文化家ブログ 「轍(わだち)」

美術や紀行、劇場や音楽などについて、面白そうな色々な情報を発信していくブログです。



JP Official Blog-商品一覧 桃井はるこ「モモーイLIVE☆ぱいれーつ」 美の浪漫紀行iVDR utano00 $JP Official Blog 「轍(わだち)」-Shining On -

Decades Of Brilliance $JP Official Blog 「轍(わだち)」-ハプスブルク $JP Official Blog 「轍(わだち)」-「ちいさな王子」 JP Official Blog-未来優希「Shining On」 JP Official Blog-池谷祐子「METAMORPHOSE」 $JP Official Blog 「轍(わだち)」-今泉りえ「Petit A 

Petit」








     

テーマ:

ヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノは、筆だけでなく時に指を使って描くこともあったとか。

今月は、国立新美術館(東京・六本木)で開催れている「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」の作品を紹介しながら、ヴェネツィアの画家たちについてご紹介します。

 

■今週の一枚:受胎告知の聖母(※1)■

―見よ、おとめがみごもって男の子を産む―


上記は旧約聖書の一書『イザヤ書』の一節です。
聖母マリアは大天使ガブリエルから、神の子を身ごもったことを告げられたとき、この一節を読んでいたとされます。

上の作品は、アントニオ・デ・サリバによる作品《受胎告知の聖母》です。
真っ黒な背景の中、お告げを受ける聖母のみが描かれています。

通常、受胎告知の場面には、大天使ガブリエルの姿と、精霊の鳩、マリアの純潔を象徴する白百合などが描かれます。

しかし、この作品で大天使がいるはずの場所は、鑑賞者の位置。
マリアとともに描かれているのは、書物が置かれた書見台だけです。

かすかに挙げられた右手の動きだけがマリアに起こった驚き、戸惑い、畏れなどを表しています。

※1 受胎告知の聖母(部分)


この作品には、もとになったオリジナルがあります。
現在パレルモ州立美術館に所蔵されているオリジナルを描いたのは、この作品の作者アントニオ・デ・サリバの伯父、アントネッロ・ダ・メッシーナ(1430-1479)です。

書見台にも、「ANTONELLUS / MESANIUS / PINSIT」(メッシーナのアントネッロが描いた)という署名が記されています。

※1 受胎告知の聖母(部分)


長い間、こちらの作品がオリジナルだとされ、パレルモの作品が模写だと思われてきました。
20世紀初めにようやくパレルモのほうがオリジナルであることが指摘され、今ではアカデミア美術館に所蔵されてきた上の作品が、パレルモの作品の模写であり、描いたのは甥のアントニオ・デ・サリバだということが確定しています。

伯父のアントネッロは、ヴェネツィアに洗練された油彩技法の知識をもたらした人物とされます。

油彩の技法は、オランダ、ベルギーにあたるネーデルラント地方で確立します。
油彩が確立されるまで中心となっていた技法はテンペラです。
テンペラは、主に卵黄で顔料を固着させます。
不透明で乾燥が速いため、油絵のようなぼかしの表現が難しい技法でした。

西洋画で油彩が中心となる過渡期に制作された上の作品は、テンペラと油彩によって板に描かれています。

油彩技法が伝わったヴェネツィアでは、その特徴を生かし新たな描き方が確立されていきました。

その立役者はティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488/90-1576)です。

※2 聖母子(アルベルティ―ニの聖母)


こちらはティツィアーノの作品《聖母子(アルベルティーニの聖母)です。

作品をアカデミア美術館に遺贈したのがアルベルティーニ家だったため、「アルベルティーニの聖母」と呼ばれています。

この作品には、素早く粗いタッチがみられます。
これはティツィアーノ晩年の特徴です。
震えるような光の表現は、およそ300年後の印象派の描き方を先取りしているかのようです。

それまでのテンペラの技法や初期の油彩技法などでは、明るい部分を先に描き、モノトーンで立体をしっかりと作り上げたあとに、色をつけていきました。
この場合、色はモノトーンの立体の上に薄く塗り重ねるため、最初の下書きの線や形が肝心になってきます。

レオナルド・ダ・ヴィンチなどもこうした描き方をしています。

しかしヴェネツィアでは、赤褐色の下地をつくり、そこに初めから色を使って描きはじめたそうで、明るい部分は白い色を後から置くことで表現しています。
そのため、ヴェネツィア派の画家たちは、下書きにとらわれず自由に描き、時には構図を変更することもありました。

ティツィアーノは、このような新たな描き方を確立させることで、荒いタッチによる光や空気、劇的な印象を表現したのです。

※1 聖母子(アルベルティ―ニの聖母)(部分)


聖母マリアと幼子イエスは互いに何かを握りしめています。
不明瞭ですが、リンゴの果実だという説があるそうです。

イヴの勧めでアダムが口にした禁断の果実、知恵の実とされるリンゴは原罪の象徴です。

幼子イエスの右手がだらりと力なく垂れているのは、十字架にかけられた後の死せるイエスを表現するときに見られる描き方です。
人類を原罪から解き放つため、犠牲になることが暗示されていると考えられます。

悲しそうな顔をするマリアを描いたこの作品は、晩年のティツィアーノにしては比較的小型なことから個人からの注文だったと考えられています。

ヴェネツィアのみならず、ヨーロッパ中の宮殿を飾ったと言われるほど人気を博し、画壇に君臨し続けたティツィアーノ。
彼に影響を与えた先人たちや、彼に続くヴェネツィア派の画家たちは、ヴェネツィア絵画の黄金期を築いたのです。

参考:「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」図録 発行:TBSテレビ
 

 



※1《受胎告知の聖母》アントニオ・デ・サリバ(別名アントネッロ・デ・サリバ)
テンペラ、油彩/板 アカデミア美術館

※2《聖母子(アルベルティ―ニの聖母)》ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
油彩/カンヴァス アカデミア美術館



<展覧会情報>
「日伊国交樹立150周年特別展 

アカデミア美術館所蔵 

ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」

 

2016年7月13日(水)~10月10日(月・祝)
会場:国立新美術館(東京・六本木)

開館時間:10時-18時
金曜日は20時まで
(入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日

大坂会場:国立国際美術館
2016年10月22日(土)〜 2017年1月15日(日)
開館時間:10時〜17時  金曜日は10時〜19時
(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日、12月28日(水)〜1月4日(水)
ただし、1月9日(月・祝)は開館し翌日休館

展覧会サイト:http://www.tbs.co.jp/venice2016/
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

 

 





この記事について

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

江戸開府より約400年。東京下町には、江戸の息吹が今なお息づいております。
身近な江戸をぶらぶら散歩。新富に生まれた私、中西聡。
八丁堀・日本橋を中心に、江戸の町のちょっとした情報をお届けいたします。
今回は番外編でお届けいたします。

お邪魔いたしましたのは、今年で69回を迎えます『名古屋をどり』。9月7日~11日の5日間に渡りまして、1日3回、計15ステージが上演されました。

 

ロビーに貼られていた香盤表


日舞には、多くの流儀が存在いたします。
いわゆる5大流派と呼ばれるのが、「花柳流」「若柳流」「藤間流」「坂東流」、そして今回お邪魔しました「西川流」でございます。

特に「西川流」の流れは古く、今や最大の門弟数を抱えると言われます「花柳」ももともとは「西川流」より独立しました流派です。

このぶらぶら散歩では、今年に入り、京都祇園の「都をどり」、新橋演舞場の「東をどり」をご紹介して参りました。

それぞれの花街には、芸妓さん(関東では芸者さん)がおりまして、踊り、地唄、三味線、鼓、茶道などまるで昔の日本の花嫁教育のごとくお稽古に勤しんでおります。

それぞれ花街には、流儀のお師匠さんがおりまして、例えば、「都をどり」は井上流、東をどりは「花柳流」「尾上流」「西川流」など。

今回の「名古屋をどり」は、名古屋&岐阜の芸妓組合が日頃の練習を発表する場にもなっております。

そのお師匠さんが、西川流なのです。

説明が長くなってしまいました。
名古屋をどり、まさしくその名前の通り、名古屋中日劇場にて行われております。

中日劇場は、JR名古屋駅から市営地下鉄 東山線に乗り換えまして2駅目。駅名は「栄」まさに名古屋の中心街といった風情です。周囲にはブランドショップが立ち並び、デパートも三越、松坂屋がございます。

私は、中日劇場には因縁がありまして、東宝時代に地方公演のスタッフとしてお邪魔したものです。

名古屋は地下街が発達しております。栄駅から劇場が入っております中日ビル9Fは地上に出る事なく、一直線で伺えます。


お久しぶりの中日劇場に伺いまして、驚きましたのは、ロビー。いつもはエレベーターを9階で降りますと、右手に開けたスペースがあり、開場待つ人たちがのんびりと座る椅子があるのです。

それが、今回は少し仄暗い空間に赤い提灯。さらには屋台が並び、色とりどりのお花でかざられております。

 

 

ロビーは華やかに飾られておりました


まさに、花街がここに出現したかのよう。
劇場内に入りますと、ここにたくさんのパネルが。これから上演される演目の背景の書き割りをコンパクトにしたセットが飾られております。

 

 

書き割り


さらには、「なも!」と書かれたパネルが!!
言われは、三世お家元 西川右近総師が考案された「名古屋締め」に由来するとの事。拍子木を叩きながら、「なも、なも なもなもなも」と〆る独特の言い回しです!!

 

 

なもパネルと拍子木


西川流は、起こりは元禄時代と伝えられております。多数の支流に分かれましたが、名古屋の地で深く根を張り、多くの門弟を輩出して参りました。

三世お家元は、1981年41歳で名古屋をどりの主催者を、お父上、お家元鯉三郎氏より引き継ぎ、さらには1883年には43歳にして家元を継承されました。

以降、伝統の枠は守りながら、さまざまな革新的な挑戦を続けてこられております。2014年に、四世お家元をご長男に譲られ、77歳を迎えられました現在もかくしゃくとされ、今は日舞と健康体操を融合させたNOSSを推進されております。

名古屋をどりの舞台は、絢爛豪華!! 芸妓さんと一緒に西川流の踊りの名手の皆さまの演目。最後の〆は、4世お家元千雅氏と右近先生の親子共演。

何とも素敵な舞台を拝見いたしました。
終演後は、すぐお暇しようと思っておりましたが、劇場案内の方にどうぞ楽屋にお回りくださいと!

ここでは、勝手しったる中日劇場でよかったな!と感謝したものです。

7階の楽屋を訪れましたら、まだ化粧を落とされている途中の右近先生。でも、気さくにお招き入れてくださいました。

 

右近先生と


少し長居をしてしまい、恐縮に思いながら楽屋を後にした次第です。
名古屋にはちょっと行けないな…と思われている皆様。

西川右近先生が構成&振付をなさっております「赤坂をどり」が毎年3月に東京でございます。

次回は、3月10日~11日 ACTシアターですのでどうぞお時間ございましたら、いらしてみてください!!


それでは、機会ありましたら「名古屋~名古屋をどり」お邪魔してみてください!!

 


この記事について

 

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ヴェネツィア派の巨匠ジョヴァンニ・ベッリーニ。ジェンティーレ・ベッリーニの異母弟というのが通説でしたが、最近新たな説が登場しているそうです。

今月は、国立新美術館(東京・六本木)で開催されている「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」の作品を紹介しながら、ヴェネツィアの画家たちについてご紹介します。

 

■今週の一枚:聖母子(赤い智天使の聖母)(※1)■

―小さな甥のティツィアーノになかなか絵心があると見てとるや、
頼んでジョヴァンニ・ベッリーニの家へ置かせてもらった―


上記は、ジョルジョ・ヴァザーリ(1511-1574)の著書『芸術家列伝』のうち、ヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノに関する記述の一節です。

16世紀ヴェネツィア派の画家といえば、たいてい2人の巨匠がまず挙げられます。
ジョルジョーネ(1477/1478-1510)と、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488/90-1576)です。

そして、おそらくこの2人が兄弟弟子として修業したのが、ジョヴァンニ・ベッリーニ(1424/28?-1516)の工房でした。

上の作品《聖母子(赤い智天使の聖母)》は、そのジョヴァンニ・ベッリーニの作品です。

聖母マリアが、幼子イエスを抱きかかえています。

※1 聖母子(赤い智天使の聖母)(部分)


ヴェネツィアの絵画にはいくつかの特徴がありますが、この作品にはそれがよく見てとれるそうです。

ひとつはビザンティン美術の影響です。
ビザンティン美術とは、ビザンツ帝国とも呼ばれる東ローマ帝国を中心とした美術の様式です。
東ローマ帝国は、4世紀に東西分裂したローマ帝国の東側。
現在のイスタンブールにあたるコンスタンティノープルを首都に、およそ1000年にわたって続いていました。

その間に、キリスト教も西と東で独自の発展を遂げ、東では東方正教会が成立していました。
しかし15世紀、東ローマ帝国は、イスラム王朝のオスマン・トルコによって滅ぼされてしまいます。

ヴェネツィアには、オスマン・トルコに土地を侵略され亡命してきたギリシャ人がたくさん住んでいたようで、彼等の多くが東方正教会の特徴でもある、イコンと呼ばれる聖像を描く仕事に従事していたそうです。

ジョヴァンニ・ベッリーニによる上の作品は、ビザンティン美術を代表するイコンを当世風にアレンジしたものといえます。
ビザンティン美術のイコンよりも、人物は立体的で人間らしく、背景には遠近感が与えられています。

またヴェネツィアは、東ローマ帝国やエジプトなどのアラブ諸国を通じ、コショウなど、東南アジアの香辛料貿易の覇権を握っていました。

オスマン帝国のスルタンとも交渉し、商業活動を続けていたヴェネツィアには東方の文化が他国よりも色濃く流れ込んでいたようです。

ヴェネツィア派のもう一つの特徴が風景です。

海上の干潟に造られた人工的な街ヴェネツィアでは、その反動からか、豊かで情緒的な自然風景の描写が好まれました。

※1 聖母子(赤い智天使の聖母)(部分)


ジョヴァンニ・ベッリーニの作品の多くも、背後に美しい自然風景が広がっています。

絵の才能を見出されたティツィアーノが、ジョヴァンニ・ベッリーニに預けられたように、ベッリーニ一族の工房はヴェネツィアで名を馳せた工房でした。

その始祖は、ヤコポ・ベッリーニです。

ヤコポの時代、芸術の中心地はフィレンツェでした。
ボッティチェリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロなどが活躍し、ラファエロも度々滞在したフィレンツェは、ルネサンス時代のスターを育みました。
そして、彼等によって確立されたフィレンツェの芸術は、周辺諸国へと影響を与えていったのです。

ヤコポは、ヴェネツィアの絵画にフィレンツェの先進的な美術様式を取り入れた最初期の人物でした。

そして、ヤコポの2人の息子が、ジェンティーレ・ベッリーニ(1429/35-1507)と弟のジョヴァンニ・ベッリーニと考えられてきました。
ジェンティーレもまた当時のヴェネツィアを代表する画家です。

ところが最近、この一族の親子関係に新たな説が唱えられています。

ジョヴァンニ・ベッリーニの生まれ年は、確実な記録がなくはっきりしていません。
ヤコポの妻の遺書では、資産の相続者にジェンティーレの名はあるのに、ジョヴァンニが出てこないことから、彼はヤコポの庶子で、ジェンティーレの異母弟だと考えられてきました。

しかし、ジョルジョ・ヴァザーリはジョヴァンニが「90歳で亡くなった」と書いています。
没年から逆算すると、ジェンティーレよりも年長になってしまうのです。

このような、不可解なジョヴァンニの立場を説明する新たな説が登場しているそうです。
それは、ジョヴァンニが、ヤコポの息子ではなく「異母弟」であり、ジェンティーレにとっては「おじ」にあたるというものです。

年の離れた異母弟ジョヴァンニを、ヤコポが実子たちと兄弟のようにして育てたと考えると、ジョヴァンニがジェンティーレよりも早く工房から独立していたことや、ヤコポの妻の相続人から除外されていたことに説明がつくのです。

いずれにせよ、ヤコポ、ジョヴァンニ、そしてジェンティーレというベッリーニ一族は、ヴェネツィアの絵画に大きな影響を与えた画家一家でした。

※2 聖母マリアのエリサベト訪問


こちらは、ヴィットーレ・カルパッチョによる《聖母マリアのエリサベト訪問》です。

受胎告知を受けたマリアが、姉のエリサベトを訪ねる場面が描かれています。
この時エリサベトのお腹には、後にイエスに洗礼を施す洗礼者聖ヨハネが宿っていて、マリアの挨拶を聞くと胎内でその子が踊ったといいます。

通常この主題は、エリサベトの暮らす家の戸口が場面となりますが、この作品では、建物から離れた草地の上に描かれているため、周囲には動物や人物が点在し、背後の景観が広々と描かれています。

※2 聖母マリアのエリサベト訪問(部分)


切株に座っているのは、マリアに同行してきた夫ヨセフです。
聖母とヨセフの間に描かれている白いウサギは、「マリアの処女懐胎」を象徴しているそうです。

※2 聖母マリアのエリサベト訪問(部分)


石碑にもたれかかっているのは、エリサベトの夫ザカリア。
彼の近くに描かれている鹿は「救世主の到来への渇望」を象徴しています。

※2 聖母マリアのエリサベト訪問(部分)

 


※2 聖母マリアのエリサベト訪問(部分)


背景には、トルコ風の絨毯やターバンを巻いた男たちが描かれています。
東方貿易で栄えたヴェネツィアらしい、異国情緒あふれる作品です。

カルパッチョは、生の牛ヒレ肉を薄切りにし調味料をかけた料理「カルパッチョ」の名前の由来となった画家だとされます。

彼が同様の料理を好んだためとも、彼の作品は赤い色が印象的なことから、料理にその名が付けられたとも言われます。

※2 聖母マリアのエリサベト訪問(部分)


カルパッチョがどのように画家として修業したのかは知られていませんが、ジョヴァンニ・ベッリーニからも影響を受けているとされます。

また、彼の描く空間や背景には、美しい光とともにヴェネツィアの景観や風俗が細密に描き込まれました。
そのため、都市景観を描いた作品で知られるジェンティーレ・ベッリーニとともに、ヴェネツィアの風景画の歴史を刻む画家とされます。

フィレンツェのルネサンス芸術の影響を受けたヴェネツィア。
しかし、海洋都市として発展し、東方の文化に触れ、豊かな経済や自由を得ていたヴェネツィアは、明るい色彩、背景の風景描写、異国情緒などを特徴とした、他所とは一味違った作品を生み出しました。

彼等はヴェネツィア派として、フィレンツェ派の対立軸となっていったのです。

続きはまた次週、ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たちをご紹介します。

参考:「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」図録 発行:TBSテレビ
 



※1《聖母子(赤い智天使の聖母)》ジョヴァンニ・ベッリーニ
油彩/板 アカデミア美術館

※2《聖母マリアのエリサベト訪問》ヴィットーレ・カルパッチョ
油彩/カンヴァス ヴェネツィア、ジョルジョ・フランケッティ美術館(カ・ドーロ)



<展覧会情報>
「アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」
2016年7月13日(水)~10月10日(月・祝)
会場:国立新美術館(東京・六本木)

開館時間:10時-18時
金曜日は20時まで
(入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日

大坂会場:国立国際美術館
2016年10月22日(土)〜 2017年1月15日(日)
開館時間:10時〜17時  金曜日は10時〜19時
(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日、12月28日(水)〜1月4日(水)
ただし、1月9日(月・祝)は開館し翌日休館

展覧会サイト:http://www.tbs.co.jp/venice2016/
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

 

 





この記事について

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。