文化家ブログ 「轍(わだち)」

美術や紀行、劇場や音楽などについて、面白そうな色々な情報を発信していくブログです。



JP Official Blog-商品一覧 桃井はるこ「モモーイLIVE☆ぱいれーつ」 美の浪漫紀行iVDR utano00 $JP Official Blog 「轍(わだち)」-Shining On -

Decades Of Brilliance $JP Official Blog 「轍(わだち)」-ハプスブルク $JP Official Blog 「轍(わだち)」-「ちいさな王子」 JP Official Blog-未来優希「Shining On」 JP Official Blog-池谷祐子「METAMORPHOSE」 $JP Official Blog 「轍(わだち)」-今泉りえ「Petit A 

Petit」








     

テーマ:

江戸開府より約400年。東京下町には、江戸の息吹が今なお息づいております。
身近な江戸をぶらぶら散歩。新富に生まれた私、中西聡。
八丁堀・日本橋を中心に、江戸の町のちょっとした情報をお届けいたします。

今回お邪魔しましたのは、今年92回目を迎えました『東をどり』。4日間に渡り10回の公演が行われます。
1925年(大正14)に京都の祇園甲部の舞妓、芸子が開催する「都をどり」を模してスタートしたのが始めと言われます。
『都をどり』につきましては87回88回のぶらぶら散歩でご紹介いたしましたので、ぜひ詳しくは、そちらをご参照ください。

さて、話を「東をどり」に戻しましょう!!
「東をどり」が開催されます劇場。それは、「新橋演舞場」です。
まずはこの新橋演舞場のご紹介からいたしましょう。
 
2010年5月から2013年3月まで、歌舞伎座が改装している際の歌舞伎公演の常設劇場になっていた事もありまして、そもそも松竹の専用劇場として建てられたイメージが強いのではないでしょうか。

私自身も、東宝グループに在籍し、帝劇で舞台製作のスタッフとしては働いておりましたのに、「新橋演舞場」の成り立ちを今回、きちんと勉強いたしましたのでご披露いたします!!

そもそも、花柳界華やかなりし頃、日頃の芸の稽古の発表の場を求め、新橋の芸妓の方々が大正11年に会社を作ります。それが、まさに「新橋演舞場株式会社」。そして前述のとおりに、芸妓の方々の研鑚の発表の場として大正14年に完成した劇場が「新橋演舞場」。そのこけら落とし公演こそが、第1回目の「東をどり」だったのです!!

松竹が興行を受け持つようになったのが、昭和15年からとの事。やはりそう考えますと、「新橋演舞場」は新橋の花柳界のためにあった劇場であったことが良く、良くわかります!!
昭和20年の東京大空襲で劇場は消失。再建されましたのは、昭和23年(1948年)のことでした。歴史をご紹介しますのは、ここまでといたしましょう。せっかくですので、「東をどり」の様子をお伝えしたいと思います。
まずは、正面入り口を入りますと、真っ赤な「東をどり」の提灯。会場の雰囲気が一気に変わります。
正面右手には、売店コーナー。さらに2階に上がるエレベーターを昇りますと、いつもは食事処となっておりますスペースが茶室に変身しておりました。
芸子さんがお茶を点て、虎屋のお菓子と伊藤園の抹茶をいただくことができます。お茶の流派が「江戸千家」であるところに、まさに江戸を感じました。
 
今年の「東をどり」のテーマは『傘』とのこと。
その傘をモチーフにした、さまざまなオリジナルグッズも売られており、開演前や休憩時間も茶室に行ってみたり、売店をうろうろしてみたりと飽きさせません。
 
新橋演舞場の最大の魅力は、演目もさることながら、『食』にもあるのです!!
地下に大きな厨房があり、観劇のお客様に対応するお弁当を、その場で作っております。
さらに、この「東をどり」は新橋の料亭、芸妓からなる組織 東京新橋組合が運営をしております。そのため、通常の新橋演舞場のお料理に加え、『金田中』や『新喜楽』といった名だたる料亭が手を組んだ特別なお弁当が「東をどり」の際に食べることが出来るのです。

まさに、演舞場を一大料亭に見立て、そこで、観劇ができ、食を楽しめるという趣向となっておりました。

公演の内容もご紹介をいたしましょう。
「東をどり」の特色は、3つの踊りの流派の競演でもあります。「花柳流」「西川流」「尾上流」この3つの家元が各演目ごとの踊りを振り付けいたします。
総合監修は、花柳流。豪華なセットが舞台でせり上がり、スペクタクルも売りのひとつです。
フィナーレでは、黒紋付きの芸妓が口上を述べ、間髪おかずに総踊りになる。亰の雅に江戸の粋とよく言われますが、まさにそれを実感いたしました。


花道まで使ってのフィナーレでは、最後に、芸妓のみなさんが自分の名前やサインが入った「てぬぐい」を客席に投げてくれます。
花道近くにおりました私は、運よくいただくことができました。
終演後は、また来年も観に来たいな!と率直に感じました。

それでは、ぜひ皆様も、機会ありましたら、「東をどり」をご覧になってください!!

 

 


この記事について

 
 
AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

チケットプレゼント

今月ブログでご紹介している国立新美術館 (東京・六本木)で開催されている「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」のチケットを、ご応募いただいた方の中から抽選で510名様にプレゼントします!

お申し込みはECサイト【文化家】から会員へご登録の上、お問い合わせページから下記をご記入してご応募ください。
(※会員登録のない方のご応募は無効とさせていただきますので、ご注意ください。)
(※会員登録だけでは申し込みとなりません。必ず問い合わせフォームより下記内容をお送りください。)
(※会員登録者様1名につき、1回のみの受付になります。重複で応募された場合、応募を無効とさせていただくことがあります。ご注意ください。)



記載内容
1、「文化家ブログ ルノワール展チケットプレゼント」応募
2、文化家ブログ「轍」の感想(特に良かった記事、今後取り上げてほしい内容、著者たちへのメッセージなど)


締切:2016年6月7日(火)23:59着のメールまで有効。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※応募の際にお預かりした個人情報は、プレゼント当選者への賞品発送、関連するアフターサービス、新商品などに関するお知らせのために利用させていただきます。

ぜひ美術館で実際の絵画に触れてくださいね。

「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」
公式ページ:http://renoir.exhn.jp/

お申し込みはこちらから!

BunkayaBanner

 


この記事について

 
 
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ルノワールが描いた《田舎のダンス》と《都会のダンス》。本来はどちらも一人の女性がモデルを務める予定でしたが、後にルノワールの妻となるアリーヌ・シャリゴはそれに嫉妬したそうです。

今月は、国立新美術館 (東京・六本木)で開催されている「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」の作品を紹介しながら、画家とその背景についてお届けします。

※1 田舎のダンス


夜になると、彼〔ルノワール〕はいつも進んでピアノを弾く役を引き受け、友人たちのダンスの伴奏をした。テラスのテーブルはすみに片付けられた〔…〕『きみのお母さんはすばらしくうまくワルツを踊ったよ。私の方は足ばかり踏んでいたがね』

上記は、印象派の巨匠ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)の息子ジャン・ルノワール(1894-1979)の記述です。
父であるルノワールが語った夕べの思い出は、妻への愛に溢れています。

そんな思い出が垣間見える作品が、上の絵《田舎のダンス》です。
モデルとなった男性は、ルノワールの友人でジャーナリストにして小説家のポール・ロート(1850-1958)。
女性のほうは、後にルノワールの妻となるアリーヌ・シャリゴ(1859-1915)です。

二人が踊っている舞台は、セーヌ川かマルヌ川のほとりにある、酒場かダンスホールだと考えられています。
にこやかでチャーミングなアリーヌの表情がなんとも印象的な一枚ではないでしょうか。

※1 田舎のダンス(部分)


この絵には、対となる作品があります。

それが、こちらの《都会のダンス》です。

※2 都会のダンス

陽気で庶民的な《田舎のダンス》と対象的に《都会のダンス》は、色調も冷たく物静かな雰囲気で、ブルジョワ的です。

舞台は大理石の優雅な室内。
男性は、《田舎のダンス》と同じポール・ロートがモデルを務めています。
女性のほうは、のちに画家となるシュザンヌ・ヴァラドン(1867-1938)です。

画家のモーリス・ユトリロ(1883-1955)の母として有名なシュザンヌ・ヴァラドンは、多くの男性と浮名を流した女性。
作曲家のエリック・サティも彼女に恋し、膨大なラブレターを差し出すことなく書き続けました。
ルノワール、シャヴァンヌ、ドガ、ロートレックといった画家たちのお気に入りのモデルで、愛人でもあったといわれます。

そんな彼女が父親のわからない子ユトリロを生んだのはなんと、《都会のダンス》の制作年でもある1883年。
特定できないユトリロの父候補の筆頭こそ、ルノワールだとされることもあります。

※2 都会のダンス(部分)


天真爛漫な笑みを浮かべるアリーヌとは対照的に、シュザンヌの表情はどこか物憂げで、含みのある表情をしています。

《田舎のダンス》と《都会のダンス》は、印象派の限界を感じたルノワールが方向転換をした後の作品です。

下は、「印象派」時代のルノワールの作品《ぶらんこ》です。

※3 ぶらんこ


そして、下が転換後に描かれた《田舎のダンス》と《都会のダンス》です。

 

左:※ 1田舎のダンス右:※2 都会のダンス


以前は、陽光を全身にまとうような人物像が中心で、主眼は、人物の上で戯れる光の表現におかれていました。

しかし、転換後は、輪郭線がはっきりし、人物、特に女性をいかに描くかに主眼が置かれています。

1880年代に入り、経済的に安定し始めたころ、ルノワールは印象派に限界を感じはじめます。そして、1881年のイタリア旅行を皮切りにたびたび旅をし、彼は絵を変化させました。

そんな旅行にも同行したのがアリーヌ・シャリゴでした。この頃から、ルノワールは彼女に深い愛情を抱くようになっていきます。

当初は《田舎のダンス》もシュザンヌがモデルとなる予定でしたが、アリーヌが嫉妬したために、彼女がモデルになったのだとか。

こうしてみると、1883年に制作された、《田舎のダンス》と《都会のダンス》には、対照的な二人の女性とルノワールの関係を想像してしまいます。

1885年には、ルノワールとアリーヌの間に、息子ピエールが誕生。
まだ二人は正式に結婚していませんでしたが、ルノワールは息子を認知しました。

1890年、ルノワールは49歳で正式に結婚。
4年後には次男ジャンが生まれ、その翌年には三男クロードが誕生しました。

しかしやがて、持病のリューマチが悪化。
晩年は、病と闘いながら絵を描き続けることになるのです。

続きはまた来週。認められていく印象派と、晩年のルノワールについてお届けします。

参考:「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」カタログ

 


※1《田舎のダンス》1883年
油彩/カンヴァス
オルセー美術館
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

※2《都会のダンス》1883年
油彩/カンヴァス
オルセー美術館
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

※3《ぶらんこ》1876年
油彩/カンヴァス
オルセー美術館
© Musée d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

<展覧会情報>
「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」
2016年4月27日(水)~ 8月22日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)

開館時間:10時 ~ 18時
金曜日、8月6日(土)、13日(土)、20日(土)は20時まで
*入場は閉館の30分前まで
休館日:毎週火曜日 *ただし8月16日(火)は開館

展覧会サイト:http://renoir.exhn.jp/
問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600



この記事について

 

 

 
 
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。