文化家ブログ 「轍(わだち)」

美術や紀行、劇場や音楽などについて、面白そうな色々な情報を発信していくブログです。



JP Official Blog-商品一覧 桃井はるこ「モモーイLIVE☆ぱいれーつ」 美の浪漫紀行iVDR utano00 $JP Official Blog 「轍(わだち)」-Shining On -

Decades Of Brilliance $JP Official Blog 「轍(わだち)」-ハプスブルク $JP Official Blog 「轍(わだち)」-「ちいさな王子」 JP Official Blog-未来優希「Shining On」 JP Official Blog-池谷祐子「METAMORPHOSE」 $JP Official Blog 「轍(わだち)」-今泉りえ「Petit A 

Petit」








     

テーマ:

ルネサンス期にドイツで活躍したルカス・クラーナハは、同時代のアルプス以北で最も「売れた」画家とも言われます。

 

今月は、国立西洋美術館 (東京・上野)で開催されている「クラーナハ展-500年後の誘惑」の作品を紹介しながら、クラーナハについてご紹介します。

 

 

■今週の一枚:ルカス・クラーナハ(父)《正義の寓意(ユスティティア)》
          1537年 個人蔵©Private Collection(※1)■

―誰もがそなたを、その驚くべき素速さのために称賛する。
そなたは迅速に制作し、その素速さにかけては〔…〕あらゆる画家を凌駕している―

 

上記は、ルネサンス期のドイツの画家ルカス・クラーナハ(父)(1472-1553)に向けられた賛辞です。

この言葉を残した人文主義者のクリストフ・ショイルル(1481-1542)は、ヴィッテンベルク大学で法学などを教えていました。

 

ルカス・クラーナハ(父)は、1505年から、ヴィッテンベルクで宮廷画家を務め、3代のザクセン選帝侯に仕え、活躍した画家です。

ショイルルが「素速さ」に言及しているように、クラーナハは大量の作品を制作しました。

 

それは、当時の北方ヨーロッパに、彼ほど「売れた」画家はいなかったといっていいほど。

 

彼を宮廷画家に迎えたのは、ザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公(1463-1525)です。

当時の神聖ローマ帝国内で、もっとも重要な選帝侯のひとりでした。

「選帝侯」とは、ドイツ王 (実質的には神聖ローマ帝国皇帝) を選出する権利を持った7人の諸侯のことです。

 

この王は、ヴィッテンベルク大学を設立するなど、この地を文化拠点に押し上げようとしました。

そのため、クラーナハを称賛する言葉には、ヴィッテンベルクを芸術先進国に追いつかせようとする政治的意図もあったかもしれません。

 

それにしても、この画家は、実際に驚くべき工房経営術によって「素速さ」を実現し、各地の王侯貴族の宮殿や教会へと作品を供給していました。

 

そんな、人気画家クラーナハのなかでも、最大のヒット作が、「マルティン・ルターの肖像」です。

 

※2 ルカス・クラーナハ(父)《マルティン・ルター》1525年

  ブリストル市立美術館 © Bristol Museums,Galleries&Archives

 

こちらは、クラーナハによって描かれたルターの肖像のうちの1枚です。

 

ヴィッテンベルクといえば、ルターによる「宗教改革」の震源地。

ヴィッテンベルク城内の教会に、「九十五カ条の論題」を打ちつけ、「宗教改革」の中心人物となったマルティン・ルター(1483-1546)と、クラーナハは終生親しい間柄でした。

 

今でも、教科書などに掲載されている「ルター」の肖像画は彼の作品です。

 

宗教改革を支持し、カトリック教会の勢力に対抗したザクセン選帝侯と、その周囲の宮廷人たちなど、時代のキーパーソンを描いたクラーナハは、ルネサンス期のドイツにおける最大の肖像画家とも言われます。

 

絵画や版画から装飾まで手掛けたクラーナハですが、それだけではありません。

ルターが聖書をドイツ語訳すると、クラーナハは木版挿絵を手がけ、さらには出版人の一人となり、この書物を世に送り出したのです。

 

この出版プロジェクトも大成功。

 

このような印刷所を営んだ他にも、薬種取引権を取得するなど、工房運営にとどまらない企業家の顔も持ち合わせていました。

 

さらにもう一つ、彼の特徴であり、成功の鍵となったのが女性の裸体像のシリーズです。

 

※1 ルカス・クラーナハ(父)《正義の寓意(ユスティティア)》1537年

   個人蔵©Private Collection

 

こちらは、クラーナハ(父)による《正義の寓意(ユスティティア)》です。

彼女が持っているのは、慎重な裁きの象徴である天秤と、判断の仮借のなさを告げる剣。

 

しかし、透けた衣装は、彼女の素肌を隠すことはありません。

「正義の寓意」とすることで、女性の裸体像が道徳的に合法化されていますが、頭部と首元を彩る豪華な装飾は余計にエロティシズムを助長しているのではないでしょうか。

 

クラーナハの描く女性像は、その優雅で怪しい視線と、長い手足、肢体の独特な曲線が特徴的です。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロ等が活躍した当時、ルネサンス期のイタリアの画家たちは、人体の構造を研究し、骨格や筋肉を正確に表そうとしました。

しかし、クラーナハの描く女性像は、そこに縛られません。

つるりとした肌に、控えめな凹凸。それでいながら、見るものを惹きつけてやまない蠱惑的なエロス。

 

クラーナハの裸体像は、パブロ・ピカソを始めとする20世紀のアーティスト達をも惹きつけました。

 

しかしながら、クラーナハは長い間、確たる美術史的位置を占められずにきました。

 

ルネサンス以前の芸術様式である「ゴシック」的だとも言われるクラーナハ。

なぜ画家は成功したのでしょうか。「クラーナハ」とはいったいどのような画家だったのでしょうか。

 

続きはまた来週、ルカス・クラーナハについてお届けします。

 

参考:「クラーナハ展 -500年後の誘惑」カタログ 発行:TBSテレビ

 


 

 

※1 ルカス・クラーナハ(父)《正義の寓意(ユスティティア)》1537年

  個人蔵©Private Collection

 

 

※2 ルカス・クラーナハ(父)《マルティン・ルターの肖像》  1525年

  ブリストル市立美術館 © Bristol Museums,Galleries&Archives

 

 

<展覧会情報>

「クラーナハ展-500年後の誘惑」

2016年10月15日(土) ~ 2017年1月15日(日)

会場:国立西洋美術館(東京・上野)

 

開館時間:午前9時30分 〜 午後5時30分(金曜日は午後8時)

          ※入館は閉館の30分前まで

休館日:月曜日(ただし、1月2日(月)、1月9日(月)は開館)、

    12月28日(水) 〜 1月1日(日)、1月10日(火)

 

展覧会サイト:http://www.tbs.co.jp/vienna2016/

 



この記事について

 

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ゴーギャンは晩年、タヒチでひまわりの静物を描いています。ファン・ゴッホの代名詞でもあったこの花を描いた心境はどのようなものだったのでしょうか。

 

今月は、東京都美術館(東京・上野)で開催されている「ゴッホとゴーギャン展」の作品を紹介しながら、フィンセント・ファン・ゴッホと、ポール・ゴーギャンについてご紹介します。

 

 

■今週の一枚:ポール・ゴーギャン《肘掛け椅子のひまわり》(※1)■

―ファン・ゴッホはおそらくゴーギャンと比べると誠実なのだろう。
しかしゴーギャンは芸術家としてより繊細でより知的であり、
ユニークな性格ではないが、より多彩で影響を受けやすい―

 

1893年、コペンハーゲンでゴーギャンとファン・ゴッホ、二人の絵画が初めて並べられた展覧会がありました。

 

現代美術展の一企画でしたが、展覧会は人々の関心を引き、各紙には好意的な評価が掲載されたそうです。

 

上記もそんな批評のひとつで、『コペンハーゲン』紙に掲載された記事の一節です。

描く対象に誠実に向かうファン・ゴッホの姿勢と、ゴーギャンの知的な画面構築や表現の繊細さが見出されています。

 

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)が命を絶ったのは1890年。

その半年後、弟のテオが病によって亡くなりました。

 

テオは、兄フィンセントを含む前衛芸術家を支援していた画商でした。

 

弟は、兄の芸術を世に出そうと、1889年、1890年にアンデパンダン展や20人会展といった展覧会に立て続けに出品。画廊には断られたため、自宅での展覧会を計画していました。

 

こうした活動によってファン・ゴッホは徐々に注目を集め始めていました。

そこに画家の自殺が伝わると、彼の病気と死は人々に衝撃を与え、知名度も広まっていったのです。

 

テオが亡くなると、テオの妻ヨハンナが、義兄フィンセント・ファン・ゴッホの作品を譲り受け、展覧会を開催して彼の知名度と評価の向上に努めていきました。

 

彼がこの世を去った2年後の1892年には、アムステルダムで回顧展が開催されています。

 

友人で画家のエミール・ベルナールもまた、ファン・ゴッホの評価や知名度の向上に貢献した人物の一人でした。

彼は展覧会を企画し、ファン・ゴッホの伝記も発表。後には彼からの手紙も部分的に公開しています。

 

こうしてファン・ゴッホの評価と知名度は急速に高まっていきました。

 

一方ゴーギャンは、ファン・ゴッホが謎めいた自殺によって他界し、テオも病床に倒れると、ファン・ゴッホの芸術が彼の悲劇と結びつけられることを懸念していたようです。

 

病床のテオに代わって、エミール・ベルナールがファン・ゴッホの展覧会に関わっていることを知ると、そのことを激しく非難しています。

 

なんと愚かなことだろう。あなたも知っているとおり、わたしはファン・ゴッホの芸術がとても好きだ。しかし大衆の愚かさを考えるなら[…]まったく時期が悪い。わたしたちの絵画はすべて狂気の沙汰だと誰もが言うだろう[…]

 

ゴーギャンはベルナールと仲違いしていたこともあり、彼によるファン・ゴッホのプロモーション活動に抵抗を感じていたようです。

 

それでも、徐々に二人の作品がともに展示される機会が増え始めました。

 

そうしたなか、ゴーギャンは1894年1月にファン・ゴッホとの交流に関する回想を綴っています。

様々なエピソードを紹介しながら、彼は亡き友人の悲劇が自分の責任ではないことを弁明。

誤解の多い二人の関係性や評価への抵抗を試みたと考えられています。

 

ファン・ゴッホが神話化されるなか、ゴーギャンは彼の影響下にあると誤解されることを恐れたようです。自分のほうがファン・ゴッホに指導や助言をする立場にあり、影響を与えたことを強調する手紙を残しています。

 

1891年、南国の原始的な世界を求めてタヒチへと渡ったゴーギャンは、ここで、強烈な色彩と、現地の人々や宗教をテーマに傑作を生み出していきました。

 

しかし、実際のところ、大部分の島民は伝統的な衣装や習慣を捨てて西洋風に暮らし、キリスト教を信仰していたため、彼は失望することも多かったようです。

 

1893年、資金不足によってフランスへと戻り、2年ほど過ごしますが、彼は再びタヒチへと旅立ちました。

 

※2 ポール・ゴーギャン《タヒチの3人》

 

こちらは、1899年にタヒチで描かれた作品です。

ポリネシアの男女の壮健な肉体と力強い表情が描き出されています。

 

左の女性が手に持っているのは「リンゴ」で、聖書に登場する楽園のイヴを連想させます。

リンゴを持つ女性は男性を禁じられた行為へと誘惑する人物として、花を持つ女性は、男性を美徳の道に引き戻そうとする人物として描かれていると考えられています。

 

 

しかし、西洋化が強まるタヒチの生活にうんざりした彼は、1901年秋、ヒヴァ・オア島へと移動します。

 

この地でも多くの作品を生み出していくのですが、深刻な紛争が生活を脅かし、病気が彼を蝕んでいきました。

1903年5月8日、ゴーギャンは55歳を迎える前にその生涯を閉じました。

 

ゴーギャンは死の2年前、タヒチで4点のひまわりの静物画を描いています。

 

※1 ポール・ゴーギャン《肘掛け椅子のひまわり》

 

こちらは、その一枚。1901年に描かれたものです。

 

ひまわりは本来タヒチではみられない花。

ゴーギャンは友人に依頼し、ひまわりの種をフランスから取り寄せているそうです。

 

ひまわりが置かれている椅子は、ファン・ゴッホがアルルでゴーギャンにあつらえた肘掛け椅子を彷彿とさせます。

 

※3 フィンセント・ファン・ゴッホ《ゴーギャンの椅子》

 

二人が初めて会った時、ゴーギャンはファン・ゴッホが描いたひまわりを称賛し、自身の作品と交換しました。

ファン・ゴッホはそのことを喜び、ゴーギャンがアルルにやってくることになったとき、ひまわりの連作で家を飾り、迎えようとしました。

共同生活中、ゴーギャンが描いたファン・ゴッホの肖像画も、ひまわりを描く姿でした。

そして、二人の共同生活が破綻を迎えた後、ゴーギャンはファン・ゴッホにひまわりを描いてほしいと依頼しています。

 

ひまわりの種をわざわざフランスからとりよせたゴーギャン。

この絵を描いている時、少なからず、亡き友人ファン・ゴッホとの遠き日に、思いを巡らせていたのではないでしょうか。

 

フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャン。

ドラマ性に満ちた二人の関係は今でも西洋美術史の有名なエピソードとして多くのファンを惹きつけてやみません。

 

そして、その作品は、その後の絵画史に多くの影響を与えた傑作として愛され続けています。

 

参考:「ゴッホとゴーギャン展」図録 発行:東京新聞、中日新聞社、TBSテレビ

 


 

※1 ポール・ゴーギャン《肘掛け椅子のひまわり》1901年

E.G. ビュールレ・コレクション財団

©Foundation E. G. Bührle Collection, Zurich

 

※2 ポール・ゴーギャン《タヒチの3人》1899年

スコットランド国立美術館

©Scottish National Gallery

 

※3 フィンセント・ファン・ゴッホ《ゴーギャンの椅子》1888年11月

ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)

©Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

 

 

<展覧会情報>

「ゴッホとゴーギャン展」

2016年10月8日(土)~12月18日(日)

会場:東京都美術館 企画展示室(東京・上野)

 

開室時間:9:30~17:30

※入室は閉室の30分前まで

 

休室日:月曜日

 

展覧会サイト:http://www.g-g2016.com

問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)



この記事について

 

 

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「耳切り事件」の後も、ファン・ゴッホとポール・ゴーギャンは変わらぬ友情を交わしていたそうです。

 

今月は、東京都美術館(東京・上野)で開催されている「ゴッホとゴーギャン展」の作品を紹介しながら、フィンセント・ファン・ゴッホと、ポール・ゴーギャンについてご紹介します。

 

 

■今週の一枚:タマネギの皿のある静物(※1)■

―明日からぼくは仕事に戻るつもりだ。
絵を描く習慣を取り戻すために、静物を1、2点描き始めようと思う―

 

上記は、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)が、弟のテオに宛てて送った手紙の一節です。

 

ファン・ゴッホポール・ゴーギャン(1848-1903)の二人の画家は、1888年10月23日から南仏のアルルで共同生活を送りました。

 

しかし2ヶ月が経った12月の末、ファン・ゴッホはゴーギャンとの口論の末に、自分の左耳の一部を切り取るという「耳切り事件」を起こすのです。

 

ゴーギャンはアルルを去り、心身ともに衰弱したファン・ゴッホは入院。上の手紙は、年が明けた1月に退院し、「黄色い家」に戻ったファン・ゴッホが、その日のうちに弟テオに書き送ったものです。

 

いったいあの夜、二人に何があったのでしょうか。

 

ファン・ゴッホは、1888年2月に南仏アルルに到着します。

はじめは思いがけない冬の寒さに苦労しますが、春そして夏には、南仏の明るい日差しに、憧れた日本の浮世絵の色彩を重ね、精力的に制作に取り組みました。

 

そして、待ちわびたポール・ゴーギャン(1848-1903)が10月23日に到着。

二人は芸術論を交わしながら、生活を共にしていました。

 

※2 アルルの洗濯女

 

こちらは、ゴーギャンがアルルで描いた《アルルの洗濯女》という作品です。

 

ファン・ゴッホの《アルルの跳ね橋(ラングロワ橋)》という有名な作品にも、橋のたもとで洗濯する女たちが描かれています。

 

ファン・ゴッホの絵は、どちらかといえば見た風景を忠実に描いているのに対し、ゴーギャンの作品ではどこか現実味が希薄です。

 

遠近感を示す線は無く、形は単純化されて抽象的。

色も現実の色からは離れ、大きな面で構成されています。

 

単純な形と色で表現することで「農村の洗濯する女」という題材は純化され、象徴的に表現されています。

 

12月、ゴーギャンは、性格の不一致から共同生活の打ち切りをテオに相談する手紙を送りました。

 

しかしその後、ゴーギャンはテオに「パリへ戻る話は夢物語だと思ってほしい。先便で描いたことは悪い夢でした」と前言を撤回しています。

二人の関係は持ち直したかのように見えました。

 

当時の新聞によれば、クリスマスも差し迫った12月23日、午後11頃。

娼家のラシェルという娘を訪ねたファン・ゴッホは、彼女に「これを大事にしまっておいてくれ」と言って、箱を手渡し立ち去ります。

そこには、切り取られた左耳の一部が入っていました。

 

翌日24日、通報を受けた警官が「黄色い家」を訪ねると、そこには、血まみれでベッドに横たわるファン・ゴッホの姿が。

彼はアルル私立病院に搬送されました。

 

ゴーギャンの回想録によれば、23日の夕食後、散歩に出たゴーギャンは、聞きなれた足音を聞きます。振り返ると、ファン・ゴッホがカミソリを手に向かってきたというのですが、「私が睨み付けると彼は立ちすくみ、首をうな垂れて家の方へ去った」とか。

 

錯乱したファン・ゴッホは、家に戻って自分の耳を切り落とし、それを持って娼家へと向かったと考えられています。

 

その夜、ゴーギャンはホテルに宿泊。

翌24日に黄色い家に戻ると、警察と野次馬の人だかりができていました。

 

ゴーギャンから電報を受け取ったテオは24日のうちに到着。そして翌25日、ゴーギャンとテオはパリへと出立しました。

 

最近では、口論の末にゴーギャンがフェンシングの剣でファン・ゴッホの耳を切り落としたという説などもありますが、この夜何があったのか、何がファン・ゴッホの精神を蝕んだのかは、はっきりとしていません。

 

年が明けた1月7日に退院したファン・ゴッホがすぐに取り組んだのがこちらの絵です。

 

※1 タマネギの皿のある静物

 

テーブルには、玉ねぎ、パイプ、きざみたばこ、手紙、本、マッッチ、手紙に封をするための赤い蜜蝋、それを溶かすための蝋燭、コーヒーの入った容器、そして、アブサンの瓶があります。

アブサンは、ニガヨモギを中心にした複数のハーブによる強烈なリキュール。

当時の芸術家がよく飲んだお酒で、中毒性が強く、幻覚成分も含まれ「緑の妖精」とも呼ばれます。

 

パイプ、コーヒー、アブサンはファン・ゴッホの嗜好品で、手紙はテオやベルナールと頻繁にやりとりしていたもの。玉ねぎは、以前に自画像として描いた椅子の上にも見られたモティーフです。

 

本は、医学書『健康年鑑——家庭での医学と調剤』というものだそうで、自分の健康を回復させようとして目を通していたものかもしれません。

 

つまり、このテーブルに置かれたものは、すべてファン・ゴッホを象徴するものばかり。

彼の自画像と捉えることもできます。

 

退院してすぐ制作を再開したファン・ゴッホでしたが、その後も精神的な発作によって入退院を繰り返し、アルルの人々に危険人物と見なされてしまいます。

 

そうしたなかでも、ファン・ゴッホとゴーギャンの手紙のやりとりは続いていました。

 

ファン・ゴッホははじめ、ゴーギャンの旅立ちに相当な怒りを覚えていました。

それでも、その後の手紙の文面は好意的で、再び芸術に関する話題を取り上げていることから、彼にとって、ゴーギャンは、こうした芸術の議論をする仲間に変わりはなかったようです。

 

ファン・ゴッホは、アルルを離れ、サン・レミの病院に移り、翌年1890年の5月20日には、オーヴェール=シュル=オワーズへと移りました。

この間も、たびたび幻覚を伴う発作が彼の制作を妨げました。

そんな中でもファン・ゴッホが描いた作品を、テオのアパルトマンで目にしたゴーギャンは高く評価。自身のコレクションに加えたいと書き送り、実際、ゴーギャンの手に渡ったようです。

 

こうしたやりとりから、事件後も二人の友情は続いていたことが分かります。

 

オーヴェール=シュル=オワーズでファン・ゴッホは2ヶ月ほどでなんと70点程度の作品を生み出しています。

 

精力的に制作に取り組んでいるようにみえるファン・ゴッホ。

ゴーギャンのいるブルターニュへも、1ヶ月ほど訪ねようと考えていたようです。

 

しかし、1890年7月27日、ファン・ゴッホは自身をピストルで撃ち、自殺をはかります。

彼は傷を負った状態で宿へと戻りますが、2日後にテオに看取られながら息を引き取りました。

 

そして半年後、パリの前衛芸術家を支えていた画商テオもまた、梅毒によってこの世を去ってしまうのです。

 

ファン・ゴッホ兄弟を失ったゴーギャンは、1891年、積年の望みを叶えるべく、タヒチ島へと向かいました。

 

続きはまた来週、ゴッホとゴーギャンについてお届けします。

 

参考:「ゴッホとゴーギャン展」図録 発行:東京新聞、中日新聞社、TBSテレビ

 


※1 フィンセント・ファン・ゴッホ《タマネギの皿のある静物》1889年1月初め

クレラー=ミュラー美術館

©Kröller-Müller Museum, Otterlo

 

※2 ポール・ゴーギャン《アルルの洗濯女》1888年11月

ビルバオ美術館  ©Bilboko Arte Ederren Museoa-Museo de Bellas Artes

de Bilbao

 

 

<展覧会情報>

「ゴッホとゴーギャン展」

2016年10月8日(土)~12月18日(日)

会場:東京都美術館 企画展示室(東京・上野)

 

開室時間:9:30~17:30

※入室は閉室の30分前まで

 

休室日:月曜日

 

展覧会サイト:http://www.g-g2016.com

問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

 



この記事について

 

 

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。