日本政策学校のブログ

日本の政治の危機を救うという志で日本政策学校は開校されました。政治起業家の基礎を築くための場を提供するをモットーに日本を変えるべく活動しております。


テーマ:

日本政策学校7期生でオーガナイザーも務める、吉田宗興さんにインタビューしました!

日本の多くの子どもたちに、「成熟社会で生き抜く力」をつけるため、学習塾「咲心舎」や会社経営、NPO設立...と計画的に確実にビジョンをカタチにされています。

ぜひその、熱い思いとやり方をご一読ください(^^♪

http://www.huffingtonpost.jp/jpolicy/life-skill-education_b_12427278.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

2015412日に行われた千葉市議会議員選挙で、花見川区から立候補した無所属・上野竜太郎氏さんにインタビューしました。


上野竜太郎さん(当時25)「ニートが立候補」として話題を呼び、SNS上で一躍有名になりました。

残念ながら議席には手が届きませんでしたが、1399票を獲得。

1399人の中には、話題に乗っかり面白半分に名前を書いた人、他に入れるべき候補者がいないから書いた人もいたかもしれません。でもきっと、25歳という若さやニートという状況の中で立候補してきた挑戦や思いに共感した人もいたのではないでしょうか。

 

 Q1なぜニート生活の中で市議選立候補という決断をしたのですか。

ニートが立候補したとして、彼の立候補の動機が一つも思いつかないのであればそれは想像力の欠如です。

多くの立候補者がその決断に至った理由を自身の「経験」によって説明します。

ブラック企業に努めていたサラリーマンが立候補すれば、労働問題を引き合いに出して

「だから立候補をした」と言うでしょう。

そして、多くの人はそれに納得すると思います。

薄給激務で喘ぐ介護士が立候補すれば、超高齢社会を引き合いにだして「だから立候補した」と言うでしょう。

そして、また多くの人はそれに納得するでしょう。

ニートや引きこもりと言うのは、その存在事態が社会問題だと社会では考えられています。

私が立候補を決断するのに、その「当事者」であるという理由以外に必要なものがあるでしょうか。

 

 Q2いざ立候補した後、選挙運動は具体的に何をどんな風に行いましたか。

他の「金を掛けずに選挙をやった」方々と比べて珍しい何かをしたという事は特にありません。ポスターを貼って、徒歩で或いは自転車で走って、カバンには拡声器が入っていて

それだけです。

世間様の暇潰しになる様なドラマはありません。

 

 Q3もともと政治に興味があったとありますが、当選した際はどんな活動や政策を思い描いていましたか。

1500万程の給料の内300万ほどを生活費として残して後のお金は政策スタッフを雇う人件費に使おうと思っていました。

市議会議員ですので、法案を作った所で殆ど何の役にも立たないでしょうが、それを材料に議論を戦う事は出来たでしょう。

労働問題や環境、エネルギー問題、少数派と呼ばれる人々に関する問題にも勿論強い関心はありましたが市の権限で出来る事はかなり限られているでしょう。

私は、家から出るきっかけを失ってしまった人達に「短時間労働の公務員として雇う」という形で社会に馴染むきっかけを提供する仕組みを作れたらと考えていました。

短時間であっても「雇う」という形があれば、履歴書に「公務員」の3文字を書く事が出来ます。職歴のない人間にとってはそれがコンプレックスを隠す小道具になるでしょうし

雇う側も空白期間の次にその3文字があれば偏見も軽減されるでしょう。
これが、当時私の頭の中にあった稚拙な政策の数々の中で恐らく最もまともであろう物の一つです。

 

 Q4議員になりたくても選挙をハードルと感じている若者もいると思いますが。

「躊躇している若者」に対する一歩を踏み出させるアドバイスを私に求めているのであれば、それが地方選挙で、且つ若ければ供託金は殆ど間違いなく返ってくるので

後は選挙戦になるべくお金をかけなければ落選した時も人生が大変な事になる事もないでしょう。という事位でしょうか。私に言えるのは。

リスクがなければ躊躇する理由も減るのではないでしょうか。「躊躇」の理由について私に想像を求めているのであれば、私は「躊躇」しなかった人間なので、それは実際に躊躇している人間に聞くのが一番確実だと思います。しかし、私も「選挙をハードルと感じている若者」はいると思います。

 

Q5選挙に出たことはご自身の人生にどんな変化を与えましたか。

そもそも、私は選挙には勇気はいらないと言っている人間です。

選挙は大変な事ではないと主張する人間が「選挙によって劇的に変化があった」と言うのであれば、それはある種の矛盾になるのではないでしょうか。

それでも敢えて申し上げるとすれば、「シンポジウムなどに参加する意欲が生まれた」という事です。

選挙に出ていなければ恐らくその様なものへの参加など考えもしなかったでしょう。

選挙が私にとって「行動的な政治参加」の第一歩になった事は間違いありません。

恐らく多くの人々が、デモや集会、シンポジウムへの参加を経て立候補を考えるであろう事と比べれば確かに対称的かもしれません。

しかし、これも私の「人生」に変化を与える程のものではありません。


Q6ズバリ!今後政治界へ挑戦する予定はありますか。

「予定」はありません。


Q7最後に、引きこもりやニートの方々へメッセージはありますか。

世の中には色々な人間がいて色々な事情、色々な事件、きっかけから外に出られなくなってしまったり、働く事が困難になってしまったりします。

私が経験したのは私自身の人生だけです。私が知っているのは、私の事情であって

事件であって、きっかけだけです。

今の私が過去の私に対してアドバイスをする事はもしかしたら出来るかもしれません。

しかし、「ニート」や「引きこもり」という同じ名札を貼られたというだけで彼らの役にたつ事が言える訳でもありません。

私が彼らに与えることが出来るのは純粋な親近感であって、現状を抜け出す為のアドバイスではありません。

そもそも、ニートや引きこもりである事が悪い事だとは思っていません。

仮に、彼らの中の一人から「自分は働くべきか」と問われれば「働いた方がいい」と答えるでしょうし、「自分は外に出るべきか」と問われれば「必要な時は出る必要がある」と答えるでしょう。

しかし、それは「労働が善であり、その反対は悪である」という短絡的な考えを持っているからでも無ければ、「アウトドアは健全でインドアは不健全だ」などと言う根拠のない漠然としたイメージを持っているからでもありません。

私が「働いた方がいい」と答えるのは単純にお金を稼がなければ飢えてしまうからです。

私が「必要な時は出る必要がある」と答えるのはスーパーに行かなければ食べ物が買えないからです。

仮に、「8時間拘束されたくない」という人がいたとして

仮に、「24時間家にいたい」という人がいたとして

それは個人の「個性」であって「好み」であって「性格」に過ぎません。

 「外に出ずに暮らしていたい」という彼らの幸福が実現されないのは、我々の社会が不完全だからです。「全ての人間を幸福に」それが本来の民主主義の理想だった筈です。

彼らに私からのメッセージなど必要ありません。

仮に私が彼へのメッセージを持っていたとして、彼らが日本政策学校のホームページを見るでしょうか。もし彼らに伝えたいメッセージがあれば、私はもっと相応しい場所から送るでしょう。

 

 

上野様、ご回答ありがとうございました。

私は、上野様の存在を知ったとき、「ニートから選挙出馬で劇的に人生が変わったのか」「そもそも、その勇気は一体どこから来たのか」ということに興味を抱き連絡しました。

しかし実際には選挙制度や社会問題に対して、非常に冷静かつ論理的な分析をお持ちの方で、ご自身の経験をあえてドラマチックに語ることなく、「自分自身」をよく知り尽くした方だと思いました。

なぜ選挙に出るのか、なぜ議員を目指すのか、なぜこのタイミングなのか、社会での自分の存在意義は...。 政治界への挑戦を目指す若者がまず向き合うべきなのは「自分自身」であること。そんなメッセージをいただけた気がします。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月24日(日)に、7名の受講生による個性豊かな発表が行われました。
審査員には、日本政策学校学長の金野索一氏をはじめ、湯浅誠氏(法政大学教授、元反貧困ネットワーク事務局長)、山田泰久氏 (NPO法人CANPAN代表理事)をお迎えしました。

トップバッターは吉田宗興さん。教育をテーマに、咲心舎で現在取組まれている、ライフスキル教育の説明がありました。受験生である中3の子どもたちに「かっこいい大人はどんな大人か?」「幸せに生きる秘訣を聞こう」などといった問いかけを行い、彼ら自身によるアウトプット活動を充実させるものでした。一見、中3の時期にこんな学習?と思われがちですが、教科的な点数から逃れられないこの時期こそ、自己肯定感の充実が最重要であり、面白いことに5教科合計点もみるみるアップした例が紹介されました。今後は、NPO法人「Life Skill For Students」(次の社会で子供達の生き抜く力をつける会)が7月に認証を受ける予定で、公立中学校や首長なども巻き込んで活動の幅を広げていかれるそうです。




次に岡部和義さんによる、若者の夢のサポートをテーマにした発表がありました。

世の中には「寄付」という手段があるが、それだけでは何かをやっている実感がないと感じている人も多いのではないかと現状を分析。そこで、やりたい事や夢をサポートする・される制度を提案されました。金銭的な支援ではなく、ある職業を目指す若者と実際にその職業に就いている人とをマッチングさせるというビジョン。ゆくゆくはNPOとの連携も視野に入れ、叶えたい想いと支援したい想いを繋げられるように尽力されるご予定です。




次に岸本泰之さんによる地域共助をテーマにした発表がありました。

「岸本は一体何をやりたいの」と問いかけから始まり、住んでいる人の好きな事ややりたい事と人をつなぐアプリである「たまコネ」の説明がありました。

リノベーションしたいと思ったら気軽にできる世の中をモットーに、マッチングサイトの開発により、施主と職人とを直接結んでいくシステムの提案がありました。アプリ開発を通して、リノベーションをもっと身近に誰にでもできるようご尽力される予定です。



続いて、飯森祐さんによる効果的な育児時間の過ごし方をテーマにした発表がありました。

MBA休職よりも育児休暇の方が断然良い!というビッグフレーズのもと、育児休暇のイメージを大企業から変えていくプロセスを説明されました。育児休暇は文字通り、人を育てる時間であり自分自身の育成力の向上になると熱弁されていました。子育ての合間に時間ができたら積極的に地域活動へ参加することも大切だと述べられていました。

今後も、講師職の立場から、大企業を中心にこの考え方を売り込んでいくそうです。




続いて、芦田勝男さんによる日本の大気汚染と住居の耐久性をテーマとした発表がありました。まずは、大気汚染の現状を、データをもとに解説され、危機意識を与えられました。そして、その対処として「土壁」の役割を紹介。呼吸する壁である土壁は、ハウスダスト・花粉やホルムアルデヒドまで吸着除去する天然の空気洗浄機の役割があると力説されました。この土壁を普及させるために、積極的に取り組みを行う会社へ転職し活動されるそうです。




続いて、唯一の学生、石塚健太さんによる教育現場と政治をテーマにした発表がありました。若者と政治の距離を近づける取り組みとして、教員の卵と政治を近づけるイベントを企画し、その詳細を説明されました。ご自身が所属する東京学芸大学の教員志望の学生と現職の議員を招いたイベントで、議員による政策プレゼンや学生による模擬投票を行い、投票先別にグループを組んでディスカッションを行う流れで進めるそうです。今後は会場や参加者の確保などを行い、実際に開催される予定です。




大トリを務めたのは山本可能さん。おっさん創生をテーマに発表されました。

出だしは「発表したいことがありません。」から始まり会場が笑いに包まれました。

ご自身の今までの人生の反省や自虐ネタを交えながら、問題点を明らかにし、今後の取り組みとして、「おっさん創生塾」の提案をされました。好きな事で集まったり、失敗した話をカミングアウトしながら検証していく団体を作りたいとおっしゃっていました。

おっ!(と思われる)さん になることを目標に活動されるそうです。



日本政策学校は、政治家に限らず、世の中を良くしたいと望むみなさんを
お待ちしております。


日本政策学校ホームページ http://j-policy.org/first/











AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年4月16日(土)、日本政策学校の第7期生による、ご自身の卒業後のビジョンやキャリアパスの発表会を行いました。学ぶだけでは終わらせない―日本政策学校が一番強調している部分です。学校で得た知識、培った人脈を卒業後に生かして、政治家や起業やNPO活動といった社会を変える活動を
はじめるきっかけにしてもらうことが、学校に通う最大の目的だと考えています。

16日の発表会のテーマは政治家。発表者6人中5人が女性なのが印象的でした。現在学校で学んでいる第7期生が、どんな政策を、なぜ実現したいのか?など、卒業後のご自身のビジョンを発表してもらいました。


一人目は地方議員志望の女性。現居住地の東京か、出身地である東海地方からの立候補を検討しています。東京であれば防災や治安、伝統文化の保存・継承、環境問題。東海地方であれば、交通網の整備や自治体のPRなど、どの地域も課題は山積している中、「人に寄り添って問題を解決したい」と言います。政策学校入学以前は、政治は難しそうというイメージを抱いていたそうですが、学校での学びを通して自分の力で変化をもたらしたい、そのために議員という職業を選択肢に考えた、という言葉が印象的でした。


二人目は教育問題に関心のある女性。所得や住む地域によって教育水準が左右されてしまう現実を変えたいという志のもと、神奈川県内の市町村からの出馬を検討しています。
現在行っているミュージカルを通じて自信と達成感を養う活動を中心に、教育分野での経験を積んで「育ってよかったと思える地元」を作るべく、政治の世界にフィールドを移していきたいそうです。


三人目は、人口流出や高齢化が進む地元群馬県の町を活性化したいという男性。地元から人が出ていく原因を「選択肢が少ない」ことに求めました。
学校も、働き口も、買い物をする場所も限られている。一方都会では学校も職業も買い物も選び放題。そこでインターネットを用いて、地元の町でも都会と遜色ない環境を整備することを課題に挙げました。田舎でもやりたいことはできる。そんな夢を語れる町を実現すべく、政治に携わりたいと意気込みました。


四人目は幼児教育に関心のある女性。ご自身もお子さんを持つ立場として、幼児の基礎学力向上や教育環境の整備、親が子の鏡となる「親への教育」を普及させていきたいとのことでした。
現在神奈川県で新たな保育園を設立途中とのことで、これを基盤に幼児教育のノウハウや保育環境の現状と課題を認識し、次のステップへと進んでいきたいとのことでした。


五人目は東京都にて、子育てや子どもの住環境を扱う市民団体で活躍する女性。とりわけ子供への放射能の影響への対策強化や、都市部での子育て環境の整備に力を入れてきました。NPO団体の設立や地方自治体・国への意見書提出、100名規模のイベント主催、他地域の団体との連携など豊富な活動実績を持つ女性。ご自身が住む自治体での試みをモデル化し、全国に広めていく選択肢として、草の根活動から政治を動かすだけでなく、自ら議員となって政治の中で活動することを考え始めているそう。


最後は北陸の自治体でシティマネージャーとして行政改革を務める予定の女性。行政と市民、また行政と企業・非営利セクターが協力してまちづくりをしていきたい、とのことでした。協働には、市長と一般職員の意思疎通や、風通しの良い役所づくりが重要。そのためには議員?首長?行政職員?はたまた民間企業?政治への関わり方をまだ決めかねている様子。


それぞれの発表後は、講師の方から講評をいただきました。なぜ議員なのか、何が他の候補者との差別化になるのか(選挙プランナーの方)、政策はもちろん人間的な魅力も重要(政策学校OBで現在は地方議員を務める方)、自分の町の問題は案外自分の力でも変えられる(元地方議員でこれから首長を目指される方)などのアドバイスをいただきました。

政策学校では自分のまちを変える、志を実現する選択肢として、政治を捉えています。やりたいことの実現のために政治の世界に入りたい、という方を学校は全力で応援します。

日本政策学校とは:http://j-policy.org/first/
説明会の詳細・参加はこちら:http://j-policy.org/admission/explanation

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
10月17日に教育改革実践家/杉並区立和田中学校・元校長/元リクルート社フェロー氏より、「人生を豊かにする教育」と題して講義を行いました。

講義の冒頭には、受講生によるプレゼン。今回は学習塾を運営する吉田さんのお話です。


従来の〇か×かのみの二択しか存在しない教育ではなく、自ら考え、周囲を納得させるような教育が必要という藤原氏。さらにベテラン教員が続々と退職する現在、入試問題の改変や映像を使った授業、また生徒自身が主体的に考えるアクティブラーニングの導入といった抜本的な教育改革の必要性を説きます。


教育と言えば、来年より選挙権年齢が18歳に引き下げられ、来夏の参院議員選より高校生が投票に参加することになります。そうした事実についても、藤原氏は正解のない問題について考えさせることが、政治に対する学びへとつながるとしました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
65歳以上の人口が約60%と、日本一の高齢化率となった群馬県南牧村。
東京から車でわずか2時間の距離ながら人口減少と高齢化に直面する村にて、限界集落の現状と未来について考えました。


険しい山々に囲まれた南牧村。山の斜面を上手く利用した畑や、石垣を積んで平地を作る光景が随所に見られます。
続いて村長より、村の現状についてお話を伺います。



生活の不便さや教育環境を考えて、隣町の下仁田や富岡に移り住む人が多いそう。一方で、最近は高齢化率が減少の兆しが見えているそうです。
人口減少が進む自治体の多くは、他の地域からの移住を積極的に促しています、南牧村もその一つですが、注目すべきは地域住民とうまく付き合えない人の移住をお断りする、という点。やみくもに人口を増やすのではなく、地域の将来をきちんと担える人材のみを受け入れるという勇気は賞賛すべきですね。


その後訪れたのは、横浜から南牧村に移住してきた方のお宅。全国の農家で住み込みで働きながら、農業の技術を習得。今では南牧村に古民家を借り、農家として野菜を育てる傍ら、新たな品種への挑戦や販路の開拓など、精力的に活動していらっしゃいました。


翌日は、南牧村で長年地域活性化に取り組む地元の方からお話を伺いました。
都会と比べたら、人口も活気も、お金も勝ち目がない。むしろ都会になくて地方にこそあるもので勝負をするという姿勢は、見習うべきだと感じました。

「限界集落」という言葉には暗い雰囲気がいますが、今回訪れた南牧村では新しい活動が芽生え、随所に可能性を感じました。「限界」を逆手にとって、高齢化率が日本一であることをPRに使用する村のパワーも圧巻。限界集落のイメージが180度変わる視察となりました。

やはりニュースで触れるだけでなく、実際に自分で足を運び、見聞きすることこそ大事だと感じさせられる視察になりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9月16日に「少子高齢化社会における年金と社会保障」と題して、元厚生労働大臣で現在は民主党代表代行である長妻昭衆議院議員にご講義いただきました。


「ミスター年金」で一躍名を馳せた長妻氏。今回は医療介護や少子高齢化問題も絡めつつ、綿密な資料を参照しながら社会保障のかたちを格差を拡大させる「アメリカ型」と、平等な分配を目指す「ヨーロッパ型」に分け、これからの日本がどちらへ向かうのかを論じていただきました。

平均寿命が延びる中、長く健康でいることが個人にとっても社会にとっても望ましいと、長妻氏は説きます。退職後の高齢者に社会での仕事や役割を与えることが、これから取り組むべき課題なのです。


受講生からは、膨張する社会保障費が財政に及ぼす影響や、所得格差による人生の選択肢の広狭について質問が出ました。


将来世代にこれ以上負担を先送りすることは許されません。限界を迎えつつある財政を再建すべく、社会保障政策に本腰を入れて取り組む必要性を痛感した講義でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9月2日に日本政策学校OBOG会を行いました。ゲストとして安倍昭恵内閣総理大臣夫人をお招きし、夫人のご活躍についてお話いただきました。


ファーストレディーでありながら、農業や復興支援といった現場での活動や、教育や福祉などの慈善事業に精力的に取り組む夫人。最近では官邸で養蜂に挑戦するなど、多様なご経験を有していらっしゃいます。

ご講演のテーマである18歳選挙権については、若者との対話における気付きを披露。「大人ってそんなによく考えて投票しているんですか?」という素朴な疑問に、思わず答えに詰まってしまたそうです。


そのほかにも、巨大防潮堤建設や異文化交流など、話題は様々な分野に及びます。旦那さんである安倍晋三内閣総理大臣については、「主人に申しつけておきます」など、家庭内野党としての一面も。

この日はOBOG、現役受講生、スタッフ含め合計60名近くお集まりいただきました。今後ともよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
8月30日に衆議院議員で維新の党幹事長を務める柿沢未途氏をお招きし、これからの第三極政党のあり方についてご講義いただきました。


講演当日は、橋下・松井両氏が党代表を辞任し、大阪系との分裂が囁かれるなど、柿沢氏周辺の動向が注目される中での講義となりました。
「自民一強」の現状に対して野党が結集することの重要性を強調する柿沢氏。第3極とはいえ、与党におもねかず、対峙すべき政策では他の野党と連携して対決するという強い決意を感じました。


質疑応答では、現在の安倍政権の政策に対する柿沢氏のお考えや、今後の維新の党の動向についての質問が出ました。


民主党等の合同が現実味を増す中で、今後自民党と民主党の二大政党の構図へと戻っていくのか、はたまた橋下市長の新党立ち上げにより新たな3極が誕生するのか。まさに台風の目である維新の党のこれからに、目が離せません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月26日に、弁護士で伊藤塾塾長の伊藤真氏より、『日本国憲法とは-現在の安保法制を踏まえて』と題して講義が行われました。


弁護士としての活動や司法試験の指導を行う傍ら、法学館憲法研究所の所長も務める伊藤氏。講義では、憲法が掲げる理念を守ることの大切さを熱弁していただきました。


伊藤氏が特に強調するのは、9条をはじめとする平和主義でした。武力を放棄する旨を日本国憲法に明記したおかげで、時の主権者による権力の濫用を防止できたと説きます。


伊藤氏いわく、法律が規定していることは、必ずしもその時々の多数意見ではありません。多数の意見は世間の空気やアジテーションに流されて、必ずしも正しいとは限らないからです。その中で、法律は社会が変われど正しいものを守り抜く役割を持っているのです。

伊藤氏にとって、昨今の安全保障政策は明らかに「違憲」。戦後日本が脈々と守ってきた恒久平和主義が変わろうとしている今こそ、憲法の尊さを再確認すべきだとしました。それに対して、受講生からは、国際情勢の変化に対して憲法がどう対応していくべきか、などの質問が出ました。


憲法解釈の変更や国会審議の進め方など、その拙速さが指摘される現在の安全保障政策ですが、根本的な部分についてはあまり理解が浸透していません。今回の講義は、これまでの日本が守ってきたこと、それに対して今行われていること、そしてこれから私達が考えるべきことを整理する、良い機会となりました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。