大阪府豊中市の府営服部緑地を流れる天竺川にヌートリアの親子数匹がすみ着き、公園内を散歩する市民らの間で話題になっている。

 ヌートリアは南米原産のネズミの仲間。戦時中に飼育されていたものが次第に野生化し、愛らしい外見とは裏腹に農作物被害が各地で深刻化している。

 天竺川の土手には体長20~40センチの数匹が生息。管理事務所は「今のところ近隣の田畑に被害はなく、来園者や野鳥への危害もない」と静観の構えだ。

【関連記事】
生物多様性の損失止まらず 脊椎動物3分の1が失われたと発表
桜3千本8キロ続く並木達成 安藤忠雄氏「大阪府民の力」
履正社高教員らが府有地に無断駐車 20年前から
希少ウミガメ放流し調査 名古屋港水族館
雌で世界最長寿58歳お祝い 多摩動物公園のオランウータン「モリー」 

鳩山首相、口蹄疫対策本部設置「拡大とめられぬ現実がある」(産経新聞)
<平針里山開発>許可取り消し請求却下 住民側、提訴へ(毎日新聞)
小沢氏、連合会長と「二人三脚」=参院選へ労組票固め(時事通信)
産業界の懸念払拭できず、温暖化対策基本法案(産経新聞)
首相動静(5月17日)(時事通信)
AD