に出すようにして重心を足の上に持ってきてから、下から押し上げるようにして押していくことを言います。   騎手が馬の動きに柔軟に随伴出来て、馬も動き出しやすいようにするためには、膝で鞍をガッチリ挟むのではなく、むしろこの「腰割り」のように股関節を開いて、腰を引かずに鞍壺に坐骨が載るように座り、鐙を坐骨の下あたりに構えるくらいのメージで、足を重心下におき、鐙に載せた足先で体重を支えることができるような姿勢の方が良いようです。 膝などで鞍を挟んでホールドするような力をできるだけ使わず、上体を馬の動きに随伴させることでバランスをとりながら、鐙の踏み板の上に「載って」いられるようになると、鐙がズレてしまうことも少なくなって、軽い力で脚が効くのが実感できると思います。・不安定の使いこなし 足先で鐙に乗り、踵を踏み下げず、腿・膝で挟まないということは、相撲の「蹲踞」のような、不安定な感じになります。  いわば「つま先立ちの、ガニ股」で、こんな不安定な姿勢で乗れ、なんていうのは、聞いたことがないかもしれません。 ですが、その不安定さこそが、騎手の動き出しをスムーズにして、馬の身体の動きにとっての抵抗を少なくしてくれるのです。  鐙の板に重心を載せたバランスは、その不安定さゆえに、様々な方向に、踏ん張ることなく、即座に動くことができます。  両足の踵とお尻で座る「体育座り」と、足先で支える「蹲踞(そんきょ)」姿勢からの、動き出しのしやすさの違いを考えれば、わかりやすいでしょう。   鞍に癒着し、居着いた姿勢で、馬の動きを邪魔しながら、同時に馬に動くことを求めて推進する、というのは、自動車で言えばサイドブレーキをかけたままアクセルを踏んでいるようなものです。  安定しようとして使う力が、ブレーキとして作用してしまうのです。 鞍にしがみつかず、鐙に乗り、軽い扶助で馬を動かす感覚を一度覚えると、がっちり安定した姿勢で強い扶助を行うことに、ある種の「気持ち悪さ」を感じるようになるかもしれません。  それは「身の規矩(かね)」といって、昔から職人などが仕事の基準として大切にしていた感覚、カンというようなものに近いものではないかと思います。  鐙に乗れている、という感覚は、騎手にとってのひとつの規矩となるものだといえるでしょう。 ・心の問題?  不安定を恐れ、安定しようとするとき、どこか動かない所を作って、そこに寄り掛かって動こうするわけですが、自然の動きの中に、常に動かない基盤、支点というものはありません。   それを作ろうとすれば、自然な動きはできなくなってしまいます。   支点を固定化し、そこに癒着しようとすることは、意識に寄り掛かり、観念にとらわれることだ、ともいえるでしょう。  「心」という言葉は、「凝る(こごる)」という言葉からからきているという説もあります。 古代の日本では、体内の「気」が凝って内臓(「こころ」)となり、それが、今でいう脳のような、意識を司る役割をしている、というように考えられていました。 「心」は、流れが滞って、物質化した(凝った)意識そのもの、というわけです。   意識は、立ち止まって淀んだところに生まれるます。 流れ続けているところには、意識は生まれません。  心というのは、確かにそういうものだとも思います。     生物にとって何よりも安定するのは、「死」で、 生きていれば、不安定なのが当然です。そう考えると、不安定な人生も、まあ仕方ないのかもしれません。 「心をば 心の怨(あだ)とこころえて こころのなきをこころとせよ」(一遍)「不安定の使いこなし」で、心を軽くして、馬も人生も、軽く乗りこなしたいものですね。 レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術 乗馬の身体操作術)Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術)Amazon改訂版 馬車運転教本)Amazon乗馬馬術人気ブログランキング大動物ブログランキング

      82
      24
      テーマ:
    • ”馬の年齢の数え方”

      す  一昔前までは、馬は「数え年」でした。  生まれた時点で、1歳=「当歳」(とねっこ)。  誕生日ではなく、年が明けた時点で年齢が上がるのは、現在も同じですが、当時は今の1歳馬を2歳(ニザイ)、2歳馬を3歳(サンザイ)と呼んでいました。ダービーやオークスなどのクラシックレースも、「4歳馬」のレースでした。  動物の年齢あるある、として、「この子は人間でいうと何歳?」というのがあると思います。 例えば、この馬は20歳です、というと、「じゃあ、人で言うと80歳くらいか〜、元気なおじいちゃんね!」といった具合です。 実際には、20歳は20歳であって、 その動物の精神状態が80歳の老人と同じなのかどうかはわからないですし、寿命から換算するにしても、人間の本来の寿命をどのくらいと考えるかでも違った答えになってくるでしょうから、人間に当てはめて計算することにはあまりようにも思えるのですが、やっぱりそこが気になるのが人情のようです。 老齢になれば、なおさらでしょうね。

      11
      テーマ:
  • 22 Mar
    • 正反撞の特効薬?

       乗馬を習い始めて、「軽速歩」がだいたい出来るようになり、駈歩を習い始める頃になると、座ったままの速歩、すなわち、「正反撞(せいはんどう)」を習うことも多いでしょう。 立たずにただ座っていればいい、のですが、一度軽速歩で立つバランスを覚えてしまってからだと、ほとんどの方は、ポンポンと高く放り上げられて、お尻は痛いし、鐙は外れるし、拳はぐらぐらと定まらないしということで、とても長くは続けていられないという方も多いと思います。・鐙上げが一番? そういうとき、そんな風になってしまうのは鐙に頼ってしまうのが原因だ、ということで、「鐙上げ」の練習を試みる指導者も多いと思います。 「鐙上げ」は、鐙そのものを鞍から取り外したりして、鐙を履かないで速歩をするという、ちょっと拷問のような練習方法です。 これを経験した方の中には、「とにかく苦しくて、耐えるのが精一杯だった」というような方も多いと思いますが、それでもある程度有効なものであることは、間違いないようです。 鐙を履かないことで、鐙から足が浮くことを気にすることなく、姿勢やバランスの維持に集中することが出来ますし、初心者の方はこの練習に耐えることで、なんとなく自信がついて、走っている途中で鐙が外れたりしても落ち着いて対処できるようになる、というような効果も期待出来ます。 またこの時に、上体をやや後傾させて身体の力を抜き、下から突き上げてくる鞍の動きにに逆らわずに一緒に腰を動かし、坐骨を前に逃がすような動き方を覚えると、あまり鞍から放り上げられずに座っていられるようになり、馬の背の動きを身体で感じることができます。  これは、駈歩を初めて習う前の随伴の練習としても有効です。 しかしながら、この方法で覚えた乗り方だけで、「正反撞の乗り方」としてそのまま使えるかというと、そういう訳でもないように思います。 というのは、このように鐙を外して覚えた、後傾してお尻で全体重を支え、お腹を凹ませて反撞を抜くような身体の使い方では、いざ鐙を履いて乗ってみると膝が浮いて鐙が外れてしまったり、鐙に乗ったバランスがとれず、軽速歩もうまく出来なくなってしまったりすることがあるからです。・「鞍付き」幻想 「あの人は『鞍付き』が良い。まるで鞍にお尻が吸い付いているようだ」、とか、「乗馬は『坐り』が第一だ」とかいう話を耳にするうちに、お尻が鞍から離れないように座りたい、鐙があってもなくても同じように乗れるようになりたい、などと憧れる方も多いでしょう。 その気持ちはわからないではないのですが、「鞍付き」が良くてお尻が鞍から離れない(ように見える)、というのは、鐙の使い方も含めた、全身での随伴の巧みさの結果として現れる形であって、 お尻を鞍にくっつけて乗れば上手に乗れる、ということではありません。 一流選手などの見事な「座り」も、全身を使って鐙の上に重心を載せたバランスを保つよう動いていてこそ実現出来るものであり、鐙を外してしまったら、ある程度速く走らせたりということは出来たとしても、競技同様のパフォーマンスとまではいかないだろうと思います。 ですから、あまりに迷信めいた「シート信仰」には、惑わされない方が良さそうです。 馬が走る時、騎手が感じる揺れの大きさは、馬の背骨のスイングや各関節の伸縮の分だけではなく、馬の蹄が地面を蹴って飛び上がる上下動や、馬の重心が空間を移動する幅、それらの加速度によって生じる慣性力などを合わせたものになります。 騎手が鐙を外して坐骨だけで体重を支えた状態から、上半身の動きだけで吸収できる動きの量はわずかですから、ベテラン練習馬の地を這うような速歩ならばともかく、ある程度元気のいい馬の動きとなると、鐙に乗りながら股関節や膝などの伸縮も使ってしっかり随伴してやらなければ、とても「座れている」感じにはならないでしょう。 「鐙上げ」は、初歩的な姿勢やバランス、根性や自信を身につけるための練習には効果的ですが、それだけでは、馬の動きに対して充分な随伴の動きを覚えることは難しいと思います。・馬場鞍なら座れる? 馬場のレッスンなどでは、「正しい姿勢」として、前述した後傾姿勢とは違い、股関節を内捻し、太ももの内側を鞍に密着させ、膝やつま先を真っ直ぐ前に向けて乗るように、とか、胸を張れ、拳を下げろ、というようなことを言われることがよくあると思います。 そうしたアドバイスをなんとなく統合して、多くの方は、胸を張り、腰を反らし、膝を締め込んで鞍の後ろの方にお尻突き出して座るような姿勢を、「良い姿勢」としてイメージしているのではないでしょうか。 そのような姿勢で騎乗すると、脚が下に向かって伸びてきれいに見えますし、鞍にしっかり膝や内腿が密着して何となく安心感があります。また、胸を前に張り出し、拳を鞍の前の低い位置に置くような感じにすると、拳が勝手に上がってくるような初心者の姿勢に比べると、ずいぶん安定しているようにも思えます。 そういう「カッコいい」姿勢が取りやすいですよ、とクラブのスタッフに勧められるまま、「馬場鞍」を購入した方もおられることでしょう。 それで、縦に長いあおり革の形状に合わせるように太腿を密着させ、前述したような、腰を反らして骨盤を前傾させ、お尻を突き出すような形で、鞍壺の後方に座っているような方も多いのですが、この形はそれまでの初心者の乗り方とは違う感じで、上手くなったような気がする反面、いざ馬が動き出すと、お尻を突き上げられやすく、正反撞にはかなり苦しい姿勢です。 その上、馬に引っ張られたりすると簡単に上体が前のめりになり、しっかりブレーキをかけられないばかりか、馬の尻っ跳ねや横方向への動きに弱く、簡単に落馬しやすい、というような難点もあります。 またこの姿勢で、鐙を長く伸ばして正反撞を行うと、恥骨から鼠径部の辺りにまともに衝撃を受け続ける感じになりますから、人には言いづらいところを強打したり、擦り剥いて出血たりして、かなり痛い思いをする人もいます。  それから、股関節を内旋して、腿で鞍を挟んで体重を支えることで、馬の背中の動きを邪魔して推進扶助に対する軽い反応も得にくくなり、そこで強い脚を使おうとして、鐙が外れたり、馬の反抗を招くようなことになったりもします。  馬場鞍は、違う呼び方では「技術鞍」とも呼ばれているもので、鐙を長くして脚を自在に使い、複雑な扶助操作を行う技術と、その必要がある人のために進化した、本来上級者向けの鞍です。 鐙に立った2ポイントの姿勢で、自在に馬場を走り回れるというくらい馬の動きに一致した随伴ができる人でなければ、馬場鞍の長い鐙で、鐙に乗ったバランスを保つことは出来ないでしょう。 馬場鞍は、お尻が安定して座りやすい、という「楽な」鞍というよりは、どちらかというと、馬の上でしっかり動ける人が「人馬一体」の動きを楽しむための、とてもアクティブな鞍だと言えます。 その特異な形に惑わされ、無理に鞍の形に合わせた「いい姿勢」を作ろうと固まっても、あまり良い結果は期待出来ないと思います。・正反撞の揺れ方 それでは、正反撞で坐骨を馬の動きに上手く随伴させるには、どのような動きをすればいいのか、ということについてですが、 まずは、馬が速歩で走る時、その背中に乗っている鞍がどのような動きをしているのか考えてみたいと思います。 常歩では、左後→左前、右後→右前というように左右の肢が前に出る動きに合わせて、馬の背中は左右の半身ずつ、持ち上がっては前に出る、というような動き方になり、それによって鞍は、横に倒した8の字を描きながら前に進むような揺れ方になります。 速歩では、身体の使い方の柔らかい馬や側対歩の馬では、常歩の時と似た感じの揺れになることもありますが、通常は、斜対の肢の動きがまったく同時になって、四肢が同時に空中に浮く瞬間があるため、、鞍の揺れ方は、縦揺れに、前に進む動きが加わって、さらに推進力の源である後肢の動きによって、後喬の方から持ち上げられ、うねるような動き方をします。 以上のことから、馬が速歩で前進するとき、騎手のお尻は、後ろからくる波によって突き上げられるような力を受けることになり、それと同時に、上体は慣性力によって後ろに引っ張られます。 このことが、初心者の方にとって速歩の随伴が難しい理由なのだろうと思います。 前進によって生じる慣性力に対抗しようと前傾すると、お尻を突き上げられて放り上げられ、突き上げてくる力を躱そうと後傾すれば、移動する馬の動きに置いていかれてしまう、というような感じになってしまうわけです。 ですから、正反撞の随伴を上手く行うためには、反り腰の「きれいな姿勢」で固まるのではなく、後傾姿勢でお腹だけを凹ませて反撞を「抜く」だけでもなく、馬の移動による慣性力で置いていかれようにバランスを保つことと、馬の背中のうねるような動きに合わせて坐骨を随伴させることを両立させるための工夫が必要だということになります。 そのためには、坐骨を突き上げてくる馬の背の動きに合わせて、いわゆる『腹にひと皺(しわ)』の形になるように股間をややは前に突き出すような感じにしながら、同時に胸から鳩尾辺りを前に突き出すようにしてやるようにする、という合わせ技が有効だと思います。  ご存知の方は、『ど根性ガエル』のピョン吉にみぞおちを引っ張られるようなイメージで上体を動かしてやると良いかもしれません。  膝を締め込むと、鐙から足が浮いて外れてしまいやすくなりますから、見た目分からない程度のガニ股に構えるくらいのつもりで、楽に股関節を開いて、重心下に置いた鐙を足先で踏み、股関節から下の部分の重みだけをそこに載せておく感じにすると、鐙が外れてしまうようなことも少なくなると思います。・拳の問題 次に、正反撞で乗るときに、拳が揺れて手綱がブラブラしてしまう、といったことへの対処方法を考えたいと思います。 正反撞の練習は、調馬索などを使って、手綱につかまらないようにして行われる場合も多いのですが、実際に正反撞が必要な場面では、手綱ブラブラよりは、ある程度のコンタクトがあった方がやはり安定しやすいものです。  「手綱を張ろう」と考えると、普通は手綱を短くしようとするでしょう。 しかし、手綱を短くして腕が伸びきり、棒のようになってしまうと、拳は身体と一緒に上下に揺れてしまいますから、手綱の張りを保つことは難しくなるでしょう。 そこでここでは、手綱を張ろうとするときの「力の方向」を、少しだけ変えてみることを提案したいと思います。 まず、腕が棒のようにならないように、腕を軽く曲げて肘の先を下へ向け、肩を落とし、腕を柔らかく保ちながら、拳を身体の前に構えます。 馬が口にくわえているハミを、馬の下あごの方向にではなく、極端に言うと馬の耳の方へ向かって少し吊り上げてやるような感じで、口角に当てるようにします。 そうすると、自然に肘が曲がり、拳が立って、ハミに乗っている馬の頭の重みを拳で感じることができると思います。 それまで手綱がブラブラだったところから急にこうなると、拳にかかる重みによって、身体が前に行きそうになると思いますが、このときに膝で鞍を挟んで手綱を引っ張ろうとすると、簡単に上体が浮き、前に行ってしまいますから、膝で挟むのではなく、腰を割り、鐙に重心を載せて、拳にかかる重さが足先の鐙にかかるようにします。 腰を反らさず、みぞおちをやや後ろに落とすようにしてやると、米袋を抱えて腰に載せて支えるときのような感じで、拳にかかる重みを全身で支えることができるようになると、馬の重みによって前のめりになることもなく、逆に正反撞が安定しやすくなります。 手綱への入力方向を上方向に変えて、重みを感じることで、速歩の際の上体の上下方向の揺れと逆に拳を動かしながらも、手綱の張りを保つことが出来やすくなると思います。 ただし、この方法を試すときに、馬の頭が上がると、正反撞どころではなくなりますから、いわゆる「ハミ受け」ができている馬か、矯正馬具などによって、ブレーキをかけても頭を上げてしまわないような状態で行うことをお勧めします。・「ヒゲダンス」 速歩をするとき、身体が上下に揺れるのに伴って拳も揺れてしまうのを抑え、拳を静定させる方法としては、肘関節の曲げ伸ばしによって拳を身体の上下動と逆に動かし、揺れを相殺してやるのが有効です。 反撞による身体の上下動と拳の動きを分離独立させるための練習方法として、ずいぶん昔に流行った、ドリフターズの『ヒゲダンス』の動きが有効です。(知らない方は検索して下さい。) この動きを行うことによって、拳を体幹の動きから独立させて動かす感覚をイメージしやすくなります。①足を肩幅くらいに開いて立ちます。②肘を曲げ、両拳を揃えてお腹の前辺りで構えます。③足先に重心を載せ、踵を少し浮かせて、膝を少し曲げて構えます。④膝と股関節を伸縮させて、身体を上下に揺らし、腰が上に浮き上がるタイミングで、構えていた拳を、肘を伸ばしてストンと下に落とすようにして、拳を身体の上下動とは逆に上下させます。 これを、足が浮くくらいの高さのスツールなどに跨って、拳に合わせて膝も一緒に下に落とすような感じで股関節を動かし、座j骨を少し浮かせてやると、速歩で馬の背中の動きに坐骨を随伴させるときの動きに近い感じになります。 正反撞を、ただ苦行のようなものとして考えるのでなく、ヒゲダンスのテーマでも口ずさみながら、「人馬一体」の動きを目指して楽しんで頂ければと思います。   レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      62
      10
      1
      テーマ:
  • 21 Mar
    • 統括連結操作術

      手塚一志著『骨盤力』amazon.jp・「イジリ」とスランプ  レッスンでなかなか上手くいかない人がいると、指導者というのは、何とか気持ち良く走らせて満足してもらいたい、あるいは自分が教えているのに上手くいかないと面子が立たない、というような気持ちから、場当たり的なその場しのぎのアドバイスを、これでもか、これでもかと矢継ぎ早に繰り出して、何とか形にしようとすることが多いものです。  そうして、整合性のない動きをいくつも同時に要求された結果、人馬が混乱してパニックを起こしたり、長くスランプに苦しむようなことになったりします。・『クオ・メソッド』  このような、無責任で場当たり的な「イジリ」が原因で起こる不調を避けるために有効と思われるものの一つが、プロ野球のコンディショニングコーチも務めた手塚一志氏の提唱されている、【統括連結操作術】=Connective Unified Operation(QUO) Method(「クオ・メソッド」)と言われるトレーニング方法です。  「上手な動き」の出発点として、骨盤の使い方に着目し、   ・「骨盤帯分割」   ・「かませ骨盤」    ・「隠し」    ・「ブラッシング」    ・「脊柱ヨジリ」    ・「四肢の連結操作」 というような手順に沿って、上手な動きの基礎となる「骨盤」の動きを身体に落とし込んでいく中で身体の中に芽生えた「感覚」をしっかり捕まえ、保管し、いつでも取り出せるようにしようという方法です。  鍛錬を繰り返すうちに、全身の動きが自然と整合性のとれたものになっていき、最終的には、何も考えなくても上手に動けるという『無の境地』へと達する、というのが目標です。  「クオ・メソッド」は、野球など、腰の回転を使う投擲系の種目の他、陸上の短距離走のトレーニングなどにも取り入れられ、成果を上げているということです。  この「クオ・メソッド」を、手順に沿って説明しながら、乗馬の上達のために応用する方法を考えてみたいと思います。①骨盤帯分割  乗馬でも、骨盤の動きは重要だというようなことは、聞いたことがある方も多いでしょう。  実は、骨盤というのは一つの骨ではなく、左右二枚の「腸骨」と「仙骨」といわれる骨が繋がって出来ているのですが、たいていの人はこれを意識の中で一つの塊としてとらえていて、左右に割れて別々に動く、というような身体意識は、ほとんど持ったことが無いだろうと思います。  赤ちゃんの頃には、誰でもそのような感覚があると思われるような動きをするらしいのですが、手足を巧みに使えるようになり、全身の化骨が進むにつれて、だんだんその感覚を失ってしまうのだそうです。  そんなわけで、左右の腸骨とその間の仙骨を繋ぐ「仙腸関節」は、一般の人でほとんど動かないのですが、トップアスリートなどではここを自由に動かせる人が多く、そのことが、体幹部を巧みに使ったバランスや身体のキレ、タメといわれるものが生まれ、高度なパフォーマンスが可能にしているのだと考えられています。  乗馬においても、左右の腸骨を独立させて動かせるようになれば、より馬の動きに合った随伴や、精妙な扶助操作を行うことが出来るようになるでしょう。  この仙腸関節を動かせるようにするためのトレーニング方法には、以下のようなものがあります。①スパイダー  まず、膝を90°曲げた状態で四つん這いになり、股関節を最大限に開きます。  そのまま、上下に骨盤を動かします。  筋肉が伸びてきたら、少しずつ股関節を開いていきます。  次に骨盤を左右に動かします。  この左右の動きが仙腸関節の動きとなります。  背骨ではなく、骨盤をどれだけ大きく動かせるかが重要なポイントです。  慣れてきたら、捻るように骨盤で八の字や円を描くように動かせるようになります。  できない方でも、毎日これを行うことで、だんだん仙腸関節を大きく動かせるようになります。②かませ骨盤  「片足立ち 」でバランスを保つのが苦手だという方もいると思いますが、片足を上げるとすぐフラついてしまう、というような場合、軸足の付け根に上手く乗れていない、ということが多いものです。  そういう方でも、片足を上げる時に、まず軸足から地面深く根を生やすように意識して立ってから、上体を少し軸足側に傾けて、大腿骨の骨頭に骨盤を「かませる」イメージで、股関節のボール&ソケットの真上に重心を持ってくるようなつもりで片足を上げていくと、ただ真っ直ぐ立って片足を上げるのに比べて、はるかに安定します。 乗馬では、例えば駈歩の随伴の際、この「かませ」によって、内方鐙の上に片足立ちするようなイメージで随伴してみることでバランスや姿勢が改善され、より確実に鐙に乗れるようになると思います。③「隠し」と「ブラッシング」  半身を後ろに引いて構えた姿勢から、後ろ側の腸骨を前から見えないように「隠し」ながら、前の腸骨にぶつけるように突進させ、ぶつかる直前にギリギリで擦れ交わす(「ブラッシング」)ようなイメージで、瞬時に骨盤の向きを反転させようという鍛錬方法です。  野球のバッティングや陸上のランニングで求められる、骨盤の素早い切り返しの動作のために有効なトレーニングですが、  乗馬においても、輪乗りや駈歩の手前を変える時など、馬の動きの方向の変化に追随して骨盤の向きを瞬時に変化させてやる必要があるような場合に、この「ブラッシング」の感覚は役に立つものだと思います。④「脊柱ヨジリ」と「四肢の連結操作」「かませ」~「ブラッシング」までの動作を連続的に再現します。  完全に腕を脱力させ、骨盤の回転によって「でんでん太鼓」のように脊柱が回旋させられているという感覚を養います。  骨盤が回転し始めた時には身体がネジられるような感じがありますが、骨盤の切り返しが終わる頃には、軸足の踵は浮き、同側の肩が前に出て、体幹部のネジれは解消された、ほぼ逆半身の形になります。  投擲やランニングでは、骨盤から手足の末端部へとうねりの波が伝わることで、高速で動かすことができるわけですが、乗馬にはそのような捻り戻しによる加速度的な運動は必要ないので、骨盤をスパッとブラッシングすると同時に、素早く全身の構えを 切り返すような練習をした方が有効だろうと思います。  プロのスポーツ選手でも、クオ・メソッドの獲得には、最低、5週間程度の期間を設けて取り組むといいますから、一朝一夕とはいかないでしょうが、乗馬にもきっと有効なものではないかと思われマますので、興味を持たれた方は、取り入れてみてはいかがでしょうか?      レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon 

      26
      1
      1
      テーマ:
  • 20 Mar
    • 馬の「手前」と、体の差し替え

        馬の運動の方向を変えることを、「手前を変える」と言ったりしますが、この「手前」とは、そもそもどういう意味なのでしょうか。「右手前」「左手前」という言葉は元々、人の姿勢を表す言葉して使われていたものです。   槍や薙刀など、長い棒状のものを持って構えるときには、例えば左手と左足がともに前に出る、というような「半身」の姿勢になります。 この時の、右手右足がともに前に出た構え方を「右手前」、逆に左側の手足が前に出た構えを「左手前」の構え、というように呼ぶのです。  馬は、曲がっていくときや、駈歩で走るとき、外方後肢から内方前肢の方向に向かうラインの延長線の方向へ、足を斜めに動かして、内側の肩からコーナーに入っていくような形で進んでいきます。  このときに、進行方向から見ると内側の肩を前にした半身の形に見えることから、右回りの時の動き方を右手前、左回りのときの動き方を左手前、と呼ぶようになったのではないか、と思います。   「手前を変える」という言葉は、右回りから左回りに変えるというようなときだけではなく、「駈歩の手前を変える」というように、馬の身体の使い方の方向を変える、という意味で用いられることもあります。  ・手前変換の必要性  馬の駈歩の動きを、人間が、半身で左右の足を前後にズラした形から前の足を踏み込んで前進するのと同じような動きだ考えると、それでずっと走り続けるのはなかなかしんどそうです。 人間ならばすぐに身体のあちこちが痛くなってきて、とても長くは続けられないでしょう。  ですから、馬の身体にとっても、同じ手前でずっと走り続けることは、結構な負担になるのだろうと考えられています。  人間の利き腕、利き足と同じように、馬にも得意不得意があって、中には片方の手前でしか走らないというような馬もいますが、片側の手前ばかりで駈歩を続けることで、蹄や肩、腰、股関節など身体の各部に様々な歪みが生じさせ、故障や蹄の病気の原因となると考えられます。  左右対称の歩法である速歩でも、軽速歩の手前によって、使う筋肉、関節が左右で異なるために、片方の手前のみを使っているとやはり疲労が大きくなってしまうため、ある程度頻繁に手前変換を行うのが理想的だと言われています。・競馬の手前変換  競馬でも、レース中、馬がコーナーを曲がりやすくしたり、疲労によるスピードダウンを軽減したりといった目的で、騎手の操作によって馬に手前を変えさせています。  コーナーの入り口や、直線の半ばなどにおいて、手綱で馬の顔を予め反対に向けておいてから、急に向きを変えさせると同時に騎手の重心を移動する、あるいは、鞭で馬の肩を叩く、というような操作によって、馬が手前を変えるように促します。  馬の上で騎手が回転するような大きなアクションで、あまり強引に変えさせるのは、馬がバランスを崩したり、故障を発生したりということに繋がりますから、調教の中でなるべく小さな操作でスムーズに変えられるようにしておいた方が良いのは、乗馬と同じです。    手前変換の稽古ー8字乗り  馬の手前が変わる時の身体の使い方の変化を身体で感じながら、馬の動きに一致した随伴の感覚を身体に落とし込んでいくのに有効な、『8字乗り』の稽古法を紹介したいと思います。① まず、小さい半径の輪乗りを行います。  回転時の馬の傾きや足の動きがわかりやすいように、馬に内方姿勢はとらせません。  内方の開き手綱と同時に、外方手綱を張って控えながら、馬の頚の付け根あたりに低く添わせるようにします。  馬の 頸の付け根あたりの重量が内方の肩にかかるようにしてやることで、馬の頚を内へ曲げなくても、重心が内側へ転移し、馬は平衡を保つために、内側前方へ肢を踏み出すことになります。  また、この操作によって馬の外方の肩の動きは抑制され、内方の肩は逆に開き手綱によって動きやすくなるために、馬の歩き方は、内方の肩を前に出すような形で、前肢を開き手綱側へ斜めに踏み出すような動きになります。(人間でいう「半身の姿勢」に近い形です)  前肢が斜めに踏み出すことで徐々に馬の身体の向きが変わって、回転することになるわけです。  このような時には、馬の四肢はそれぞれ別々の軌跡を描いて進んでいます。  一般的には、「二本のレールの上を左右の肢が進んでいくようなイメージ」というように説明されることもよくあると思いますが、  それはあくまで、常歩や速歩で直線的な運動を行なっている時の話です。  そのようなイメージで小さな回転を行おうとすると、どうしても自分の身体を脊柱を中心に内向きにスピンさせてしまうような感じになりやすいだろうと考えられます。  騎手の上体が回ってしまうと、外方の肩や拳が内方よりも前に出たり、上に揚がったりして、外方手綱の規制が緩み、回転しにくくなったり、お尻が外側にズリ落ちて内方の鐙が外れてしまったりします。  そうならないようにするためには、騎手も馬と一緒に、外方の肩・腰・脚を後ろに引き気味にした「半身の姿勢」を作って、斜めに進んでいくような意識で随伴するようにすると良いのではないかど思います。  さらに、「片足立ち」のイメージで、内方の鐙に荷重をかけるようにすれば、横方向への動きに対してバランスを保ちやすくなるでしょう。   なおそのとき、ハミを高めに保つようにして、馬のバランスをなるべく前に傾かせない感じにすると、より回転半径が小さくなって、馬の前肢が横へ踏み出すのを感じやすくなります。 ② 輪乗りが安定してできるようになったら、手前を変えていきます。   開き手綱を戻して、いったん馬を真っ直ぐにすると同時に、両手綱で馬の体勢をやや起こし、反対側の手綱を開いて、逆の方向に回転させます。   馬の傾きや足の動きが逆方向に変わるのを感じながら、随伴の方向やバランス、脚の位置なども入れ替えます。  人馬の 「手前」を瞬時に差し替えるという動きのモデルとして、有効と思われるのが、「井桁崩し」の動きです。  井桁とは、キャンプファイヤーの薪のように、棒を四角形に組んだ形のことです。  四角形が長(あるいは正)方形から潰れて、平行四辺形に変形していく様子を考えると、向い合った辺が互い違いに動き、4つの角もそれにつれて動いていく、というように、単純な回転とは異なる、幾つもの支点をもった複合的な動きになります。  馬や人の身体を、段ボール箱のような直方体とみたてると、 例えば外方の肩・腰を後ろに引き、内方の肩・腰の方が前出した半身の姿勢は、上から見ると、箱を斜めに押し潰したような形になります。  その箱を、いったん元の直方体に戻して、そのまま逆方向に潰していく、というようなイメージで、姿勢を逆の半身の形へと差し変えていきます。  群泳する小魚の一匹一匹が一斉に方向変換するように、身体各部の運動方向を同時並列で転換させることで、身体をひとかたまりで回したりするのに比べて楽に、素早く姿勢を変えることが出来るのです。③ 以上の運動を繰り返し、8の字を描きます。   『手前』の感覚を身体で覚えて、 頭で考えなくても自然に身体の構えを差し替えることが出来る、というくらいになれば、駈歩や巻乗りなどもずっと楽になるだろうと思います。 レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術 乗馬の身体操作術)Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術)Amazon改訂版 馬車運転教本)Amazon

      60
      3
      テーマ:
  • 19 Mar
    • 馬をまとめる 〜「下方移行」の稽古

      ・推進こそ正義?   よく、馬を丸める(収縮させる)ときには、手の操作で手前にハミを持ってくるのではなく、脚を使って馬をハミに向かって推進し、後肢を深く踏み込ませるのだ、ということが言われます。  それは確かに正論なのですが、それを初心者の方がそのまま実行した場合、推進の扶助によって馬が緊張して背中が固くなったところに手綱をまともに後ろに引いたりして、馬のテンションが上がるばかりでなかなか思うような形はならない、ということも多いでしょう。・ブレーキでまとめる  そこで、馬をまとめて乗りやすい形にするために、アクセルだけだなく、「ブレーキ」を活用してみてはいかがでしょうか。   速歩から常歩、駈歩から速歩といった、よりゆっくりな歩法への移行を、『下方移行』と言いますが、前進している馬にこの下方移行や停止を求めると、前のめり気味に前肢に体重をかけ、ハミを突き破るような感じで首を伸ばそうとします。   それに対し、「1ミリも譲らない」つもりで、全身の骨格を使って馬の力を受け止め(『ブレーキのコツ』参照)、項の高さをキ甲より高く保って停めるようにすると、馬は首を伸ばす代わりに自ら後肢を重心下へ大きく踏み込んで停まる(移行する)ようになり、その瞬間、馬体は自然に収縮することになります。(写真  :  エルドラドランチ   土岐田騰馬氏)  よく、レッスンで駈歩がなかなか出ないとき、停止後退や速歩常歩の移行を繰り返してやるとスムーズに発進できたりすることがあると思いますが、これも、下方移行によって自然に後肢を踏み込ませ、駈歩の出やすいバランスにさせているわけです。  起きたバランスを保った『下方移行』を積極的に行うことで、頑張って目一杯推進して歩度を伸ばしたりしなくても、自然に馬の身体をほぐし、後肢や背中の動きを改善して、乗りやすくすることができます。  部班のレッスンでも、ただ漫然と移行の号令に従うのではなく、前の馬との間隔を空けるときなどにもそういったことを意識して乗ってみると、レッスン終わりの時間帯には、馬の状態が随分違っているのではないかと思います。レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術)Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術)Amazon改訂版 馬車運転教本)Amazon

      46
      2
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 「坐り」が基本?

        座骨による推進、というような言い方を耳にしたことはあるのではないかと思いますが、本当に、座骨に馬を推進させる機能はあるのでしょうか。・トントン乗り  競馬の中継などで、ゲートに入るのを躊躇する馬に対して、騎手が上体を後傾させるようにしてお尻でグイグイ押しているところや、ゴール前の直線で追い込む際に、よく外国人や地方競馬の騎手などが、2、3完歩に一回トントンと尻餅をつくようにしながら馬を追う姿を、見たことがある方もいるのではないかと思います。  乗馬のレッスンなどでも、馬が後退してしまうような時に、手綱を緩めつつ、上体を起こして坐骨に体重をかけるようにすると、後退するのを止めてまた前に進むようになる、というような経験のある方も多いのではないでしょうか。  このようなことから、騎手の坐骨が、馬の背中を押して推進するような役目を果たしているということは推測出来ます。・坐骨はアクセル?  ですが、停止している馬にどんなに座骨を使ってみても、それだけで馬を動かすのは、難しいでしょう。  エンジンが止まったクルマのアクセルを踏んでいるような感じで、前進しないことが多いと思います。 どうやら、座骨はそれ単体ではなく、「既に動いている馬」の動きに合わせて、そこから騎手の力や体重を伝えることによって、馬の動きの方向やリズムを変化させるようなことはできる、というようなことは言えそうです。  例えば、駈歩で走っているとき、騎手が軽く前傾して重心を馬の動きに先行させるように随伴すると、騎手の重心の動きが馬の動きに干渉せず、どちらかというと軽い感じの乗り方になりますが、そこからもっと上体を起こして、あえて少し遅れ気味に、馬の背中を後ろから押していくような感覚で随伴するようにしてみると、馬の動きに騎手の重心の動きが一致し、馬の一歩一歩の動きがより大きく、力強くなったりします。  これは馬を「追う」とか「坐骨で推す」などと呼ばれるテクニックで、前述の、競馬の「トントン乗り」も、これを応用したものだと考えられます。・「ドリブル」で推進  このときの、騎手の重心の動きを馬の動きに合わせる感覚は、ちょうどバスケットボールの「ドリブル」で、ボールのバウンドを大きくしようとする時の感じにも似ています。  重心が上下する動きにタイミングを合わせて力を加えることで、動きを大きくさせていく、という感じです。  乗馬の場合では、駈歩だけでなく速歩でも、上体の角度や座骨の随伴のリズムを変化させることによって、馬の歩幅を増大させるようなことが出来ます。  このときの乗っている人の感覚は、正に馬を後ろから「押している」というような感じだったりするのですが、実際のところは、物理的に騎手が推した力によって馬が速くなるわけではなく、どちらかといえば、負荷や刺激が増加したことで馬のテンションが上がって、より大きな力を発揮する、という方が合っているようです。  ・坐骨だけでコントロール?  馬術においては、推進だけでなく、左右の坐骨への荷重のバランスや随伴の動きに変化をつけることによって、馬に進行方向や歩法を変えたり、あるいは駈歩の手前を変えることを促したりするようなことも行われますが、それもやはり、力学的にこうすればこうなる、というようなことよりも、上手な人に継続的に乗り込まれる中で、馬がそうした騎手のバランスの変化や扶助操作を覚え、条件反射的に反応するようになった、という要素の方が大きいのだろうとと思います。 ・鐙は要らない?  ですが、そういったものを実際に見たり経験したりすると、感動してしまって、 「これこそ究極の乗馬だ!」「上手になれば、鞭も拍車も、ハミや鞍さえも必要ないのだ!」というような気になるものです。  ですが、それは上手な人、出来た馬であればこその技であって、それを教わったからといって、そうした扶助を知らない馬に無理矢理試してみたり、初心者にそうした扶助を教え込もうとすることには、あまり意味はないのではないかと考えられます。   「乗馬は、座りこそ第一だ」ということで、手綱の使い方もまだよくわからないような初心者に「座骨でコントロール」などということを安易に要求したり、「鐙上げ」の練習を強いたりするような指導も昔はよくありましたが、 本来そのようなコントロールを行うためには、馬の動きに一致した随伴によって常に鐙に重心を載せたバランスを維持しながら、拳や脚の操作を同時並列で行いつつ、鐙や座骨への荷重の配分や左右のバランスを微妙に調整することが出来る、というくらいの技量が不可欠なのだろうと思います。  また馬自体も、ある程度乗り込まれて調教が進み、そのような操作に敏感に反応してくれるくらいの状態になっていることが必要でしょう。  ですから、 鐙に乗ったバランスを保つような随伴の仕方を知らない初心者に、いきなり「鐙に頼らない」ことを要求しても、技能の上達という意味ではあまり効果がないなではないかと考えられます。  むしろ、苦痛と緊張感で身体の動きが硬くなり、馬の動きと「カウンターパンチ」のようにぶつかってしまったりして、かえって馬のやる気を失わせるようなことになりがちです。    痛いのをガマンしながら頑張った、ということで、ある程度の自信や根性はついても、誤解を招いて上達のためにはかえって遠回りをさせてしまうようなことにもなりかねないと思います。「 座り」が馬術において大切なことは確かですが、「座り」によるコントロール、とは、坐骨だけで乗る、というようなことではなく、鐙に重心を載せたバランスを保てるように随伴しながら、鐙や坐骨への荷重を微妙に調整し、負荷や刺激を変化させてることで馬の身体の動きや精神状態をコントロールしようとするものですから、誰でも、どの馬でもすぐ出来るようなものではないのだろうと思います。    ですから、まずは、乗馬を楽しむ一つの方法として、「上手な人はそういう感覚なんだろうな」というくらいに考えて、気長に身体の使い方を工夫することを楽しむくらいのつもりで「座り」に取り組んでみるくらいのつもりでいいのではないでしょうか。馬術稽古研究会@jq2abv 「操作術」シリーズの続編、好評発売中!… https://t.co/7fI7w4Wxey2017年03月13日 21:19レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      61
      4
      2
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 「腰を張る」方法

      ・腰を張れ?  乗馬のレッスンで、よく「腰を張れ」といわれることがあると思います。   ですが、そもそもそれがどういう姿勢のことをいうのか、考えたことがあるでしょうか? 「胸」を張る、という場合には、背をやや反らし、胸を大きく開いた姿勢になります。  それで、「腰を張る」といった場合にも、なんとなく、上体をを反らしてみぞおち辺りを張り出し、お尻を後ろへ突き出したような姿勢を思い浮かべるのではないかと思います。  そのような姿勢で騎乗すると、背筋が真っ直ぐで、鞍をしっかり膝でホールドできて、拳も低い位置にあるため、拳が勝手に上がってくるような初心者の姿勢に比べれば、随分安定しているようにも思えます。  ですが、こういう姿勢で騎乗している人は、たいてい鞍の後方に座る感じで、膝で鞍を挟み、やや前傾して拳をき甲の上に置く感じの姿勢になりやすく、これでいざ馬が動き出すと、反撞でお尻を突き上げられたり、馬に引っ張られたりて上体が前のめりになりやすく、ブレーキをかけられなかったりする上に、馬の横方向への動きの変化にも弱く、簡単に落馬しやすかったりします。  私は、乗馬に有効な「腰を張る」姿勢というのは、上記のようなものとは少し違う姿勢ではないかと考えています。 すなわち、腰を反り、胸を前に張り出すのではなく、逆に、腰の後ろ側の方に、やや丸くするくらいのつもりで「張り」を持たせ、 みぞおちを少し引っ込めて、お尻を背中の下へ入れるような、いわゆる「お姫様抱っこ」をする時のような感じの姿勢です。  重い物を抱えて運ぶ時に、反り腰ではウェイトトレーニングのように背筋や腕、脚の筋力で頑張る感じなのに対し、この腰を張った姿勢では、重みを腰に載せて、身体全体の骨格を使って重みを支えることが出来ます。    この腰を張る、という身体の使い方の感覚を養う稽古法をご紹介したいと思います。  ①まず、両足を揃えて立ちます。  ②両腕をみぞおちの前あたりの高さに軽く伸ばし、両手でバケツや手さげカバンなど、重みのあるものを吊り下げて持ちます。  ③吊り下げたオモリの重みを全身で受けとめるように、腰を張った姿勢を取り、そのまま、上体が前後に倒れないようにバランスを保ちながら、剣道や相撲の「蹲踞」の形のようにしゃがんだり、また立ち上がったりしてみます。  昔の井戸の「釣瓶」のように、自分の腰が落ちようとする重みを使って、腕にぶら下げたオモリを釣り上げるようなイメージで身体を使うと、比較的楽に、重みを支えることができます。  ④小さな踏み台などの上に立って、手に持った荷物の重みを腰で支え、足先に全体の重みがかかっていることを感じながら、踏み台から落ちないように軽く膝の屈伸を行うと、鐙に乗るバランス感覚を養うのにもよいのではないかと思います。  鐙に乗る、腰を張る、といった身体の使い方の感覚を磨くことで、停止や駈歩発進、障害のアプローチなど、馬の頭の重みが拳に強くかかるような場面でも、馬のバランスを保ちやすくなり、騎乗姿勢も崩れにくくなると思います。・『屏風座り』  ところで、最近、武術家の甲野善紀先生が紹介されている身体操作法の中に、これに近いものがあることを知りました。  それは、「屏風座り」というもので、 つま先をやや開いて立ったところから、踵を地面につけたまま、上半身が前傾しないようにしながら、背中を少し丸く、骨盤を後傾させるようにして腰を落としていく、というものです。  実際には、完全にしゃがんだ姿勢でなく、「しゃがみかけた」あたりが最も力が出るようなのですが、その場合でも、完全にしゃがめるバランスで身体を沈めていくことが重要です。  上手くできると、見た目は屏風を立てただけのような、頼りない感じの姿勢なのに、まるで根の生えた樹木のような安定感が出て、押されても体勢が崩れにくくなります。    往年の大横綱、初代若乃花は、土俵際に押し込まれて反り身になってからのうっちゃりを得意とすることから「二枚腰」と呼ばれ、両足の揃った一見不利な体勢から相手をうっちゃったり、吊り上げたりしていました。  この腰の使い方と、乗馬の腰を張る姿勢とが、なんとなく似ているような気がするのです。・テンセグリティ アメリカのカイロプラクティックなどの手技療法では最近、人体のモデルとして、キャンプなどで使う「テント」のようなものを考えるようになってきているといいます。 テントは、主にポール(圧縮材)とシート(幕)・ロープ(張力材)の3つでできていて、ポールがテント内の空間を確保し、シートとロープが多方向からポールを引っ張り合うことで、ポールの位置を決めています。 人や動物の体も同様に、全身に点在する骨(圧縮材)を、全身の柔組織(張力材)が引っ張り合うようにして、その形を維持しています。 テントの「幕」に相当するものとしては、皮膚や横隔膜、骨盤隔膜、上胸部の隔膜などがあります。  人や馬の身体が、今あるような一定のまとまりをもっていられるのは、柔組織(筋肉、筋膜、靱帯、腱など)が、骨や内臓の位置を保っているおかげであり、例えば精神的な緊張などによって横隔膜に負荷がかかると、それが体全体のバランスに影響してしまう、というようなこともよくあることです。 このような、不連続な圧縮材の抗力と、連続した張力材の張力のみで安定しているような構造のことを、「テンセグリティ」といいます。  これはtension(張力)とintegrate(統合)とを合わせた造語で、建築家で数学者のバックミンスター・フラーと、彫刻家のケネス・スネルソンにより構築された概念です。テンセグリティーの動画(模型のヒモの部分が筋肉や腱で、棒の部分が骨と考えることができます。)  この構造は、ヒモ(張力材)の張力が統合してバランスを保つことでなりたっています。棒(圧縮材)は空間を保持するスペーサーとしての働きをしています。 テンセグリティ構造は非常に柔軟性に富んだ丈夫な構造で、ヒモを一部分切ってしまっても、全体が少しずつ変形して、また釣り合いを保つことができます。 これは、生命体が病気や怪我をしても、身体全体の働きでバランスを保とうとすることと似ています。     「屏風座り」が、普通に腰を落として構えるよりもはるかに強力な力を発揮できるのも、この張力統合体の働きと同じような原理が働いているのかもしれません。    身体の構造を一つのテンセグリティ構造のユニットとして捉えることで、心身の歪みを整え、より高いパフォーマンスを発揮するために役立てようという考え方は、乗馬や競馬のトレーニングなどにも応用できるものではないかと思います。・「骨で止める」ブレーキとの違い  ところで最近、この「腰を張る」ことによるブレーキと、別の記事で紹介している「身体の骨格をテントの支柱のように使う」ブレーキとの関係について、読者の方から質問を頂きました。  「腰を張る」方法は、馬がハミにもたれた時に拳にかかる重みを腰に載せ、「着る」ような感じで全身に負荷を散らすことによって楽に支えることができますから、ハミの高さを保持して馬のバランスを保ちたいときなどに有効に働きます。   またそのようにして手綱のコンタクトを保つことで、膝で挟んで身体を支えるのではない、鐙に重心の乗ったバランスを実現しやすくなります。  それに対して、「骨格を使う」方は、馬が手綱を引っ張り返そうとする力を、騎手の骨格を通してダイレクトに鐙へと伝えることによって、馬の「気づき」を促し、自ら後肢を踏み込んで停まるように導こうとする方法で、主に停止・後退や下方移行などの際に有効に作用します。   譬えるならば、前者は傾きかけた木を倒れないように支えてやるような感じで、後者の方は、倒れてくる木をガツンと受けとめるような感じ、といったところでしょうか。  馬の体勢が起きていて、ハミが比較的高い位置にある場合には、拳の高さも高めになるため、重みを腰に載せやすいのに対し、  馬のうなじがき甲よりも低くなったような体勢では、下に引きずり込まれるような強い手応えとなり、骨格を総動員して止める必要が出てくるのだろうと思います。   例えば、馬が草を食べようとしたり、手綱を振り解こうとして何度も引っ張ってくるような場合には、馬の頭の位置も低くなりますし、咄嗟に腰を張って堪えようとしても間に合わないことも多いでしょうから、「骨を使って」止める方が良いでしょう。(合わせて、手綱をタテガミの上で交差させて「ブリッジ」を組んでおけば、馬に「引っ張ってもダメだ」という気づきを与えやすいだろうと思います。)   それとは別に、速歩で走っている時に馬がハミにもたれて重たい、というような場面では、「腰の張り」で釣り合いを取りつつ、「骨」を使って堪えながら下方移行や停止後退を行い、馬の踏み込みを促してやることで、バランスを改善することが出来ます。   これまで、正直あまり深く考えたことがありませんでしたが、ご質問のおかげで、「上手な人が自然に行なっていること」の内容を、一つ解明できたような気がします。  技というのは単純なものではなく、様々な技術を必要に応じて組み合わせて使っているのだということがよくわかる事例だと思います。レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術)Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術)Amazon改訂版 馬車運転教本)Amazon

      66
      12
      1
      テーマ:
  • 16 Mar
    • ブレーキの「コツ(骨)」

       馬に「ブレーキをかける」ことが、実は苦手だという方は、結構いるのではないでしょうか。  初心者の練習では、勝手に停まろうとする馬を動かすのに一生懸命で、停める方法について考えたことはあまりないかもしれませんが、駈歩など、少し難しい内容を練習するようになり、ちょっと元気のいい馬に乗るようになってくると、馬のスピードやバランスを制御することが必要になってきます。  ところがいざ馬にブレーキをかけようとすると、引っ張り返されて前のめりになったり、かえって速くなったりして、なかなか難しいものです。  そこで今回は、ブレーキのときの身体の使い方について、考えてみたいと思います。・どの筋肉で止める?  馬にブレーキをかけるとき、脇を締めろ、というようによく言われます。  ですが、脇腹に肘をくっつけて、腕と上体を一体にしてしまうのは、あまりオススメしません。  この姿勢で手綱を引こうと上腕に力を入れると、肩が上がって上体が固まる、「肩がつまった」姿勢になって、上腕と肩周辺の筋肉が手綱を引く力と、手綱を引っ張り返してくる馬の力によって、逆に騎手の上体が前方へと引き寄せられ、簡単に前のめりになってしまいます。 そこで膝で鞍をはさんで堪えようとしても、その膝を支点にして簡単にお尻が浮いてしまい、やはり前のめりになってしまいます。・骨を使う  自分よりも圧倒的に大きな馬に力負けせずに、確実にブレーキを作用させる為には、騎手の腕や内腿の筋力だけで頑張るのでなく、騎手の全身の「骨格」を上手く使って、手綱を引っ張り返してくる馬の力に対抗するようにするのが効果的だと思います。「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書)Amazon  馬が手綱を引っ張り返してきたとき、上体をやや後傾させると同時に、軽く立ち上がろうとするようなつもりで足先で鐙に踏ん張り、馬がハミを前下方へ押した力が、手綱から騎手の腕、肩、脊柱から下肢を通って鐙へと、瞬時に伝わるようにします。  こうすることで、騎手の身体を通して、ハミと鐙とがつながり、馬にとっては、ハミを前下方に引っ張り返しても、自分の背中に鞍を押し付けるだけで、ハミは動かない、ということになります。 それを馬が理解すれば、無駄に強く引っ張り返すのをやめ、手綱を控えられたら自ら後肢を深く踏み込んで早く停まろうとするようになり、比較的楽に、馬にブレーキがかけられるようになります。  騎手の骨格全体をテントのポールに例えるなら、手綱や腕はそのポールの上端に繋がったロープで、鐙はポールの接地点という感じになります。  ロープの張力がポールを地面にしっかりと固定する力となるように、馬の力が鐙にダイレクトに伝わるように、全身の骨を使うわけです。    このブレーキで重要なことは、騎手が腕をつかって手綱を「引く」ような力を使うのは、最初のきっかけだけで、馬が引っ張り返してくる力を利用してブレーキをかける、ということです。  馬が手綱を引っ張り返してきてもなお、腕力で引っ張って止めようとしていると、かえって騎手の身体の方が前のめりになりやすくなったりして、ハミから鐙までの力の伝達経路がうまく繋がらず、馬の理解を妨げて、単なる綱引きになってしまいます。   コツは、馬が引っ張り返してきた瞬間、拳→腕→肩→脊柱→坐骨そして鐙へと瞬時に力がつたわり、「カチッ」とブレーキがかかった、というような手応えを手先(足先)で感じることです。  そのためには、馬の力に応じて、上体の傾きや腕や肩周辺の筋肉の力、足先で鐙を踏む力など、どこか一つだけがでしゃばり過ぎたりしないように調整して、力の伝達経路の「遊び」をとり、力の流れが途中で滞らないようにしてやるということが肝心です。・馬体の「つながり」と「遊び」 馬の後肢が地面を踏んで馬体を前に押し出そうとする力は、脊椎、頚椎を通って、最終的にハミを前下方に押し下げる力として手綱に伝わります。  このときに手綱を控え、 ハミがそれ以上前下方に行かないようにすると、馬体が真っ直ぐで、顎を巻き込んだり背を張って頭を上げたりというような「アソビ」がない状態であれば、馬が口でハミを押した力の反力が瞬時に馬の顎から脊椎、腰椎へと伝わり、後肢が馬体を前へ推す力とぶつかります。 前からの力によって馬の重心が後ろに移動すれば、馬は減速や停止、後退をし、それでもさらに後肢を踏み込めば、馬体は収縮する、ということになります。 しかしこのとき 、馬が頭をあげて背中を反らしてしまったり、逆に顎を巻き込んだり、あるいは頚が左右に折れ曲がってしまっていると、ブレーキ力と後肢からの力は、馬体の「遊び」に吸収され、真直ぐにぶつかり合わず、「ブレーキが効かない」感じになったりします。 推進とブレーキ、ハンドルの手綱操作が同時にうまくいって、馬がハミを口で押す力の反力と、後肢から推進力とが真直ぐにぶつかり合っているような状態を、「つながっている」とか、「コンタクトがある」などと表現したりしますが、馬と騎手の双方の、身体の「遊び」をコントロールする感覚は、上手な停止や半減脚、誘導のために有効だと思います。・騎手のバランスと、「折り合い」  ここまでブレーキの効かせ方について述べてきたわけですが、馬を抑えるためには、それだけでは不十分です。  競技会などで馬がイレ込んでいる場合や、レッスンでも部班で前の馬について行きたがっているような場合、いくら強力にブレーキをかけられたとしても、それによって余計に馬のテンションが上がって、収まりがつかなくなってしまうこともあるからです。  引っ張ろうとして身体が固まって随伴が遅れ、騎手の重心が後ろにズレると、馬の背中やハミにかかる力も大きくなってしまいます。  すると馬はより力を入れて前へ進もうとするため、だんだんテンションが上がってきて、折り合いを欠いてしまうのです。 競馬の騎手は、馬を抑えるとき、いきなり上体を起こして引っ張るようなことはせず、拳を 鞍の前辺りに置いた姿勢を保持しながら、片方ずつ軽く口を譲らせる(ハミを抜く)などして、馬が本気にならないようになだめ、折り合いを保つようにしています。   敏感な競走馬にとっては、騎手が少しバランスバックしたり、両方のハミをかけて後ろへ引っ張るだけで、GO!のサインを、出したも同然となります。  本気で力を入れて走り出そうとする馬を力ずくで抑えるようなことにならずに済むように、馬の負担にならないバランスを保ちながら、馬が「かかる前に」なだめる、というのが、騎手にとって最も大切な技術の一つということになります。  競馬で鐙を短めにするのは、足が前に行ってバランスバックしてしまうことで、折り合いを失わないようにするためでもあるのです。・柔らかい乗り方とは?  競馬の世界ではよく、馬と折り合いをつけるのが上手な騎手を評して、「当たりが柔らかい」というような言い方をすることがあります。  馬への当たりを柔らかくして、せっかく元気よく動いてくれている馬の機嫌を損ねることなく、上手に折り合いをつけながらゆったりと乗れるようになれば、より気持ち良く、乗馬を楽しむことが出来ると思います。  そのためには、操作の優しさとか身体の柔らかさということだけでなく、馬の動きを妨げない随伴、馬に遅れないバランス、といったことが、上手に折り合いをつけるために必要な要素だといえると思います。レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon http://blog.with2.net/link.php?1794430

      57
      10
      1
      テーマ:
  • 15 Mar
    • 馬の、「伸ばし方」

        馬に乗る時には誰でも、自分なりに考えた理想的な状態をイメージしながら、そこになんとか近づけようと試行錯誤しているものだろうと思います。  ですが、馬の方にもその日の調子とか、それぞれの体型や性格、癖といった違いがありますから、乗り手がこうなって欲しいと考えているような状態に持っていくためには、教本に書いてあるような「正しい姿勢」でただ固まって頑張っていれば良い、というわけにはいきません。  まず、それぞれの馬の性向やその時の状態を把握して、それらに応じた乗り方をしながら、こちらが意図した状態に馬が近づいていくように導いていく、という作業になるわけです。  ある意味では、その過程こそが馬術の醍醐味であるとも言えるでしょうし、そうした経験をたくさん積むうちに、多くの「引き出し」が出来て、様々な馬のパターンに対応できるようになった人が、「上手な人」なのだ、と言っても良いのだろうと思います。  今回は、そんな「引き出し」としていつかは役に立つかもしれないというものを、一つ紹介してみたいと思います。・「詰まる馬」を伸ばす方法  口が軽くて、顎を譲って屈撓したような形にはなりやすいのだけれど、手応え良くハミに出ず、歩度を伸ばそうと脚や鞭を使うと余計に「詰まって」きて、下手をするとその場に立ち止まって膠着してしまう、あるいは、小股でチョコチョコと速くは走るのだけれど、身体を大きく使った伸びやかな運動をさせることが難しい、というような馬に出会ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。   元々真面目なタイプだった馬が、折り返し手綱や強いハミで乗られるうちに、顎を巻き込んで動くような癖がついてしまったとか、過去に嫌な思いをしたことがトラウマになって前に出るのを怖がるようになったとか、賢くて奸が強い馬で、気分が乗らないとすぐ人を見てサボる、など、パターンは幾つかあるようですが、共通しているのは、「ハミに出ない」というところです。  口にハミが固く当たるのが嫌だったり、後肢や腰に問題を抱えていたり、あるいは、単純に面倒臭がりだったりして、ハミと後肢が繋がった状態で、後肢で負重しながら力強く踏みこむ、というような動きを、極力避けようとします。  こうした馬に、少しでも手応えよくハミに出ながら、大きなストライドで動いてもらえるようにするためには、馬がそうした動きを「気持ちいい」と感じてくれるように、ということを考えて運動を行うことがポイントになります。  例えば、馬が推進扶助に応えて後肢を踏み込み、少しでもハミに手応えを感じたら、それを拳で柔らかく受けながら少し譲って、ハミを前方に押し戻させてやるようにして、馬がもっと首を伸ばしたくなるように、誘ってやります。(子どもや小柄な女性などが、手綱を詰めようとしては馬に引っ張り返されて振り解かれる、というのを繰り返しているような動きを、わざとやるような感じです。)  馬がハミを「当たると痛いもの」として萎縮するのではなく、これに軽く頼りながら、首を伸ばして背中を使って動いた方が楽で気持ちいい、と思ってくれるようになれば、だんだ推進しても背中が緊張して詰まってくるようなこともなくなってきて、歩度を大きく伸ばしていけるのではないかと思います。・「低伸運動」の効用  馬が首を前下方に低く伸ばして、背中を使って大きく後肢を踏み込んで動くように導いていくような運動を、「低伸運動」といいます。  競技馬の調整のためのフラットワークやウォーミングアップなどにおいても、馬の背中の筋肉の緊張をほぐし、肩や股関節の動きをよくするような運動方法としてよく行われます。  馬が、この姿勢で動くことを楽だと感じて、自ら好んでこの姿勢をとろうとするような意思を持つことで、首を伸ばそうとハミを真っ直ぐ前下方に向かって押し込むような身体の使い方をしてくれるようになります。  そうなることで、馬の後肢の力がハミに真っ直ぐ向かうようになり、これによって力強く駈けたり、目標に向かって誘導したり、またブレーキをかけたりすることも容易になります。   馬が前下方にハミを押し込もうとしてくれるからこそ、その反力によって馬の体勢を起こし、後肢に負重させるようなバランスに持っていくこともできるようになるわけで、これが出来なければ、馬術で求めることのほとんどが実現不可能になってしまう、と言っても過言ではありませんから、低伸運動が出来るようになることは、調教の基礎としてもとても重要なものなのです。  またこの運動を騎乗した状態で行うことは、騎手が、拳を体幹の動きから独立させ、馬の頭頚の動きに追随させながら手綱操作を行うのに必要なバランスや感覚を養うためのトレーニングとしても、非常に効果があるものだと思います。・低伸が難しい馬   しかしながら、前述のような、ちょっと人間不信気味だったりして、萎縮してしまいやすいような馬でこれを行おうとすると、ちょっと ハミが衝突したり、推進扶助が強かったり、騎手がバランスを崩して尻餅をついたりしただけで、一瞬で馬が「詰まって」しまって、なかなかうまくいかなかったりします。  こういう馬を、再びハミに出てきてくれるように誘うには、騎手の高度なバランス能力や、的確でタイミングの良い扶助操作といったことが要求され、ちょっと口の強い馬を収縮させるようなことよりもずっと難しいものです。・「ネックストレッチ」で伸ばす  騎手は、馬の頭より後ろに乗っているわけで、手綱で馬を前から引っ張って伸ばしてやるようなことは出来ません。   縮こまっている馬に伸ばした運動をするためには、馬自身に、ハミを前に押し込んで首を伸ばそうとしてもらう必要があるわけですが、ハミに不信を抱いていたり、背中が緊張しやすい馬に、そうした動きをどうやって求めるのか、ということが難しいわけです。   そういう馬に対して、私が過去に試してみた方法の中で意外に効果があったのが、「ネックストレッチ」を使った方法です。 「ネックストレッチ」は、一般的には馬のうなじからハミ環を通して腹帯に繋ぐように取り付け、馬の首を屈撓させて軽く収縮したような状態で安定させるために用いられる道具です。  同じような使い方をするものに「サイドレーン」がありますが、それと違うところは、伸縮性のある素材で出来ていて、馬への当たりが比較的ソフトだということと、うなじを抑えることによって頭を低く下げさせるような効果があることです。   とはいえ、通常の使い方では、サイドレーンと同じように、馬の首を屈撓させる感じになり、低伸にはなりません。  ここで紹介するのは、通常とは全く異なる使い方で、ネックストレッチの弾力と当たりの柔らかさを利用して、馬が低伸したくなるように誘ってみよう、という方法です。  まず、頭絡のハミ環に、ネックストレッチの両端のフックを取り付けて、手綱と同じように馬の首にかけます。  それを手綱と同じように握ってハミを操作し、馬に低伸運動を促してみるのです。  ハミが馬の口に当たった時に、この「手綱」が柔らかく伸びることによって、口への衝撃を和らげます。  その当たりの軽さと柔らかさによって、普通の手綱では萎縮してしまうような馬でも、「ちょっと首を伸ばしてハミを押し返してみようかな」というような気を起こしてくれやすくなるのです。  これによって、馬は、顎を巻き込んで外したりせずに、だんだんハミに出るようになってきます。  そうして馬が背中を使って動くようになってきたら、馬を緊張させないように、少しずつ推進を強くしていき、ハミで馬を誘いつつ、だんだん歩度を伸ばしていきます。   当たりの優しい樹脂製の棒バミや、カギ付きのブレーキングビットなどを併用してやれば、さらに低伸させやすくなるのではないかと思います。  何かの拍子に急に暴走されたような場合にブレーキをかけられるように、普通の手綱も一緒に握っておくことをお勧めします。  ・伸ばせなければ縮められない  いわゆる「ハミ受け」を練習中の頃などには、馬の首を屈撓させ、収縮させることに一生懸命で、馬を伸ばすというようなことを意識することはないと思いますが、徒らに強いハミなどを使うことによって馬が縮こまって前に出なくなってしまっては、元も子もありません。    逆説的ですが、前下方にハミを押し込んで身体を伸ばそうとしてくれるような馬でなければ、上手に収縮して後肢で負重するようなことも出来ない、即ち、「伸ばせない馬は起こせない」ということが言えるでしょう。  大勒などの強いハミや、折り返し手綱などを使う前に、まずは低伸運動で馬を真っ直ぐハミに出すような稽古を積むことで、「小成が大成を妨げる」ようなことも少なくなるかもしれません。    馬術稽古研究会@jq2abv 「五つ星」頂きました!『レッスンがさらに面白くなる!乗馬の身心操作術』https://t.co/f2e1IR9sJ4 https://t.co/aQ4yy11D1g2017年03月07日 22:27レッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazonレッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon   

      34
      9
      1
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 「下手の長手綱」と、手綱の「詰め方」

           自分では、ある程度上手になったかな、というようなつもりでいたのに、指導者からしょっちゅう「手綱が長い」とか「背中が丸い」などと姿勢を注意されるようになる時期、というのがあると思います。  馬にハミに対して顎を譲らせる、いわゆる 「 ハミ受け」がそこそこ出来るようになってきた頃などに多いのではないでしょうか。  馬が譲ってくれたことで余った手綱を短く持ち直そうとすると、せっかく今まで何とか出来ていた「ハミ受け」がご破算になって元の形に戻ってしまうので、何となく持ち直したくない、とか、手綱を短くすると馬へのハミの当たりが硬くなって馬の頭が上がってしまうために、拳の位置を低くくして馬の顎を上から抑えようとして、結局また手綱を伸ばしてしまう、ということもあるでしょう。  その結果、いつも長い手綱で、腕を棒のように伸ばして拳を腰の横辺りまで持ってきて、肩が前に突っ込んだ猫背の姿勢で、馬の頭の高さばかり気にしている、というような感じの乗り方になってしまいがちです。  このような状態は、上達の過程で多くの方が一度は経験するもので、昔から、若手の指導者などがそうなっているのを揶揄して『下手の長手綱』などと言われてきたものです。 『長手綱』になる一つの原因として、「身体を割る」(身体各部を分離・独立させて使う)ことが出来ず、拳を上体の動きから独立して動かせていない、ということが挙げられると思います。  腕が分離しきれず、上体と一体になっていると、馬の反撞で上体が揺れる拳も一緒に揺れてしまい、手綱が弛んでブラブラ揺れ、ハミがカウンターパンチのように馬の口に衝突することになります。    そうした初心者の方に対するアドバイスとしてよく言われるのは、「拳を肩幅くらいに開いてみる」というものです。  確かにこれなら、外に向かって手綱を引っ張ることで、張りを保つことが出来ます。『下手の長手綱』の人が拳を腰の横で開くようにして乗っているのも、同じ理屈だと考えられます。  しかしこの方法はあくまでも、コンタクトを一定に保ちにくい人のための応急的な対策であって、腕が分離独立できす、拳が固いことを根本的に解決するものではありません。むしろ、拳を開いた形を保とうとして腕が固まって、ますます「手が短く」なり、当たりが硬くなるのを誤魔化そうとして手綱の握りを緩めて、ズルズルと長手綱になってしまう原因になる可能性もあります。・柔らかい拳   拳を柔らかくする、というのは、ただ手綱を握る指の力を緩くすることではありません。  「柔らかい拳」とは、自分の上体の動きから独立させ、馬の頭の動きに追随させながら、ときには強固に使えるような「自在に動ける拳」のことです。  そうしたことを実現するためには、肘の動きがポイントになります。  例えば、速歩のとき、身体の上下動の分だけ肘の関節を屈伸してやることで、拳を静定させることができますし、常歩や駈歩でも、馬の頭の動きに追随して拳を動かしてやるためには、肘を前後に動かしてやる必要があります。  肘は、身体の横で固定してしまうのではなく、自在に動ける状態であることが大切なのです。  そのためには、腕の付け根である肩関節や肩甲骨が自由に動けるように、あまり胸を張り過ぎたり、肩が上がったりしないような姿勢でいる方が良いと思います。  『長手綱』になってしまう原因としてもう一つ、馬の頭を手で下げさせようとしている、ということがあります。  「ハミ受け」の習熟の過程では、①まず、左右のハミを動かしたりして、どうにかしてハミに対して顎を譲ってもらい、そのときの感覚を覚える段階、②次に、顎を譲った形から、馬がハミを軽く押し返すようにして、前下方に首を伸ばそうとするように促していく段階、③それから、柔軟性と「オンザビット」でハミに出る前進気勢とを保ちながら、馬の体勢を起揚させていく段階、というように、いくつか段階があると思います。  『長手綱』の状態になりやすいのは、馬に頭を下げさせようと頑張っている①の段階から、馬に低伸を促すことを覚える②の段階あたりです。③に取り掛かる頃には、自然と治っていることも多いのではないかとと思います。①で手綱が長くなるのは、馬の顎に下向きの力を加えて下を向かせようとして、拳を馬のキ甲よりも低くするような感じで、両拳を開いて手綱を下に向かって引こうとするためです。  力を入れて下向きに顎を抑えようとすると、馬は余計に上を向こうとしやすいですし、何とか抑えつけることに成功したとしても、拳を通常の位置に戻すと同じような角度で力をかけることが出来ないので、なかなか手綱を持ち直すことが出来ません。②は、馬が、口でハミを押し込んで前下方に持っていこうするように促す段階ですから、ある程度手綱が長くなってしまうのはやむを得ないでしょう。  むしろこの段階で、一度、目一杯手綱を伸ばして、それでも馬がハミのコンタクトを保てるような練習をすることが、腕を身体から独立させ、柔らかく拳を使えるようになるために必要だと思います。  「低伸運動」は、馬のストレッチだけでなく、騎手が自分のバランスを保つために手綱につかまったりせずに、身体の随伴の動きから腕を分離独立させて、拳を馬の口の動きに追従させながら、微妙にハミのコンタクトを加減する、というような複雑なこと出来るようになるための練習としても、とても有効なものです。  ・頭を「下げさせる」コツ  馬に低伸を促すコツは、力で頭を下げさせようとするのではなく、手綱を引っ張られると反対の方向に引っ張り返そうとするという馬の心理を利用して、少し引っ張り上げるような力を加えてやり、馬が引っ張り返してきたら負けてやることです。   背中や口などに痛みがある場合など、あまり身体を伸ばしたがらず、ちょっと強くハミが当たるとすぐ頭を上げてしまう馬もいますから、「ゴム紐」のような柔らかなコンタクトを保つ意識が必要です。    手綱を伸ばすと馬が前下方へ「ハミを取りにくる」くらいの状態にすることができるようなれば、手綱を詰めて拳を身体の前に持ってきても頭を上げられてしまうことはないでしょうから、③の段階へ進めます。  停止、後退や下方移行などを行いながら、馬がハミを前下方に押し込もうと「ハミに乗った」(オンザビット)状態を保ちつつ、ハミの位置を高くして、馬の体勢を起こしていきます。   ブレーキをしっかりかけるために自然と手綱を短く詰めることになり、いわゆる基本姿勢の「気をつけ」の拳の位置で持てるようになるでしょう。  ・手綱の詰め方  手綱を短く詰める動きを、スムーズに、コンタクトを失わずに行うために有効と思われるのが、左右の手綱をクロスさせて、重なる部分を握り、余った部分を輪っかにして横に垂らした「ブリッジ」という持ち方です。  これは、乗用馬よりもっと血気盛んな競走馬の調教などでは日常的に用いられている方法で、タテガミの上に手綱で橋をかけるようにすることから、そのように呼ばれています。 競馬では、馬に強く引っ張られても負けないようにしっかりとタテガミの上に固定するためのものですが、手綱を重ね合わせて両手でしっかり固定する「二重ブリッジ」と、片手でクロスした部分を抑える「一重ブリッジ」という方法があります。   乗馬で手綱を開いて使ったり、スムーズに詰め伸ばしをするためには、一重の方がやりやすいのですが、左右の手綱の長さがズレてしまいやすいので注意が必要です。・「気付かれないように」持ち直す  馬には、手綱を短く持ち直されたり、コンタクトがなくなったところから再びハミをかけ直されると、抵抗を感じ、テンションが上がるというような性質があります。競馬ではこれを、一気にスパートするためのGO!のサインとして用いているほどで、逆に折り合いをつけて待機したいような場面では、バランスを崩したりして不用意にハミに衝撃を変えないように、とても気を使っています。 ですから、乗馬でも、せっかく馬が力を抜いて顎を譲ってくれたところで、ガサツな手綱をの詰め方をしてしまうと、一気に緊張状態に戻ってしまったりすることになるわけです。手綱を詰め直すときには、馬が気づかれないうちに詰めてしまう、というくらいの繊細で無駄のない動きが必要です。  ブリッジは、手綱を交差させることで、手綱を左右一本ずつのヒモではなく、ハミを含めた一つの「輪っか」として捉えることができます。  その輪っかを少しずつ小さくするように、片方ずつ交互に手綱の握るところをズラしながら、じわじわと詰めていくことで、一度ハミを外してご破算にするような必要もなく、ハミ受けの状態を保ちながら手綱を短くすることが出来るのではないかと思います。  また、このように手綱を交差させてブリッジを組む操作に慣れると、小柄な女性など、手綱を詰めようとするのを馬に勘づかれてすぐに振り解かれたり、頭を下げてガツンと引っ張られて、しょっちゅう前のめりになっているような方でも、交差した部分を馬体や鞍に押しつけて固定することで、楽に対応することができます。  これは、馬の口の固い方側の手綱だけを固定するとか、必要な時だけ瞬間的に行うなど、応用できる場面は多く、覚えておくと非常に便利なものですから、是非活用して頂ければと思います。馬術稽古研究会@jq2abv 「操作術」シリーズの続編、好評発売中!… https://t.co/7fI7w4Wxey2017年03月13日 21:19レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      36
      2
      1
      テーマ:
  • 13 Mar
    • ハミは財産

         乗馬や競馬にかかわる道具の中でも、とりわけ多くの種類があるのが、「ハミ」でしょう。  ハミは、ご存じの通り、馬に咥えさせて主にブレーキやハンドル操作を容易にするための道具ですが、馬に求める運動や馬の調教段階、性格や癖などに合わせて、様々な形状のものを使用します。  様々な馬に関わった経験の分だけ、ハミのコレクションも増えていくことになり、それぞれのハミの使い方や操作感覚、効果や副作用、といった知識がそのまま使う人の中に「引き出し」として蓄積される、と考えれば、ハミはまさに、馬乗りにとっての「財産」であると言ってもよいのではないかと思います。    ハミは、太さや形状によって効き方がずいぶん変わってくるわけですが、形状の変化によって、その作用がどのように変わるのかということを大まかにでも知っていれば、初めて乗る馬に装着されているハミを見て、その馬がどんな乗り味なのか、どのような乗り方をすれば良いのか、ということをなんとなく想像するようなこともできます。  ということで、まずは、ハミの形状による作用の違いについて考えてみたいと思います。・太さ  ハミには、銜身(馬が口に咥える部分)の太さに少しずつ違いがあります。  想像してみればわかると思いますが、細い方が、馬の口にかかる圧力は大きくなり、強く作用します。  ですので、基本的には、中半血や在来種などの鈍感な馬や、前進気勢が旺盛で抑えるのが大変な馬には細いハミ、神経質で、細いハミでは反抗して膠着したりしやすいような馬には、太めのはみを用いることになります。  口角が切れてしまいやすい馬にも、太めの方が良いですが、口角に当たる部分が厚く、ハミ環がクルクル回って口角を挟んでしまうようなことがないような構造になっている「エッグビット」というハミもよく使われています。  若いサラブレッドはかなり敏感そうなのに、競走馬が細めのハミを使っていることが多いのは、気合いの乗った競走馬を抑えるには、細いハミでないと不安だから、ということと、細くて軽いハミの方が、馬を追ってスパートさせるときの反応が良いからだと考えられます。  ・材質 ハミは、馬の歯が当たったり、かなりの強い力がかかることもあるものですから、ほとんどのものは耐久性のあるステンレス鋼などで出来ています。  口の敏感な馬や、口を傷めている馬などには、プラスチックやゴム製の銜身に金属の芯が入ったものもよく使われますが、しばらくすると馬に噛み砕かれてボロボロになってしまったりすることも多いものです。  また、手綱操作に対して口を割って抵抗し、口がカラカラに乾いてしまうような馬には、銅を含んだ合金製のハミを使うことで改善されることもあります。  銅は、馬が口の中で甘みや匂いを感じ、唾液分泌が促進されることによって、苦痛が軽減され、積極的にハミを取るようになりやすいといいます。  最近では、マンガンが、馬の緊張やストレスを軽減し、筋肉の緊張緩和を促し、エネルギー代謝を高め、酵素を活性化させることによりアレルギー性の皮膚炎を軽減するなど、馬にとって様々な良い効果をもたらす、というような研究もされているそうです。  唾液といえば、こんなハミもあります。ブレーキングビット、ど呼ばれるもので、その名の通り、本来は新馬のブレーキング(馴致)のために用いられるものです。  ハミの真ん中からぶら下がっているカギ束みたいなものは、「舌遊び」と言って、馬が口の中でジャラジャラ転がして遊べるようになっています。 舌を動かすことで、唾液が分泌され、苦痛が少なくなって、ハミを嫌がらなくなる、というわけです。  本来は若馬のためのものなのですが、大リーガーのチューインガムや、赤ちゃんのおしゃぶりみたいな感じで、適度にリラックスして、仕事に集中しやすくなるような効果がありますから、怖がりで物見の激しい馬とか、働き過ぎてちょっと荒れているような馬の運動に使ってみると、意外に効果があります。・様々な形と目的  ハミにはじつに様々な形のものがありますが、その中でもよく使われているものをいくつか紹介したいと思います。まずは、枝バミ、と呼ばれるものです。  馬の口角に当たる部分から、上下に長い枝のような棒が伸びているものです。  馬が左右にもたれるようにしてヨレるのを修正しようと手綱を使った時に、馬が口を割りながら抵抗して、ハミが横にズレて口から外れてしまい、操縦不能になって「欽ちゃん走り」で逸走してしまうようなことがあります。  枝バミを使うと、両側の棒が、馬が口を開けたときにハミ環が口の中に入っていってしまわないようにするための、ストッパーの役割をするのです。 このハミは、新馬などの他、ポニーや在来種など、比較的鈍感というか、人を恐れず、力ずくで挑んでくるようなタイプの馬にはよく使われます。   同じような目的で、競馬では、リングのついたものもよく使われています。  リングが馬の下顎にハミを安定させ、口から横に抜けてしまうのを防ぐような働きをします。  口向きが悪くてもたれるような癖のある馬を、逸走してしまったりせずに真っ直ぐ走らせるために用いられるものですが、このリングには、馬が舌をハミの上に出してしまう「舌越し」を防ぐ効果もあります。  乗馬のレッスンでも、たまに口の横からベロを出してブラブラさせながら走っているような馬がいると思いますが、舌がハミを越してしまうと、馬がハミに出なくなり、コンタクトを保つことが出来なくなります。  そうした癖のある馬や、クネクネとヨレて困るような馬には、このリングビットが有効かもしれません。  ハミ受け、というと、馬に顎を引かせて鼻梁を垂直にさせたような形を思い浮かべる方も多いと思いますが、軽い力で馬を抑え、馬に気づきを促しやすいように、「梃子の原理」を応用した、大勒ハミとか、カーブビット、と呼ばれるハミがあることはご存知だと思います。   写真は、ペソアビット(ダッチギャグ)と呼ばれるものですが、こうしたハミを使い、馬の長い顔のさらに下にオフセットするように手綱をつければ、梃子の作用によって、馬の力に負けずにブレーキをかけることが出来るわけです。  しかし、この梃子の作用に頼り過ぎると、今度は馬が、顎を巻き込むようにして頭を下げ、ハミにもたれて走るようになったり、半減却のようなちょっとしんどいことを要求すると、すぐに顎を引いてハミを外しながら膠着し、手綱を使わせないようにするような戦略を覚えてしまったりすることがあります。  特に、強い力で真下へ手綱を引っ張り込みながら突っ走るような癖がついてしまった場合が厄介で、強いハミを使っても巻き込んで前のめりになってしまうし、脚を使って踏み込ませても速くなるだけだし、馬を起こしてゆったりと運動させることが非常に難しくなってしまいます。そんな時の、馬を起こすための最終兵器が、「ギャグビット」です。  ギャグとは、「猿ぐつわ」というような意味で、人間の猿ぐつわと同じように、口角にかけることを目的とした構造になっています。  ハミ環に開いた穴に通したベルトの上端を頬革に繋ぎ、下端には手綱を取り付けます。  馬が頭を下げようと手綱を引っ張ると、ハミが馬の口角からうなじの方に向かって強く引き上げられる感じになります。   これを繰り返すうちに、馬は自分でその因果関係に気づき、頭を下げようとはしなくなるのです。  ギャグビットというと、競馬でも使われているためか、上の写真の「ダッチギャグ」の方が有名なようですが、用途も、作用の仕方は全く違うものになります。   ・おすすめ?便利グッズ  ついでに、乗馬クラブなどではあまり馴染みがなさそうだけれど、使ってみれば結構役に立ちそうなものを、いくつかご紹したいと思います。  一つ目は、チフニービット(ハートバミ)です。  これは、パドックなどで引き馬をする時に使うもので、無口や頭絡を付けた上から、ハート型のリングの上部を馬に咥えさせるようにして装着し、リングの下側に曳き綱をつけて使います。  曳き馬では、元気のいい馬を抑えるのはなかなか大変ですが、これは曳き綱が馬の顎の下の真ん中に付くため、ブレーキをかけることが容易になります。 リングがバミよりも細い分、圧力が高めになりますから、曳き馬で立ち上がるようなウルサイ馬でも、それを未然に防ぎやすくなります。二つ目は、「リップチェーン」と呼ばれるものです。使い方は、こんな感じです。リップチェーンは、上唇と歯茎の間に鎖(チェーン)を通し、ベルトをうなじに掛けるようにして装着して使います。歯茎にチェーンが触れることによって、馬の意識を口に集中させて、興奮を抑制するような作用があるのです。  馬に注射などをする際、鼻ネジをするとおとなしくなるのは、脳内麻薬物質が分泌されることによるものだと言われますが、それと同じような効果によるものかもしれません。  リップチェーンは、ホームセンターなどで売っている材料で手軽に作ることができます。  ハートバミもリップチェーンも、元気のいい競技馬などを扱う機会の多い方には、とても便利なものだと思いますので、ご興味のある方は是非お試し頂ければと思います。レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon  

      29
      4
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 障害ジョッキーインタビュー

      3/11の阪神8R、「阪神スプリングジャンプ」は、昨年の中山大障害の覇者、オジュウチョウサン&石神騎手が制しました。前日のラジオNIKKEIで放送された番組が、ちょうどその石神騎手のインタビューでした。↓ラジオNIKKEI鈴木淑子の地球は競馬でまわってる2017/3/10  昨年の最優秀障害馬となったオジュウチョウサンの成長の過程や調教の苦労話など、普段なかなか聞くことない内容で、競馬はあまり見ない、という乗馬愛好家の方にも興味深いものではないかと思います。  宜しければ、聴いてみて下さいね。(インタビューは3:00頃から〜)レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon  

      12
      テーマ:
  • 11 Mar
    • ハミで、動かす 〜 馬術の「奥義」

        いわゆる「ハミ受け」や、ブレーキのかけ方、あるいは、立ち上がる馬への対処法など、ハミの使い方やハミが馬の意識に与える影について、現役騎手や調教助手の方を含めた数名の方から貴重なご意見を伺う機会がありました。   その中で得た気づきの中から、なかなか言葉で説明することが難しくて、あまり詳しく語られることも少ない、ハミの「アクセルとしての使い方」について述べてみたいと思います。  いわゆる「ハミ受け」を練習する場合にしろ、ブレーキやハンドル操作にしろ、ハミを使って馬に言うことをきかせようとするときは、だいたい、両方、もしくは片方の手綱を控えてハミを馬の口に作用させ、馬が抵抗しても負けないように拳に力を入れて頑張る、というような操作になると思います。  馬が、顎を抑えているハミよりも後ろ方向に顎を譲り、頸を曲げ、収縮したりすることで、目的が達成されるわけです。    しかし、馬に、ハミに対して顎を譲らせるというだけでは、出来ない運動もあります。  ある程度上手になってくると、馬にもっと積極的に身体を伸展させ、大きく身体を使って欲しい、というような場合が出てきます。  例えば、フラットワークで馬の背中や頸を伸ばし、肩や股関節の動きを改善させたいとか、あるいは、高い障害に向かって助走する時に、より力強い、大きな完歩で向かいたい、とかいうような場合などです。  また、折り返し手綱や、作用の強いハミなどで無理に屈撓させて運動した結果、馬がハミを嫌って、首を縮めるように顎を引いてハミを外し、前に出なくなるようなことがありますが、そんなときに強い脚や鞭でいくら励ましても、馬は力むだけで、ツンツン、チョコチョコと小刻みな動きになったり、あるいは反抗して膠着してしまったりして、なかなか思うような伸びやかな動きにならなかったりします。・逆転の発想  そうした場合に、ハミの使い方を工夫することで、馬が自ら積極的に身体を伸ばし、大きく身体を使おうとするように「誘う」ことが出来るのです。    ブレーキをかける時や、いわゆるハミ受けをさせようとする時などに、馬がハミに対して抵抗し、口を突っ張り返してくるような手応えを感じることがあると思います。   細かくみると、その手応えにも、馬が背を反らして頭を上げようとしているのか、口を突っ張って首を伸ばし、手綱を振り解こうとしているのか、またはハミにもたれかかっているのか、というような、方向の違いがあります。  馬はだいたい、騎手が手綱を引くのと、正反対の方向に向かって引っ張り返してくることが多いものです。  すなわち、騎手が馬の頭を下げさせようと下に向かって抑えれば、背中に力を入れて頭を上げようとし、逆に頭を引っ張り上げようとすれば、ハミに体重をかけて下へ潜ろうとし、手綱を短く持ち直そうとすれば、口を突っ張って首を伸ばし、振り解こうとしてくる、といった具合です。  これを、逆に利用してやることで、馬が自ら身体を伸ばすように仕向けることが出来るのです。・ハミで、伸ばす  馬の口にハミが軽く当たり、馬が突っ張ってくる手応えを感じたら、その動きに拳を随伴させ、首を伸ばさせてやります。  この操作を繰り返し、馬に、頸や背中を伸ばすと楽だ、というようなことを思い出させてやります。  (よく初心者の方などが、手綱を短く持ち直そうとする度に、ガツンと前に引っ張られ、振り解かれるのを繰り返していることがありますが、それを意図的にやるような感じですね。)  そうやって、騎手が手綱を張ればハミを銜(くわ)えて手綱を引っ張り返し、手綱を緩めると、馬が自ら首を伸ばして「ハミを取りに」くる、というくらいにしていきます。  これを速歩などで、後肢を力強く踏み込むように推進しながら、地面に鼻先が着くくらいまで行うのを、「低伸運動」などと言い、馬の背中や頸の筋肉の緊張をほぐし、肩や股関節の動きをよくする効果があります。  馬の頸を屈撓させ、収縮させるためのもの、というように思われがちな折り返し手綱も、このような操作によって馬を伸ばすために使うことが出来ます。(本来は、それが出来る人でないと使ってはいけない道具なのだろうと思います)。  こうした操作によって、手綱を張ってハミを軽くかけた時に、馬がハミに反応して、自ら手応えよく前に出るようになり、ゆったりとした大きなストライドで走ってくれるようになります。・拳の柔らかさ     このような操作を行う上で重要なのが、拳の柔らかさです。  柔らかい拳というのは、ただ指の力を緩めて手綱を伸ばしてブラブラにするのではなく、体幹から腕の動きを独立させて、肘から先が手綱と一体になったような感じで馬の口に追随して動けるような、「自在に動ける拳」のことです。  競馬の世界ではよく「当たりが柔らかい」というような言い方をすることがあります。  当たりを柔らかくするためには、操作の優しさとか身体の柔らかさということだけでなく、馬の動きに一致した随伴の動き、馬に遅れないバランスを保てる姿勢、といったことも、必要な要素だと思います。 ・ハミに出す  ハミで馬を伸ばす感覚がわかると、馬がハミを押し返して前に出ようとする気持ちを引き出すことが出来るようになります。  馬が、ハミにかかる、手綱の力の方向とは正反対の方向に向かって押し返し、前に出ようとする気持ちを利用して、馬を目標に向かって真っ直ぐに誘導することができるのです。  障害や、他の馬に対して怯んでしまうような場合でも、対象物よりもハミの方に馬の意識を集中させることで、拒止されることなく馬を進ませることが容易になります。  また立ち上がったり、物見をしたりするような馬に対しても、馬の意識をハミに対してに集中させることで、積極的に前に出やすくなり、安全に運動させることが出来るようになります。  この馬をハミに出す、ハミで誘って前に動かす、という感覚は、脚による推進をあまり使えない、競馬や、馬車などにおいては、とくに大切なものです。  馬車の御者が、長い手綱を、波打たせるようにして馬を追っている映像や、競馬の騎手が両拳を左右に開いたり閉じたりしながら、拳を激しく動かして馬を追うところを、見たことがあると思います。  手綱で馬を叩いているようにも見えますが、実は、手綱を緩めたり張ったりすることで何度もハミをかけ直して、馬が反射的に、大きく首を使って前へ進むように「誘って」いるわけです。 このような、ハミのコンタクトによる馬の意識、積極性のコントロールは、上級者だけが知っている、馬術の「奥義」とも言うべきものの一つだと思います。   まずは、「ハミ受け」の練習などする際や、レッスン終わりの常歩のときにでも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      60
      13
      テーマ:
  • 10 Mar
    • ハミの「入れ替え」

        乗馬の用語というか、符丁のような感じで使われている言葉に、「ハミを入れ替える」というものがあります。  左右の拳を交互に細かく前後に動かし、ハミで馬の顎をカクッと譲らせるような操作に対して、そのように呼ばれることが多いようです。  馬が「ハミを噛んで」走ろうとしたり、ハミに反抗して頭を上げようとするのに対し、顎を譲らせ、背中や首の力を抜かせて、リラックスした「折り合いのついた」状態にさせる(競馬の世界で言うところの「ハミを抜く」というのと、ほぼ同義と言ってよいでしょう)ために行う操作です。  上手な人がやるのを見ているとチョコチョコッと一瞬でやっている感じで、これに憧れる方も多いと思いますが、実際に何をどうやっているのかはなかなかわかりにくいものです。(それで「マジック」などと言われたりするわけですね)  見よう見まねでやってみても全く思ったようにいかなかったりしますし、またそうして手を動かして頭を下げさせようとすることで、人馬ともに姿勢やバランスがおかしくなったり、変な癖がついたりといった副作用が出てくることがありますから、指導者は「邪道」としてあまり教えたがらないものです。  ですが、これができるようになって、ちょっと元気が良くて初心者には難しいような馬でも「手の内に入れる」ことが出来るようになることで、レッスンや外乗での危険を回避することに役立つこともあるのではないかと思いますので、ここではあえて、この「ハミの入れ替え」のやり方について、考えてみたいと思います。  まず、その操作の仕方を、時系列でよく見ていくと、左右の拳はただ単に交互に引っ張っているわけではない、ということがわかります。例えば、①まず、外方のハミを前に持っていかれないように外方拳を固定しつつ、内方の拳を握り、手綱を控える。②馬が内方のハミに対して少し顎を譲ったら、そのハミを譲った位置から前に持っていかれないように内方の拳を固定しつつ、今度は外方の拳を使って馬の顔を反対側へ向けるような感じで外方のハミに対して顎を譲らせる。③外方のハミに対して馬が譲り、先ほどより馬の首が短くなったら、再びその外方のハミを前に持っていかれないように拳で壁を作るようにしながら、さらに内方の拳で馬の顔を少し内向きにするようにして顎を譲らせる。といったような感じで、片方ずつ顎を譲らせていって、少しずつまとめていくわけです。  ところがこれが、見た目には、外、内、外、と交互に拳を使って引っ張っているように見えますので、初心者の方はそれをそのまま真似してしまうわけです。  そこが、「マジック」との根本的な違いになります。  例えば右のハミに対して譲らせた後に左を使う際、先にせっかく譲ってもらった右の顎をまた放してしてしまう、というようなことになれば、いつまでたっても馬がまとまらない、という感じになってしまうでしょう。  初心者の方がそうなってしまいやすい原因としては、これらの理屈がよくわかっていないということともう一つ、身体の使い方の問題があると思います。  普通の方は、左右の手と身体の動きを別々に、独立させて動かすということができていないことが多いものです。  そのために、例えば右の手綱を控えるというとき、右手だけでなく、両肩も一緒に右回りに回ってしまい、左の肩が前にでることになって、それによって左の拳も知らないうちに前に動いてしまいます。  そうすると、先ほどの例のように、右を引っ張るときには左を放してしまう、という感じになって、どれだけやっても馬をまとめたられないのです。  肩を回さずに拳を使うため有効な方法として、まず一つは、拳を使う際に、身体を半身にした「一重(ひとえ)の構え」で行ってみる、ということを提案したいと思います。  動かして使う方の拳と同じ側の肩や肘を後ろに引かないように前に出し、反対側の肩を後ろに引くように意識しながら手を使うことで、身体が勝手に捻れるのを防ぐことができます。  次に、拳を動かす方向を変えてみる、という方法があります。  馬の顔を横に向かせよう、頭を下げさせようと考えると、手綱を下へ抑え気味に、開くような感じで使いたくなると思いますが、そうすると、上体が覆い被さるような形で拳と一緒に回ってしまうような動きになりやすいものです。  そこで、例えば馬の顔を少し右向きにする場合、内方姿勢で隅角を回るときのような感じで、右の手綱を馬の首に添わせるようにしながら、キ甲の前辺りから騎手の左胸の方へと向かって、少し上向きに引っ張るようにします。  手綱を馬の首に添わせることで、手綱と馬体との間に摩擦力が生じ、馬が引っ張り返してきてもハミを持っていかれにくくなります。  そうやって馬の顔を横へ向かせながら同時に顎を引かせ、斜め下方向を向かせるようにしてやることで、譲りを得ることが出来ると思います。  馬が譲ってくれたら、手綱を首に添わせたまま、拳を下げて手綱を馬のキ甲の辺りに固定し、今度は反対の拳を持ち上げて、先ほどと同じようにして顎の譲りを求めていきます。   このようにして片方の拳を固定しながら、もう一方の拳で譲りを得たらそれを一旦緩め、馬の顎が開きそうになったら再び握る、というようにして、ハミで壁を作りながら馬の譲りを確認するようにして、折り合いをつけていきます。  こうした方法は、競馬の騎手が「ハミを抜く」ときに行うやり方に近いものです。  競走馬は力が強く、騎手もモンキー姿勢ですので、両拳を宙に浮かせたままで持っていかれないように固定するのは大変ですから、片方の手綱を馬に押し付けるようにして固定しながらこれを行っています。  乗馬のレッスンでこれと同じことをやると、すぐに指導者からツッコミが入りそうですが、 まだ「身体を割って」使うことが出来ず、同時並列で別々のことを行う、ということが難しい初心者の方には、なかなか有効なものではないかと思いますので、まずはコッソリ、試してみてはいかがでしょうか。馬術稽古研究会@jq2abv 「五つ星」頂きました!『レッスンがさらに面白くなる!乗馬の身心操作術』https://t.co/f2e1IR9sJ4 https://t.co/aQ4yy11D1g2017年03月07日 22:27  レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      47
      1
      テーマ:
  • 09 Mar
    • 「ハミ受け」の定義?

        乗馬をやっていると、「ハミ受け」という言葉を聞くことはよくあると思いますし、今まさにそれに取り組んでいる、という方もいらっしゃるでしょう。  ですがその「意味」を問われると、だいたいのイメージは持っていても、なんとなく曖昧な、フワッとした答えになってしまうのではないでしょうか。  そもそも、ハミを「受ける」というのがどうなることなのか、「受ける」のは馬なのか、騎手なのか、というような解釈も人によって異なっていて、様々な説明を聞いても誤解が生まれやすいのではないかと思います。    一般的には、顎を引かせること=ハミ受け、という感じで解釈されることが多いのではないかと思いますが、ここでは敢えて少し違う解釈として、「馬がハミを受けている」ということを、「馬がハミの圧力と、それによって生じる負荷を受け入れている状態にあること」というように定義してみたいと思います。  ・「繋がり」と「遊び」  馬が後ろ足で地面を蹴った力は、馬の腰から脊椎、頚椎を通って、ハミを介して手綱、騎手の拳へと伝わります。  騎手がその力を自身の骨格を通して鐙に伝えるように踏ん張り、更に手綱を控えてその張力を増すことで、その反力がハミから馬の骨格を伝わって、馬の後肢にかかる負荷を増すことで、ブレーキとして作用するわけです。  もしこのとき、馬がハミが口に当たることや、それによって身体の負荷が増すことを嫌がって、ハミを外そうと頭を上げて反り返ったり、頭を振ったり、口を割って舌越ししたり、顎を巻き込んで潜ったり、というような「ハミを受けていない」形になってしまうと、騎手が手綱を控える力が、うまく馬の後肢まで伝わらず、制御が効きにくくなってしまいます。  騎手の拳から馬の後肢までの力の伝達がスムーズで、扶助に対する遊びやタイムラグが少ないような状態を、「繋がっている」、などと言ったりしますが、この「繋がり」がなくなってしまうわけです。     「繋がり」を保つためには、馬の身体と精神の両面がともに良い状態で、アクセルとブレーキを同時に使うような扶助によって「タメる」ような負荷がかかった時に、協力的に応えてくれる状態にあることが必要です。  「繋がる」ことは、クイックなコントロールがしやすくなる反面、騎手のバランスなどに影響を受けやすくなりますから、騎手にはそれなりの技術が必要になります。  また馬にも、繋がることによって増す負荷に耐え、少々不快なことがあってもハミに重心を預けて動き続けることができる我慢強さや精神の安定が求められ、それには人との信頼関係といったことも影響します。   いわゆる「ハミ受け」の操作によって、馬に、ハミに対して顎を譲らせることは、それ自体が目的ではなく、そうして馬をリラックスさせて、折り合いをつけた後に、馬をハミに出して「繋がった」状態に持っていくための、下準備のようなものだいうように考えても良いかもしれません。  一般的には、馬がハミに対して柔らかく顎を譲り、リラックスして動ける状態でいながら、潜ってハミにもたれたりせずに頭をき甲よりも高く保ち、騎手の推進扶助にも敏感に応えて後肢を力強く後肢を踏み込んで、銜えたハミを少し押し返すくらいの手応えで「繋がり」を保ちながら前進している、というような形を、「用役姿勢」と言って、真にハミを受けている、という評価をされます。  そのような、「真にハミを受けた」動きができるようになることで、初めて高い障害の飛越や、馬場馬術の独特な動きも実現可能になるということで、これが騎手の技術の「正しさ」の重要な要素とされ、技術的価値感の大部分を占めるものであることはほぼ間違いなく、日々のレッスンや調教の目的も、結局のところこれに尽きる、といっても過言ではありません。  しかし、競技や技能審査で高評価を得ようというのでなければ、そこまでの「正しさ」を求める必要はないでしょう。  何かに向けて訓練しているわけではなく、日常のレッスンそのものを楽しんでいる多くの乗馬愛好者の皆さんや、レッスン馬たちとっては、そんな正しさよりも、人馬が安全に気持ち良く動けて、身体が楽で、筋肉や関節などへの負荷も少なく、長く安定して続けられる、というような動き方を追求していくことの方が、より有益なのではないかと思います。レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon乗馬馬術人気ブログランキング  

      34
      2
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 乗馬指導者の『安全対策』

      『乗馬指導者の資質向上に関する講習会』というものに参加してきました。  資質向上、といっても指導技術についての話などはほとんどなく、主な内容は、安全対策の重要性についての講義と、救急救命の実地指導でした。 昨今の企業コンプライアンスや消費者保護の意識の高まりに伴い、乗馬業界でも、指導者の教育や監督に対する世間の目が厳しくなったことに対応して、指導者資格が3年毎の更新制となり、さらに更新の資格を満たすために講習会の受講が必須条件となりました。その講習の内容として、上記のような内容を必ず組み込むよう管轄官庁からの指導があったのだということです。そんなわけで今回の講習会も、  事故を防ぐための措置を講じ、それを第三者から認められる形にしておくこと、そして事故が起こってしまった時に、何とか最悪の結果に至らずに済ませることが、乗馬施設の経営を守るためにいかに大切か、ということについて、実際に落馬事故の被害者からのクレームを受けたり、警察や検察の事情聴取や裁判に何度も関わったという協会の担当者の方が生々しい体験談を交えて説明する、というのがメインでした。その中で、印象に残ったものをいくつか紹介させて頂きたいと思います。まず一つは、社会人サッカーの試合の接触プレーで骨折した選手が相手選手を訴え、250万円の賠償を命じる判決が出た(被告は控訴中)、という事例についての話。社会人サッカーで骨折、接触相手に賠償命令朝日新聞デジタル  これまでの常識では、サッカーや格闘技など身体的接触を伴うスポーツの試合では、選手は、ルールが遵守されている限り怪我をしたり死亡するようなことがあっても仕方がない、という「受忍の義務」を負う、というのが一般的な見解だったのに対し、本件の裁判官は、危険性を予測しながら事故を回避しなかったとして、加害者の過失を認定したのです。これはサッカーのみならず、あるゆるスポーツの関係者に衝撃をもって受け止められているようです。乗馬で「受忍の義務」 と言えば、昔からよく言われるものに「馬に乗っていれば、落馬する可能性があるのは当然だ」というのがあります。  それはある意味で真実ではあるのですが、実際に事故が起こった時、もし指導者や経営者がそのようなことを口にしてしまうと、「事故の起こる可能性を予見していながら、危険を回避する措置を怠った」とみなされて捜査や裁判での心証を悪くするばかりか、「未必の故意」を自白したのと同じことになってしまう可能性がある、という話でした。  逆に、そこで被害者に対して「こんなことになってしまってすみません」などと謝ったとしても、それは道義的責任を感じてのことであって、そのことをもって法的な責任が生じるということはない、ということでした。  にもかかわらず「謝れば過失を認めたことになる」などと考えて対応を誤り、かえって被害者の「科罰感情」を増大させてしまうような事例も多いのだそうです。  また施設で賠償保険などに加入している場合に、保険会社の弁護士が交渉に出てくると、支払いを少しでも少なくしようとするために、かえって被害者側と「揉めて」しまうことが多いので、初めから自分で弁護士を立てた方が良い、という話には、さもありなんと思いました。 それから、一昔前の市民プールなどにあったような「施設内の事故については応急措置はいたしますが、  一切責任は負いかねます」というような免責の掲示は、利用者がそれに納得して契約したのでなければ法的には効力を発しない、という話、 同じく「契約自由の原則」の例として、法律上の規定はないヘルメットやプロテクターベストの着用を拒んだ利用者に対して施設側が騎乗を拒否することは、サービス提供側の自由として認められる、というような話もありました。  どちらもこれまでは「自己責任」ということでうやむやになっていたことですが、最近では変わってきているようですね。  他には、熱中症予防の水分補給のために、ペットボトルの飲料などを置いて「ご自由にどうぞ」などと掲示していても、水分を摂るように指導した(『強制飲水』)という事実がなければ、危険回避の措置を講じたものとして認められず、過失とされる可能性がある、というちょっと信じられないような話もありました。  通常は、落馬防止のために色々な措置を講じるようなことを「安全対策」と呼んでいるわけですが、今日ではそれ以上に、いざ事故が起こった後の取調べや裁判のために、「事故の危険性を予見し、回避する為の措置を講じていた証拠を残す」ということが、乗馬施設の経営や指導者自身の身を守るために最も重要な「安全対策」となっている、ということが言えるでしょう。「有事」に備えて、それらを全て網羅した文言を組み込んだ口上をレッスンの度に述べるのは難儀なことでしょうし、毎回それを聞かされるのはレッスンを受ける側にとっても煩わしいものでしょうが、現代は何事もこうしたことになっているのだろうな、と改めて感じた講習会でした。レッスンがもっと楽しくなる!乗馬の身体操作術Amazonレッスンがさらに面白くなる! 乗馬の身心操作術Amazon改訂版 馬車運転教本Amazon

      25
      1
      テーマ:
AD

ランキング

総合ランキング
9802 位
総合月間
14936 位
ライフハック・知恵袋
22 位
裏ワザ・攻略
18 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。