総務省は26日、南米のエクアドル共和国が日本方式の地上デジタルテレビ放送の規格を採用することを決めたと発表した。日本方式の地デジ採用国は、南米でブラジル、ペルー、アルゼンチン、チリ、ベネズエラに続き、6カ国目になる。

 総理特使としてエクアドルを訪問中の内藤正光総務副大臣(情報通信担当)が、エクアドルのグラス通信大臣との間で覚書を交わした。総務省によると、今回のエクアドルによる採用決定で、地デジ日本方式による南米での放送エリアの人口カバー率が約8割に達したという。

 日本政府としては、地デジの日本方式を南米を軸に、アジアにも普及させることで、日本の経済成長戦略につなげたい考えだ。

 海外での地デジ日本方式による放送は、ブラジルが2007(平成19)年12月から放送を開始した。09年に採用を決めたペルーなど南米4カ国も早期の放送開始を目指している。

 地デジの国際標準規格には日本方式以外に、米国方式や欧州方式がある。

【関連記事】
日本方式の地上デジタル放送をベネズエラが採用
地デジ日本方式拡大へ 南米4カ国と宣言署名
チリが地デジで日本式採用 海外4カ国目
地デジ日本方式、アルゼンチンも採用
日本式地デジ普及 ペルーと協力合意

吉野川第十堰、国交相が「可動化中止」明言(読売新聞)
改正関税法が成立(時事通信)
<地下鉄サリン>被害者ら福島担当相に支援充実要望(毎日新聞)
<名古屋大>4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低-厚労省調査(時事通信)
AD