米軍旧立川基地拡張に反対した住民らが基地内に立ち入り起訴された1957年の「砂川事件」について、米軍駐留を違憲とした東京地裁判決をめぐり、当時のマッカーサー駐日米大使が藤山愛一郎外相らと密談し圧力を掛けたとされる問題で、外務省がこれまで「不存在」としていた大使と外相の会談速記録の存在を認め、開示していたことが3日、分かった。
 核持ち込みなど一連の密約問題と同様に、政権交代まで情報を隠ぺいしていた外務省の姿勢に改めて批判が高まりそうだ。
 開示請求をしていた同事件の元被告土屋源太郎さん(75)=静岡市葵区=が取材に明らかにした。
 砂川事件では、被告7人を無罪とした東京地裁判決に対し、検察側は最高裁に直接上告する跳躍上告を行い、最高裁は地裁判決を破棄し差し戻した。
 2008年4月、米公文書館に保管された文書から、同事件をめぐりマッカーサー大使が藤山外相らと会談し、跳躍上告を求めるなどしたことが明らかになっていた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
日医会長選に4人が立候補=政治的立場が最大の焦点
役員から国会議員一掃=国保中央会
政権交代が追い風=金融庁、お手盛り許さず

<フィギュア>高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
二重投票、「想像もせず」=鳩山首相(時事通信)
【話題の本】『考えない練習』小池龍之介著(産経新聞)
【1都4県週刊知事】神奈川 松沢成文知事 禁煙サポートに意欲(産経新聞)
AD